« 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その12) | トップページ | 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その14) »

私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その13)

今回のお題は、「2013年度AKB48選抜総選挙総括(2/3)」

第四章「峯岸みなみと指原莉乃の当選コメントの違いについて」

 

峯岸みなみの当選コメント抜粋

・大好きなAKB48を傷つけてしまった私が、立候補することすら間違っているのではと思いました(※しかし具体的な謝罪の言葉は一切に無し)

・ですが、今このステージから逃げてしまえばこのステージに立てなくなると思い、このステージに立ちたいと強く思うようになりました(※一応自分は悩んだというアピールをして出馬を正当化)

・こんな私を見捨てずに支えてくれてありがとうございました(※自分に投票してくれたファンに対してのみお礼)

・どんなにかっこ悪くて頑張って、またAKB48で活躍できるように頑張りたい(※要するに子兎道場の司会や喫茶エデンの出演はAKB48での活躍では無いという認識(←俺はこの辺がもう許せないんだけど(激怒))。総選挙で18位になる事で全ては許されたんだから、私は正規チームに復帰して選抜に戻るのが当然と主張)

・おかげさまで髪の毛もこれぐらい伸びました(※恐らく髪を切った時点で「髪の毛が伸びてカツラを外したら禊期間は終了」という進め方をするのは当初からの計画通り)

・伸びた髪の毛の分、私も成長できているのかな思います(※十分成長したから正規チームに復帰して選抜に戻る権利があると再度アピール)

◎研究生を育てる立場にある筈の峯岸みなみの口からは、他のAKB研究生の成長が語られる事は一切無く、「研究生公演を見に来て欲しい」というアピールも一切無く、AKB研究生が3年ぶりで一人も64位圏内に入れなかった事に対する峯岸みなみ本人に対する責任に言及するコメントも一切無し。ただ「自分が18位になれて良かった」という嬉し涙のみ(あるいは悔し涙かもしれないけど) 

 

指原莉乃の当選コメント抜粋

・HKTに移籍することになって、本当に色々な人に迷惑と心配をかけてしまいました(※非常に弱い表現ながら、投票してくれたファン以外にも自分に関わってくれた全ての人に対しての謝罪の言葉)

◎AKBももちろんいいけど、HKTも応援してくれるかな?いいともー!!(※あくまでも指原莉乃の存在意義はHKTを盛り上げる事にあるので、最後にHKTをアピールする事で責任を果たす)

 

・・・筆者は今回の峯岸みなみの当選コメントを聞いて、今回11回かけて峯岸みなみについて書いてきた内容の基本的な方向性に何ら間違いが無かった事が判って、正直かなりほっとしています。やはりあれだけ罵詈雑言に近い事を書きまくる以上、事実誤認や歪曲・捏造には相当気を使いました。そして最後の最後に当選コメントで今回11回かけて筆者が書いてきた事と全く違う方向性の事を峯岸みなみが突然言い出す可能性もあったわけで、その場合の責任は筆者が取るのが当然であり(←恐らく11回分の文章を全文削除して謝罪とかでしょうね)、だからこそ今回は総選挙を跨いでの「結果確認」を行いました。結論としては、筆者が11回かけて峯岸みなみに関して書いてきた内容に、それほど大きな誤りは無かったと考えます。やっぱり峯岸みなみにはこの半年間で、何の成長も変化も無かったという事なんですよね(まあ反省して無いんだから当然だけど)。そしてきっと筆者が今回の「峯岸みなみ丸刈り事件」で最も嫌悪感を持つのは、(峯岸みなみの劣悪な人間性の問題では無くて)峯岸みなみの書いた下手糞なシナリオに「踊らされてる感」なのだと思うんですよ。恐らく峯岸みなみは何年も前から男遊びを繰り返しながら「丸刈り謝罪で人気者になってやる!」という事を計画していた筈であり、そのシナリオは

 

1、丸刈りになって謝罪して世間にインパクトを与えて、有名になる

2、丸刈りにした事を皆にいじって貰って、人気者になる

3、髪の毛が伸びてきたタイミングでカツラを外して、「禊が終わって皆に許して貰ったからカツラを外しました!」と宣言する

4、世間の皆が許してくれたんだから(その証拠にカツラを被ってない!)、正規チームにも選抜にも当然復帰する(自分さえ美味しければ研究生のままでも可)

5、丸刈りにして知名度も上がったし、皆にいじって貰うネタも出来たんだから、これから先は仕事も増えて大勝利♪

 

という物で、こうした峯岸みなみの<<世間の認識とは完全に剥離したサクセスストーリー>>を強引に押し付けられることに対して、筆者は物凄い拒否反応を感じているのだと思う。そもそもAKBは「決まったシナリオが無くて民意で動くアドリブ感覚」が売りである筈なのに、峯岸みなみが書いたシナリオは正に「古き悪しき芸能界の亡霊」そのものに感じられるんですよね。繰り返しになるけど、峯岸みなみの丸刈り謝罪が上手くいかなかったのは、男遊びの後始末に失敗したからではなくて(←世間に対するマインドコントロールは問題無く成功した)、男遊びを利用して自分が有名になって甘い汁を吸おうとした峯岸みなみの時代遅れの手法そのものに問題があると思うんですよね。つまり筆者の眼には、AKBが古き悪しき「フェイクドキュメンタリー」の世界へと、どんどんと退化して行っているようにしか見えないんですよ。このままだと総選挙やジャンケン選抜に、本格的な八百長(要するに予め書かれたシナリオ)が導入されるのは時間の問題なんじゃないでしょうか。

 

第五章「AKB研究生全員が64位圏外だった事について」

 

 筆者はこの件に関してだけは、誰かが峯岸みなみを徹底的に攻撃しなくちゃいけないと断言します。だって峯岸みなみの現在の仕事は、研究生達を育てる事でしょ?。しかし筆者の眼には、研究生達が成長しているようには全く見えません。多少MCがこなれてきているようには見えるけど、でもそれは峯岸みなみが書いた台本をAKB研究生達がただ読んで、一番美味しい所は全部峯岸みなみが持っていっているという、ただそれだけの話ですよね?。むしろ研究生達が試行錯誤をする機会が奪われる事によって、成長する余地は確実に失われていると思うんですよ。例えば今回のお台場合衆国イメージキャラクターに関しても、本当ならば研究生枠として小嶋真子とか岡田奈々あたりを入れていかないといけないんだけど、峯岸みなみが研究生に居座り続け各種選抜の研究生枠を独占し続ける限り、研究生達には今後も実績を作る機会を回して貰える可能性は極めて低いと考えられます。そしてその挙句の果てが「3年ぶりのAKB研究生全員が64位圏外」という選挙結果です(怒)(注:俺は峯岸みなみをAKB研究生とは認めない。ただの研究生がAKBの冠番組の司会なんてさせて貰えるわけがね-だろ(怒))。こんなんで本当に良いわけ?。峯岸みなみの当選コメントを見て貰えば判るとおり、こいつは自分が育てるべき研究生達の事なんか、何一つ気にかけちゃいないんだよ??。間違い無く研究生達に事なんか、自分のステップアップのための踏み台位にしか思っていないんだよ???。こんな奴に金の卵である研究生達を預けておいて、本当に大丈夫だと思っているわけ????。お前ら、頭おかしいんじゃねーの?????

 

 本来AKB研究生達には育成担当は特にいなかったわけですが、ある日一期生であり運営にも最も期待されるトークのスペシャリストが降格人事で育成担当としてやってきました。当然研究生達のスキルアップが期待されるわけであり(←少なくとも研究生達の出演枠を一つ奪ってまで劇場公演に出演している以上、大きな成果を挙げる義務があるのは当然です)、総選挙でも今まで以上の研究生達の躍進があるのは当然の事でした。・・・無茶だと思いますか?。でも指原はきっちりと結果を出しましたよね。12年度総選挙ではAKB研究生は49位に一枠、HKTは47位に一枠と両者は完全に互角でした。しかし13年度総選挙ではAKB研究生はゼロ枠(どうしてもと言うのなら峯岸みなみが一枠)、HKTは五枠(プラス指原が一枠)と決定的な差がつきました。「HKTの方がメディア露出が多かったんだから当然だろ?」と言うかもしれません。しかし問題はそのメディア露出の時に、二人が一体何を行ったのか?と言う点です。指原はメディア露出の度に自分はHKTメンバーである事をアピールし続け、HKT移籍の経緯をいじられながらも「HKTの事を宜しくお願いします」とアピールし続けました。で、峯岸みなみはメディア露出の時にAKB研究生達のために一体何をしてくれたの?。子兎道場や喫茶エデンやめちゃイケに出演したり、「婦人公論」でのインタビューの時に、AKB研究達の為に一体何をしてくれたの?。なーーーんにも、してくれてないですよね。峯岸みなみは、ひたすらかわいそうな自分をアピールするか、自分のハゲをいじって貰うか、「早くチームと選抜に戻りたい」と何の反省も無い発言を繰り返すのみ。つまり13年度総選挙でAKB研究生とHKTの間に決定的な差が出来たのは、指原と峯岸みなみの成した事にここまで決定的な差があったせいだと思うんですよ(ちなみに松村香織が総選挙で絶対的に強いのは、常に自分の事だけではなくて他の研究生のアピールを欠かさないという、指原と同様の人間性の高さのためだと思う。峯岸みなみとは天と地の差です)。要するに指原はHKTメンバーを育てた実績で総選挙一位を獲ったけれど、峯岸みなみはAKB研究生を犠牲にして(=研究生達のアピール機会を全て奪う事で)総選挙18位に登り詰めたという事だと思うんですよね。また人によっては「峯岸みなみが研究生に居たから武道館コンサートが出来たんだろ?」と言うかもしれません。でも筆者はそれに関しても、指原がHKT研究生を選抜の主力が勤まるまでに育て上げた実績の方が遥かに大きいと思っていて、研究生にHKT選抜のメインクラスが何人も居た事の方が、研究生武道館コンサートを行うための訴求力になった可能性は高いんじゃないでしょうか。だから賭けても良いけど、恐らく今後の峯岸みなみは今回の総選挙の勝利を鼻にかけて、調子に乗りまくって他の研究生達の成長の可能性を今後も確実に摘み取りまくることでしょう(あらゆる選抜の研究生枠を全部自分の物にしちゃうとかね)。・・・皆様にもそうした未来は、はっきりと見えているんじゃないですか?(・・・やっぱり尾木社長には、「あれだけボロボロだった華原朋美の復帰だって上手くいったんだから、峯岸丸刈り事件のもみ消し位余裕だぜ」という驕りがあるんじゃないかなあ)。

 

 救いがあるとすれば、今回の総選挙で峯岸オタが頑張ってくれたおかげで、何とか峯岸みなみの正規チーム復帰に必要な実績が作れた事です(←エイベックスが責任を取って大量投票でもしてくれたか?)。とにかく峯岸みなみは研究生達と急いで引き離さないと、間違いなく何か大変な事が起きると確信します。どうしても正規チームに昇格させられないというのなら(←だったら子兎道場の司会なんか続行させんなよ(怒))、峯岸みなみは外仕事が多すぎて研究生公演には全く出演出来ない、という体制をとにかく早く作って欲しい。もし峯岸みなみがあと一年研究生を続行したら、恐らく14年度総選挙でもAKB研究生は(峯岸みなみ以外)ゼロ枠に終わる可能性が恐ろしく高いと筆者は考えます。・・・本当にAKBファンの皆様はそれで良いんですか?、(何も成さないという事も含めて)それが皆様の選択という事になっちゃうんですよ??。俺はこうした事を考える事は、総選挙で一票を投じる事よりも、遥かに重要な事だと思うんだけどなあ(いずれにしてもAKBファンの選択だけどね)。

 

続く

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その12) | トップページ | 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その14) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

別に峯岸ファンでは無いですが、チョット峯岸に厳し過ぎない?
確かに典型的な復活をねらってるのが見え見えで鼻につくけど
指原の親友だし、指原の一位に免じて許してやってw by指ヲタ

投稿: ラッキー | 2013.06.13 00:19

>峯岸みなみの書いた下手糞なシナリオに「踊らされてる感」
全く同意見です。傲慢にも勝手に自分を罰するのみならず、今回の総選挙で自分で勝手に禊まで済ませたことには唖然としました。
そして、AKBの本質に真っ向から逆らう糞みたいなシナリオに運営が乗っかってる現状にも苛立ちます。
このようないかにもテレビ的な視聴者を見下したシナリオを、ファンを尊重し敬意を払ってきたAKBがなぜ採用せねばならないのでしょう。
少年王さんのいうように、人間性の問題なのだからどこかで必ず転ぶだろう、と思って看過するしかないのでしょうか…

また、峯岸は(本来ならば、それが責務であるところの)研究生育成を全くやれてないというのも同感です。一緒に公演に出て話を聞いて「あげる」ことで十分だと思っているんでしょうかね。
汚れ役として自分を後輩の飛翔の踏み台にするのはチンケなプライドが許さないのでしょう。指原は、その人間性ゆえに今の地位まで上り詰めたことが峯岸にはわからないのでしょうか。
まあ、48Gがつくりあげた最高の人材の一人である指原(もう一人は前田ですが、これは少年王さんの賛同は得られないでしょうね)と比べるのがそもそも酷なような気もしますが。


ちなみに、センターポジションの価値低下と指原・松村の評価急上昇は、戦術理解の深化が進んだことで華のポジションがセンターフォワードからゲームメイカーへと変遷したフットボールの歴史と重なって見えますね。
少年王さんのAKB愛がもはや無くなっているというのは(私も同じなので)わかりますが、昔AKBのサッカー選抜を考察していたような遊び心に満ちた文章もまた読みたいです。乱文失礼いたしました。

投稿: Crazy Horse | 2013.06.13 02:00

峯岸さんは自ら坊主にすることで謝罪の気持ちを伝えたかったとゆうテイなのに
テレビで髪の毛を伸ばすために色々やってると言ってるのを見て爆笑しましたw
伸びた髪の毛の分成長できてるのかな…  どうも頭悪いんでしょうね

投稿: ねこ | 2013.06.13 02:24

今回の総選挙スピーチ、峯岸さんはもちろんのこと、総監督も例年より「いい事言おう」みたいな雰囲気で自分はなんだかもやもやしました。渡辺麻友さんが「自分は誰よりもAKBに捧げている」といった事も彼女が何故そう言ったのかなんとなく腑に落ちなくて、不完全燃焼感。出来れば考察して頂けると有難いです。

投稿: pyy | 2013.06.13 02:59

どうみても総選挙は順位を操作されてるとしか思えないんですけど
毎度毎度NMBのさやみるとSKEのW松井と小嶋陽菜と高橋みなみ順位が連続してるのも不自然
ありえないでしょw
どう思います?

投稿: あい | 2013.06.13 06:39

峯岸と渡辺麻友のスピーチは完全に事前準備したもの
特に渡辺のは事務所が書いたものだと思われる

峯岸はもう終わるでしょう
語る意味なし

投稿: | 2013.06.13 08:36

今週号の文春を見て、峯岸やオリメンには、失望しました。南極怪獣通信さんんのおっしゃるとおりだと思いました。未来ある研究生のためにも活動を辞退してほしいです。

投稿: j-boy | 2013.06.13 13:59

カツラをとった姿を見たときの私の感想は

「なるほど、今日のためにこれまでカツラをはずさなかったのか」

というものでした。

ウィッグ、ハゲヅラで出続けていたのはそのための伏線。みんなの目、話題を集めるために総選挙発表会場に焦点を合わせていたのだと思います。
峯岸さんらしい発想だと思います。

投稿: ARD50 | 2013.06.13 14:44

入場するときに研究生が帽子かぶってるのに
峯岸だけかぶってなかったのを見て私も思いました
こいつ完全にシナリオ考えてるって
ただ主さんが言ってる3年ぶりのAKB研究生全員が64位圏外
ってのには今気づいて驚愕してます・・・
なんでこんな事になったんだ・・・

投稿: あおい | 2013.06.13 19:53

子兎道場の峯岸特集号においても峯岸は、悲劇のヒロイン的な被害者の立場としての言動で一貫していましたね。
少年王3号様の分析通りの言動だと感じました。

投稿: | 2013.06.15 23:00

小林よしのりどんどんおかしくなってきてますね

投稿: | 2013.06.27 01:23

ひかりTVでしかみてないけど研究生公演の峯岸よりB公演に出てた時の方がキャプテンのサポートなど頑張ってたような・・・

指原はHKTでCD選抜に落ちた子達の心のケアをしたり、アドバイスしたりしてますね。多田でさえ、さりげなくTVカメラに若いメンバーが映るようにフォローしてますね。

投稿: いくみ | 2013.07.04 19:15

その後の動向を見ると、なんだかんだで峯岸が上手に研究生達をサポートすると共に
彼女たちから強い信頼を得るようになったことが興味深いですね。

ずっと妹的なポジションである意味甘えていた峯岸が、初めて指導者になることで
人間的に成長したんだなと思いました。

投稿: | 2013.10.07 13:36

◆何故、前田や大島は指原1位を祝えないのか?◆

◆◆AKBを八百長組織にした指原莉乃◆◆

指原さんが自らスキャンダルをメディアで執拗にネタにして、
茶番化させた罪は大きいな。
「AKB=茶番劇=八百長=ネタ」を印象づけてしまった。

自らのスキャンダルをネタ・茶番劇化して、メディアにエサを提供させ続けた行為が、
48グループという組織そのものを破壊に導かせているという認識が、
指原さんには無いのでしょう。

AKB組織そのものが崩壊寸前の今、
自らのスキャンダルをさんざんネタにして、茶番化してきた指原さんは、
その現実を真摯に受け止めているのでしょうか。

恋愛禁止条例もじゃんけんも総選挙もすべてネタ。
AKB道を歩んだ前田敦子や大島優子が、指原1位を不快に思うのは当然。

◆◆AKBを八百長組織にした指原莉乃◆◆

投稿: | 2013.10.07 22:52

◆何故、前田や大島は指原1位を祝えないのか?◆

◆◆AKBを八百長組織にした指原莉乃◆◆

指原さんが自らスキャンダルをメディアで執拗にネタにして、
茶番化させた罪は大きいな。
「AKB=茶番劇=八百長=ネタ」を印象づけてしまった。

自らのスキャンダルをネタ・茶番劇化して、メディアにエサを提供させ続けた行為が、
48グループという組織そのものを破壊に導かせているという認識が、
指原さんには無いのでしょう。

AKB組織そのものが崩壊寸前の今、
自らのスキャンダルをさんざんネタにして、茶番化してきた指原さんは、
その現実を真摯に受け止めているのでしょうか。

恋愛禁止条例もじゃんけんも総選挙もすべてネタ。
AKB道を歩んだ前田敦子や大島優子が、指原1位を不快に思うのは当然。

◆◆AKBを八百長組織にした指原莉乃◆◆

投稿: ◆何故、前田や大島は指原1位を祝えないのか?◆ | 2013.10.07 22:54

指原の八百長人生も、用意周到で悪質ですよ。
研究生から正規メンバーに昇格した経緯をわかっていますか?
当時、あやりんがスキャンダルで解雇されたからですよ。
代替要員で急遽昇格したんです。
当時、ふしだら八百長行為を裏で繰り返していたにも関わらずです。
この時点で、既に「八百長昇格」ですよ。

しかもですよ、あやりん解雇という深刻な現実を目の前にしながら、
自らの八百長行為を反省せず、正規メンバー昇格後もふしだら八百長行為を継続、
八百長行為をエスカレートさせていたんですよ。
八百長昇格のうえに、八百長行為を継続し、八百長の上塗りをしていたわけです。

しかもですよ、八百長行為を継続しながら、「AKBは恋愛禁止条例に署名してます」
「男怖いです」「私が付き合うなんて絶対ありえません」と、用意周到に
公共メディアでさんざんアピールして、恋愛禁止条例を自らの人気獲得に利用していたわけです。
八百長昇格のうえに、用意周到に八百長行為を継続し、用意周到に八百長の上塗りをし、
さらに恋愛禁止条例を用意周到に利用して、用意周到に八百長詐欺人気まで得ていたわけです。

用意周到に「自らの意志で八百長を選択してきた」場面が、この時点で既に多数なんですよ。

しかもですよ、八百長を上塗りしすぎて、とうとう発覚。
「これまで八百長ばかり繰り返してごめんなさい」ならまだ救いようがありましたが、
今度は、「恋愛禁止条例の存在自体が八百長でした」と、さらにまた、
自らの意志で用意周到に八百長行為を上塗りして居直っているんです。
八百長昇格のうえに、八百長行為を継続し、八百長の上塗りをし、
さらに恋愛禁止条例を用意周到に利用して八百長詐欺人気まで得て、
発覚後は「八百長自体が八百長でした」と、八百長に八百長を重ねて、
八百長で八百長を否定し、もはや八百長だらけで八百長に対する収取が付かなくなり、
八百長に対する感覚がマヒしてしまった。八百長の連鎖です。
もうこうなると、もはや「八百長の上塗りを繰り返すこと」でしか、前に進めなくなってしまう。
一体、どれだけ用意周到に「自らの意志で八百長を選択してきた」のでしょうか。

峯岸と指原は、用意周到に「八百長人生を自らの意志で繰り返し選択してきた」という、
「人間の本質部分」で、同質・同類・同罪です。
松井珠理奈を同類として巻き添えにしてはいけない。
本人が用意周到に計画して八百長を選択するのと、周囲(組織)の八百長に巻き込まれる
(親や親戚の犯罪の濡れ衣を着せられる)のは、まったく違いますよ。
これは断言できます。

投稿: 指原の八百長人生も、用意周到で悪質ですよ。 | 2013.10.12 18:52

すみません、上の方。
私、少々頭が混乱してしまいまして。
八百長ってどういう意味でしたっけ?
ご説明をどうかお願いします。
指原をお嫌いなのは充分に通じてますから、安心してください。
それと、どうか冷静に、私にも通じる言葉で、感情を抑えたうえでお願いします。
そうそう、あなた、お名前が長いので、私はあなたを「八百指」と呼んでよろしいですか?
それと質問、あなたはどなたのアンチですか?

投稿: ネギ坊主 | 2013.10.16 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/57578579

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その13):

« 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その12) | トップページ | 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その14) »