« ネオ・ウルトラQ アルゴス・デモクラシー | トップページ | 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その2) »

私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その1)

今回のお題は、「13年度総選挙速報を終えて」

 ご無沙汰しております。相変わらず前回分はレス対応が中途半端で終わってしまい大変申し訳ありませんでした。今回はこの【峯岸みなみ丸刈り事件考】は11本までは確定で(←この件は今後の48Gにとって非常に重要な分岐点になると筆者は考えているので、今回のシリーズはここのみに焦点を絞って見ていきます)、今まで散々言ってきた責任上(笑)今回の総選挙の総括をして、あとは出来れば前回の分まで含めたレス対応を出来れば良いなと思っています(結構いただいてますもんね)。出来るだけ総選挙の結果には関わりたくないんで、きつめの表現の文章は皆様の投票が大体終わった本番直前の時期にまとめます。

 

 さて長く読んで下さっている方はご存知だと思うのですが、筆者はもう3年以上前から「13~14年のAKB総選挙の時期こそが旧世代と次世代による世代交代という最大の山場となる為、AKB48の最初の全盛期となる」と言い続けて超楽しみにしていたわけですが、一月に起きた「峯岸みなみ丸刈り事件」のせいで完全に水を挿された形となってしまい、俺の3年越しの楽しみをすっかり台無しにした峯岸みなみに対しては、日ごと憎しみの念がつのるばかりで、この怒りをどうしてくれようかと思っていました。さらに大問題なのは新体制のAKB運営で、峯岸みなみのせいで総選挙がすっかり勢いを失ってしまったのを補う為に、卒業生を総選挙に参加させるという大愚行を犯してしまいました。ハイコンテクストという物の性質上、総選挙は情報の質(連続性とか物語性とか)と量が勝負を決める物である為、情報量で決定的に劣る卒業生には勝ち目なんて万に一つもあるわけがない。それを承知でただ話題性を得るためだけに、客寄せパンダとして平嶋夏海を、ただ恥をかかせるためだけに総選挙に引きずり出した現行AKB運営(←直接的には峯岸みなみと話し合った結果出馬を決めたんだっけ?)を、筆者は絶対に許す気はありません(この件に関してはあと10回かけてみっちり書きます)。・・・まあ元の元を辿れば、全部峯岸みなみのせいなんだけどさ。

 

 しかし13年度総選挙速報を見て、これまでの考えが180度変わりました。実は筆者は12年度総選挙の結果を見て、自分の言っていた事に対してかなり自信を失っていたんですよね。12年度総選挙は一~三期生(※三期生は柏木由紀の事)があまりにも強すぎて、次世代センター候補と言われる連中が不甲斐無さ過ぎて、「本当にあと一~二年で世代交代が可能なんだろうか?」とすっかり頭を抱えてしまっていました。しかし13年度総選挙速報で一期生達が大苦戦しているのを見て、「峯岸みなみの今回の事件は、AKBの歴史において非常に大きな意義を持つすばらしい出来事だったのではなかろうか」という考えに至ったんですよね。つまりもし今回の「峯岸みなみ丸刈り事件」が無い状態で13年度総選挙に突入していた場合、今年もまた一~三期生(※三期生は柏木由紀の事)が圧倒的に強すぎて、次世代センター候補たちが世代交代を果たすことは実質不可能だったと思うんですよ。ところが今回の事件が起きて、ピース写真やら高橋みなみの酷過ぎる言い訳やらノースリーブ笑顔の共演とかが重なりまくった結果、一期生達のファンの数とやる気がすっかり減退してしまって(※必ずしも全員の総選挙の最終的な順位が下がるという話をしているわけではない。残ったファンが今までの何倍も投票すれば良いだけの話なんで)、一期生の人気の低落傾向が一気に加速した可能性が高く、世代交代が確実に二年は前倒しされたと思うんですよね。この二年はでかいよ~。AKBの次世代センター候補は軒並み19歳以上なわけだから、下手をするとこの世代を飛ばして次々世代センター候補へと時代が移行してしまった可能性だって十分にあったと思われ、次世代センター候補の皆さんは本当に救われたんじゃないでしょうか。つまり「峯岸みなみ丸刈り事件」はAKBにとって必要不可欠な歴史の必然であって、AKBの世代交代を強制的に加速させて老害による冬の時代を少しでも短くするという非常に大きな意義を持った、言わば「峯岸ファウンデーション」とでも呼ぶべきものだったのではないでしょうか。そう考えると「峯岸みなみ丸刈り事件」は、あと一年早く起きて欲しかった気もするけどね~(←そうなっていたら前田敦子も卒業前に火達磨になっていた可能性が相当高いけど(笑))。

 

 現実問題として小嶋陽菜は選抜圏内に復帰できる可能性が高いのではと思っているんだけど(←ピース写真には直接関与していないのと、総選挙では常にスロースターターな為)、高橋みなみは(秋元康氏が何と言おうと)選抜圏内に復帰出来ない可能性は十分にあると考えます。・・・やっぱり総監督として、ピース写真の件への対処があまりにも酷過ぎたと思うんですよ。そして「峯岸みなみ丸刈り事件」の影響と言うよりも、むしろその後の高橋みなみの対応が酷過ぎたせいで、AKBのコンプライアンスが完全におかしくなったと筆者は考えます(※ちなみにコンプライアンスが揺らいだ組織は必ず衰退します。これは100%真理であり、状況が把握出来ていないのは大抵内部の人間だけなんだよね。もし今回の総選挙でAKBが大敗したら、その原因は間違い無くAKBのモラルハザードにあります。そんなことは元ライブドア系の取締役だった秋元康氏が一番判っているんじゃないかな)。もし高橋みなみが「峯岸みなみ丸刈り事件」の際に総監督としての立場を優先するのならば、「泣いて馬謖を斬る」の故事の通り、冷徹に見えても峯岸みなみに対して他のメンバーと同じように公正な対処をしなくてはならなかった。逆に私人としての立場を優先するのならば、峯岸みなみが土下座している写真などをアップして、「みいちゃんもこんなに反省しているんだから許してあげてよ。私も責任(=峯岸みなみを他のメンバーとは違ってエコヒイキした責任)を取って総監督を辞任するから」という話の進め方をするべきだったのだと思う(つーか、公私の区別をきちんとつけられない時点で、高橋みなみには政治家は絶対に務まらないと確信します)。恐らくどっちをやっていても、ここまで極端に周りの意欲が下がる事は無かったと思うんだけどね(そういえば高橋みなみは握手会でピース写真の件を説教されたって言ってたんだけど、一体何を説教されたんだろう?。SWITCHインタビューを見ても、高橋みなみは今回の事件の本質が全く理解出来ていないみたいなんだけど。誰かもう少しきちんと教えてあげれば良いのにね)。どっちを選んでも構わないんだけど、総監督として美味しい想いもしたいし同期生にも良い顔もしたいしでは、あまりにも自分に対して甘すぎるという判断が下される可能性も十分にあるではないでしょうか。だから高橋みなみは「時が来た」とか他人事みたいに言っているけど、実際には「自業自得」という言葉の方がより適切だと思うよ。

 

 とまあいうわけで、どんな組織にとっても世代交代と言うのは恐ろしく困難な物であり、ぶっちゃけ大抵は失敗するものなんだけど、もしもAKBの世代交代がこのままスムーズに進むのであれば、峯岸みなみが世代交代に貢献した役割は非常に大きいものがあるのではないでしょうか。AKBが今まで幾つもの奇跡を起こしてきたのは間違いないんだけど、今回の「峯岸みなみの一期生全員(含む三期生の柏木由紀)を道連れにしての自爆テロ」は、世代交代に対する理想的なモデルケース(←モー娘の喫煙などの犯罪や男絡みによる卒業ほどは酷過ぎないので、そこまで極端に一期生達のイメージを落としたわけではないと思うし)として後世に語り継ぐ価値の在る物であり、これと類似した事件は48Gにとっては4~5年に一度は必要不可欠のものなっていくのではないかという気がします(←あんまり頻繁に起きすぎても困るんだけどね~)。

 

2回目からはもう少し細かい話を、様々な角度から見ていきます

 

 

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« ネオ・ウルトラQ アルゴス・デモクラシー | トップページ | 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その2) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

よっ待ってました!
峯岸にかんしてはいろいろ言いたかったし聞きたかったので

投稿: | 2013.06.05 01:38

世代交代に関しては私の意見と違いますが少年王さんの文章は楽しみです

投稿: no name | 2013.06.05 12:18

オリメンは強いよ
速報順位だけで持論を展開するのはどうかと思うが

投稿: 上海人 | 2013.06.05 17:10

>オリメンは強いよ
速報順位だけで持論を展開するのはどうかと思うが

本文にもある通り、一期生の最終的な得票数と順位が持ち直す可能性は十分にあります。ただ筆者が速報の結果を重視したのは、この得票数がファンの(人数×熱意)によるものだと思うからです。短期間で大量の打ち込みを必要とする速報の結果と、少数の石油王による大量投票で結果が左右されてしまう最終結果では、一票の重みが違うと思うんですよ。少なくとも一期生全員の速報の結果が満遍なく悪い以上、筆者は一期生全体に対するファンの(人数×熱意)は確実に低落傾向にあると思うんですよね。

投稿: 少年王3号 | 2013.06.06 02:37

少年王3号様

お待ちしていました!お帰りなさい!
今回も鋭い考察を楽しみにしています。

久々の再開が、「峯岸みなみ丸刈り事件考」とはまたデリケートなお題で(笑)。
少年王3号様のHKT48に対する考察も期待しています。

投稿: somerin | 2013.06.06 20:38

>筆者は一期生全体に対するファンの(人数×熱意)は確実に低落傾向にあると思うんですよね。

オリメンの速報票数を見てください
去年より増えてるよ
ヲタの熱意低落というより無名メンバーのヲタが無理やりぶっ込んでるだけ

投稿: | 2013.06.06 21:59

卒業も絡みオリメンの範囲は微妙ですが(13速報-12速報)の値
高橋-2359
板野+811
小嶋+1161
峯岸+1470
篠田-1496

合計すると-413

篠田を入れなければプラスになりますが、特殊事情を抱える峯岸板野がプラスであることを
加味すると低調といってあながち間違っていないのではないかと(とくにたかみな!)

投稿: | 2013.06.07 03:44

この件は避けて通れない問題だと思って更新を待っていました。
これから読みます。

投稿: mst | 2013.06.09 02:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/57526833

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その1):

« ネオ・ウルトラQ アルゴス・デモクラシー | トップページ | 私的SKE48論外伝【峯岸みなみ丸刈り事件考】(その2) »