« 私的SKE48論2nd(その21) | トップページ | 私的SKE48論2nd(番外編)(その2) »

私的SKE48論2nd(番外編)(その1)

前回分も含めてのお返事です。

>お互いアイドルというカテから外れてはいないのでしょうが、ハロプロ勢とAKBメン勢のいがみ合い(無論ファン陣の)はいつ始まったのでしょう?同じ穴のムジナではないですか。

 基本的にはどんな場合でも近親憎悪の方が根が深いものです。古来キリスト教とイスラム教とユダヤ教が仲が悪いのも、典型的な近親憎悪です(むしろ仏教やヒンズー教に対しては無関係ゆえに比較的寛容だったりする)。初期のAKBファンというのは基本的にはハロプロファンからの転向組だったわけで、根っこは完全に同じです。だからこそ(宗教の問題と一緒で)絶対に相容れない関係なんですよね(笑)

>田辺エージェンシーの代表取締役副社長の川村龍夫は、ケイダッシュという事務所の会長で、バーニングプロダクションの取締役だから、田辺エージェンシーとバーニングプロダクションも密接な関係ですよ

 …完全に筆者の勉強不足です。だからこそ堺正章は藤原紀香と一緒にレコ大の司会を長い間務めていたのですね(レコ大司会を斬首になってAKB紅白の司会に就任というのは相当きな臭い話ですけど(笑))。もう一つ自分なりに気になっているのは、尾木はワタナベプロ系統としましたが、実際には音事協会長を務めている事を考えれば当然バーニングとも密接な関係があるわけで、必ずしもワタナベプロ系統だけと言い切る事も出来ないんですよね。・・・やっぱ(その11-2)は書き直さないと駄目かなあ(号泣)

>ずばりこの記事(※「教えて☆AKB48!(その26)」)から3年後に見直してますが、紅白2枠、ゴールデンで1時間番組AKB映画などなど、、、、かなり当っちゃってますね、、、、すげ、、、

 あれから3年も経ったんですね~。本当に感慨深いです。一応もう少し言い訳しておくと(爆)、「前田敦子の大河出演」はこの直後に大河ドラマ「龍馬伝」に出演した事で達成しています。また「渡辺麻友の仮面ライダー出演」は、変わりに板野友美・葛西智美が仮面ライダーダブルに出演した事で(一応)達成されました。「AKBの各チームが、単独で武道館を満席にする」は、・・・まあ代わりに各チーム毎に全国ツアーをやってはいるけど、まだ道半ばという所かな。・・・完全に外したのは「松井珠理奈がソロデビューして~」という奴ですね(泣)。まさかここまで松井珠里奈の出世が遅れるとは、思ってもいなかったんだよね~。それはすなわちSKEのブレイクがここまで遅れるとも全く思っていなかったという事です。その理由は機会があれば別項にて。

>バーニング系がますます強くなって、防戦と利権維持に太田プロ必死って感じになりましたね。バーニング系と言っても1人がとんでもないことになってるだけですが。(ナベプロ……)。

 いや筆者は3人だと思います。島崎遥香以外にも<<気がつけば選抜常連>>のキャプテン梅田彩佳、<<新バラエティの女王>>の元SDN芹那は、猛烈な推され具合だと思います。後は松井玲奈がこの流れに乗れるかどうかですね。

>亜美菜はハッキリ、モバイルANNで合流して、仕切ろうと振舞って、すぐに失敗したって、カミングアウトしていますよ。

 筆者が見に行っているまとめサイトでは、その件に触れている所は全くありませんでした。みんな(筆者も含めて)その事を全く知らないんですよ(←そしてその内容に対する世間からの審判も全く受けていない)。結局<<世間と戦う>>という事は、仲間しか居ない所で小声でつぶやく事ではなくて、誰もが聞こえる所で大声で叫ぶ事だと思うんですよね。同じ内容をブログやぐぐたすでやっていれば、世間と戦ったと認めても良いんですが。

>Nも亜美菜も社歴は古いけど営業実績の無い社員ですからね。それが教育したところで、誰も言うことは聞きません。

 それで話を終わりにしちゃったら、実もふたも無さ過ぎです(笑)。干されは一生干されのままで、絶対に出世出来ない事になってしまいますよね。そうした固定概念を一旦リセットするのが組閣の最大の目的だと思っているので、それを全く活用出来ないメンバーこそが“真の干され”なんだと言うのが筆者の主張です。

>ついで言えば、島崎はじゃんけんに勝ったから儀式を終えられたという論証ですが、それだと内田眞由美すら対象になってしまう。じゃんけん云々だけじゃなく、チーム4センター、バカレア主役、マジすか3主役と併せ、巫女なり神の資格者として「持ってる」ことを世に認めさせる形を作れたからじゃないですか?

 必要十分条件の話ですね。筆者は「選抜センターを張るためには禊の儀が必要である」(必要条件)とは書きましたが、「禊の儀を行えば誰でも選抜センターになれる」(十分条件)とは書いていません。後半についてはおっしゃる通りで、「禊の儀」はどれだけやっても遣り過ぎという事は無いので、一旦終えたからと言って未来永劫問題が無くなると言うものでもない。常に遣り続ける事は当然必要となります。

>以前、少年王さんは記事の中で、<松井珠理奈を押さえた事務所が勝ち>という状況なのでは? との見解を述べられていました。

>私もその意見に納得していたのですが、太田プロはそのような考えではなかったということなのでしょうか?

 前回の移籍発表から半年以上経ってもまだ松井珠理奈の移籍先が決まらないという事は、恐らく事務所同士で揉めまくりで身動きが取れない状況なんだと思いますよ。つまり野球のドラフトで言えば同じ選手を12球団が指名するという状況で、果たして<<いつ行われるのかも判らない>>抽選待ちという立場で立ち止まっていて本当に良いのかという話です。現実的に2番人気・3番人気を押さえればそれで良しという球団は山ほどあるわけで、時間が惜しいと思えばその判断は適切とも考えられます。・・・まあ太田プロの場合は、松井珠理奈とそれほど相性の良いメンバーも居ないので、すでに移籍した入山杏奈を軸に考えるというのは筆者的には有りな展開だとは思います。・・・正しいかどうかは判りませんが。

>個人的にあいりんが喜屋武ちあきやしょこたんから2次元系番組の司会枠を奪えるか楽しみにしています。

 本当ですよね(笑)。ただ奪う為には、明らかに<<上回っている>>必要があります。その為には一日でも早くWHO'S WHOを(以下略)

>ガチですとうたっている総選挙のカラクリに対する意見が聞きたいと思います。

 筆者は総選挙は本当にガチだと思っていますよ。少なくとも票の集計に関しては本物の管理会社が商売として行っており、ここから疑うならもはや信用できる物なんて何もありません(笑)。筆者が総選挙をガチだと考えるもう一つの理由は、<<誰が勝っても大勢に影響が無いから>>です。八百長というのは必ず金が絡むので、常に現実的な損得の問題が付きまといます。しかし総選挙は誰が勝ってもCD一枚限りの問題なので、別に大金を使って危険を冒してまで八百長をやるメリットがほとんど無い。つーか金を使い放題だと言うのなら、普通にCDを山ほど買って大量に投票すれば良いだけの話であって、それは<<完全に合法>>です(※国政選挙なら完全に違法だけどね)。もう一つ筆者が総選挙をガチだと思うのは、<<秋元康という人はガチの方が面白い、ガチじゃなきゃ駄目なんだ>>という事を(過去の大失敗から)骨の髄まで叩き込まれていると確信しているからです。この話が直接ドリームキャストの話と繋がります。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論2nd(その21) | トップページ | 私的SKE48論2nd(番外編)(その2) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

お忙しい中、時間を割いてくださってありがとうございます。
色々・豊富な情報があり参考にさせていただきます。

投稿: こんにちは | 2012.12.27 12:48

ご回答くださりありがとうございます。

近親嫌悪というのは、非常にはっきり言い表していますね。
子供のころ、比較されるうざったさから兄弟がうっとうしくてしょうがなかったんですが、感じとしては近いかも、まるきりその通りとは言いませんが。

あと、私もじゃんけん大会の八百長について、アイドルを語る知人と話し合った結果、運も実力のうちという観点を秋Pが考慮して開催しているのではないかという部分がある以上、やはり、趣旨を意味のないものにしてしまうため、八百長は無い。
という結論に達しました。

投稿: ねぎ男 | 2012.12.27 20:45

松井珠理奈の事務所移籍は、裏側で争奪戦を繰り返しているのは、当然として。
珠理奈の活動拠点を、東京に移すことが可能になるまで、移籍をしないとの、紳士協定が出来ている可能性が高いような気もしますね。
珠理奈が、通っている高校に関しての情報が皆無で、拠点を東京に移せるかどうかは、判らないですからけど。

現時点で、SKEの事務所移籍が決まっているメンバーが、学業等の理由による名古屋縛りの無いメンバーばかりですからね。

投稿: スローステップ | 2012.12.28 17:21

私は総選挙にしろじゃんけんにしろガチだと思っていますよ。
理由のひとつとして、不正行為(法律違反だけでなく、社会通念上も含め)とされる事実の情報漏洩を防ぐことが、
現代社会においては事実上不可能であるため、そのようなリスクの高い方策を採る必要性がないからです。
バカな社員(バイト)が「正義感に燃えて」ツイートでもすれば終わりですからね。

たとえば、情報管理には絶対の自信があったはずの大阪地検特捜部ですら、改竄の事実が漏洩して現役検事が有罪になり、特捜部は解散という憂き目にあっているのです。
AKBGに大阪地検よりも上手の情報管理能力があるとは思えませんし、情報漏洩に万全な方策をとろうとすればするほど、いざ表沙汰になったときに、今度は逃げられないくびきとなるわけですから。
リスクとメリットを計りにかければ、誰にでもわかる結果になると思うのですがねえ。

投稿: sskbibi | 2012.12.30 00:13

仰った通り総選挙やじゃんけんは誰が勝ってもCD一枚限りの問題なら、年末シングル発売のじゃんけん選抜はガチとは思えません。
ガチでじゃんけん選抜をやるなら、せめて年中以前やらないとガチと言えません。と言っても、実際に不正とかは言いません。

総選挙については、多少ガチを感じたが、むしろガチぶりを見せるため、実際ガチとも言えません。
本来なら、総選挙は人気を反応するランキングをつける。シングルに選抜されたのはあくまでご褒美なんです。と言っても、不正とは言いません。
ガチなら、シングルを付けずに
1) 二本柱の会会員及び各グループのmobileサイトのみ投票できる。大金でも最多投票券枚数が制限されるからです。
2) 毎日劇場公演の観客者に配れたIDを投票券として認める。こちらも最多投票券枚数が制限されるからです。
これだけじゃ中途半端、票数集計は年4回(年2回でも可)で合計、毎期集計した票数を発表、但しこれによって選抜はもちろん年1回のみ
なぜそうするの?枚数制限はもちろん、公演はAKBの初心、原点だから。
バラエティ向きの子はブレイクしやすい、でもバラエティ向かない子は公演で地道で勝負。

って2つ問題が生じる、
問題1はあまり劇場に出てないメンバーはどうする?
 →投票対象外、上記2)の方法なら投票できるメンバーが制限される(ちょっとかわいそうだけど、仕事が多いのに、他の人にチャンスを与える)
 →投票対象内、投票できるメンバーが制限なし(公演出場しないメンバーや別チームも可、別グループでも可)

問題2は海外移籍メンバーはどうする?
 そもそもこの問題は現行体制でも決めなければなりません
 →投票対象外、(単に総選挙というより、国内公演での人気ランキングの意味に近いかもしれません。)
  UZA以降海外組は事実上選抜落ち、カップリング曲も
  また、海外グループを国内にアピールするより、移籍先にメンバーの指導役としては本来の目的だと思います

上述の方法2)と問題1で投票対象外のほうが効果的だと思います、外仕事より、毎回公演の大切さを感じさせられます

また、1人メンバーを投票するじゃなく、該当公演の16人を1~16の順にランキング付け
研究生に関しては公演が多いため、正規メンバーと分けて集計する。シングルの姉妹グループ枠とカップリング曲の研究生枠などが当てやすいのです

現在、握手券付きなら総選挙の投票券が付かなくても売れます。
また金使い放題を断つのは輿論からも少し正しい評価かもしれませんが・・・(握手券付いてる限り厳しいかも)

運営は底まで真剣に考え実行しないと、どうせ金や利益に関わるガチじゃない
運営にとって、ガチブリをして実際にじゃんけんも総選挙もただの遊びじゃないかなと思うしかありませんね。

投稿: シード | 2013.01.30 09:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/56401599

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論2nd(番外編)(その1):

« 私的SKE48論2nd(その21) | トップページ | 私的SKE48論2nd(番外編)(その2) »