« 私的SKE48論2nd(その12) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その14) »

私的SKE48論2nd(その13)

今回のお題は、「本当に48プロジェクトで“推され”になりたければ、新たに誕生するグループの1期生を目指した方が良いのか」

http://npn.co.jp/article/detail/08290784/

 

 参照元はリアルライブの『AKB48徹底分析「“推されている”のは何期生?』です。別にこの文章自体は48プロジェクトを批判した文章でもないし、データ的にも比較的正しいものを用いているとは思います。・・・ただ話を聞きに行った相手と分析手法と結論が、決定的に間違っている(泣)。現在の48プロジェクトの複雑さは、この程度の知識では正しい結論が全く導き出せない所まで来てしまっているという事ですね。この結論を信じてしまう人が居るとかなり危険なので、最後に筆者なりの正解を提示しておきます。

 

>(1期生に関して)運営側が心情的に苦しい時期を頑張った彼女たちをプッシュしたいという気持ちもわからなくもない。

 

 完全に誤りです。まず1期生は元々20人居た訳で、そのうち現在生き残っているのはわずか4名(20%)に過ぎません。もし仮に1期生が現在20名全員残っていたとしても、現在選抜に入れるのは多くても5~6名だと思われます(運営には今も昔も1期生全員を選抜に入れる気持ちなんか全く無い)。つまり多くても30%程度という事です。これが“プッシュ”の結果ですかね?。また20名の中で芽が出なかった3名は早い時期に初代チームBに左遷されて早々に選抜レースからは脱落し、1期生が残り少なくなってからも年齢が高かった2名はSDNに左遷されていきました。・・・1期生だからといって、全然プッシュなんてされていねえんだよ!。お前らに、某“隣の1期生”の気持ちなんて判ってたまるか!!。筆者は現在1期生で選抜に残っている4名は、単純に人材として優れているのだと考えます。もし1期生であることが重要だというのなら、それは<<創成期からのAKBの全てを自分の体で体感した経験値やドラマ性>>が基礎能力値に乗っかっているのが大きいのであって、<<能力的には劣っているけど、運営の温情で選抜に入っている>>なんて事は断じて無いと断言出来ます。

 

>(大島優子の前回の総選挙での第1位は)運営側がプッシュして第1位を獲得したというよりも、人気と実力で現在の地位を勝ち獲ったと言われており、明確に“推され”ていたわけでないとも。

 

 完全に誤りです。馬鹿か手前らは!!。大島優子はAKB初期から運営に激推されでした。だからAKBメンバーで始めてソロのユニット曲を貰ったのは大島優子だったし、AKBメンバーが初めて声優を務めたアニメ「ICE」でも大島優子が主役だったし、AKBメンバーが初めて主役を勤めた映画「伝染歌」の主役も大島優子でした(前田敦子なんて単なる脇役だよ)。選抜センターこそ大島優子ではなかったけれど、背が低い上に歌が苦手だったからだけの話で、あれが推されでなくて一体何が推されだというのか。単に「大島優子は前田敦子よりは推されていない」というだけの話なら、そもそも1期生うんぬんなんて、完全に無関係な話だろ?。だから初代K信者は、頭がおかしいって言うんだよ!!!

 

2期生と3期生は、“オリメン”の影に隠れ、明確なプッシュをあまり受けたことがないとも言える。

 

 完全に誤りです。しかしこいつら本気で言っているのかね?。まずこの人達の定義によれば、“オリメン”っていうのは現在生き残っている4人だけの話なのかね?。百歩譲って「現在生き残っている4人以外は、絞りカスみたいな連中ばかりだからオリメンじゃない」という彼らの理屈が成立するとしましょう(←これだから初代K信者の連中は頭がおかしいって言うんだよ(怒))。現在残っているオリメン4人の中でテレビドラマで主役を演じたことがあるのは小嶋陽菜唯一人(2期生秋元才加、3期生渡辺麻友、5期生指原莉乃、9期生島崎遥香らはテレビドラマの主役を経験済み)。また現在までに残っているオリメンでCDソロデビューしたのは板野友美唯一人(2期生大堀恵、2期生奥真奈美、3期生渡辺麻友、5期生指原莉乃、7期生岩佐美咲らはソロデビュー済み)。オリメンで自分達の名前のついた冠番組を持っているメンバーは無し(5期生指原莉乃を筆頭に多数のメンバーが自分の名前の付いた冠番組を経験している)。・・・これのどこが現存するオリメン4人だけが贔屓されてるんだよ?。だから被害者意識に凝り固まった初代K信者の所になんかに話を聞きに行っても意味ねーんだよ!

 

>(5期生は)出だしはよかったものの、現在では宮崎、北原は選抜メンバーから外れ、指原もHKT48へ。AKB48に所属する5期生で直近のシングルCDで選抜メンバーには誰もいなくなってしまった(←だから5期生は誰も運営に推されていない)。

 

 完全に誤りです。つーか、皆さんだってこれが出鱈目だってことはすぐ判りますよね。1期生峯岸みなみと5期生指原莉乃のどちらが運営に推されているかを判断するのに、何らかのデータが必要ですか?。どう考えても指原莉乃ですよね??。5期生石田晴香も企画物とは言え「ぐぐたす選抜」のセンターに抜擢されたりドリームクリエイターというレギュラー番組を持っています(※1期生峯岸みなみ・1期生板野友美は、企画物と言えども選抜センター経験無し)。5期生北原里英もテラスハウスで最後の大勝負に出ました。5期生は(人にもよるけど)今も全く干されてなんか居ませんよ。

 

これからAKB48グループを目指す方たちで、ぜひ“推され”のメンバーになりたいと考えるならば、すでに先輩が存在するAKB48SKE48NMB48などのグループに加入するよりも、新たに誕生するグループの1期生を目指したほうが、今後、“推され”になる可能性が確実に高いと言えるだろう

 

 この文章は「だから1期生以外はみんな干されなんだ」という結論を言いたいためだけに書かれた文章なんだけど、読んで貰うと判る通り、6期、7期、9期に関しては運営に“推されている”という事しか書いてなくて、“干されている”という事がどこにも書いてない(笑)。つまりこの文章を文面通りに解釈すれば、「運営に推されるためには1期生として入団するか、あるいは6期生以降に入団すれば問題ない」という結論しか出て来ない筈なんだよね。まあ結論をこじつけるためだけの文章で、何の分析もやってないんだからしょうがないけど(話を聞きに行った相手も最悪だし)。

 

 最後にもう一つだけ、この文章が決定的に誤っている点を指摘しておきます。現在48プロジェクトはジャニーズと友好関係にあるので、恐らく46・48系としてオリコン1位を前提としてCDをリリース出来るのは一年の内半分、つまり26週程度。現在46・48系の一年間のCDリリース予定はAKB5回、SKE4回、NMB4回、HKT4回、乃木坂4回の合計21回。他にもソロやスピンオフユニットでオリコン1位を取りたいと思ったら、あと5回前後しか機会がありません(※エイベックスとも提携関係にあるので、実際にはさらに機会は少ない)。つまりもうリリーススケジュールはパンパンなんですよ。一応国内でグループを増やす可能性があるとされているのは札幌ですが、そこから先は(少なくとも国内に関しては)ほぼグループを増やす予定は無さそうです。この文章を書いた人達は、AKBが日本中にまだまだグループを増やし続ける事を前提として書いたとしか思えないんだけど、実際には(仮に立ち上げるとしても)国内ではあと一つ増やすのが限界である可能性が極めて高い。つまりこの文章が<<なまじ分析なんて名乗っているものだから>>48プロジェクトに入団したい女の子がこの文章の内容を鵜呑みにして、一期生になるために新グループの立ち上げを何年間も無為に待ち続けるなんて事にでもなったら、どう責任をとるんですかね?。それとも日刊サイゾーみたいなマスコミの皮を被った狼版と同じで「自分達の書いた文章には一切責任を取らない」方針なんでしょうか?(多分こんな糞文章を信じる人は、そんなにいないとは思うけどね)

 

>これからAKB48グループを目指す方たちで、ぜひ“推され”のメンバーになりたいと考えるならば、すでに先輩が存在するAKB48SKE48NMB48などのグループに加入するよりも、新たに誕生するグループの一期生を目指したほうが、今後、“推され”になる可能性が確実に高いと言えるだろう。

 

 筆者なりのこの文章に対する正しい結論を述べておきます。とにかく絶対にやってはいけないのは、いつ立ち上がるかも判らない新グループの一期生になるために、人生を無駄にすること。つまり『これからAKB48グループを目指す方たちで、ぜひ“推され”のメンバーになりたいと考えるならば、どのグループの何期生でも良いから一日でも早く48プロジェクトに入団して、自分のキャラをしっかりと立て(←ここが一番重要です!)、努力を惜しまず決して腐らず、ぐぐたすやブログなどを通じて徹底的に自分をファンや運営にアピールし続けること。一番惜しいのは<<時間(=若さ)>>です!!!』

 

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論2nd(その12) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その14) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

冒険王さんご指摘の記事は、一期生とファーストチームをごちゃ混ぜにしてる気もしますね。

そら、ファーストチームは推されますよ、チームの顔なんだから。

でも、推され干されはその時の状況の方が影響でかいのだから、若さ優先、よくわかります。

生まれた年ってのが最初のふるいなわけですから。例外もありますけど

投稿: bibtssk | 2012.12.25 18:49

例えばもし

大島優子さんがAKB2期ではなく、AKB13期として加入していたら、

松井珠理奈さんがSKE1期ではなく、SKE5期として加入していたら、

渡辺美優紀さんがNMB1期ではなく、NMB3期として加入していたら

先輩達を押しのけ今のような地位を築けていた(もしくは今後築ける)のかものすごく興味があります。

投稿: たかとし | 2012.12.30 16:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/56360460

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論2nd(その13):

« 私的SKE48論2nd(その12) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その14) »