« 私的SKE48論2nd(番外編)(その2) | トップページ | 私的SKE48論2nd(番外編)(その4) »

私的SKE48論2nd(番外編)(その3)

続きです。

>少年王3号氏は昔から竹内美宥あたりは次世代基幹メンとしてよく触れてきたけど、結果全く売れませんでしたね

 

 これは見事に外しました。ただ「禊の儀」という視点に立てば当然の事なんですよ。竹内美宥は「韓国海兵隊」にも行っていないし、マカオでバンジーも飛んでないし、グアムでセスナの操縦もやっていない。筆者は比較的旧チーム4メンは色々「禊の儀」を行って来たと思っているんだけど、竹内美宥だけは本当に何一つやっていない。運営的にこの娘を育てる気があったとは到底思えないんですよね。育てる気が無かったから育たなかったという、ただそれだけの話です(育てれば育ったんじゃない?)。島崎遥香については筆者にはここまで思い切った点数はつけられなかった気がするのですが、凄く面白いんで採用です(笑)。

 

>以前、握手会でさっしーがNMBHKTMステには”出られない”と言ってたそうです。恐らくスポンサーか何かが関係しているのでしょう。

 

 NMBが出られないのは想定内だったんだけど(なんせ吉本所属なんで)、HKTは何が引っかかるんだろ?。福岡ダイエーホークスって、テレ朝と揉めてたっけ?。ユニバーサル所属のアーティストがMステ出禁という話も聞いた事無いし(BIGBANGとか福山雅治とか少女時代とか普通に出てるよね)、ジャニーズと揉めてるって話も聞いた事無いしなあ(←でも指原以外はジャニーズと共演した事はほとんど無いかも)。まあHKTがデビューしてみれば色々判るっしょ。

 

>(チームEの)全国武者修行の旅、面白そうですが、そんな決断力が運営にあるとは思えないので

 

 その通り、SKEの問題点は常に運営の壁にぶつかって解決不能という結論で終了してしまいます。・・・筆者は昔からAKBの運営は高く評価しているんだけど(まあ秋元康氏が陣頭指揮を取っているからねえ)、SKEの運営は本当に駄目だと思っていて、本当に何時になったら単独で武道館コンサートが出来るんでしょうかね?(←女子流に先を越されてどーする??、同じエイベックスだろ???)。とにかくチームEのキャラの立たなさは尋常ではなくて、皆様が思っている以上の危険水準だと筆者は考えます。・・・最悪の場合、チーム4のようにチームEを解体して、(5期生で新生チームEを再結成した上で)SとKⅡと新生チームEにばらして組み込むという選択肢すらあるかもしれません(兼任で人数は足りなくなっているわけだし)。気長な話をしている余裕なんて、全く無いと思うんですよね。だから短期間でインパクトのある企画、ということで「全国武者修行の旅」を提案しました。

 

>文春騒ぎの時に、某掲示板で(指原に)「チームEに来て欲しかった」的なことを書いたら、大叩きされたことを思い出しましたw

 

 何でですかね?。みんな指原の価値が理解出来ないんだろうな、きっと。でも確かにチームEに兼任で他チームのメンバーを迎えるというのは、窮余の策としては妥当な所かもしれません。AKBにだけ甘い汁を吸わせておくのも理不尽な話だと思うし(爆)。・・・とは言え誰を連れてくるかは大問題。48プロジェクトの人材不足は今に始まった事じゃないしね。ただヒント的な事を言えば、恐らく足りないのはツッコミなんですよ。的確なツッコミがいれば、少なくとも金子栞だけは機能するようになるし。・・・ランク的に順当な所で言えばチームNの木下春奈か篠原栞那、大博打を打つ度胸があるのならチームB山内鈴蘭かチームK宮崎美穂あたりか。でも木本花音と山内鈴蘭のツートップならば、結構華があって良いかもしんない(笑)。

 

SDNは48グループに入ってないのですか?SDNなら芹那は大成功の部類だと思うんですけど・・・・

 

 ・・・全くおっしゃるとおりですね。お詫びをして訂正しておきますm(_ _)m

 

>大島優子の合コン事件って前田敦子の事件の時の合コンのことですよね?。イベントで謝罪したとかいってますけどあれは自分の合コン参加のことよりも泥酔したあっちゃんへの対応で尻出し事件にさせてしまい世間を騒がせたことに対する謝罪で本人ことの謝罪には思えません。映像も無いし、詳細は不明のままです

 

 案の定クレームが来ましたね(笑)。今回はこちらから招いた事なんで、全く問題ありませんが。まず(意図的なのかどうかは判りませんが)全て論点がずれています。筆者は<自分のファンもアンチも居る公の場で謝罪して、それが成立してしまった既成事実が重要だ>と言っているんですよ。あなたが“謝罪とは思えない”とか“詳細が不明”とか言っているのは全て本質的に無関係です。もしこの既成事実を覆す事が出来たとすれば、それは現場で大島優子にブーイングを浴びせて、謝罪を成立させないという方法しか無かったんですよ。

 

>そのへんは証拠が挙がってしまった倉持とは違いますね、倉持が影響ないようにみえるのは人気も実力も知名度も無いからとバックの力のおかげでしょう

 

 何を言っているのか全く理解できません。何で“人気も実力も知名度も無い” 倉持明日香が総選挙で22位が取れるんですか?。23位以下のメンバーは“人気も実力も知名度も無い”よりさらにその下と言う事になるのですが、彼女達は一体何者と言う事になるんですか?。あなたにとって人気も実力も知名度も普通のメンバーというのは、一体総選挙何位以上なんですか?。倉持明日香にだけ付いているバックって具体的に誰の事なんですか?。倉持明日香のファンの為にも、きちんと答えて貰えますか。

 

>前田はTOYOTAのイベントで車2台貰ったり、番組もSPで放送されてるので、影響ないと思いますけど

 

 影響が無くて「AKB自動車部」が突然打ち切りになるわけねーだろ?。あとジーユーのイメージキャラクターも、9月4日に記事が掲載されて9月5日に突然きゃりーぱみゅぱみゅに交代したんだけど、これも絶対に無関係だと言い切れるんですか?。SPが放送されたのは単に両者が和解したからだけの話で、それも前田敦子の側から頭を下げた可能性が非常に高い。憶測ですが、もし仮に前田敦子がノーギャラでSPへの出演を引き受けたとすれば、車を2台貰う位でちょうど辻褄が合っているとは思いませんか?。

 

>河西の卒業は番組からの逃亡で卒業なんですかね、水曜のめざましや金曜のハッピーMで涙の激白をしたりしてるのでそれを見てからの評価もしてみて欲しいです

 

 知りませんし興味もありません。筆者が河西智美に対して問題にしているのは、卒業の件とは一切関係なくて、「敵前逃亡に対して適切な対処をしなかったから、今後他のメンバーの仕事に影響が出る」という一点に対してのみです。恐らく河西智美のファン以外は、皆同じ気持ちなんじゃないでしょうか。

 

>あっちゃんはソロコンの初日の冒頭で謝罪してます。優子ちゃんの地方コンサートでの謝罪と同じ日です。

 

 これも「佐藤亜美菜がモバイルANNで詫びた」という件と全く同じで、あくまでも「前田敦子個人のファンに詫びた」という話であって、「世間を相手にきちんと釈明した」という話ではないんですよ。この違いは非常に大きいと筆者は考えていて、誰も敵が居ない所で小声で何を言っても、そんな物は既成事実として何も残らないと思うんですよね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論2nd(番外編)(その2) | トップページ | 私的SKE48論2nd(番外編)(その4) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

>倉持明日香にだけ付いているバックって具体的に誰の事なんですか?。倉持明日香のファンの為にも、きちんと答えて貰えますか。

答えてもいいのでしょうか?もしまずいと思ったら削除してください

倉持明日香の父上である倉持明氏は現在保険代理店を営んでいます、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%89%E6%8C%81%E6%98%8E
勿論その筋とのトラブルなど日常茶飯事なので当然ケツモチがいるともいわれます
また現役時代に違法カジノの広告などに出演してますし、あの山根健一氏ともつながりがあります
倉持がクビにならなかったのはケツモチが処理したんではないかと言われてますね

http://geinolabo.ldblog.jp/archives/1353899.html
http://geinolabo.ldblog.jp/archives/3531120.html

投稿: 名無し | 2012.12.28 01:10

>>福岡ダイエーホークスって、テレ朝と揉めてたっけ?
まず福岡ソフトバンクホークスですよオーナーが孫正義

自分が思い当たるにはこれですかね
昔堀江がフジのやったのと同じことしてるんですよ

「1996年には米ヤフーとソフトバンクの合弁でヤフー株式会社を設立。オーストラリアのメディア王ルパート・マードックのニューズ・コーポレーションと折半出資の合弁会社を設立し、テレビ朝日の株式の21%を取得するも、のちに朝日新聞の反発に遭って撤退するに至った。」
wikiより

投稿: | 2012.12.28 11:01

ジーユーのイメージキャラクターはずいぶん前からホームページ上でキャリーのシルエットと共に予告されていたこと。
AKB自動車部が突然打ち切りというのも憶測。もちろん打ち切りとも解釈できるが、10月から番組改編期、そもそも秋元氏が言うようにあの番組は前田ありきの企画であり、免許を取得してしまい、AKBも卒業してしまったのだから当然の流れ。泥酔事件に結び付けるのはサイゾー的発想。
とにもかくにも、情報の取捨選択があまりに恣意的すぎ。

投稿: 前田ヲタの1人 | 2012.12.29 01:52

竹内美宥に関しては、島崎島田らとのガラス4抜擢、研究生ユニット ミニスカートのセンター、A高橋K大島B渡辺アンダーというエリートコースを歩んできており、
運営から推されている、だからこそ竹内がチーム4センターなのだと誤認していたヲタが多数います。
運営は育てる気がなかったのではなく、人気が出ない方法で育てていたのでしょう。

このブログの世界で言えば、ローコンテクストの世界での9期ナンバーワン(横山除く)だったのでしょうね。
ハイの世界では0点に近く、その世界での禊は全然果たしていないということかと理解しています。それじゃあ売れないよと。

大島涼花の育てられ方次第では、竹内コースを歩み、人気の芽が潰されかねないと危惧しています。

投稿: | 2012.12.29 06:53

チームEに指原じゃなく北原を据えたら・・・

何も変わらないだろうなあ

投稿: | 2012.12.29 06:57

>恐らく河西智美のファン以外は、皆同じ気持ちなんじゃないでしょうか。

河西逃亡後、渡辺美優紀がぐぐたすで1万円生活やりたいと釣りネタかました時がありましたが、
河西ファンや初代チームK派の方々を除いては、溜飲を下げたように見えた。

もちろんあざとい釣りだとして引く層もいるでしょうけど、48グループの立ち回り方としては
相当模範的と思われました。46系のメンバーではあり得ないでしょう。

入山あたりも言っちゃいかねないキャラですが、あのキャラじゃ反感ブーメラン食らうだけ。
渡辺美優紀は自分の立ち位置と周りが見えていると思われます。

投稿: | 2012.12.29 07:22

 お忙しいところ、コメントありがとうございます。
 チームEへの突っ込み役の兼任については、本店は頭にあっても、NMBからっていうアイデアには目から鱗でした。
 たしかに、本場で鍛えられているツッコミ、そしてツッコムことを恐れないメンタルを持つ人材はNMBに多そうですしね。位置的にも近いですし、実際に秦佐和子や卒業した今出舞は大阪から通っていましたしね。
 そういう意味では、今出舞は的確なツッコミが出来る惜しい人材でした。チームE結成時に入れていればだいぶ違っていたのかも。卒業したときは何の感慨も沸かなかったのですが、今になって気づかされました。

投稿: sskbibi | 2012.12.29 12:12

前田敦子のCMは丸美屋のふりかけは続行中ですよラジオの前田敦子のHEART SONGSで流れてます
TOYOTAの出演料がわりが車2台なんてありえないでしょう
800万近くするんですよ、高すぎますね
なので打ち切り云々は無いですね

投稿: 名無し | 2012.12.30 05:07

何でレコ大を二連覇できたんでしょうか?

投稿: | 2012.12.30 23:10

レコ大連覇はわさみんが犠牲になってくれたからでしょ

投稿: no name | 2012.12.31 01:37

今年のレコ大のラインナップもひどいですね。
斉藤和義は昔から好きですが、今回はドラマが受けすぎましたからね。斉藤さんにはもっといい曲たくさんあるのに。
avex枠の3者はなめとんのかって言いたくなるほどのひどさですしw
AKBオタだって真夏が一番いい曲だったなんて思ってないでしょうけど、圧倒的な売り上げを背景にってことじゃないでしょうかね。
ほとんどの日本人にとっては、どの曲が大賞とろうがどうでもいいってのが実際のところでしょう。

「ありがとう」JUJU
「風が吹いている」いきものがかり
「GO FOR IT!!」西野カナ
「櫻」氷川きよし
「酒のやど」香西かおり
「777 ~We can sing a song!~」AAA
「花火」三代目 J Soul Brothers
「White Angel」Fairies
「真夏のSounds good!」AKB48
「やさしくなりたい」斉藤和義

投稿: | 2012.12.31 11:02

↑失礼、名前が抜けておりました。

投稿: bibissk | 2012.12.31 11:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/56407643

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論2nd(番外編)(その3):

« 私的SKE48論2nd(番外編)(その2) | トップページ | 私的SKE48論2nd(番外編)(その4) »