« 私的SKE48論2nd(番外編)(その3) | トップページ | 炎のペギラ通信130101 »

私的SKE48論2nd(番外編)(その4)

続きです。

>私もほぼ同感の意見で、Eと同じ事がHKT48にも当てはまると思っています。

 

 まず前提から始めます。SKEはパフォーマンス重視のグループであり、チームEはその一員である以上、「自分達はパフォーマンスが優れているから応援して貰う価値がある」という事を、ファンに対してどうしても自分達の力だけで証明する必要があります(SKEのファンもこの事が良く判っていないみたいですが)。だから筆者はその為の最短の方法として他アイドルとの対抗戦を提案しました。しかしHKTの方向性は、果たしてパフォーマンス最優先なんでしょうか。本当に「何年かかってもSやNを乗り越えて、48プロジェクト最強チームになってやる!」というのがHKTの方向性なのでしょうか。

 

>私はHKT48立ち上げ当初、地元福岡で“他の福岡のローカルアイドル達とバラエティでも何でもよいので何かを真剣に競い、負けたら心底悔しいと思える”ような番組を行ってほしいと思っていました。

 

 かなり危険な賭けではないでしょうか。SKEの看板は簡単には壊れない位頑丈なので何があってもせいぜい傷つく位の物ですが(※それは48プロジェクト最強のチームSが後ろに控えているからです)、HKTの看板はちょっとした衝撃で簡単に粉々になってしまう位現状では脆い。現時点でHKTのファーストチームであるチームHがLinQやHRと遣り合うのは、あまりにもリスキーだと考えます。いずれは倒さなきゃならない相手ですが、まだ時期が早い。

 

HKT48に最も必要だったこと、それは“負けて心底悔しいと思う感情そしてそれをファンと共有すること”だったと思っています。HKT48は平均年齢が若いこともあり最初は当然惨敗することは目に見えていますが、AKBグループの看板を背負った以上若さを言い訳にしてほしくないと思っていました。

 

 HKTにはまだ48プロジェクトの看板を背負う資格はありません。もしチームHが惨敗を喫したとして、誰がその尻を拭くんですか。先輩グループに出張って貰いますか?。自分達で何とかするとしても、何回遣っても勝てないとなったらそれこそ解散の危機です(せめてセカンドチームならば、言い訳も出来るんだけど)。負けたら後が無い相手と戦うのは、せめて「でもCDはあなた達の10倍以上売れてるから」というアドバンテージを得てからでも、決して遅くは無いと思います(←AKBがモー娘に止めを刺しに行ったのも、勝ちが確定してからだったし)。

 

HKT48の将来への投資として他のグループに負けることさえ容認できれば、どこのグループも決して損をしないような番組になるのにと思っていました。当然のようにこのような番組が行われるわけもなくローカルのゆるーいバラエティ番組にHKT48は出演するだけでした・・・・。そのことが今のHKT481期生の現状につながっていきました・・

 

そこで筆者が考えるのは、HKTの場合まずは「負けても許される相手と喧嘩をする」のが最初だったという事です。例えば「チームE」とか「チームM」とかね。どうせ劇場公演さえ無ければ暇な人達なんで(爆)、呼べば喜んで来てくれたと思いますよ。48プロジェクト内であれば勝っても負けても許される範囲内だと思うし、木下百花あたりにでも「あたしらに負けてる分際でCDデビューなんて百年早いわ!」とか言って貰えば、皆それなりに奮起したんじゃないでしょうか。まあ何をどうやれば脱退が食い止められたのかは、なかなか難しい問題ですが。

 

HKT48の初公演から約1年後の今年11月に行われたヤフードームでのホークスの感謝の集いにてHKT48がステージパフォーマンスを行いました。(中略)このステージの評価はステージが終わった後、一般の観客の方からほとんど拍手すらおこらなかったことが全てを物語っていたと思っています。はっきりいってHKT48にとってこの場はホームといってもいい場のはずでした。私はこのステージを見て、今現在指原さん、多田さんがいたとしてもホームでこの有様ではアウェーでは全く通用しないと確信してしまいました。

 

 一応彼女達の為に少し言い訳しておくと、一般の観客相手はどんな場合でも非常に難しいです。筆者は今でもAKB超選抜が2009年に巨人軍の始球式でパフォーマンスした時の事を鮮明に覚えていますが、観客も選手もほとんど無反応でしたね(爆)(←選手位は反応しろよ!)。恐らくヤフードームも、あなたが思っているほどはホームじゃないんですよ。むしろ責められるべきは、ホークス(&ホークスファン)と密接な関係を築いてこなかった運営なんじゃないでしょうか。筆者はHKTを劇場で生で見た事は一度も無くて、最近はAKBもほとんど見ていないのですが、少なくともメモリスト氏に言わせると、チームHのパフォーマンスは<<AKBに比べれば遥かにマシ>>という話なので、そんなに悲観もしていないのですが。

 

HKT48はこれまで対外試合での惨敗の経験をしてこなかったこそファンも感情移入できず、HKT48が今だに地元で大きな熱を生まず停滞する原因にもなっていると思います。

はっきりいって、今のように先輩グループの大舞台のステージにおまけで立って「楽しかった」といってるようでは全くダメだと思います。

 

 HKTに「物語」が無い(=感情移入出来ない)のは確かに大問題です。「不祥事で五人脱退しても健気にがんばっている」というのは禊の儀として一応成立はしているのですが、所詮は内輪の話なので弱い事は弱い。前記に沿った話をすれば、例えばCDデビューを賭けて、まずは「<一番フレッシュ>チームBⅡ」と戦って、次に「<大阪の暴れん坊>チームM」と戦って、次に「<名古屋からの刺客>チームE」と戦って・・・。というように一歩ずつ前に進んでいく物語というのは、イメージ的にも非常に判り易かったかもしれませんね(そのレベルの勝負でも、現状のHKTならば十分に「看板を賭けた戦い」と言えると思います)。

 

>惨敗し追い詰められた状況の中で初めて生まれえるものがあるはずで、その状況でどのメンバーがどのように頭を使って真剣に考え行動するのか、それを私たちファンは知りたいと思っています。それがメンバーそれぞれの本物のキャラにつながっていくものだと思います。

 

 あなたが望んでいるのはまさしく宗教的な禊の儀なんですが、どうせ来年CDデビューして外回りをするようになれば、おのずとアウェーの洗礼を浴びる事になります。最近児玉遥が頻繁に「レコ大最優秀新人賞と紅白単独出場をしたい」と言っていますが、短期目標としては悪くないと思います(※もちろん成し遂げられるかは全く別の話として)。目標を高く設定して、叩かれながら頑張り抜くというのは禊の儀としてはかなりレベルが高い。現実問題として紅白で、SKEとNMBとHKTで一枠、関ジャニとキスマイとNYCで一枠、というのは別におかしな話じゃないと思うんですよね。ただメモリスト氏が懸念しているのは「指原が居る時と居ない時では出来が全く違う」という事なわけで(恐らく事実なのだと思う)、出来る事なら一度、指原のサポート無しで本物のアウェーを経験させてあげたいですけどね(TIFとかアイドリング出演とか)。それにAKB定番のバンジージャンプとか、スパルタ特訓とか、エロ芝居とか、自分達だけで遣れる事も山ほど残っていますし。HKTにはまだ少し、時間が残されていると思いますよ。

 

>E同様HKT48こそ対外試合の真剣勝負をやってほしいと切に願います。

 

むしろ時間が全く無いのはEの方(爆)。つーか、SKE運営はEに対抗戦を遣らせるつもりなんて毛頭無いので、Eの大ピンチは完全継続中なんですが(^_; 

 現実問題として「チョコの奴隷」の選抜&カップリングの選出状況を見ても何も感じない連中だとしたら、チームEはもう解体しちゃっても良いと思うんだよね。噂では来年早々にもSKEは大量卒業が控えていると言う話ですが、年長メンバーだけではなくて、チームEがメインターゲットでも何ら不思議は無いんじゃないでしょうか。

 

 えーと、年内はここまでということで、年明けに7日頃から<<12月28日の分から>>2~3日分お返事を書かせていただいて、今回は終了となります。それでは皆様、良いお年を。

 

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論2nd(番外編)(その3) | トップページ | 炎のペギラ通信130101 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

本年も刺激的で楽しい記事をありがとうございました。
基本的にSKE箱推しの自分としましては、チームEの底上げこそSKEの今後の肝だと思っていますが、
(SKE全体にもありますが)特にEには「大人の意見には従うしかない」と思いこんでいる節が私には見受けられます。

そりゃ年端もいかない少女たちに、運営の大人に意見しろというのは酷かもしれませんが、
ほかでもない「自分の夢に係わること」なわけで、運営(しかも無能w)の言う事を鵜のみにするだけでは、芽が出るとも思えません。
別にカツオちゃんのように公然と文句言ってw逆らえというわけではなく、自分たちで必死になって考えて、自分たちの思う方向にうまく進ませる努力をしないと・・・。
「運営の言を鵜のみ→考えていない(大人は正しい)→当事者意識が希薄」に見えてしまいます。
勿論不平はいっぱいあるでしょうが、陰で愚痴っているだけでは48Gはダメなのです。チームEにはいっそうの奮起を期待します。 

それでは、来年も冒険王3号さんの記事、楽しみにしております。良いお年をお過ごしください。

投稿: bibissk | 2012.12.31 10:55

チームE公演のアンダーにスライド登板が無くアンダーがそのままでていた、
パジャマドライブ公演が実験場となっていた時期がありました。
Eのメンバーからの不満が噴出し研究生ヲタまでを巻き込んだ論争があった、
逆上がりからは無くなりましたが続いていても良かったと思います。
アウエイの戦いを経験していなくて(K2は手つなぎ公演で本拠地である
栄で、Sヲタからボロカスにやっつけられた)
内部にアウエイを作り出す必要があったと思います、
アンダーに全部持って行かれる経験は屈辱以外何者でもない。
Eでは花音以外本格的なアウエイ戦を経験してないため
Eでは浮いた状態になってますね。

投稿: RAGU | 2012.12.31 13:12

返答ありがとうございます。
いろいろな意見を聞けて大変参考になります。
確かにおっしゃられている通りですね。

HKT48のチームHはいきなり劇場公演が「手つな」で、なおかつつい最近までずっとHKT48のオリジナル曲というものが1曲たりともなかったためどうしてもSKE48と比べられる宿命にあったと思います。やれ振りがそろっていない、やれダンスもうまくない、やれ動きが大きくないという見られ方、いわば粗探しにも似た見られ方をされがちだったと思います。
ファンの方が比べたがる気持ちもよく分かるのですよ。私も比べたりすることは好きですし、現に比べていますし・・・。もちろんパフォーマンスが向上するにこしたことはないと思います。

ただ一方私もHKT48を正直言ってあまり他のチームと比べるものではないとも思っています。
なぜなら公演を見るに当たって完成度が高いから何回も見て楽しめるのか、完成度が低いからといって見るに値しないのかといえば、絶対にそんなことはないと思っているからです。完成度が低いとしてもそれゆえの楽しみ方があると思っています。あくまで向上心、要するに気持ちが入っていることは最低条件ですが・・・、(というよりもむしろ気持ちを見たい。)

指原さん、多田さんの加入によりどのみちSKE48の方向性にいくことは絶対になくなったと思いますので(もともとその方向に行くつもりはなかったのでしょうけど、“手つな”をやっている以上そう思われがちだと思います。)今後どのような方向にいくのか注目していきたいと思います。きっといろいろな人が模索しているのだと思います。
(“AKB全体が初代K化していく中で、HKTだけが初代Bの香りを残したチームになっていくこと”と書かれていましたね。)

投稿: たかとし | 2012.12.31 14:57

メモリスト氏のチームH公演に関する評価は少し割り引いて考えてください。
AKB運営としてHKTを売りたいかつ氏の地元という要因もあり、
常に過大評価気味になっています。
オンデマの開始とチームHが公演に倦んでいる時期が重なってしまった不運はありますが、
現在のチームBやチームKよりましとは言えない、特にMCは壊滅的な状態です。
(チームAは評価するほど見れてません)

チームHはそもそもセットリストの選択を誤ったと思うんですよね。
成長や挫折の物語を見せる事や初代Bの雰囲気を持ったチームの1stに"手つな"は合わない。
じっくり育てるのか、チームSやチームNのようなグループの象徴としてのチームHの確立を急ぐのか、
半ば相反する二兎を追って躓いてしまった印象です。

投稿: 西の西 | 2013.01.01 13:51

博多の公演も何回か入ったことありますが、メモリスト氏の言うことはほぼそのまま信用できます(推しである咲良にはやや甘いですが)。
とりあえず簡単なのは東京ドーム公演見ればチームHのパフォーマンスと他のグループのパフォーマンスはすぐ比較できます。他に、ここでは信用されてませんが岡田氏も見逃した公演のNo.1をチームHとしています。

SKEとの比較ならSKEが助っ人に来た公演をSKEオンデマで見れます。SKEメンバーはいつメン中心でパフォーマンスには定評あるメンバーでしたが、このメンバーと比べてもHKTが見劣りしないことはすぐ分かります。

あとは、指原がいるチームA公演よりもチームHでの指原の方がひどく見えます。らぶたんもそうです。これははっきり今のオンデマで分かります。チームHが高いパフォーマンスをしている証拠です。

MCは確かにずっとひどかったですが、ほんとにひどいのはユニット明けだけです。改善傾向にありますし、MCとパフォーマンスは切り離して考えるべきです。

ただ二期生の研究生公演はまだ始まったばかりですし、全てにおいて仕方がない面が多いのは確かです。研究生公演は生暖かい目で見守って下さい。

投稿: はあ | 2013.01.02 23:41

あ、つい、ここのコメント欄で真面目に反論してしまった orz

えーと、HKTの話が出たついでに田島芽瑠についての話をお願いします!

投稿: はあ | 2013.01.02 23:45

石田安奈や木下有希子が助っ人でいったHKTの公演をDMMで見ただけですが、一生懸命やってるのはわかったけど、ずいぶん緩いダンスだなあという印象でした。
まあ、SKEとはチームカラーも違うし、なんといっても若いので、HKTファンが好きならそれでいいのでしょうが。

投稿: bibissk | 2013.01.03 12:15

以前書かれていた

”最も育てなければならない人材 佐藤支配人”

についてどのように思われているのか

出来れば教えていただきたいです。

私には正直よく見えていません・・・・・。

投稿: りり | 2013.01.08 13:09

はらみながぁー!!

結構好きだったのでがっかり。

Eは本当にこのままじゃいかんね。

投稿: giacomini | 2013.01.15 23:28

ついに大量卒業が現実になってしまいましたね。
今回卒業が決まったメンバーの中の何人かは以前からマメにチェックしてて正直「危ないな」と感じ、湯浅支配人が去年言っていた「来年SKEも組閣するつもり」という発言などから「組閣を行う必要性がある=大量卒業」だと考え、あの噂も信憑性が高いと思っていたので、いつ卒業してもおかしくないと心の準備を既にしていたつもりでしたがそれでもやはり辛いものですね。

唯一の救いは今回卒業するメンバーの中に、個人的に最近かなり推していて「ちょっと危ないかな?」と思っていた金子栞が含まれてなかったことでしょうか。この大量脱退劇で運営も少しは問題点を改善(桑原が言及してた事とか)して欲しい所ですがあの運営じゃ無理でしょうね(泣)

少年王さんのことですから今後何らかの形で扱うつもりでいらっしゃるかもしれませんが、次のシリーズがSKEの組閣までに始まるようでしたら少年王さんなりの組閣案をお聞かせ願えませんか?

投稿: DJRS | 2013.01.16 04:56

小木曽さんの卒業発表はショックでした。

前に書いた珠理奈さんにAKB48に移籍していただく件では、時期エースに小木曽、木崎ツートップを想定していました。
48GはJR、さやみるみたいにツートップがいいのかなと思っていまして、AKB48も前田大島という二人が競う形がグループの発展によかったのではないか、HKT48も田島+1期の誰か、はどうかなあ、SKE48はなおなん、えごなるへつないでいけばと妄想していました。

卒業生の活躍を祈るばかりです。

投稿: ARD50 | 2013.01.17 01:22

ここまでスキャンダル出たらさすがに終わったと思います。
どうでしょう?

投稿: 見てます | 2013.02.07 22:05

支配人シャッフルはJの本店完全移籍の布石だとおもうのは 陰謀論の読みすぎ?かしら。

投稿: RAGU | 2013.02.13 09:10

ご無沙汰いたしております。
その後お変りございませんか?
既にご存知の通り、今回の総選挙は立候補制になりました。
少年王さまいち推しのあの方にも被選挙権があります。
先の映画を見る限りあの方が今回の選挙に打って出るとは思えませんが、
またひとつ、この選挙に面白みが加わったと思います。
これもひとつの、彼女達の「マジ」を試すポイントであると同時に、
一種のメンタルケアなのかもしれません。
あの映画を見てしまうと、当選できずに会場でぶっ倒れる推しの姿はきついですものね。

立候補者が全て出揃った所あたりからで構いません。

そろそろ、登壇されてはいかがですか?

高説を心待ちにしております。

個人的には「アイドリング!!!が一番上手くいってんじゃね?」論が楽しみですが…。

投稿: とも | 2013.03.27 08:35

なっちゃん立候補きたぜぇー!!

俄然楽しくなってきたぁー!

投稿: giacomini | 2013.04.08 00:58

SKEついに組閣しましたか、
9人も正規メンバーの卒業が有り
組織再編しなければいけなくなってましたから
仕方が無いのかな。
Sますます戦闘集団化した印象があります
年齢の若返りとちょっとぐらいのプレッシャーは平気なメンバーがそろいました。
まなつのことが心配されていますが、
振り覚えの早さが一番であることが知られてはおらず
いらぬお世話でしょう。
全体で言うと選抜でしかW松井がそろわなくなったことが
残念というのが第一印象です。
Eに関しては元の面影はありません、
エースの松井投入ですか、
まさしく実験場というのがメンバーを見ての印象です。
逆上がり公演がだんだん良くなってきましたが
博多の追い上げが急でしたから、
成長を待っていられないのでしょう。

投稿: RAGU | 2013.04.19 16:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/56432541

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論2nd(番外編)(その4):

« 私的SKE48論2nd(番外編)(その3) | トップページ | 炎のペギラ通信130101 »