« 私的SKE48論2nd(その15) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その17) »

私的SKE48論2nd(その16)

今回のお題は、「言霊的AKB選抜センター論:パート2(で良いのかな?)」

 さて筆者は3年ほど前の第一回選抜総選挙の際に、「AKBには○子と言う名前のメンバーは3人しか居なくて、その3人が1~3位までを独占した!!」という驚愕の新事実(←だって末尾『母音A』のメンバーが圧倒的に多いんだから、本来は末尾『母音A』のメンバーがセンターである確率が一番高いのが当然でしょ?)を看破して業界を騒然とさせたわけですが(←んなこと話題にしている奴は、この3年間でお前以外一人も見たことがねーんだよ(激怒)!!!)、今回はその続きという事で(絶対に誰も求めてないよな~(泣)。

 まずは前提から。今から50年ほど前までは、日本人の女の子の名前は伝統的に○子というのが非常に多かった。それが最近はほとんど見かけなくなったわけですが(←48プロジェクトメンバーの名前を見ていけば歴然です)、その理由の一つとして、日本人の名前の欧米化が挙げられます。欧米では女の子の名前の末尾は『母音A』で終わるのが一般的であり(例:アリシア・アンジェリカ・アリサ・アニタ・アンナ・アルマ・アーニャ・アンジェラなど)、『母音O』で終わるのは男の子の名前、というのが一般的に言われるようになったからです。だから欧米信仰の強い日本中の親達はこぞって、「せめて名前位は、欧米でも通用する物を付けてあげたい」という事で、女の子に末尾『母音A』の名前(例:○奈、○菜、○那、○香、○加、○佳、○花、○亜など)を付けまくったわけですね。そして逆に末尾『母音O』の名前(例:○子)という名前は劇的に衰退したと。ただ筆者に言わせれば、末尾『母音O』にも欧米の女の子の伝統的な名前は幾らでも在る訳で(例:ブリジット・クレオ・ジャネットなど)、『母音O』で終わるのは全て男の子の名前というのは<<横並び意識が強すぎる日本の親達の完全な勘違い>>だと思っているんだけど、今更何を言っても始まらないですよね(笑)。筆者的には何故AKBでは○子という名前が強かったのかという理由は、そもそも「AKBは日本の伝統的な価値観の上に乗っている存在」なわけで、「女の子の○子と言う名前は日本で最も伝統的な名前」であり、従って「○子という名前の女の子は比較的日本の伝統文化に則った育ち方をしている可能性が高い」から、より「「○子という名前の女の子はAKBに対して強く適応出来る」筈だという、強烈な<<コジツケ>>による三段論法の結果だったわけですが(笑)、まあ結果だけ見れば誰でも何とでも言えるということですよね(爆)

 とまあいうわけで現状ですが、本丸AKBでも○子という名前のメンバーは非常に苦戦中で、松井咲子・中村麻里子らは総選挙でも苦しい状況です。AKBのホーリーネームとも言うべき○子という名前の威光も、地に落ちたという事ですね(笑)。また出城SKEには昔から○子という名前が非常に多いのですが、これもさっぱり芽が出ません。SKEには何故○子という名前が多いのかという話ですが、恐らく東京よりも名古屋の方がより保守的な(=古い日本の伝統文化をより継承している)為なのではないでしょうか。しかしそんな名古屋でも4期生以降は○子という名前がこれまた劇的に減っています。年を追う毎に、名古屋も東京化が進んでいると言うことなのかなあ。閑話休題。ということで登場するのが、“AKB最高のホーリーネーム”を持つ菅なな子なわけです(爆)。ついに末尾『母音O』界のホープ登場というわけですね(←厳密に言うと指原莉乃も末尾『母音O』だったりするんだけど、ここではあえて無視します。菅本裕子はどこかへすっ飛んで行っちゃったしねー)。末尾『母音A』の松井珠理奈や島崎遥香や川栄李奈ごときにはAKB選抜センターは渡せない、という皆様(←そんな奴が本当に居るのか??)には待ちに待った朗報ですね(笑)(※渡辺麻友の末尾『母音U』は激レアで、前例がほとんど無いのでなかなか判断が難しい)。

さてまず一つ目の菅なな子の強みはT160という背の高さです。最近AKBでも今までプロフィールにT159と記載していたすでに成長期が終わった年齢の皆様が、次々とプロフィールをT160に書き直しているわけですが(笑)(←プロレスちっくでとても良ろしい(爆))、菅なな子のまだ成長期途中でのT160はかなりのポテンシャルを秘めています(←もちろん松井咲子のように背が高くても大成しない例もあるのですが)。二つ目は“切れる”ダンステク。SKEでもダンスが切れる人達は、大抵年齢が行ってしまっているか背が低いかのどちらかで、両方揃っていたのは松井珠理奈と木下有希子くらい(俺は木下有希子には言霊的(○子という名前)にも潜在能力的にもチャンスはあったと思う)。木下有希子は年齢的に全盛期を過ぎてしまったのでこれから強く推されるのはなかなか難しいと思うので、残るは松井珠理奈と菅なな子の二人のみ(木崎ゆりあにもあと5cm上背があればね~)。三つ目は明晰な頭脳。中学時代に生徒会長を務め(山本彩もそうだけど、もはや生徒会長をやれる位のセルフプロデュース能力が無いと、48プロジェクトで恒久的なセンターは取れないのでは?)、“工学系”を自称する頭脳と“剣道部”所属の運動能力は、今後もアイドルを続ける上で確実に役に立ちます。馬鹿にはアイドルなんて向いてないって事ですね(※学業的な意味ではない。木崎ゆりあや木本花音は十分に頭が良い。逆に佐藤夏希や仲俣汐里は学業は出来ても頭はとても悪いと思う)。四つ目は出自。現在エイベックスと提携しているSKEに所属する限り、「エイベックス・アーティストアカデミー」出身という経歴は、絶対に無駄にはならない(俺的にはかなり不満なんだけどね)。もし「チームS」の新公演が立ち上がるとすれば、留守がちな松井珠理奈のアンダーは菅なな子が務める可能性が非常に高く、アピールの機会も増えていきそうな流れです。見込みはあるんじゃないでしょうか。

 とまあいうわけで、AKB選抜センターは「○子というホーリーネーム」を持つメンバーが継いで行くという筆者の言霊的センター論は、菅なな子のおかげで首の皮一枚つながっているわけです(爆)(←篠田麻里子も一応選抜センターを取ったしね)。考えてみれば○子と言う名前を持つメンバーは人数が少ない割には現在でも恵まれていると思うわけで、(前田敦子・大島優子・篠田麻里子の3トップは除いて考えても)松井咲子はCDソロデビュー出来たし、中村麻里子も演劇部部長に就任したし(←だから何?って言われると困るけど・・・)所属事務所的に考えるとCDソロデビューできる可能性はあると思う。今後も要注目です!(←超またいつの日か、続きを書くかもしれません・・・)

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論2nd(その15) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その17) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

今の時点で、松井珠理奈からラインが引かれた特別な存在と菅のことを思えるのは、相当なSKEヲタの方だけでしょう。

上背と頭脳等の片鱗はライトヲタにも伝われど、松井珠理奈のような凄みは感じられない。

なんか平嶋夏海みたいな将来デブりそうなぽっちゃりがポッと出で出てきたなあと思ったくらい。
あ、そういえばかつては管理人はなっちゃんヲタでしたっけ?

時間をかけて見ていきましょう

投稿: | 2012.12.22 07:26

怒涛の更新、楽しく拝読しています。

さて私は最近 「SKE48は松井珠理奈をAKB48に譲るべきである」 と考えています。
SKE48の世代交代を考えると、次期エースは3期以降から出すべきでありその人材もいると思うのですが、議論になった時に候補によっては、珠理奈より年上とか同い年といった意見がかならず出ます。
期としては古いが年齢は若いというズレが世代交代には悪いほうに働きます。珠理奈の卒業は年齢的にはかなり先。現有メンバーはかなりの割合で候補から脱落することになります。
秋元氏のお気に入りらしい珠理奈を完全にAKB48に移籍してもらい、新しく3期以降からエースをたてる。
AKB48シングル選抜SKE48枠がひとつ空きますからそこに新エースを入れる。
AKB48より先に世代交代ができるのではないかと思っています。

投稿: ARD50 | 2012.12.24 01:57

久しぶりに読んで、楽しませてもらっています。
3期生・4期生を見る限り、珠理奈・茉夏世代の有望株の子は、名古屋圏では、採り尽くしたかと思ったけど、まだ居ましたね。
6期生にも、高校受験が終わってチャレンジして来る子もいるでしょうね。
菅なな子については、加入直後のメンバー評価も相当に高かったようですね。
内部情報に詳しい、アイドル評論家の「佐藤実絵子」さんも、レッスンを見て、他のメンバーとは、まったく違うと、べた褒め。
他にも、陽P選抜の、ネクストガールズに選ばれるほどの、ナイスバディ。
とはいっても、現時点では、次期センターと言うより、珠理奈と併走できる有力メンバーの登場というところでしょう。

SKEの次期センターは、年齢的には、「えごなる世代」と言いたいけど、
まだ子供っぽさの残る二人と11歳の頃の珠理奈を比較すると、「珠理奈は、化け物か」と言いたくなるよな

「えごなる」の二人とも、家に帰れば、お姉さんということで、かなりしっかりした子なんだけどね。

投稿: スローステップ | 2012.12.28 16:57

運営主導で珠理奈を移籍させてまでの世代交代ってファンが求めているのでしょうか。
どうも、4期5期に推しがいるので、枠を開けたいという風にしか聞こえないなあ。
そもそも、世代交代って年齢や実力的に厳しくなるから行うものなのでしょうから、
それって15歳のセンターを持つSKEにすぐ必要になるものなのですかね?

投稿: | 2013.01.01 10:49

↑失礼しました。名前抜けてました。

投稿: bibissk | 2013.01.01 10:50

ちょっと無理筋だったでしょうか。

私は世代交代推進派で、変革は人気のあるうちに行うほうが良いと考える者です。
人気が落ちてからの変革は悪あがきと言われます。

ちなみに私はみんなみんな教徒です。

投稿: ARD50 | 2013.01.03 00:27

この言霊って力あると思うんです。
今回の「子」事案もそうだと思うんですが、「松」事案、「子音『R』」事案。
人気の出るメンバー、一時的にでもなんでも注目を受ける、または特殊な立ち位置を与えられるメンバーは上記の事案があるような気がするんです。
例>松→玲奈、珠理奈はチームSを飛び出して活躍。 咲子師匠はピアノ。
R→指原。 鈴蘭はゴルフその他。 松村香織の1コメダ。
など、侮れない何かを感じるのです。
少年王さんの分析。 気長にお待ちしております。

投稿: ねぎ男 | 2013.01.08 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/56360540

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論2nd(その16):

« 私的SKE48論2nd(その15) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その17) »