« 私的SKE48論2nd(その1) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その3) »

私的SKE48論2nd(その2)

今回のお題は、「WHO'S WHOはいつになったら始まるんだよ!(怒)」

 さて皆様は秋元康氏が昨年の年末に「AKB48でもいずれWHO'S WHOをやろうと思うけど、まだ早い」と言っていたのをご存知でしょうか。要するに「48プロジェクト内でメンバーに様々なジャンルに対して順位付けをしていこう」という話なんだけど、まだ早いっていうのはどういう意味だか分かりますか。恐らく「総選挙で順位付けをしただけでメンバーがこれだけ混乱するんだから、それ以外の物でも順位付けしたらメンバーが耐えられないんじゃないか」という懸念が有るのではないでしょうか。しかしキャラを立てる為には(申し訳ないけど)順位付けは絶対に必須です。一日でも早くメンバーが大成するという視点に立てば、むしろWHO'S WHOは可能な限り早く作成する必要があるのは自明です。ではWHO'S WHOはどのようにして作成すれば、多くのメンバーが最も納得いくものが出来上がるのでしょうか。これはどう考えても、番組内“ガチ勝負”以外有り得ないと思いませんか?。つまり<<例え現在放映しているAKBの看板番組を何本か終了させることになっても>>48プロジェクトメンバーによるWHO'S WHO決定番組を立ち上げる必要がある、というのが筆者の持論です。まあ週刊AKBあたりはすでに役割を全うしたと思うんで(←「AKB子兎道場」でもぬるいと思う)、終了しても問題無いんじゃないですかね。この件に関しては、(特に下位メンバー推しのファンは)運営に圧力をかけて行かないと本気でまずいと思うんだよ(←視聴率が獲れなかったらDVDを買い支えるから、位の勢いで)。すでに間に合わなかったメンバーもかなりの数に及ぶわけだしね。

 一般人には全く関心の無い内容だけに、視聴率的に苦戦する可能性が高いというのも、WHO'S WHO決定番組の放映に二の足を踏む理由の一つでしょう。でもこれだけメンバーの人数が増えて、且つメディア露出の機会が公平に分配出来ていない現状を考えれば、視聴率やら金やらの問題じゃ済まない事だと思うんだよね。なので構成作家は鈴木おさむに「火曜曲」から「WHO'S WHO決定番組」に移籍して貰い(←なんなら司会は森三中大島美幸にやって貰う条件で)、煽りV制作はほこ×たてのスタッフに頼めればベスト。どれだけ名前の知られていないメンバーであっても、「○○というジャンルに関してだけは、48プロジェクトナンバーワン!」という肩書きさえあれば、テレビだろうがイベントだろうが、どこへでも出て行く事が可能になります。会話のフックとしても最適で、話しを振って貰ってからエピソードトークに持ち込めば、一人で数分間はカメラを独占することが可能となる筈です。48グループ全体としては、恐らく現在の数倍の量のメディア露出が可能になるのではないでしょうか。それではどのようなジャンルでナンバーワンを決定すれば良いのでしょうか。短距離走や長距離走といったベーシックな種目は当然必須ですが、(審査基準をしっかりするとかきちんとした審判さえ連れて来れば)もっと死ぬほどくだらない内容の物でも全然良いと思うんですよ。そしてそれを片っ端から公式ホームページのメンバー紹介欄に載せていく。せめて2位くらいまでは載せたいですよね(←現在の公式ホームページのメンバー紹介欄は情報量が少な過ぎだと思う)。そして番組内容は放映時間30分として、各種目につき全グループから4~8名程度をセレクトして、全員の煽りVを作り(どうしても金が出せないならインタビューでも良いけど)、実際に競って貰います。簡単に勝負がついてしまう競技であるなら、一回の放送で複数種目やってもいいでしょう。だって一年で50種目やったって、最大で50人しか「48プロジェクトナンバーワン!」を決めることしか出来ないんですよ?。全部で300人もいるんだから、せっかくだから出来る限り多くのメンバーを「48プロジェクトナンバーワン!」にしてあげたいじゃないですか。しかもある程度時間が経ってメンバーが入れ替わったら、すでに一度決着のついた競技であっても、参加メンバーを入れ替えて第二回大会を開く必要があるのは当然です。・・・だからこそ一日も早く始めなきゃいけないんだよ!!(←むしろすでに遅過ぎる位だと思いませんか?)

 以下筆者的に是非見たい種目、こういうのもあって良いんじゃない?と思う競技を幾つか挙げて行きます。

・短距離走(参加メンバー:秋元才加、大島優子、仲川遥香、松井珠理奈など)←大島優子の卒業までに、これだけは絶対にやっておかないといけない
・長距離走(=20mシャトルラン)(参加メンバー:福本愛菜、仲川遥香、小林絵未梨、小林亜美など)←番組的には過去の因縁は大切にしないとね(爆)
・バタフライ(参加メンバー:福本愛菜、佐藤聖羅など)←水泳は全種目必須です。遠泳、潜水なんかもあった方が良いかな
・腹筋(参加メンバー:秋元才加、松村香織、小林絵未梨など)←腹筋は松村香織の勝ち、背筋は須田亜香里の勝ちだとは思うんだけど、一応確定しておかないと
・キック力測定(参加メンバー:秋元才加、内田眞由美、木崎ゆりあなど)←実質48プロジェクト最強決定戦です。本当はスパガ前島亜美も連れてきたい
・腕相撲(参加メンバー:宮澤佐江、高城亜樹、山本彩、若月佑美など)←これもある意味48プロジェクト最強決定戦ですね(笑)
・バスケットボール(ワンオンワン)(参加メンバー:秋元才加、宮澤佐江、高城亜樹など)←他にも結構強豪が居そうですよね
・硬式テニス(参加メンバー:高城亜樹、島田晴香、福本愛菜など)←福本愛菜のために軟式テニスもやってみる?
・ボーリング(参加メンバー:宮澤佐江、山本彩など)←二人だけでやらせても良い気もするけど、他にも誰か居るのかな
・ゴルフ(参加メンバー:山内鈴蘭など)←不戦勝に近い状況でも一番は決めなきゃいけないんだけど、番組的にどう処理するのかが少し難しいか
・クラシックバレー(参加メンバー:篠田麻里子、竹内美宥、須田亜香里、秦佐和子、穴井千尋など)←これも他にも強豪が結構いそうですよね
・ピアノ演奏(参加メンバー:松井咲子、森保まどか、生田絵梨花など)←乃木坂から連れて来るのは普通に有りでしょう(笑)
・ギター演奏(参加メンバー:佐藤夏希、山本彩、穴井千尋など)←これも他にも結構強豪がいるんじゃないかな~
・フラフープ(参加メンバー:前田亜美、白石麻衣など)←これもスパガの八坂沙織とか後藤彩あたりも連れて来たいところ(タイトル流出というのも面白い)
・料理作り(参加メンバー:大家志津香、中塚智実、藤江れいな、河西智美、岸野里香、山口夕輝など)←料理部で予選からやっても面白いかも
・激辛料理(参加メンバー:松井玲奈、入山杏奈、JKTで一番凄い人、SNHで一番凄い人など)←松井玲奈、死んじゃうかな?
・ワンピース王(参加メンバー:高橋みなみ、渡辺麻友、古川愛李など)←次にスマスマに呼ばれる時の予選を兼ねるという事にして
・鉄道知識(参加メンバー:佐藤夏希、松井玲奈など)←知識系も色々あります。アニメとか漫画とかアイドルとか歴史とか漢字とか雑学とかその他もろもろ全部やります
・にらめっこ(参加メンバー:大島優子、川栄李奈、中西智代梨など)←これなんかも一位になれば、会話のフックとしては最高なんだけどねえ
・利きメロンパン(参加メンバー:メロンパン同盟の皆さんなど)←やらないわけにはいかないでしょ?
・動物の鳴き真似←江戸家猫八師匠を審判に呼んで
・ガチ馬鹿←問題が進むにつれて難易度をどんどん落としていく感じで

それ以外の種目に関しても、各メンバーに得意な種目を自己申告して貰ってそれを片っ端からやっていけば、それなりに多くのメンバーに「48プロジェクトナンバーワン!」を分配していけるんじゃないでしょうか。すでにナンバーワンが決まっている歌唱力、大声、書道、朗読などに関しても、出来ればもう一度全メンバーを対象にしてきっちりと決着を付け直した方が良いですよね。

 とまあいう感じで~

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論2nd(その1) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

個人的にあとやって欲しい競技
・野球王(参加メンバー:倉持明日香、仲川遙香、若田部遥)←知識クイズホームラン競争ストラックアウトスピードガン競争
・プロレス王(倉持明日香、小森美香)←小森の圧勝かな、倉持はプロレス好きというよりレスラー好き=男好きですからw
・スポーツウーマン王決定戦(SKEの研究生の藤本美月がダントツで1位のような気がしますね)
そして究極はKUNOICHIでしょうか

追記
ももクロは何故韓流と全く同じ手法で劣化韓流にしかなれなかったのか(バックが韓国政府と創○の違いはあるにせよ、芸人によるステマ、捏造動員煽り、自社買い云々)
とかやってほしいですね

投稿: あい | 2012.11.30 06:11

どこの48グループも勢いが打ち止めでCD売上も右肩下がりになり始めてます(まだデビューしてないHKT除く)。
そこらへんの話が聞きたいです。

投稿: ひろ | 2012.11.30 11:55

>全部で300人もいるんだから、せっかくだから出来る限り多くのメンバーを「48プロジェクトナンバーワン!」にしてあげたいじゃないですか。

なんか映画配給会社が作品をアピールするために何とかして全米No1を取らせるのみたいですね(笑)。けど嫌いじゃないです。
AKB内のNo1にとどまらずに凄い記録が出たらギネスに申請したりもいいかもしれません。
確かハロプロでは辻・加護が巨大フラフープでギネスに載った気がします。
レモン早食いで市川やNMB山本、ミルクセーキ早飲みでNMB渡辺とかが載ることができたら面白いんですけどね。


>福本愛菜のために軟式テニスもやってみる?

ちょっとした一言なのにマジレスして申し訳ないんですが硬式と軟式両方経験ありますけど軟式はハードル高いです。
硬式は面を合わせるだけでも一応ちゃんと返るから初心者でもなんとかできますけど、軟式は球が軽くて柔らかいから
風の影響を受けやすいですし、ラケットっと球の接触時間が長いので硬式以上にしっかり体重移動しないとまともな球が返らないんですよ。
バックも硬式の打ち方だとスイングスピードが足りなかったり、ドライブをかけ辛かったりしますし。
高城と島田の硬式の腕前は知ってますが軟式テニスはクセの強い競技なので相手にならない(というか競技が成立しない)と思います。

投稿: DJRS | 2012.12.01 09:52

こういう企画でこそトップを取って欲しかった佐藤夏希が唐突にAKB48を去りました。彼女にはアイドルを目指した少女の記録として(ブログでは途中までだった)「~Nstory~」を書いて欲しいです。

投稿: ヌプリ | 2012.12.01 10:40

>・スポーツウーマン王決定戦(SKEの研究生の藤本美月がダントツで1位のような気がしますね)そして究極はKUNOICHIでしょうか

 いや大島優子・秋元才加・仲川遥香・福本愛菜あたりも相当有望ですよ。でもKUNOICHIならば特番を組まないといけないですけどね(笑)

>なんか映画配給会社が作品をアピールするために何とかして全米No1を取らせるのみたいですね(笑)。

 全く同じ考え方です。“この世で一番金がかかっている商品”である映画のプロモーションスタイルが、結局の所、最も正しいプロモーションスタイルなんじゃないでしょうか。

>高城と島田の硬式の腕前は知ってますが軟式テニスはクセの強い競技なので相手にならない(というか競技が成立しない)と思います

 これは筆者の書き方が曖昧なんでこちらの責任なんですが、軟式テニスを高城と島田にやらせるという話ではないんですよ。あくまでも48プロジェクト全体から軟式テニスのエキスパートを選んで試合を組んで、福本愛菜の強さを際立たせる企画をやった方が良いのかなという程度の話です。

>こういう企画でこそトップを取って欲しかった佐藤夏希が唐突にAKB48を去りました

 また一人、手遅れになってしまいましたね。だから筆者は、このWHO'S WHOは今すぐにでも始めないと、絶対にまずいと思うんだけど。

投稿: 少年王3号 | 2012.12.01 16:06

個人的にあいりんが喜屋武ちあきやしょこたんから2次元系番組の司会枠を奪えるか楽しみにしています。

投稿: しょうあん | 2012.12.04 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/56218958

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論2nd(その2):

« 私的SKE48論2nd(その1) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その3) »