« 私的SKE48論(その11-2) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その2) »

私的SKE48論2nd(その1)

今回のお題は、「備忘録」

 ご無沙汰しております。
 前回は突然ばたばたした状況になってしまったため、ほとんどレス対応も出来ないまま、中途半端に終わってしまって申し訳ありませんでした。今回は多少時間があるので、前回の分も含めて出来るだけレス対応をさせていただこうと思います。
 とりあえずネタ自体は山ほどあるんで、今回は頭の中で構成だけしてそこら中にメモ書きだけしてほったらかしにしておいたものを整理してまとめてみました。

AKBシステム関連(17)
◎:「ドリームキャストがコケたから、AKB48は成功した!」(←筆者の知る限り、ドリームキャストを絡めてAKBを語った人は誰も居ません。そして俺は、ドリームキャストこそがAKB成功の核心だと確信します)
◎:「AKB48という現代の巫女神信仰」:(←欧米式一神教型アイドルとの比較論。AKBが如何に何千年にも及ぶ日本の伝統的な価値観の上に成り立っているかという話です。そして「だからAKBは絶対に欧米人には理解出来ない」のではないかと)
・チーム4はなぜ解体されたのか(←だから俺の言った通り名前をチームFにしておきゃ良かったんだよ!(←嘘(笑))。やっぱり初代チームBとチーム4は、AKBアイドリングを経験させなかったのが悪かったんじゃないの?(←かなり本気))
・なぜ3代目チームBは、キャプテンをチームKから連れてくるはめになったのか(←2代目チームBの年長メンバーの駄目さ加減について)
・何故AKBは週刊文春に便宜を図り続けるのか(←恐らくAKBは指原の件で、週刊文春に大きな借りがあると思うんだよね。増田有華の件はどうせ元婚約者から情報が漏れるんで、週刊文春の記事だけ止めても無駄)
・AKBスピンオフユニット黄金期の終焉(←ノースリーブスが高橋みなみソロデビュー後も稼動し続けるかは相当怪しい。あとはアンリレだっけ?)
・筆者は3年前から「AKB48第一次全盛期は13~14年の総選挙」と言っているんだけど、まだその考えを曲げる気はないよ!!(←むしろ12年の総選挙は、過去未来を通して一番詰まらなかったと思う)
・AKB総選挙を最も公平に行うためのCD販売方法とは?(←単に全グループ同日発売にしただけでは、総CD販売数が減って共倒れになるだけだと思うんだよね)
・新世代のAKB研究生達は美形度を得た代わりに何を失ったのか(←AKBで生き残る為には何が必要かという話)
・アンリレ立ち上げが意味するもの(←主にいつものようなAKBメンバー所属事務所の政治的な動きについてです。恐らく太田プロは松井珠理奈争奪戦から撤退したと思う)
・じゃんけん大会が八百長だなんて、お前ら八百長の何を知ってんの?(←超初級者編として、両ヤオ・片ヤオ・主催者ヤオの違いなど八百長をシステムとして理解する)
・秋元康氏は48プロジェクトの曲を年間180曲も作詞しているのに、何故新公演はさっぱり立ち上がらないのか(←金の流れが理解出来ないと、結局AKBの本質は理解出来ないと思う)
・セットリストベスト100の投票って、誰が歌うか指定出来ないから萎えると思わない?絶対に歌う人を指定出来るようにするべきだよね?(←結局誰が歌うかはっきりしている曲の方が得票数が多いというのは、本来の趣旨に反していると思う)
・初代K信者は頭がおかしいというのは、俺だけが思っていた事じゃなかったんだと安心した件(←是非ハロプロに推し変して、握手会の直接指導とかしてあげて欲しい)

http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/menscyzo_20121123_122921

・藤江れいな主催の「アイドル初詣」は、ぜひ『藤祭り』と呼んであげて恒例化して欲しいなと思う件(←むしろ何故48系からの出演者がいない事が問題)

http://www.girlsnews.tv/notice/67299

・AKBはどの芸人と組むべきなのか(←ダウンタウンやとんねるずと比べて、ナイナイは結構義理堅いので比較的正しい選択なのではないかと)
・頼むから48プロジェクトには一日でも早く、レコ大から撤退して欲しい(大賞はAKBを外して氷川きよし、優秀作品賞はSKEを外してフェアリーズ、優秀新人賞は乃木坂46・渡辺麻友・指原莉乃・岩佐美咲ら全員を外して小野恵令奈。ここまでコケにされて、この上レコ大に留まる意味はどこにあるのだろう?)

AKBメンバー関連(21)
・48プロジェクトを脱退したメンバーには、将来的に芸能界で復活の目は存在するのか(←そういえばTIF36時間同時生中継をぼーっと見ていたら、元8期坂本莉央を見かけたよ♪)
・AKB選抜センター候補にとって最も必要な「マスコミ向けコメント出し能力」の優劣について(←各メンバー別に査定していきます)
・AKBメンバーの出演映画は、何故ホラーばかりなのか(←スクリーム女優と主演女優と助演女優の根本的な違いなど)
・48プロジェクトメンバーの不祥事は、結局身近に脱退して後悔している元メンバーが居る事でしか収まらないのではないかという予想(←つまり避けられないものなら、どう被害を最小限に抑えるかという問題ではないかと)。
・WHO'S WHOはいつになったら始まるんだよ!(怒)(←筆者はどんなに低視聴率になろうとも、AKBのWHO'S WHO決定番組は絶対に立ち上げるべきだと断言します!!)
・今後48プロジェクトでは、どの事務所の所属メンバーが最も出世する可能性が高いのか(←過去のワタナベ系統圧倒的優勢の状況からのバーニング系への急激な変化について)
・HKT48と高橋みなみのユニバーサルからのデビューは本当に正しいのか(←だってユニバーサルはすでにAKB関連だけで2回失敗しているし、ももクロも追放したし)
・何故ユニバーサルは、突然AKB利権に積極的に参入を開始したのか(←とりあえずは落ち目の韓流の連中をAKBと共演させたいって事なんだろうね)
・言霊的AKB選抜センター論(←ついに○子の名前を持つ選抜センター候補が登場、その名は菅なな子!。“彩の呪い”とか信じる人なら菅なな子の一点買いで決まりでしょ?)
・何を持って、現在をパックスAKB-ナと定義出来るのか(←AKB以降の女性アイドル業界のテクニカルタームとジャーゴンの定義、システムの模倣についてなど)
・AKB選抜センター大予想<3年後編&6年後編>(←現在在籍しているメンバーだけでの話なんだけど。直感だけで言わせて貰えれば、俺は大島涼花が一番有望な気がする)
・高橋みなみは「努力は必ず報われる」なんて最初は言ってなかった。何でみんなこんなに日本語の読み取り能力が低いんだろ?。(←「人生をもって証明する」という事は「現在は全く証明されていない」という意味でしょ?)
・何故渡辺麻友の時代は来なかったのか(←もちろん完全に駄目になったわけではないけれど、AKBセンターとしては致命的に欠けている物があると思う)
・究極の接待番組「火曜曲!」の存在意義(←毎年紅白に出場したりレコ大を受賞するには、この位の交際費は必要だって事ですね)
・アルタ神セブンのその後(←もう無理かな~。でも筆者はまだ徳俵ぎりぎりで踏み止まっていると思うんだよね)
・何故46・48系のセンターは、皆ショートヘアなのか(←前田敦子もセンター時代はショートヘアの時期が長かった。あと指原や木下百花や秦佐和子や金子栞といったジョーカー的ポジションのメンバーも皆髪が短い)
・前田敦子は、もっとAKB48に人生を捧げるべきなのではないか(←今まで他のメンバーの分の資源まで使って知名度を上げてきた以上、AKBを離れたから無関係と言うのは都合が良すぎる思う)
・ガールズニュース司会の藤江れいなと伊藤祐奈に見る、AKBとアイドリングのトークスキルの差(←とにかくAKBメンバーは話す速度が30%位遅すぎると思う。それ以外にも色々問題はあるんだけど)
・ノットイエットの4人、【大島優子→AKBセンター】【北原里英→SKE兼任移籍】【横山由依→NMB兼任移籍】【指原→HKT移籍】は全て太田プロの強化策、バーニングを押し返す為の方策だという事は皆様お判りの事と思います
・増田有華の脱退後の人生設計を考える(←総選挙26位が魔の数字なのが実証されちゃったね。でも色々面倒臭そうだから、触れない方が無難かな?)
・居なくなって惜しかった人列伝(←例によって一位からカウントアップ形式で)

SKE48関連(8)
・何故SKE48選抜は、TIF出演時に「オキドキ」の振り付けをデチューンしたのか(←ハロプロやももクロも“被せ”はやってるよ、という話)
・果たしてチームEは、どうすればチーム4の二の舞にならずに済むか(←絶対に数多くのアウェー戦を経験させるべきなんだよね~)
・SKE48はなぜ第4回総選挙に圧勝出来たか(←まさか古川愛李が総選挙30位で名前を呼ばれて、単独で週刊アスキーの表紙を飾る日が来るなんてね~(遠い目))
・何故松井玲奈は、第4回総選挙で松井珠理奈に負けた事が判った時に、薄く笑ったのか(←当然っちゃ当然の話なんだけど)
・SKE48のエイベックス離脱の可能性(←コンサートDVDの発売元もAKSに戻ったし、フレンチキスも活動停止したし、もう一息かという声もある中で)
・SKEとももクロは、どちらが本当にダンスが上手いのか(←オールユニゾンのSKEと、基本的にソロの集合体であるももクロは本質的に別物なんだけどねえ・・・)
・SKE48のシングルCDをあと10万枚づつ多く売れれば、嵐を「オリコンシングル年間ベスト10」圏内から全曲叩き落せるんだけどね(←一応方法論など)
・松井珠理奈は何故定期的に倒れるのか(←倒れた直後に常に主要メンバーの卒業があった事に注目してください。あと最近木崎ゆりあの表情もうかないよね)

NMB48関連(3)
・NMB48は2012セットリストベスト100で1位を獲るのが妥当だったんじゃない?(←第4回総選挙での負けも含めて、関西のヲタは色々ゆるいんじゃないかと)
・やっぱり城恵理子は駄目だったね~(←秋元康氏は何を読み間違えたのか、そしてチームのエースに本当に必要な資質とは何なのか)
・NMB48とは結局の所、山本彩と木下百花によるイデオロギー闘争の物語なのではないかという話(←果たして規律と個性のどちらを重視するべきなのかという普遍的なテーマですね)

HKT48関連(6)
・組織にとって最も重要なのは人材を育てるという事。そしてHKTにとって最も育てる必要がある人材とは“佐藤支配人”なのではないか?(←秋元康氏が倒れるまでに育ってくれないと、HKTは一瞬で崩壊するよね)
・AKB全体が初代K化していく中で、HKTだけが初代Bの香りを残したチームになっていくこと(←指原と多田愛佳が入った事でちょっとだけB4THっぽくなった気がする。人材が育つ環境にはなったんじゃないかな)
・ゆうこすのやり方は正しい!あれならばまだ復活の目はある!(ハイコンテクストにおける自衛論。小野恵令奈、平嶋夏海、米沢瑠美、佐藤亜美菜、小森結衣などとの比較。いずれにしても『シカト』が最悪なんだよね)
・ずばり、HKT48のファーストシングルは果たして何枚売れるのか?(←NMBの時は大きく外したんで、今度こそは(笑))
・何故HKTのセンターは田島芽瑠なのか(←将棋には“相手をとがめる手”というのがあるんだけど、田島芽瑠センターは“ハロプロをとがめる手”(←すなわちまだ残っているハロプロ信者に対して止めを刺す一手)だと思うんだよね)
・HKT48の2013年度レコ大優秀新人賞受賞のお知らせ(←あるいは高橋みなみもか?。いずれにしても今度こそ絶対に当確です。殿様商売のSMEは糞だったけど、尻に火が点いているユニバーサルは流石に命懸けでやってくれると思うよ)

乃木坂46関連(3)
・乃木坂46のシステム解析(←筆者は乃木坂はAKBの劣化コピーではなくて、あらゆる意味でビーバスの直系だと思うんだよね)
・乃木坂46は何故5ヶ月で、AKBの5年分を追いつけなかったのか(←こちらはSMEによる乃木坂のオペレーション論)
・乃木坂46レコ大優秀新人賞落選のお知らせ(←必然は間違いなく乃木坂にあった。これでレコ大にはどんな理屈も通用しない事がはっきりと判ったので、まじめに考える事自体が完全に無駄なのだと心底理解出来ました)

アニメ・ドラマ・ゲーム(6)
・何故ネットで「AKB0048」について語る奴がこんなに少ないのか(←日刊サイゾーの御船藤四郎の記事などボロクソに貶しながら)
・「マジすか3」は長谷川圭一のシリーズ構成なんで、ちょっとは期待してたんだけどなあ(←やっぱりメンバーの個性が判らない奴に脚本書かせても、良い物は出来ないか)
・ウルトラマンゼロvs仮面ライダーウィザード:超古代怪獣ファイヤーゴルザ登場(←直近の特撮ドラマ登場アイドルの傾向と変遷について)
・AKBは「ゴジラ・ウルトラマン・仮面ライダー・ガンダム」と並ぶ日本の主要文化として定着し得るのか(←筆者は100%確信しているけどね)
・2代目あっちゃんを襲名するのは、前田亜美でどうでしょう?(←急いで2代目を誰かが襲名しないと、「13代目前田敦子」まで辿り着けないんだよ!!)
・ガチTCGゲーマーである筆者による、「AKB48トレーディングゲーム&コレクション」の完成度の評価(←つっても悪口しか書く事無いんだけどね(爆)。なんであのゲーム、ウィニーが成立しない設計にしたんだろ???)

その他アイドル(23)
・SME・エイベックス・ユニバーサルなどのレーベル別所属アイドルの傾向と将来性について(←レーベル移籍後のAKBやももクロの変化についてなど)
・キングレコードにとっての、AKB48の防波堤としてのももクロZの役割(←マイクロソフトによるアップル買い支えの話など交えつつ)
・2011年までは存在していたシングルCDセールス6万枚の壁について(←とりあえず一度でも超えてきたのはアイドリング、ももクロ、スパガの三つだけですよね)
・アイドルの産業革命(←AKB以前のアイドルは産業革命以前の家内制手工業、48プロジェクトは産業革命以降の工場制大量生産と定義してしまって良いのでは?)
・アイドル・トーク王を探せ!(←1位菊地亜美、2位指原莉乃、3位嗣永桃子、その他10人位に点数をつけながら)
・アイドルの所属レーベル別の方向性(エイベックスはパフォーマンス偏重、SMEは女優の腰掛け、ユニバーサルは企画物専門、とかね)
・他のアイドルグループにならば、今すぐAKB選抜センターを背負い得る人材は存在しているのか(←個別に能力査定していきます)
・“勝てる相手しか連れて来ない”エイベックス流アイドル総選挙「IDOL☆J@M」を検証する!(←それでもアイドリングにはボコられかけたけどね~。スパガは見殺しだし(爆))
・本当の意味で“キャラの立った”アイドルグループとは、果たしてどこなのか(←だってキャラが立ってないと、テレビに呼んで貰えないじゃないですか)
・ハロプロ・ももクロのダンスと、48プロジェクトのダンスの違い(←主に夏まゆみ氏・牧野アンナ氏・石川ゆみ氏の振り付けに対する哲学の違いについて)
・何故少女達はアイドルを目指すのか??(←だってグループアイドルから卒業して芸能界で大成功した例は、この10年間一つも存在しないんだよ???)
・ローコンテクストにおいて韓流の後釜に座ったのは、結局ももクロだったという話(←つまりももクロは今後、ローコンテクスト故の苦労をしていくのではないかと)
・収録で泣いて収録を中断させるリスク(←別に泣く事自体は悪くないと思うんだけど、タイミングは考えないと結構大変な事になるよ、という話)
・アイドル戦国時代って言葉を、最近聞かなくなったと思いません?(←第3グループのアイドル達の地上波冠番組がほぼ全部終わっちゃったんだよね~)
・ハロプロ勢はそんなに歌が上手いのか。そしてハロプロ勢は本当に口パクをやっていないのか(何故こうした根本的な事を、誰も語らないんだろうね)
・アイドルに学歴は必要なのか(←受験勉強なんてしている暇があったら、特技の一つでも磨いた方がいいと思うんだけど)
・古参ファンの立場から見て最も成功しているアイドルはアイドリングなのではないかと(←毎日のようにテレビやオンデマンドで顔を見られるし、公演のチケットは簡単に取れるし、CDは最低限売れてるので解散は無さそうだし)
・『バックステージpass』は何故上手くいかないのか(←廃棄されたAKB48の初期プロットの一つが、『バックステージpass』とそっくりなんだよね)
・アイドル運営は、どうしてどいつもこいつもダメージコントロールがこんなに下手糞なのか(←スパガにせよAKBN 0にせよ、どうして48プロジェクトの前例から何も学ばないのか)
・ジャニーズ内の親AKB派と反AKB派について(←実際には飯島派だけが親AKBなんで、ジュリー派は今後ももクロと組んでいくのかなという気もするんだけど)
・AKBとアイドリングの卒業生の出世状況を検証する(←将来的に芸能界で出世しようと思ったら、AKBよりもアイドリングに所属する方が有効なのではないかと)
・フェアリーズの惨状から、小野恵令奈は何故何も学ばないのか(←小野恵令奈のレコ大優秀新人賞受賞で、46・48系との敵対関係は決定的となりました。これで完全に未来は閉ざされたと思うんだよね。ほんと、馬鹿に付ける薬は無いよなー(笑))

その他(7)
・日刊サイゾーの記事には常に情報提供者がいる事になっているけど、あれだけ出鱈目だらけの内容で、本当に情報提供者なんて物が実在するのか?(←AKB関係の記事を並べて正誤に○×など付けながら)
・何故背が低いと女優として大成出来ないのか(男性は背の高さによるキャラ分けがあるが、女性は美醜によるキャラ分けしかないからではないかと)
・秋元康は本当に金の亡者なのか(←結果的に儲かっているのは事実だけど、今更金が欲しいわけじゃないと思うんだよね)
・秋元康の作詞術(←現在でも僕らガンダマーは、ZZガンダムの「アニメじゃない」に納得していないよ)
・秋元康氏は「今まで一流の脚本家と仕事をしてきた」と言っているけど、具体的にどの作品の誰が一流だというのか(←筆者的にはほとんど思い当たる人が居ないんだけど)
・電通がゴリ押しすれば、何でも売れるのか(←そんなんで何とかなるなら、AKBは初年度から売れとるわ!)
・実は“美しい”よりも“かわいい”の方が重要だという話(←“美しい”は時代・地域・人種・流行などの影響を受けるが、“かわいい”は基本的に永久不滅の価値観なので)

 うーむ、100本近くあるなあ(爆)(←時間が経ち過ぎて陳腐化しちゃった物もあるけどね)。一番上の◎の2本は必ず書くんだけど、それ以外は・・・全部書くのは絶対無理(笑)。今回はせいぜい10本位かな~。というわけで次回からは、100本に含まれる分があったり無かったり・・・(笑)

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論(その11-2) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その2) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

>それ以外は・・・全部書くのは絶対無理(笑)
まぁまぁそうおっしゃらずに…いつも楽しみにしておりますので!

投稿: てつ | 2012.11.30 00:25

主が書かなくなられてから、バーニング系がますます強くなって、防戦と利権維持に太田プロ必死って感じになりましたね。バーニング系と言っても1人がとんでもないことになってるだけですが。
(ナベプロ……)。

太田プロも川栄加藤入山を懸命に推そうとしているんでしょうけど、推し方とメディア露出量とメンの素質全ての面で、束になっても…。
美形度の代わりに色々な物が欠落してる感。

「やっぱり」城はダメだった論、渡辺麻友の天下は来なくて致命的に欠けているものがある論は同感なので興味深いです。
太田プロは前回に引き続き最高の人材(松井珠理奈)を採れなかったとの推論は、わからないので興味深い。

高橋みなみの努力は必ず報われる云々を正しく理解できない界隈の日本語能力の少なさは、完璧に同意するのですが、この1行で言い尽くしてしまってませんか?

増田論は荒れるだけですし、恋愛禁止の意義論議と不倫論になって不毛になりがちなので、無理なさらないでください。

投稿: I | 2012.11.30 06:57

全部につっこんでも仕方ないのでとりあえずひとつめだけでも(笑)
プロの評論家がどうかは知りませんが、ドリキャスの失敗によって秋元康が変な金主やゲリラ戦法でしか相手にされづらくなりAKB48の立ち上げに辿りついたというのはごく当たり前に語られていることですが、そういう話とは別でしょうか。

投稿: はずみさきる | 2012.11.30 08:36

お疲れ様です。
待ってました!

私達読者は、少年王氏の考察が面白くて勝手に読んでるだけですので、少年王氏も書きたい事を、勝手に書いていただけるのを、気長に待っております(笑)

投稿: りゅう | 2012.11.30 10:25

少年王さん、おかえりなさい!
少年王さんの文章のおかげですっかりAKB界隈の虜になったので、また文章が読めるのがとても嬉しいです。

どれも気になるので詳しく読みたいのですが、私は佐藤亜美菜推しなので、是非

・なぜ3代目チームBは、キャプテンをチームKから連れてくるはめになったのか

・ゆうこすのやり方は正しい!あれならばまだ復活の目はある!

がとても読みたくて気になります。
が、少年王が好き勝手に(と言っては失礼ですが)書いている文章が大好きなので、これからの更新を心から楽しみにしております。

投稿: まっくろ | 2012.11.30 23:28

少年王さんお久しぶりです。再開なさってたんですね。今シーズンも楽しんで読ませていただきます。

>・何故HKTのセンターは田島芽瑠なのか
アイドルの髪型(触角)について、「ショッカクは本格的国民のアイドルになりたい人には必要ないと考えてます。あれは一種のごまかしやね」
「本当にかわいくって自分に自信があればデコも頬骨も全開にしてもかわいいはず」
という持論を持つつんく♂氏がかつて自身が落とした、デコ全開でオーディションに臨んできた田島が時を経て触角を生やし、HKTのセンターとしてトドメを刺す。
実現したらここまで良く出来た話はそうそうないですよね(笑)

>・何故ネットで「AKB0048」について語る奴がこんなに少ないのか
期待してなかったものの、結局個人的に今年見たテレビアニメの中で一番面白かったです。
つっても他にエウレカAOしか見てないんですけどね。

>・秋元康の作詞術
元々が放送作家なせいか良くも悪くも職人的という印象。
北原に作詞任せたけど、この先本気で取り組んで経験積んでいけば北原の方がいい詞書くようになりそうな気がします。

投稿: DJRS | 2012.12.01 08:54

最初位はがんばっておきますか(笑)

>太田プロは前回に引き続き最高の人材(松井珠理奈)を採れなかったとの推論は、わからないので興味深い。

あくまでも筆者の推論ですが、スピンオフユニットのCDは必ず同一事務所所属メンバーによってのみ構成されます(例外:渡り廊下の1stシングルのコーラス)。それは複数事務所が絡むと、利益配分の問題が非常に複雑化するからだと考えられます。だからノットイエットの横山由依は、AKS所属時代から太田プロ移籍決定と筆者は言っていたわけです。つまりアンリレの加藤玲奈と川栄李奈は、筆者的には太田プロ移籍がほぼ決定的なんですよ。だからチームAのセンターを先に押さえた太田プロには、松井珠理奈までは抑えきれないと判断しました。

>高橋みなみの努力は必ず報われる云々を正しく理解できない界隈の日本語能力の少なさは、完璧に同意するのですが、この1行で言い尽くしてしまってませんか?

 そうでも無いんですよ(笑)。この後高橋みなみはもちろん、秋元康氏も<<恐らくは間違った解釈なのは承知の上で>>「努力は必ず報われる」というフレーズを多用するようになりました。それが何故なのか、という話なんです。

>ドリキャスの失敗によって秋元康が変な金主やゲリラ戦法でしか相手にされづらくなりAKB48の立ち上げに辿りついたというのはごく当たり前に語られていることですが、そういう話とは別でしょうか。

 それはあくまでも“AKB48の成立過程”の話であって、“AKB48の成功要因”とは全く別の話ですよね。筆者は“何故AKB48は成功したのか”という話がしたいんですよ。

>・なぜ3代目チームBは、キャプテンをチームKから連れてくるはめになったのか

 「優先順位下」なので多分辿り着けないので、ネタばらししておきます。要するに2代目Bが駄目だったのは、B系生え抜きの柏木由紀のリーダーシップの欠如と、教育役として連れて来た年長メンバー(佐藤亜美菜・佐藤夏希ら)が全く役割を果たさなかったからです。だからどうしてもK系のリーダーを、という話になったのではないかと。

>・ゆうこすのやり方は正しい!あれならばまだ復活の目はある!

 これも「優先順位下」なので多分辿り着けないので、ネタばらししておきます。結局現在のネット社会では、“都合の悪いことにはダンマリ”というのは最悪の対処だと思うんですよ。<<嘘でも良いから>>徹底的に戦うというのが、恐らく最も正しいやり方です(付随して知名度も上がるし)。その意味では河西智美・佐藤亜美菜のやり方は最悪です。

>・何故ネットで「AKB0048」について語る奴がこんなに少ないのか
期待してなかったものの、結局個人的に今年見たテレビアニメの中で一番面白かったです。

 これは何とか書いておきたい所なんだけどなあ(泣)。

投稿: 少年王3号 | 2012.12.01 16:04

いつも拝見させていただいています。

>なぜ3代目(略)
亜美菜はハッキリ、モバイルANNで合流して、仕切ろうと振舞って、すぐに失敗したって、カミングアウトしていますよ。
Nも亜美菜も社歴は古いけど営業実績の無い社員ですからね。
それが教育したところで、誰も言うことは聞きません。
別の回のモバイルANNでは、なっちゃんやゆったん、ともーみ辺りと相談しながら話を進めて行った、とも発言しています。
少年王さんも以前の記事で延べていたと思いますが、旧Bはあまりにも、我の強いメンバーが揃いすぎていたと思いますよ。
一番のネックは、生え抜きBの柏木、渡辺にリーダーの資質がないということですね。
ワロタに仕切り屋として、シンディを梃入れしたのが、象徴していますね。

投稿: ぺ・ヤング | 2012.12.01 22:26

>少年王さん
早速丁寧な解説をいただき、とても感激しております。ありがとうございます!
非常に説得力のあるご説明です。だから少年王さんの文章はいつもとても楽しみなんです(笑)
また、私のコメントで一部少年王さんを呼び捨てにしてしまっていました。大変申し訳ございません。

亜美菜は運営に物怖じせず発言をする素直な子なので、全くコメントがなかったのは正直、がっかりしてしまいました。
反対に、指原が逆にスキャンダルを武器にしてのし上がっているのには非常に感心しています。

「AKB48という現代の巫女神信仰」も非常に興味深く拝読いたしました。
拝読前から常々、48Gは日本的な作りであり、日本のアイドルは巫女であるという認識でチェックしていたのですが、多神教と一神教(一神教の国におけるアイドル=神、)、日本の祭り行事(政、とも取れますね)に当てはめることができるという解釈まではたどり着けませんでした。
相変わらずの慧眼で、恐れ入ります。

これからの更新も非常に楽しみにしております。長文失礼いたしました。

投稿: まっくろ | 2012.12.02 20:17

少年王さん、いつも楽しく読ませていただいています。

>チームAのセンターを先に押さえた太田プロには、松井珠理奈までは抑えきれないと判断しました。
これは、太田プロは松井珠理奈を押さえるより、チームAのセンターを押さえることが優先だと判断した、ということなのでしょうか?
以前、少年王さんは記事の中で、という状況なのでは?
との見解を述べられていました。
私もその意見に納得していたのですが、太田プロはそのような考えではなかったということなのでしょうか?

今後の事務所の思惑、力関係は大変興味深いです。
以前も書かれていましたが、ぜひ、現状を踏まえた少年王さんの見解も伺いたいです。

>現在在籍しているメンバーだけでの話なんだけど。直感だけで言わせて貰えれば、俺は大島涼花が一番有望な気がする。
私も、6年後なら有望のような気がしていますし、期待もしています。
身長が低いので、A級の人材という評価はできないのかも知れませんが、それでも、目を引く存在ですね。

投稿: | 2012.12.03 01:52

すいません。↑の投稿で抜けていた文章がありました…

>チームAのセンターを先に押さえた太田プロには、松井珠理奈までは抑えきれないと判断しました。
これは、太田プロは松井珠理奈を押さえるより、チームAのセンターを押さえることが優先だと判断した、ということなのでしょうか?
以前、少年王さんは記事の中で、という状況なのでは?
との見解を述べられていました。
私もその意見に納得していたのですが、太田プロはそのような考えではなかったということなのでしょうか?

です。


投稿: | 2012.12.03 01:55

本当に何度も申し訳ありません。

>チームAのセンターを先に押さえた太田プロには、松井珠理奈までは抑えきれないと判断しました。
これは、太田プロは松井珠理奈を押さえるより、チームAのセンターを押さえることが優先だと判断した、ということなのでしょうか?
以前、少年王さんは記事の中で、松井珠理奈を押さえた事務所が勝ち、という状況なのでは?

です。

投稿: | 2012.12.03 01:57

木下百花は城恵理子の卒業を回避できなかった運営に怒り、辞めるよりもチームMという
弱小チームを最強チームに育てて運営の鼻を明かそうとする道を選んだ気がします。
かつての旧チームBが2009年のリクアワで1位になったような奇跡の再現を目指して。

投稿: しょうあん | 2012.12.04 01:22

今回も楽しみにしています。

「努力は必ず報われる」が勘違いされて広まったのは、
原みづきの投稿からではないでしょうか(笑)

投稿: イオタ | 2012.12.08 02:45

視点が面白いです
とても素人ではそこまでは読み切れないとおもいます。AKB好きの一人ですが、最近はシナリオが前面に出て興味半減してきています。嘘は嘘のままわからないようにやってくれていたらと思う気持ちでした。ガチですとうたっている総選挙のカラクリに対する意見が聞きたいと思います。大変と思いますので、いつかやってくれたらいいなーという気持ちでいます。

投稿: こんにちは | 2012.12.09 15:39

島崎遥香はセンターとして前田敦子に少し似ていると言われることがありますが、少年王さんはどう感じますか?
お答えしていただけると嬉しいです!

投稿: | 2012.12.09 23:29

たぶん優先順位が低いか、纏めきれずに書けないと言うだろうけど

>・前田敦子は、もっとAKB48に人生を捧げるべきなのではないか(←今まで他のメンバーの分の資源まで使って知名度を上げてきた以上、AKBを離れたから無関係と言うのは都合が良すぎる思う)

に触れるなら、まず私的AKB論で前田敦子の項目をきちんと論じてからだろう
それを避けているかぎり画竜点晴を欠いてる論にしかならない

投稿: 竜の瞳 | 2012.12.18 13:41

あわわ誤字は見逃してくれW
点晴→点睛

投稿: 竜の瞳 | 2012.12.18 13:45

はじめまして。
ブログ楽しく読んでいます。
何故松井玲奈は、第4回総選挙で松 井珠理奈に負けた事が判った時に、薄 く笑ったのか(←当然っちゃ当然の話 なんだけど)
についてすごく興味があります。
総選挙の時の珠理奈玲奈の順位は珠理奈順当、玲奈予想外だったので、盾を折るかと~という玲奈のスタンスからもう少し攻撃的なリアクションになると思っていました。
しかし、予想と違ったリアクションを疑問に感じていたので色々考えたのですが自分のなかでモヤモヤとしていました。
コメントも珠理奈>玲奈という順位を予想し、アンチに牽制したかのようなコメントでしたよね。

当然っちゃ当然の話なんだけどという文から少年王さんには背景が見えているようですので、この項目の更新があることを願っています。

投稿: 抹茶 | 2013.01.13 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/56218953

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論2nd(その1):

« 私的SKE48論(その11-2) | トップページ | 私的SKE48論2nd(その2) »