« 私的SKE48論(その6) | トップページ | 私的SKE48論(その8) »

私的SKE48論(その7)

今回のお題は、「あるべきだったSDN48の姿」

 筆者は昔からAKBの運営を(失敗に終わった様々なプロジェクトも含めて)非常に高く評価しているんだけど、このSDNに関してだけは一から十までオペレーションに納得がいっていなくて、SDNでの最初のボタンの掛け違いが前田敦子の卒業騒動にまで尾を引いていると考えています。そんなわけで今回は筆者が考える、“あるべきだったSDN48”を少し見てみたいと思います。

 以前にも書きましたが、SDN一期生の加入と立ち上げに関しては結果論で責めるのはフェアではないと思うんですよね。誰も行った事が無い前人未到の地へ踏み込もうとしたわけだから、それほど巨大な過失があったとまでも思わないので、様々なトラブルも含めてある程度は不可抗力だったと考えます。しかし二期生の加入以降に関しては人選もオペレーションも、その全てを否定します。何故なら二期生加入以降も<<立ち上げ当初からのSDNの問題点は、何一つ解消しなかった>>からです。CDの売り上げが(スピンオフユニットも含めて)グループ最少だった点、ファンの裾野が全く広がっていかなかった点(※CD販売数が全く増えて行かなかった)、AKBとのリンクがあまりにも浅すぎてハイコンテクストとして情報量が全く増えていかなかった点(※何であんなにも相互交流をさせなかったんだろ?)、人数が増えすぎて公演やテレビ番組でのアピール機会が減った事によってキャラがさらに立ち難くなった点、“セクシー”というコンセプトを解消させなかった事によって方向性が非常に狭くなってしまった点(※恐らくそのためにDMMでの中継が出来なかった)、韓流を意識する事を止めなかったために方向性が非常に狭くなってしまった点(※反韓流の人達をファンとして取り込めなかった)、などなど。SDNは二期生の加入によってローコンテクストかハイコンテクストのどちらかに寄せていかなければいけなかったんだけど、(ローコンテクストの方向にはすでにSKEが居る事を思えば)ハイコンテクストに寄せる人選、つまり<<AKB・SKEからの大量移籍>>が必須だったと筆者は考えます。SDNを2チーム制にするとして、まずは筆者の考える所属メンバーを発表します。

<チームSⅡ>
篠田麻里子(旧チームAより)
小嶋陽菜(旧チームAより)
佐藤由加里(SDN一期生、旧チームA)
駒谷仁美(新加入、旧チームA)
戸島花(新加入、旧チームA)
浦野一美(SDN一期生、旧チームA&旧チームB)
片山陽加(旧チームBより)
小原春香(SDN一期生、旧チームB)
佐伯美香(新加入、旧チームB、AKB4期生)
中田ちさと(旧チームAより、AKB4期生)
佐藤亜美菜(旧チームAより、AKB4期生)
中西優香(チームSより、AKB4期生)
出口陽(チームSより、AKB4期生)
松下唯(チームSより)
小野晴香(チームSより)
その他SDN一期生約8名
(合計約24名)

<チームD>
大島優子(旧チームKより)
秋元才加(旧チームKより、チームK新キャプテンは宮沢佐江)
松原夏海(旧チームKより)
梅田彩佳(旧チームKより)
佐藤夏希(旧チームKより)
倉持明日香(旧チームKより、AKB4期生)
大堀恵(SDN一期生、旧チームK)
野呂佳代(SDN一期生、旧チームK)
松井咲子(新チームKより)
加藤智子(チームKⅡより)
佐藤美絵子(チームKⅡより、チームS)
秦佐和子(チームKⅡより)
古川愛李(チームKⅡより)
手塚真知子(新加入、チームKⅡ)
松村香織(SKE研究生より)
その他SDN一期生約8名
(合計約24名、2チーム合計約48名)

ハイコンテクスト的な関係性を考慮してチーム編成を行ってみました。これでも話題性が足りないと言うならば、大島麻衣(元旧チームA)、中西里菜(元旧チームA)、加藤沙耶香(元アイドリング1号&初代リーダー)、矢澤恵理香(元アイドリング7号&元AKBアイドリング)、乾曜子(元腐男塾塾長)辺りまで加入させれば、相当の話題性だと思うんだよね。ここまでやってもCDが50万枚売れなかったら、俺が腹切って死んでやるよ!

 もしかしたら皆様は元AKBメンバーに移籍を納得させる事が難しいと思われるかもしれません。なので身分保障として以下の4条件を提示します

<1>:SDNメンバーもAKBの選抜CDへの参加、選抜総選挙への参加、じゃんけん選抜への参加(※ただし予選会有り)、部活動への参加(※一部制限有り)を認める。ただしSDNメンバーに限り、辞退する権利も与える(年齢を理由にするのもいいでしょう)
<2>:選抜総選挙でメディア選抜圏内に入ったら、そこから一年間のAKB選抜への参加を無条件で認める
<3>:AKBの冠番組その他に対して、AKBメンバー名義での出演を認める(逆にSDNの冠番組にAKBメンバーが出演するのも有り)
<4>:SDN48専用劇場の設立を目指す(ディナーショー専用ホールなんて、いかがでしょうか(笑))

また個別メンバーに対しても、それぞれ条件を提示します。例えば、
「大島優子」:セットリストのユニット曲として、梅島夏世の曲を加える
「小嶋陽菜」:セットリストのユニット曲として、駒谷仁美とのデュエット曲を加える
「その他の忙しいメンバー」:初日と千秋楽だけ居てくれれば、後は公演に出なくても構わない

 各チームの人数が多すぎると感じるかもしれませんが、どうせメディア選抜クラスの皆さんは忙しすぎて公演になんかほとんど参加出来ないんだから、実質いないものと考えても良い位でしょう。また体を悪くしているメンバーに関しては、緩めのユニット曲にだけ出てもらって、きつめのチーム曲は(比較的)若くて元気なメンバーだけでやる、すなわち一公演を全員体制で臨む形でも全然構わないと考えます(あくまでもローコンテクスト優先ではなく、ハイコンテクスト優先という事です)。まあ公演不参加有名メンバーに関しては、CDが売れてSDNの存続に貢献してくれている“お守り代わり”だと思って、他の皆さんには何とか我慢してもらいましょう(笑)(←CDが7万枚しか売れないアイドルのセンターで居るよりも、CDが70万枚売れるアイドルの5番手の方が全然美味しいと筆者は思うんだけど)。つまり<<利益さえ上がっていれば、SDNは繋がっていた>>という事です。

 さてこの形を予め組んでしまっておけば、前田敦子の卒業に関しても全く問題は起こりません(※大島優子がユニット祭りで念願の「背中から抱きしめて」を初めて踊った事から、筆者的には先に大島優子に卒業フラグが立ったと思っていた)。前田敦子はどうせAKBのセンターが嫌だから総選挙に出たくないだけで、AKBをどうしても辞めたいという訳では無いと思うんで(←多分前田敦子の心が折れちゃったんだね~)、“前田敦子はAKBを卒業してSDNチームSⅡに移籍して、総選挙とAKB選抜は辞退”というだけの事なら、ここまでの大騒ぎにはならなかったと思うんだよね。それで前田敦子には年に2~3回位AKBのCDのカップリング曲に参加して貰う(ミント名義でも良いかも知れない)だけで、実質女優が本業で全然構わないと思うし(イメージとしては、WWEのロック様みたいな感じで)。そうやってメディア露出を徐々に落としていけば、どうせ3~4年もすれば人気も落ちてくる筈なんで、みんなが忘れた頃に静かにSDNからもフェードアウトすれば、誰にも迷惑はかかりません(その間に恋愛スキャンダルの一つや二つは確実に起こっているだろうし)。でも前田敦子移籍直後のSDNフロントラインは強烈で、<前田敦子・大島優子・小嶋陽菜・篠田真里子・芹那>のフロントラインならば、若手主体の新AKBフロントラインにとっては大きな壁として立ちはだかる事でしょう。このような“AKBの過去の大物達”を、AKB・SKE・NMB・HKTの若手メンバーらが一致団結して乗り越えていくというストーリーラインは、非常に魅力的だと考えます。ハイコンテクスト的なライバル関係として見ても、相当面白いと思うんだよね。

 SDNへの大量移籍によって開いた穴には、AKBでは現在のチーム4のメンバーを各チームに埋め込む事で対応します(つまり現時点では、チーム4は立ち上げません)。こうした応急処置でAKBもSKEもかなりの若返りに成功する筈で、これから2年程度は放って置いても高齢化が問題になることはそれほど無いと考えます。で、また2年経ったら(SDNメンバーが全然減ってなかったとしても)・・・新たにSDNに2チームも立ち上げれば何とか対応できるんじゃないでしょうか。で、4年経ったら・・・。まあ流石に限度はあると思うんで、上限年齢なのか、総選挙での順位なのか、大きな仕事が決まった順なのか、それ以外の要因なのかは判りませんが、とにかく毎年何人かずつにはお引取り願う方向性で。いずれにしてもSDNの場合、レーベルがユニバーサルというのがまずかったですね。筆者的にはエイベックスは“嫌い”なんだけど、ユニバーサルは“無策”というイメージが強くて(エイベックスと比べれば悪い人達では無い気がするんだけど)、如何にSDNのランニングコストが赤字だったからといって(※流石に週2回程度の公演で、30名以上の大人のメンバーを養うのは無理)、韓流が軒並み下り坂のこのご時勢に、46・48系と手を切ろうなんて正気の沙汰じゃないと思うんだけど、まあユニバーサルなんで仕方ないか。ちなみにユニバーサル所属の日本人女性アイドルは、ぱすぽ(CD販売数が4万枚から1万枚に激減してかなり危険な状態)・吉川友(アップフロント所属ながらハロプロではないという意味不明の存在)・さくら学院(ユニバーサルから全くやる気が感じられません(泣))・恵比寿マスカッツ(まあユニバーサル的には売れても売れなくてもどっちでも良いんでしょうね)。そして以前ユニバーサルに所属していた“ももクロ”はすでにキングレコードに放逐済み!!。こいつら、デフスター並みに全然アイドルを見極める眼が無いと思いませんか?(笑)。まあユニバーサル的には韓流コピーのハピネス頼みなのかもしれないけど、E-Girls(※ハピネス<ユニバーサル系>、フラワー<SME系>、ドリーム<エイベックス系>の混成チーム)自体はエイベックス系なんで、あんまり旨みは無いと思うんだけどなあ。

 そしてSDNがユニバーサル所属である事の最大の弊害は、AKBとの円滑なメンバー行き来が全く出来なくなってしまった所に有ります。SDNは本来ならば、最初から<<絶対にキングレコードに所属していなければならなかった>>んですよ(この点が、最初のボタンの掛け違えです)。つまりキングレコードとしては、大島優子や篠田麻里子をSDN(=ユニバーサル)に移籍させれば敵に塩を送る形になってしまうので、容易には納得出来ない。つまりAKB運営としては、“SDNへのAKB・SKEメンバーの大量移籍”を実行するためには、レーベルをユニバーサルからキングに移さないといけなかったと思うんですよね。まあユニバーサルがSDNに対して四の五の言ってきたのは今回が初めてでは無いと思うんで、もっと早いタイミングでキングに移籍させる事は十分可能だったんじゃないでしょうか。もしどうしてもユニバーサルの中での内部序列一位が欲しいのであれば、そもそもKARAよりもCDが売れる可能性が高いチームじゃないと意味が無いんで、最初からSKEをユニバーサルに移籍させるべきだったと考えます。だからSDNに関しては、何から何まで、ボタンが掛け違っていたとは思うんだよね~

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論(その6) | トップページ | 私的SKE48論(その8) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

移籍の分析、面白かったです。
AKBの言説は数こそ増えてきたとはいえ、質の低い雑誌記事やミーハー評論家の表面的なAKB論しかないので、少年王さんの豊かな経験と足で稼いだ考察は、毎回本当に楽しみにしています。

さて、前田敦子の卒業なんですが、できれば別エントリで、その経緯、秋元康の考え、AKBに与える影響、卒業時期が適切だったか(本来ならばいつがよかったのか)などを考察して頂けないでしょうか?

少年王さんはかねてより前田を(特に精神面を)高く評価なさっていたので、心が折れた、という今回の寸評はちょっと驚きでした。
私としては、決して悪いタイミングではなかったけれど、せめてあと一年やっていれば今後数十年語り継がれる伝説の初代センターとなり、今後の彼女の芸能生活にも圧倒的にプラスに働いたのにと残念に感じています。
それにあと一年後であれば、渡辺も今年か来年の選挙なら前田と勝負にはなったと思うので(結局渡辺は前田に挑むことすらしませんでしたよね!)次期センターは渡辺、でファンの了解もとれてAKBとしてもスムーズにことは運んだのではないでしょうか。或いは、来年であれば松井も今以上にセンター継承の準備は整っているので、松井でもいいかもしれません。余談ですが、以前少年王さんが述べていたとおり『真夏〜』の立ち位置で次期センターは渡辺、という運営の方針が提示されましたが、にも関わらず世間が次期センターは渡辺、ということで話がなかなかまとまらないのは不思議です…

本当に勝手で済みませんが、前田推しの我々を憐れんで、餞別としてひとつ書いて遣っては頂けないでしょうか。

投稿: Crazy Horse | 2012.06.28 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/55065525

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論(その7):

« 私的SKE48論(その6) | トップページ | 私的SKE48論(その8) »