« 私的SKE48論(その2-2) | トップページ | 私的SKE48論(その4) »

私的SKE48論(その3)

「芸能界における、真の意味でのAランクの人材とは?」

 さて皆様は、ネットなどで特に基準も明記されていない「○○ちゃんは良い」「△△ちゃんは良くない」という文章を良く見かけると思いますが、果たしてこれらは何を基準に書かれていると思いますか。単純に“見た目がかわいい”という基準かもしれません。でもかわいさなんて評価の基準は人それぞれだし、メイクや美容整形でかなりの部分までは補正が可能です。所詮は水物ですよね(そもそも写真の撮り方一つじゃねーの?)。同様に“胸が大きい”“プロポーションが整っている”と言う基準だって、好みは人それぞれだし、ダイエットや美容整形でどうとでもなる話です。“運動能力”“歌唱力”“ダンススキル”も、必ずしも優れているメンバーがそれに比例して人気が高いとか、卒業後も出世しているというものでもありません。前田敦子はこの3点全てにおいてむしろ平均以下だと思うし、女優になるのであればそもそもこの3点全てが根本的に必要無いという考え方も出来ます。“頭がいい”とか“根性がある”というのは確かに重要だとは思いますが、この点をアイドルの必須条件として挙げている人を、少なくとも(筆者自身を除けば)ほとんども見たことがありません。“性格がいい”というのも重要な要素だとは思いますが、これはむしろ本人の努力によって後天的に作り上げていく物だと思うので、<<人間が生来持っている、絶対に変更不能な、その人独自の特質>>だとは考えません。

 では芸能界における人材の良し悪しを決定付ける主要な要因、すなわち芸能界における真の意味でのAランクの人材とは一体どのような特質を持った人なのでしょうか。筆者が考える<<人間が生来持っている、絶対に変更不能な、その人独自の特質>>とは骨格の形状、すなわち“背の高さ”です。これだけは美容整形だろうが、努力と根性だろうが、絶対にどうにもなりません。「そんなもんで人生が決まるわけねーだろ!!」と思いますか?。筆者も5年ほど前に友人にこの点を指摘されてから、ずっとAKBメンバーの出世状況と背の高さの関連を見てきたのですが、<<最後の最後に決め手になるのは、背の高さである>>という結論に至りました(嘘だと思ったらスターダストの若手トップ女優の身長を片っ端から調べてみてください。160センチ以下なんてほとんどいないから)。例えば前田敦子(T161)には常にドラマや映画では主役が回ってきますが、大島優子(T152)には(良い仕事が回ってきているとは思いますが)常に脇役です。「そんなのAKB運営のえこひいきだろ!!」と思われるかもしれませんが、同じチームKの秋元才加(T166)は映画「ウルトラマンサーガ」やドラマ「朝ドラ殺人事件」で主役を演じています。ノースリーブスのセンターに関しても背が高い小嶋陽菜(T164)であって、ダンスの上手い峯岸みなみ(T158)や歌が上手い高橋みなみ(T148)ではありません。またこの3人のAKB外での仕事を見てみても、小嶋陽菜はドラマでも主役が非常に多く(「コインロッカー物語」や「メンドル」など)、バラエティーでもメインパーソナリティー(「有吉AKB共和国」など)です。対する峯岸みなみ(T158)はドラマや映画でも脇役が常であり(「もしドラ」や「恋して悪魔」など)、バラエティーでも基本ひな壇(「ジャパーン47ch」など)です。高橋みなみ(T148)のドラマや映画でのポジションはさらにその下で基本的には単発ゲストがほとんどであり(「ジョシデカ」や「斉藤さん」など)、バラエティーでも新堂本兄弟でのポジションも基本最下位です(例外的にミュージャックではメインパーソナリティーだけど)。さらに(この辺は言っちゃいけない所かもしれないけど)前田敦子の身長は昔は159センチと表記されていましたが、現在は161センチと表記されていますよね(背が伸びたのかもしれませんが(笑))。また指原莉乃も実際の身長は157センチだという話ですが、(指原が軽い気持ちで高めに申告した)159センチから訂正される事はありません。要するにAKB運営も、芸能界において身長が高い方が圧倒的に有利だという事を完全に把握しているわけです(※何かこの辺も物凄くプロレスちっくだと思いませんか(笑))。

 とりあえずここで筆者が勝手に、女性タレントのランクを背の高さで分類します。

特Aランク:約T165~T170
Aランク:約T160~165
Bランク:約T155~160
Cランク:約T150~155
Dランク:約T145~150

まず結論から言ってしまいますが、もし高橋みなみ(T148)、大島優子(T152)、板野友美(T154)、渡辺麻友(T154)らが、卒業後に芸能界で大成出来なかったとするならば、その最大の要因は“背が低かった”からではないのか、という事です。逆にSKE出身でありながら常にAKB選抜センター候補として名前が挙がる松井珠理奈(T163)と松井玲奈(T162)は、完全にAランクの人材です。AKB選抜のセンターは本来ならばAKB出身であることが当然であり、かつ前田敦子より年下となれば候補は2年も前から渡辺麻友しかいなかったわけなので、AKB運営としては本来ならばもっと早い段階で引き継ぎをやりたかった筈なのですが、それを今の時期まで引っ張ってしまった最大の原因は<<渡辺麻友(T154)の背の低さ>>にあると思うんですよ。だからAKB運営としては渡辺麻友の背が伸びるか(←成長期なんで)、AKBに渡辺麻友より背の高い新たな選抜センター候補が現れる事を願って待っていたのでしょうが(※光宗薫(T168)の入団があと2年早ければね~)、ついに間に合わなかったと。指原莉乃(T159ながら繰り上げAランク扱い)も選抜センターというタイプではないのですが、<<背の高さでは選抜センターの基準を満たしている>>ということで、AKB運営の強力なプッシュを受けていると考えられます。だからこそAKB運営は、第一回総選挙以前には選抜センター候補として菊地彩香(T160)や宮崎美穂(T159ながら繰り上げAランク扱い)を選抜センター候補として考えていた時期があったと思うんですよ。

 そんなわけで市川美織(T148)がスターダスト時代にオーディションに100回以上連続で落ち続けたというのも最大の要因は背の低さだと思うし、大島優子(T152)がAKB入団以前にオーディションに落ち続けたのも背の低さが主な要因だと考えます。しかしもしここで「大島優子にあと10センチが上背がありさえすれば…」と考えた方がおられるとすれば、それは非常に浅墓な考えです(爆)。もし大島優子に上背が160センチ以上あったとすれば、恐らくAKB入団以前に様々なオーディションに受かっていた筈で、そもそもAKBに入団していない可能性が極めて高い。つまり初期にAKBに入団したメンバーの大半は、<<ソロでやっていくのは困難だという判断の根拠となる、極めて大きな欠陥を持つ人達>>の集団だったと考えるべきでしょう。それは年齢の高さかもしれないし、経験の有無かもしれないし、性格(人見知りなど)かもしれないし、ルックス(含む上背)の問題だったかもしれません。でも、だからこそ筆者はAKBは面白いと考えるわけで、欠陥があるからこそキャラが立ち、ファンが感情移入する事が出来ると思うんですよね。つまり大島優子に関しても、“背が低いがゆえの報われない芸能人生”という所がファンの共感を呼んでいると思うわけで、逆に全てが満たされていたら人気が無くなるんじゃないかとすら思っているわけです(その意味では大きな欠点を持たない光宗薫がどの程度の人気を得られるのかは、今後の46・48系の方向性を位置づけるためには非常に重要な意味を持ちます)。

 48プロジェクトも社会的地位の向上と共にオーディションの参加人数も増す一方であり、人材も選び放題という状況になって特A~Aランクの人材が獲り放題という状況になりました。AKBでも6期生以降は格段に上背のあるメンバーが増えましたし、SKEも比較的小柄だったチームKⅡまでのメンバーから、チームEでは一気に平均身長が伸びました(筆者的にSKE最高の人材だと思っていた山田惠里伽(T166)が卒業しちゃったのはかなり無念なんだけど、体壊しちゃね~)。そして48プロジェクトの一つの完成形とも言うべきHKTの一期生に至っては、平均年齢14歳にして平均身長160センチという領域にまで達しました。もうここまで来ると、HKTの大抵のメンバ-は“背が低いが故に芸能界で苦労する”ということ<<だけ>>は、絶対に無いでしょう(※ただあくまでも背が高い方が有利だと言うのは卒業後の問題です。アイドルとしては背が低い方が有利だと言う考え方も有るでしょう)。そもそもAKBにせよNMBにせよ一期生は軒並み背が低い。これはまだ実績の無いグループに対して、背が高くて年齢が若いAランク以上の人材は警戒して応募してこなかったのが原因だと考えられます。であるにも関わらずHKTは一期生からこれだけ年齢が若くて背の高い人材が揃うということは、二期生以降どれだけの人材が集まるのか非常に楽しみですよね。

 逆にNMBに関しては、当時背が低すぎて衝撃を受けました(笑)。まずエースの山本彩(T155)からして“MAD CATZ”時代は立ち位置的にはメンバー3名中序列最下位(「立ち位置」が上手側)だったわけで、その原因は恐らく<<一番背が低かった>>からだと考えられます。山田奈々(T151)も事情は同じ。それ以外のチームNの主力陣に関しても渡辺美優紀(T154)を筆頭に、小笠原茉由(T150)、小谷里歩(T150)、上西惠(T151)、白間美瑠(T150)山口夕輝(T150)と、眼を覆わんばかりの惨状です。またNMBに関しては将来的にも城理恵子(T150)、よぎケイラ(T152)、木下百花(T151)、藤田瑠奈(T150)と予断を許さない状況が続きます。きっとみんな、将来背が低くて苦労すると思うよ。大阪は昔から“アイドル不毛の地”と呼ばれているそうですが、結局の所NMBの第一期オーディションにはAランク以上の逸材はほとんど来ていないわけで、大阪ではAランク以上の逸材はアイドルを目指さずにどこか別の道へ進んでしまうという事が良く判ります(逆に福岡はアイドル豊作の地と呼ばれるだけあって、HKTはきちんとAクラス以上の人材を押さえています)。ただ山本彩は抜群に頭が切れるんで、多分そんなことは百も承知の上でしょう。だからこそNMBは“邪道”の道を歩もうとしていると筆者は考えているんだけどね。

 なぜ松井珠理奈(当時T160)は外様のSKEなのに11歳にしてAKB選抜センターに抜擢されたか、なぜ光宗薫(T168)がこんなにも急激に運営に推されているのかも何となくお分かり頂けたかと思います(※もちろん上背だけが要因の全てでは無いですよ)。ぶっちゃけた話をすれば、チーム4の選抜センター候補と言われている連中は、どいつもこいつも背が低すぎる。市川美織(T148)、大場美奈(T150)、竹内美宥(T154)、山内鈴蘭(T152)、川栄李奈(T152)と、この辺は揃いも揃って渡辺麻友(T154)以下の身長しかないわけだから、現時点では選抜センター候補としては戦力にならない(※もちろん背の低さがキャラにまで昇華していれば、将来的には話は別ですが)。恐らくAKB運営は「成長期なんでもう少し背が伸びる筈」と思っていたんだろうけど(実は筆者も思っていた)、完全に当てが外れた形です。もちろん背が低いから将来性が一切無いという話ではありません。現ハロプロ最高の成功者は嗣永桃子(T150)ですし、卒業生最高の成功者はワイプモンスター・矢口真里(T145)です。ただ“不利”である事はきちんと認識しておく必要があります。そして“背の低さという不利”を完全に覆すだけの何かを身に付けなければ、背の高いメンバーには絶対に勝てないんだという事を肝に銘じておく必要があります。逆にチーム4の主力でかろうじて渡辺麻友の身長を上回っているのは島崎遥香(T157)、入山杏奈(T157)、加藤玲奈(T158)、岩田華怜(T158)位です。つまりAKB運営としては、渡辺麻友の次の候補として現状ではこのあたりを立てるしか手が無いと思うんだよね。ただAKB運営もその辺はきちんと判っている筈なんで、12期生あたりからはまた少し身長が高くなって、渡辺麻友(T154)以下の身長のメンバーは流石にそれほどいません。それなりに危機感は持っているということなんでしょうね。

 とまあいうわけで今回は特に結論的なものも無いんだけど、48プロジェクトを俯瞰して眺めた時に、背の高いメンバーと評価の高いメンバーが<<非常に高い確率でずれている>>というのは、なかなか興味深い所ではあります。例えば“HKTは背が高い”と言っておきながら、実はその中で最も評価の高いメンバーが宮脇咲良(T151、メモリスト氏いわく“48グループの宝”)という一番背が低い方のメンバーだったりするんですよね。またこれはあくまでも筆者の個人的な印象ですが、背が高いメンバーってボーっとしている人が多い印象がありませんか?(※あくまでも印象の話で、実際にボーっとしていると言っているわけではない)。チーム4なら阿部マリアとか、チームBなら小森美果・佐藤すみれ、チームKなら野中美郷・松井咲子、チームAなら高城亜樹・前田亜美みたいな感じで。…要するに背の高い人材というのはそもそも希少な人材なので、その中で一般人以上に根性と才能のある人材というのは物凄く希少であり、そこまでの人材は48プロジェクトと言えどもまだ捕まえ切れて居ないというのが現状なのかもしれません。つまり現在の46・48系は200人いようが300人にいようが、<<必要とする人材の質が全然足りていない>>という言い方も出来る訳で、46・48系は<<まだ人数が全然足りていない>>と言えるのかもしれません。48プロジェクトとしては、今後どうやって背の高いメンバーと評価の高いメンバーを一致させるかを考えていく必要があるかもしれませんね(←今回は綺麗事で適当に締めちゃってごめんなさい(笑))。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論(その2-2) | トップページ | 私的SKE48論(その4) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

身長論ですか
確かに女優は160以上が主流ですがそれはモデル出身を無理やり女優にしてるかんが否めません、モデルは女性に好感度高いので女性に受けなければ商売にならないので必然的にそうなってしまうのです
逆に男優は女性に好感度の高い主流のジャニーズが総じて低いので、バランスがとても悪くなって、大根の女性モデルと小さいジャニーズでリアリティのないドラマが出来上がってるのですからそれは質の高いドラマ映画なんてできるわけがないですねw
それとAKBに入ると身長が伸びなくなるのはそれはダンスをしてるからですよ
ダンスをしてると筋肉が付きますし、身長が高いとかえって不利ですからね
特に子供のころからダンスをやってると身長は伸びませんね
AKBに入って身長が飛躍的に伸びたメンバーはほとんどいません、
かろうじて伸びたメンバーは前田敦子だけでしょ(5cmぐらいですけど)
逆にAKB辞めてから伸びたメンバーなら増山がいます
そうなると最低条件はAKBに入る時点で身長が160以上で年齢が若く、しかもダンスができるメンバー、これはなかなか難しいのではないのでしょうか
それに高身長のはずのチームEのエースは151cmの木本花音ですからね
そうかんがえると珠理奈しかいないのですが・・・
珠理奈には声が可愛くない(どうきいても男の声)という欠点がありますからねえ
なかなか全てが揃う人材は難しいのでは

投稿: あい | 2012.06.11 05:10

仕事の都合で芸能関係の方と知り合う機会も結構あるんですが、知り合いの某有名事務所のスカウトマン曰く
基本的に(勿論例外もありますが)モデルとしてスカウトするならとにかく身長の高さとスタイル重視で、
女優(もしくは将来的に女優)としてなら身長165cm前後が一番つぶしがきくらしく、少なくとも160は欲しいらしいです。
だから芸能界の傾向として160cm以下の人は2,3cm高くプロフィールに記載したり、170以上の人(これ以上は
どうしても役柄的にかっこいい女性像ばかり求められてしまうので)は少なくサバを読むことが多いらしいですよ。
だから女優業に関しては少年王さんが言うところのAの高め~特Aの低め辺りの人が一番チャンスは多いかも
しれません。それと他の要素としては売れっ子になる人は歩き方にオーラが出るらしく、歩き方を見るそうです。

また、僕の知人のスカウトマンと同じように他のプロダクションのスカウトマンも身長があり才能を持つ人材を
優先的に探しているとすると、ただでさえ貴重な才能は能動的に人材を求めるそっちへ流れ、少年王さんがおっしゃる

>背の高い人材というのはそもそも希少な人材なので、その中で一般人以上に根性と才能のある人材というのは
>物凄く希少であり、そこまでの人材は48プロジェクトと言えどもまだ捕まえ切れて居ない

という事の理由の一つになる気がします。

投稿: DJRS | 2012.06.15 04:11

背の高いメンバーはボーっとしてそうな子が多い・・・。思い当たる節がありすぎて思わず爆笑してしまいました。他メンには悪いですが、珠理奈がいかに得難い人材かということが改めてよくわかりました。

p.s そろそろ少年王3号さんの新記事が恋しくなってきました。(泣)勝手な推測ですが指原事件のことに関して記事をまとめていらっしゃるんだと思います。日々禁断症状に悶えながらお待ちしておりますので、お体に気をつけてごゆっくり頑張ってください(^-^)

投稿: 身長こそ才能 | 2012.06.17 05:04

私、読んでいて思ったのが、プロ野球のスカウトが選手獲得の条件で口にするのがフィジカルとメンタル。
これは芸能界でも、当てはまるのでしょうかね。
だいたい、プロ野球でも身長180cm前後を基準に獲得しますね。
中日のスカウト部長の中田さんが野球雑誌の取材で答えていたのが、
「フィジカル面は母親から引き継がれるのが多く、メンタル面は父親から引き継がれるのが多い。」
というもの。プロとアマチュアの差で一番でかいのはフィジカルであるともいわれます。
フィジカルといっても、骨格や身長というだけではなく、心肺機能、内蔵の強さ、アウター・インナーマッスルの使い方などです。
フィジカルで行ったら、いいなぁって思ったのは、あっちゃん、こじはる、ゆったん、あみな、みゃおあたりかな。
卒業したなっちゃん、えれぴょんなども、いいかなって思います。
共通していえるのは、彼女達は何もしなければ、太りやすい体質だという事。人間、基礎代謝だけだと瘠せるようになっていますが、
彼女達は内臓が丈夫なので、食べたものを全て栄養に還元して身体に反映させる事が出来、かつ、回復力も高いというもの。
もちろん、彼女達は個別に欠点があるので、一流とは言いがたいですが。
こじはるは身体が硬いし、あみなは筋肉は柔らかいので大怪我はしにくいが、インナーマッスルが壊滅的に弱く、身体の軸がぶれる事。
軸がぶれるためにダンスをやっていても、振り付けを覚えるのが早い割りに、動きに切れが無い、などですね。
反面、内臓が弱そうだなっておもうのは、優子や珠理奈のように瞬発力が前面に出るタイプ。
パフォーマンスでは爆発力があるものの、回復力が弱いため(=食べても太りにくい)持久力の源である脂肪が溜まりにくい。
人材を取りたい放題といわれている48グループですが、プロ野球のスカウトみたいに、親の身体検査もやるようになるのでしょうか。
長文失礼しました。

投稿: ぺヤング | 2012.06.24 11:14

確かにNMBは身長低すぎてHKTは身長高くてびっくりしました。
個人的に森保まどかちゃんと松岡菜摘ちゃんに期待してますw

お城ちゃんは身長伸びてますね。公式プロフだと156cmになってますから160いくかもしれない?
12期の有望株高橋じゅりちゃんももう少し伸びそう

投稿: たいよう | 2012.07.05 15:41

チームK2の加藤智子が、SKEに入る前に、名古屋のタレント事務所で、いろいろ活動していた事を、
松村香織の「ぐぐたすの輪」の中で、話していたときに、事務所の人から、「身長160cm未満では、ファッションモデルのオファーは無い」と言われ、そこで、別方向として、SKEのオーデションを受けたと発言していたところから見ても、身長は重要なようで、
「女の子」として見るなら、小柄なほうが、「かわいい」イメージがあるけと、ステージ栄えするにはある程度の身長が必要となるので、アイドルとしての適切な身長は 難しいですね。

SKEは、トリプルタワーの3人のが、思いっきり目立つ状態ですが、これに続く成長期のメンバーも多いから、どうなることやら

投稿: スローステップ | 2012.12.29 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/54931799

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論(その3):

« 私的SKE48論(その2-2) | トップページ | 私的SKE48論(その4) »