« 私的SKE48論(その7) | トップページ | 私的SKE48論(その9-1) »

私的SKE48論(その8)

今回のお題は、「今がアイドル戦国時代って本当?」

 嘘です。

 そもそも“アイドル戦国時代”って何?って話です。ネットマスコミで文章を書いている超不勉強な自称識者やらコラムニストなんかは、この“アイドル戦国時代”という言葉をどうイメージしていると思いますか?。多分実在の戦国時代になぞらえて、以下のように考えているんじゃないでしょうか(※以下の“%”は女性アイドルのシングルCDの年間累計販売枚数の全体に占めるシェアの比率です。とりあえず韓流の皆さんは外して考えます)

<自称識者の皆さんが考えているのではないかと推測される“アイドル戦国時代”>
46・48系のシェア(織田信長的な感じ):合計30%位(←これでも相当大きい数字です!)
その他大き目のアイドルのシェア(武田・上杉・今川・毛利的な):10%前後×5個位
その他小さ目のアイドルのシェア(その他諸々):5%以下×たくさん

多分こんな感じで考えているんじゃないでしょうか。では実態を見てみましょうか(笑)

<46・48系の年間シングルCD総販売数>
AKB48:140万枚×5=700万枚(※普通のアイドルのリリース回数よりもじゃんけん選抜の分だけ一回多い)
SKE48:60万枚×4=240万枚
NMB48:35万枚×4=140万枚
乃木坂46:20万枚×4=80万枚
ノースリーブス:10万×3=30万枚
渡り廊下走り隊7:10万×3=30万枚
フレンチキス:15万×3=45万枚
ノットイエット:20万×3=60万枚
ディーバ:7万×3=21万枚
前田敦子:21万×1=21万枚
板野友美:10万×2=20万枚
渡辺麻友:15万×2=30万枚
指原莉乃:15万×1=15万枚
その他の皆さん(岩佐美咲とか松井咲子とか声優選抜とかこれから増えるであろう人達の分を全部まとめて):大まかに合計して約20万枚

合計:約1452万枚

<その他のアイドルの皆さんの年間シングルCD総販売数>
アイドリング!!!:6万×4=18万枚
スーパーガールズ:6万×3=18万枚
ももクロZ:6万×3=18万枚
キュート:4万枚×3=12万枚
フェアリーズ:3万×3=9万枚
モー娘:3万×3=9万枚
スマイレージ:2万×4=8万枚
YGA:2万×3=6万枚
(ベリーズ工房・真野恵里菜):1万5千枚×2グループ×3=約9万
(アフィリア・ぱすぽ・9nine):1万2千枚×3グループ×3=約11万枚
(女子流・風男塾・LinQ):1万枚×3グループ×3=約9万枚
その他の皆さん:大まかに合計して約30万枚もあれば良いですかね?

合計:約157万枚

 もちろん超大まかな集計ではありますが、この結果から導かれる “日本人女性アイドルの年間シングルCD総販売数”に占める46・48系のシェアは<<約90.24%>>である事が判ります。・・・これを本気で“戦国時代”と表現して、実態に即していると思いますか???(爆)。よく判らない方は、近くに経済や軍事に詳しい人が居たら「1グループのシェア(もしくは戦力)が90%を超えている状態を、戦国時代って呼ぶの?」と聞いて見てください。きっと超馬鹿にされますから(笑)。筆者の感覚では、1グループでのシェアが50%を超えていたら、それだけで<<もはや取り返しがつかないほどの独占状態>>なんですよね(30%でもかなりやばい)。それがシェア90%なんて言ったら、経済原則的には他の10%なんて、存在しないも同然です(正常な競争なんてものは、存在する余地すらありません)。例えばジャニーズが何故何十年にも渡って男性アイドル業界を牛耳ってこられたのかと言えば、<<独占状態というのは基本的には引っくり返す方法が存在しない>>からだと考えられます。ジャニーズだってオペレーションミスなんて山ほどやらかしてきたし、そもそもこの情報化時代に“ネットワーク完全非対応”なんて正気の沙汰ではありませんが(※つい最近までジャニーズ系アーティストの写真をネットに載せる事は、マスコミの中でもごく一部以外は絶対に許されなかった。逆にAKBは違法と承知の上でユーチューブ上の映像をも積極的にプロモーションに利用してきた)、それほど運営の頭が老害に犯されていても「独占状態」というのは覆らないものなんですよ。「AKBはもうすぐ下り坂になる」「前田敦子がいなくなったらAKBはおしまいだ」とか言っている連中は、本当にこの現状が理解出来ているのかね???。まあ理解出来ていないからこそ、46・48系のここまでの独走を許しちゃったんだろうけど。

 それでは過去の何が悪かったせいでこんな事になってしまったのか、過去にどうしておけば良かったのかを少し考えてみます。まず最大のポイントは、“AKBのシェアが50%を越える前に何とかしておかなければいけなかった”という点です。では何故<<誰も何もしなかった>>のでしょうか。それは(象徴的な意味合いとして原因を一つだけ挙げるとすれば)全ては日刊サイゾーの責任です。本当ならばもっと早い段階(少なくとも2年前)で、AKBがどれだけヤバイ連中なのか警鐘を鳴らして、様々なアイドルや業界外の人達(ビジュアルアイドル業界とか声優業界とか)に団結を呼びかけなければならなかった。ところがこいつらがやった事と言えば「もうすぐAKBは落ち目になる」「AKBが雑誌に載り続けるのは今年いっぱい」「前田敦子が卒業して今度こそAKBはおしまい」といった出鱈目記事を載せ続けることだけ。その結果、“もうすぐAKBが傾くのならもう少しだけ首をすぼめて耐えていれば何とかなるんだ”と思い込んだ分析力の無い皆様は、何一つ自助努力をしないままここまで来てしまった訳です。本来マスコミの存在意義と言うのは、一般人よりも遥かに高い情報収集能力を生かして真実をより早く見極め、そこに問題があると思ったら警鐘を鳴らす事だとは思いませんか?。それなのに事実を捻じ曲げて単なる“願望”をさも真実であるかのように報道する事は、最早情報操作とか洗脳とかいうレベルの話です。マスコミが情報操作を行うような業界は当然の事ながら必ず滅びるわけで、現在の女性アイドル業界はその縮図と言えるでしょう(※すでに業界として正常に機能はしていません)。日刊サイゾーらが常に「もうすぐAKBが傾く根拠」として上げる“女性アイドルの寿命は長くても3~5年”という説があるんだけど、そもそもモー娘がメンバーの入れ替えを始めた時点でそんな前提はとっくに崩れているし(※ハロプロが失敗したのはメンバーの入れ替え方だけ)、専用劇場を持つAKBの場合は“受け”に回った時の防御力が無茶苦茶堅い可能性が高い。こうした状況は過去に類例が無い以上、本当ならば最悪でも“AKBは将来どうなるかは判らない”という記事しか書けなかった筈なんだよね。

 次にどうするべきだったかを。結論としては(かなり結果論っぽいんだけど)みんなで手を組んでグループ化する必要があったと考えます。コードギアス的に言えば、(シェア50%に迫る)「神聖ブリタニア帝国」と戦うためには、(シェア数%の小さな力を結集して)「超合衆国」を作るしかなかったという事です。グループ化が必要である最大の理由は、<<ハイコンテクスト的には人数が多い方が圧倒的に有利>>だからです(※46・48系は現在識者から“ドラマ発生器”とまで呼ばれています)。以前“人物相関図上の点がドラマなのではなく、点と点を結ぶ線がドラマなんだ”という話をした事があったんだけど、より多くのドラマを発生させるためには人物相関図上の点の数を増やす事が最も有効なわけで、現時点で46・48系以外の個々のアイドルの皆さんがハイコンテクスト的に決定的に劣っているのは、この“人物相関図上の点の数”なんですよ。つまり46・48系のシェアがここまで一方的になる前に、(パクリと罵られようとも)「全日本アイドル総選挙」を実施して、一枚の人物相関図の上に(46・48系以外の)全てのアイドル(可能であればビジュアルアイドル業界とか声優アイドル業界とかも巻き込んで)の名前を書き込んでしまえていれば、まだ46・48系と互角に戦える可能性はあったと考えます(※もう一つ人数が多い方が有利な点として、握手会やCDの手売りの際に頭数が多い方がより多くのファンをさばけるという意味合いもあります)。

 ここまでシェアに圧倒的な差がついてしまっては有効な戦い方なんて物は存在しないんだけど、まだ一発逆転を狙っているレーベルが一つだけあるとすれば、それはエイベックスでしょうね(こいつら、根性だけはあるよね(笑))。最近のエイベックスの動きは、どうもキナ臭いと思いませんか?。とにかく有名無名を問わず、採算度外視で46・48系以外のアイドルをかき集めているようにしか見えないんだよね。とりあえず並べていくと、

フェアリーズ(7名)
E-Girls(21名)
スーパーガールズ(11名)
チィキィパレード(9名)
アイドルストリート・ストリート生(36名)
東京女子流(5名)
ドリーム5(5名)(※内一人は男だけど)
ドロシーリトルハッピー(5名)(※さらに妹分が約64名いる)
チョコレ(※アイドリング系)(3名)
その他アイドリング!!!(2名)
BiS(6名)(←こんな連中まで連れてきてんだよ?)
(合計:約110名)

筆者が把握出来ているだけでという事なんで、もっと居るのかもしれません。ただ何も考えずにかき集めたにしては、正気の人数ではないですよね(爆)。しかもエイベックスはこの5月にアイドルストリート・ストリート生の第三期オーディションを行い、大増員を行ったばかりです。皆さんはエイベックスが何を考えて、これだけの人数を掻き集めていると思いますか。筆者が考えるのは、・・・とりあえずエイベックスは単独で、「エイベックス・アイドル総選挙」を狙っているんじゃないでしょうか。AKBの過去のデータからも“総選挙の投票券をCDに付けるとCDの売り上げが約30%伸びる”というデータがあるんで、各々のCDに投票券を付ければそれだけでCD販売数が増加する可能性は高いし、「エイベックス・アイドル選抜」のCDもそれなりの売り上げが期待出来ます(この面子なら10万枚位かなあ)。ここから先には二つ方向性があると思うんだけど、まず一つ目は将来的に「エイベックス・アイドル総選挙」に<<SKE48を引っ張り込む>>という方向性です。エイベックスとしては46・48系のシェアを直接削れるんで(SKEを非46・48系系と考えれば、46・48系のシェアは約75.32%まで落ちます。・・・それでもまだ絶望的にでかい数字だけどね)かなり大きな意味を持ちます。またSKE的にも「エイベックス・アイドル選抜」の過半数はSKEメンバーが占めることになる筈なので、そんなに大きな不満は無いと思うんだよね。そして秋元康氏的にも、両方の総選挙のトップが46・48系のメンバーになるわけだから、結構満足なんじゃないでしょうか。つまり将来的な46・48系は「AKB総選挙トップの渡辺麻友」と「エイベックス総選挙トップの松井珠理奈」という二頭体制になっていくという事です。・・・無いとは言えないでしょ?

 そしてもう一つの方向性としては、アイドル総選挙の他のレーベルとの共同開催です(ゆび祭りとか考えると、現状ではこちらの方が可能性が高いかもしれません)。ハロプロ勢を引っ張り込めれば相当の話題性だと思うんだけど、まあ無理でしょ(笑)。色々細かいレーベルが参加する可能性もあるのですが、筆者的に念頭に置いているのはSMEとの共同開催、すなわち<<乃木坂46を引っ張り込む>>という方向性です。これはこれでかなりのインパクトだと思うんだよね。乃木坂はそもそも「AKB48の公式ライバル」なわけだから「全日本アイドル総選挙」(を名乗ります)のポジションも非常に明確になりますし、何よりもSME系アイドルが相手ならばエイベックス系アイドルでも結構勝ち目がある(爆)。これは結構大きいと思うんですよね(笑)。ダンスのゆるい乃木坂相手ならば、エイベックス系のアイドルは結構見せ場があると思うし、46・48系のシェアもそれなりに削れるわけだし。この場合でもSKEの時と同じで、秋元康氏的には両方の総選挙のトップが46・48系のメンバーになるわけなんできっと大満足ですよ(笑)。また仮に総選挙をエイベックスが単独で開催するとしても、話題性を上げる為の方法なんて幾らでもありますよね?。過去のビッグネーム、例えばSPEED・元AKB大島麻衣・元モー娘後藤真希らを総選挙に投入する。あるいは現役のビッグネーム、例えば安室奈美恵・浜崎あゆみ・大塚愛を総選挙に投入する。ここまでやれば、エイベックス単独でも話題性だけは全く問題ありません。ただ何をやるにしても、AKBのシェアが90%以上という現状でやるのは、あまりにも時機を逸しすぎたという事なんですよね(何もやらないより百倍マシですが)。せめて46・48系のシェアが50%を切っていればね~

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 私的SKE48論(その7) | トップページ | 私的SKE48論(その9-1) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませていただいています。
再開されたようで、また楽しみにしています。

今回、コードギアスの例えで妙に納得しましたw

個人的には、コラムニストの方々が使うアイドル戦国時代という表現は、CDの売り上げという具体的な根拠ですらなく、アイドルがいっぱいでてきた、というイメージだけで言ってる気がしますね。
AKBという(信長的な)ヒーローの登場により、他のアイドル(諸大名)にもスポットがあたる機会が増えたことで、あたかも現代人が戦国時代を楽しむ感覚(実際の強さより、名前とかイメージとかで楽しむ)で大勢のアイドルたちを見るようになった時代、といいますか。

少年王様にはSKE勢の総選挙結果について考察してほしいです。私としては、20位台にいっぱいランクインして大躍進、と喜ぶのではなく、SKEファンなら一致団結してどちらかの松井をトップに立たせることこそが「SKEの勝利」だと思うのですが。。。

最後に、アイドリング!!!のCD枚数の計算が間違ってますね。6万×4枚=24万でしょうか。

投稿: blues_bar | 2012.06.29 12:45

初めまして。
AKB独占状態なのは間違いないと思いますが、90%以上独占しているというのは暴論ではないでしょうか?
AKB系列にとって最も有利な指標であるシングル売り上げだけを持ち出して議論するのは極論であり説得力に欠けるからです。

違う指標としてコンサートの動員力から議論すると、
AKBグループ全体で西武ドーム3万×3日という動員力は確かにアイドル界1だと思いますが
水樹奈々さんやperfumeの東京ドームで5万人の公演実績があり
少女時代、KARA、ももいろクローバーZのアリーナクラス2days公演実績があります。
また数千人レベルの動員力を持つ他アイドルを考慮するとAKB系列のシェアはアイドル全体の20%程度でしょう。
これではさすがに独占状態とは言い切れないのではないでしょうか?

私の個人的な考えでは現状は戦国時代というよりもAKBが天下統一し、
江戸時代の幕藩体制のようなものではないかと思ってます。
具体例をあげると
強大な徳川幕府(AKB)に立ち向かう御三家(SKE,NMBなどひょっとしたら本家が食われる可能性あり)、
豊臣家(perfume)、大小の外様大名(ももクロ、スパガ、ハロプロ、韓国グループ(対象外?))と農民(泡沫アイドルグループ)
があって外様大名や農民が幕府と小競り合いしているような感じではないでしょうか
大阪夏の陣のように幕府が鎮圧するかもしれないですし、幕末のように外様に食われるかもしれないですし、はたまた身内の御三家に乗っ取られるかもしれない
AKBの現状は天下を取っていますがそれほど固い地盤ではないのではないかと思ってます。

投稿: まんちゅー | 2012.07.01 02:22

戦国時代は嘘ですよね
特に動員力挙げてる方いますけど動員はヒトラーの昔から最も捏造しやすい洗脳方法ですからね
この前の韓流の事件で動員のカラクリがばれてしまいましたからね、
チケット完売→ヤフオク高騰→高値で売りさばく→余ったのはタダ券で動員→公演満員で人気爆発
動員は無視してよいでしょう
AKBは圧倒的なのは書籍ですねこれはもう90%どころじゃなくて95%はいってます
特に写真集は圧倒的です15万部売れますからね、他のアイドルは1万部も行きません
TV出演はダンピング、芸人ステマで採算度外視で誤魔化せますが書籍は儲からないと死活問題ですからね
AKB以外のアイドルは赤字とききますからね、AKB以外はほとんど無いに等しいでしょう
それに地方はほぼ完全制圧済みですからAKB帝国はもはや盤石でしょう

投稿: あい | 2012.07.01 08:20

あいさんの意見をくみ取ると動員力を無視してよいのは韓流グループの例だけなので
無視してよいのは韓流グループだけに適用できる論理だと考えます。

またCDの売り上げがそれほどでも濃いファンさえいれば1万人クラスを集めれる
アイドル声優が数組存在しているのも間違いない事実です。
(アイドル声優をアイドルと扱うのは人次第ですが、売り方は間違いなくアイドルそのものであって私はアイドルの一部だと考えています。)
例)田村ゆかりさん、スフィア、ミルキィホームズ
このことからCDを買わなくてもライブに行きたい層は間違いなく存在しており間違いなく重要な指標であると考えます。

またあいさんのからくりがあるから無視してよい指標が存在するというのならば
握手会や付属生写真などの特典商法(それも姉妹グループも動員する)によるAKB系列のCD売り上げのからくりが存在する以上
これこそ無視してよい指標でしょう。
(といっても握手会なくても女性アイドル界でno.1のというのは間違いないと思います)

書籍については初めて知りましたが確かにこれは独占しているといって間違いないと思います。

以上に挙げれることを総合的に判断するとAKB帝国はトップではありますが、50%以上独占してて盤石かどうかは不透明であって個々人の印象次第ではないかと思ってしまいます。

結構否定的な意見を言っていますが私も戦国時代は嘘でAKBという強大なアイドルのスポットライトのおかげで他のアイドルにその漏れ光が当たって多数存在しているアイドルが認知されている状況であると思っています。前述した幕藩体制の話も幕府の威光があるから成立しているという意味も込めて
表現させていただきました。

ここからは私の主観ですが本店の人気には陰りが見えており(総選挙シングル以外は支店メンバーの握手会がなければミリオン維持難しそう)、前田敦子の卒業、主力メンバーの高年齢化、低年齢メンバーの伸び悩み、アイドルブームの終焉など今後数年間トップ人気を維持できるかとなると非常に怪しいのではないかなと思っています。

投稿: まんちゅー | 2012.07.01 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/55065549

この記事へのトラックバック一覧です: 私的SKE48論(その8):

« 私的SKE48論(その7) | トップページ | 私的SKE48論(その9-1) »