« 島袋寛子のLife is beautiful (11) | トップページ | 島袋寛子のLife is beautiful (13) »

島袋寛子のLife is beautiful (12)

3月前半です~

<3/6>
誕生日まで1ヶ月と1日、ということではじまり、18歳のころPV撮影でいったニューヨークでインテリアがすごく素敵な大人な感じのホテルに泊まった話など。そして1曲目はhiroのSweet Love(2001年、BRILLIANT)!1stアルバムからもう10年以上たつのですね。歌詞は結構大人っぽいですが、なつかしいです。

そして今日のテーマは、幸せな瞬間!ということで、犬の散歩コースらしい沖縄の海辺での散歩の話が。テトラポットがいっぱいあって、何段かになっていて下に降りていける階段があって海にも行けて、そこでコンクリートに寝転がって夕日を見ると、空が青くなっていく瞬間がすごくきれいで幸せとのことでした。きれいな夕日はいいですよねー。後、寝る前の瞑想タイム、母の作ってくれるごはん、わんこが元気なこと、などなど、いろいろと幸せなことがあるらしいです。

2曲目はw-indsの後輩のlead()の「Wanna Be With You」、そして上原多香子さんの「sweet dreams」(2001年)が。上原さんの歌を聴くのは初めてだったのですが、思ったよりも透明感のある細い声なのですね。hiroもカラオケで歌っているそうです!

そして、そろそろ卒業したいことは?では「服装を大人にしたい!」とのこと。16才の頃は衣装で大人っぽいヒールやタイトな服を着ていたせいか、その後はナチュラル系な服を着るようになり、今はすごくカジュアルだとのこと。Sonya S. Parkさんにあこがれたと言っていましたが、確かにhiroの頃のイメージですね。

<3/13>
春です!私の誕生日(4/7)も春!と再びアピールが・・・誕生日会は行われるのかな?今週は(いつの間に?)ドイツに行ってきたお話が。ベルリンに行ってきたそうで、行く前は暗くて硬いイメージだったそうですが、かなりよかったそうです。2週間近く行ってきたとのことで、空が広くて、緑が多くて、古い建物がたくさんあって(お城は有名ですよね。ベルリンでなくても町並みが古風な街が多いはず)、チーズとビールがおいしくて、物価が安い!と買い物好き心にも火がついたようで、モンドールチーズ、BIOのスキンケア用品やハーブティーなどいろいろ購入したみたいです。ヨーロッパのチーズはおいしいですよねー。あとドイツもオランダもビールはおいしいです。日本のものよりももっとコクがあって味に奥行きがあります。

1曲目は喜納昌吉&チャンプルーズの「花〜すべての人の心に花を〜」。ああ、これは昔CDに入っていた曲ですね!いい曲だと思っていたのですが、いろいろと歴史のある歌みたいで、調べてみると「ニライカナイ祭り」「白船計画」「イロコイ連邦」とかちょっと勉強にもなりました。沖縄はまだ行ったことがないのですが、いろいろと知らないことが多いです。

そして今日の生歌は、Kiroroの未来!母といっしょに歌った記憶があるとのこと。Kiroroも沖縄出身だったのですね。しかもアイヌ語由来だそうです(どこかに埋もれたアイヌ語辞典を発掘せねば・・・)。歌うのは緊張したと言っていましたが、しっとりとしたいい歌ですね。

ドイツの話がまだまだ足りないー、来週は音楽と教会の話を!と言いながら、明日は3/14!とどこかにプレッシャーをかけつつ?のまた来週でした。

|

« 島袋寛子のLife is beautiful (11) | トップページ | 島袋寛子のLife is beautiful (13) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 島袋寛子のLife is beautiful (11) | トップページ | 島袋寛子のLife is beautiful (13) »