« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その24) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その2) »

新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その1)

今回のお題は、「多分最後のレス対応①」

 そろそろ限界です~(泣)。大体いつも見に来てくださっている方は察して下さっていると思うんですが、完璧にストックが尽きました(笑)。情報収集6週間、実執筆時間10週間はまじヤバくて、4台あるDVDレコーダーの内3台(新しく買い足した1台も含めて)のHDDがパンクする羽目に(涙)。あとは大物二本(二回ではない)で終わる予定なんですが、いつ完成するのか筆者にも良く判らないんで、かなり間が開くかも知れません。この内の一本は前回のラストに来る予定だった奴なんだけど、もう一本は構想5年で大変すぎるんで書くのを辞めようと思っていた奴なんですよね。まあ、気長に待ってて下さい。というわけで、ここまでほとんどほったらかしで来ちゃったんで、最後に一回皆様にいただいたレスにお返事させていただきます。結構量が多いんで、全部に対しては無理だと思うんで予めお詫びしておきます。

<5>
>「まだ全然役不足(」
正反対の意味で使われています。

「また」ですよね(泣)。 ・・・直しておきますm(_ _)m

>だからAX2011のコメンタリーは、メンバーの魅力から楽曲、パフォーマンス、さらには「可愛いさ」にいたるまで紹介してくれる指原がいなくてあまり面白くないと感じてしまいました。(100曲全部指原固定+3人でやってほしいくらいです)

 確かに<司会者>のポジションで指原が入れば、何事に対しても確実に面白くなるでしょう。ただそれをやってしまうと、今後AKBからはツッコミと構成が同時に出来る人材が全く育たなくなる。難しい所なんですよね~。番組レギュラーを手に入れた峯岸みなみは、ここが分張り所だとも思うし。せっかく吉本にきっちりコネクションが出来たんだから、希望者には(番組企画でも良いから)NSC(=吉本総合芸能学院)に短期留学でもさせてみたらどうでしょう?。少しは変わってくるかもしれないんで。

>何故土田さんが相手で指原を教育するような内容が結構多かったか(大田プロでは有吉さんもいるけど有吉AKBがあるので)そして番組が終わるとほぼ同時に「笑っていいとも」レギュラー・・・

 AKBにおける世代交代を考えた場合に、メディア選抜圏内で前田敦子よりも確実に年下なのは、現状では渡辺麻友と指原しかいない。もはやAKB運営的には選択枝はこの二人しか無くなっちゃったと思うんですよね。だから指原に関しては、いいともレギュラーだろうが、ドラマ主演だろうが、遣れる所まで遣らせるしかないという所まで来ちゃったということなんですよね。・・・せめて松井珠理奈がメディア選抜圏内に入ってくれていれば、指原にここまで無茶苦茶遣らせなくても良かったと思うんだけど。

<6>
>11月10日で250回目を迎えた公演を見てきました、山本彩さんは留守でしたけどね。(中略)SKEのkⅡがやっと200回ですからSKEがおしりに火がついたと感じていることは自明のことです。

 そうなんだよねー。しかもSKEはサウンドスキャンの調査(要するに握手券無しでのCDの販売数)でパレオの20万枚から、オキドキは8万枚減少して12万枚へと売り上げが減少(ほぼ半減)していることが明らかになりました。それだけ通常版から劇場版にシフトしたという考えもあるでしょうが、劇場版のほうが値段が安いので利幅も小さくなるし、一般人の関心も減っているという考え方も出来ます。つまり単純に数字だけ見ればSKEは早くも下り坂、ってことです、このままいけば、SKEは確実にエイベックスに潰されると思うんだけどねー。

>「アニメで打ち切りなんて20年間聞いたことない」とありますが、有名どころだとガンダムXとか、コメットさん☆とかも、確か打ち切りだったはずですよ。

 確かにそう受け取るのが普通ですよねー。直しておきますm(_ _)m


<7>
>この理論で行くと、AKB派生ユニットで初めてメンバーの一般公募を行ったDiVAは、ローコンテクスト型で攻めるつもりなんでしょうか。DiVAメンバーも、むしろハイコンテクストな人材な気がするのですが。

 AKBの中では比較的ローコンテクストに対応した人材が揃っているとは思いますが、それでも新橋の酔っ払いサラリーマンが「ええぞ、ねーちゃん!」と声をかけてくれるほどではないですよね。おっしゃる通り、恐らくディーバにはローコンテクスト型アイドルは無理です。だから本当ならば「アーティスト」として売りたかったと思うんだけど、実はこの枠が最もCDの売り上げ枚数が激減しているカテゴリです。…こうした方向性の迷走を見る限り、実はディーバはSDNと同じ位危ない状況なんじゃないでしょうか。要するにエイベックス商法、ってことです。

<10>
>私は少年王さんの勢いの乗った筆法の中の誤植はもキャラの一部だと思って楽しんでいるのですが(笑)

 苦しいフォローをさせてしまって、本当に申し訳ありませんm(_ _)m

>格闘技との関連性については概ね同意見です。自分もかつて各種の格闘イベントにハマっておりましたので、現在AKBにのめりこむ自分が不自然とは思えないのです。

 筆者は「格闘技」と「アイドル」というのは、日本人の伝統的な価値観においては、ほとんど同じ物であると考えています。詳細は今回のシリーズの最終回で記すつもりです。

>近野と藤江は「イトーカンパニーリセ」から「イトーカンパニー」に移籍したようですよ。

 エケペディアすらほったらかしなのに、良くご存知でしたね(笑)。調べてみたら、移籍というよりもリセ自体がすでに存在していないようですね。直しておきます。

<11>
>小野や奥はダンスや歌が上手かったですが向田は何も持っていなくルックスも彼女自身はコンプレックスに思っている。そんな駄目駄目なとここそが彼女の最大の武器ではないでしょうか?

 ハイコンテクスト的に、非常に正しい見解です。向田にとってはSKEで最も運動能力が劣っていることもまた非常に大きな武器です。ただし小野と奥のダンスは、筆者的には全然駄目だったと思っていますが。

>あと桑原、石田、木下は私は結構好きなんですが。ルックスがファンから問題視されてるので安心はできないかと…

 ハイコンテクスト的に、誤った見解だと思います。アイドルなんで最低限度のルックスは必要だと思いますが、そこさえクリア出来ていれば「没個性な美形」よりも「個性的なブス(←相対的にですが)」の方が有利な局面なんて幾らでも有り得ます。もちろん「安心」なんて全くしていませんが(笑)

>(松井珠理奈)本人の内面は尊重されるべきと思いますが,ちょっとは大人がプロデュースしてあげないのかな,とも思います.
>序列では2位であるのに配置は(ほぼ)単独センターという扱いですが、かといってメディア露出が多いとは言えない気がするので(※玲奈さんに比べ)なんとなくはっきりしないといいますか…。

 彼女がまだ14歳だと言う事を理解してあげてください。14歳と言えば入団前の高橋みなみが金髪に染めてヤンキーキャラだった頃であり、板野友美がお下げにして妹キャラ全開だった時期です。もしこの二人が14歳の時点でキャラを固めて現在に至っていたら、神7はもちろん選抜に残れていたかも怪しいものです。だから現時点で「大人がプロデュース」してキャラを固めるなんて事はもっての外です。彼女が現在学ぶべきは帝王学であって、松井玲奈や高柳明音(や現在の自分)ではどうして前田敦子や大島優子に手が届かなかったのかを、ひたすら考え続ける事です。ぶっちゃけ、現在の松井珠理奈にとっては上の世代との勝ち負けなんてどうでも良いんですよ。彼女の全盛期は、まだ始まってすらいないんですから(※恐らく松井珠理奈の真の全盛期は、高校卒業後の18歳から23歳の間)。松井珠理奈が成すべき事は、次世代において正面に立ち塞がる渡辺麻友・指原莉乃政権下のAKBを如何にして倒し、下から這い上がってくる山本彩・渡辺美優紀政権下のNMBをどう押さえ込むかを模索していく事です。筆者の想定では、恐らくその機会は2013年度の総選挙で訪れる筈です。勝つにせよ負けるにせよ、その時の主役を務める事こそが松井珠理奈の48プロジェクトにおける責務です。だから筆者は、現時点ではSKEのセンターには、まだ松井玲奈が居た方が良いと思ってるんだよね~。

>でも、それ以上に「頭いかれてる」「蛇のように」とバッサリいったのが…(笑)

 両方とも、筆者が彼女達に対して昔から使っている形容詞なんですよね~(笑)。あんまり感情的になる人がいないんで助かってるんですけど(笑)、一応フォローしておくと、ハイコンテクスト的な意味合いにおいては、こうした表現は必ずしもマイナスだけを意味しているわけではないんですよね。要するに「キャラが立っている」という事です。

>AKBの選抜総選挙なのは判りますが、せめてCDを同時期発売にして投票券つけるか、単独で開催するかしないと、意識は変わらないような…。(順位わかるのが1~5位だけじゃ…)

 その通り。だからSKEの運営は無能だと筆者は常々言っているんですよね。総選挙の順位なんてAKB運営には全部判っているんだから、SKEの分だけ上から15名分教えて貰えばいいんですよ。そしてその順番を総選挙直後のSKE選抜のCDにそのまま反映させれば良いだけの話です。

 続く

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その24) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その2) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

<11>にて奥と小野のダンスと歌がどうたらって書いた者ですが
小野に関しては何も言えませんが
奥はメンバーからダンス上手いと言われてますし
大きく踊ったりはあまりしてませんでしたが
見せ方が上手い?(表現が難しいです・・・)と思うときがたまにありました。
やろうと思えば旧Kでしたし全体で中の上はいけたと思うのですがやる気が・・・
まあ今更って話ですのでスルーしてくださって結構です

投稿: | 2011.12.30 23:06

話の本旨とは全く関係なくて申し訳ないのですが、松井珠"理"奈ですね。
誤字が並んでるとどうも気になってしまう性分ですみません…

投稿: | 2011.12.31 18:49

珠理奈についてのコメントを書いた者です。コメ返しありがとうございました。
未熟な頃から現場に露出するものの宿命として、将来珠理奈が花開いた時に、過去の恥ずかし映像に足をひっぱられてしまわないか(笑)と心配だったのですが、おそらく杞憂ですね。
おっしゃる通り、頭のよい彼女なら自分の有り様を模索し続け、試行錯誤すら自分の力にして最強のセンターになってくれると期待してます。根性もあるのでそれまでに簡単に潰れたりしないでしょうし。

投稿: panda | 2012.01.02 11:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/53607602

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その1):

« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その24) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その2) »