« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その3) »

新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その2)

今回のお題は、「多分最後のレス対応②」

<12>
>akbのコント番組「びみょ〜」のなかで指原さんが出てくるコントがありますが。何も根拠は無いのですが指原さんが出ているコントは彼女が何か制作に関与しているような気がします。なんと言うか…グダグダした感じとか私の中に指原さんを連想させます。

 筆者はその感覚を「指原プライド」と「さしこのくせに」に強く感じていました。「びみょ~」初回に関しても、自分の存在自体をオチに持ってくる所が「指原プライド」とよく似ているので、あるいはそうなのかもしれませんね。

<13>
>付け加えると、「一般的にはネガティブとされる一面を、キャラに昇華せよ」なんてのもどうでしょう?

 いいかもしれませんね。とにかくハイコンテクストにおいて最悪なのは「普通」「人並み」「平均的」なので、メーターが振り切る方向は上でも下でもどっちでも良いと思います。

>あ、横山の"ゆい"のいは依ですw

 毎度ご迷惑をおかけしまして…

<14>
>サイゾーが経費について触れていないのは、読者からの「今、売り飛ばしたら吉本の大損じゃない?」という直感的な反応を引き起こさないためではないでしょうか

 筆者にはサイゾーがそんな高尚な事を考える人達とは、到底思えないのですが(笑)。また本気でサイゾーがそんな事を考えたのなら、「AKS支払い分と経費を合わせて数十億」と書けば済むだけの話です。

<15>
>元々オーディション出身者のその後にも密着するために2年ぐらいの期間を買い取った。そしてNMBに出資する事が決定したので、オーディション番組としてフォーマットのでき上がっていたこの枠を利用したのではないでしょうか?

 そうかもしれません。ただ「スター姫~」以降の番組経費の八割以上は、結局の所NMBが背負うべきものだとは思うんですよね。

>素人にはわかりませんが、NMB48のランニングコストはそれほどかからないのではないかと思っていました。
>失礼ながら、NMBが、女性アイドルグループとしては前例のないくらい、たくさんの人数がいることを忘れていませんか?衣装代や弁当代、移動費だってものすごいお金がかかります。並の売り上げでは経費以上の利益を出すことは不可能です。

 筆者の試算ですと、ランニングコストは劇場公演だけで問題無くペイ出来ている筈です。そこまで赤字体質の組織なら、そもそもAKBはCDが全く売れなかった3年間を持ち堪えられるわけがない(笑)。AKBよりも経済的な効率が良いと言うのも、おっしゃる通り正解です。そうでなかったらあのドケチの吉本が、億単位の金を出すわけが無いでしょ?。また人件費で赤字だと言うのなら、NMBは3期生の募集なんて絶対にやりません。そしてNMBのCD初動販売数は、“並みの売り上げ”どころではない日本芸能史上最高です。レーベルも自社ブランドなので利益率も非常に高い。これだけ優秀なビジネスモデルは、滅多に無いと思いますよ。(ところでこの件と昨季の吉本興業の39億円の赤字を故意に混同するのは勘弁してください。全く別の話なんで)

<16>
>AKBファンが言う”AKBってのはすごいアイドルグループだ!”という理論的根拠の多くを占めているのは、その”オリコンの売り上げ枚数”ですよ。あなたはAKBの権威を自分で否定するのですか?(りんりん)

 ええ、全く問題ありません。オリコンの問題点を列記しただけの文章も一本書いていますし。AKBは現在の一般的な価値観がオリコン中心だからそれに合わせているだけで、もっと別の価値観が主流になれば(そうなって欲しいものですが)、そちらに合わせるだけのフレキシブルさは十分に持ち合わせています。むしろ現状のオリコン中心の価値観にすら何十年経っても適応出来ない人達こそ、オリコン以降の新しい価値観には全く対応出来ないでしょうね。

>あれ(オリコンの数字)が単なる意味の無い数字の羅列であるならば、AKBは凄いアイドルでも何でもないし、AKB以外のライバルアイドルたとえばモーニング娘などの対して、その数字の少なさについて罵倒することもできません(りんりん)。

 罵倒ねえ。確かに「AKBのCD販売数に比べて消費税%以下の人達」と書いた事はあったか。まあ筆者としては単なる事実を書いているだけで、罵倒というのは筆者がサイゾーやエイベックスに投げつけている言葉だという認識なんですが。まあ筆者は自分のブログに書いているだけで他の人に迷惑をかけていないと思うんで、細かいニュアンスがそんなに気になるのであれば、仲間内のブログだけを巡回なさった方が良いんじゃないでしょうか。

>週刊AKBもスポンサーが付かない番組枠買取り型の番組だと思ったのですが違うのでしょうか?

 今見てみたら、GREE・ニンテンドー・グミ・コンタクト・サトウの切餅・ダンボール戦記・ミニ四区と相当多彩なスポンサーが中CMに入っているので、<<少なくとも現在は>>完全には買取では無さそうですね。

>HKTの皆さんの劇場での活躍はすぐにdmm配信はたいへん困難と思います。極論かもしれませんが、地元のケーブルテレビ会社とタイアップして、劇場公演の配信や自主制作番組に入れてもらうというやり方は難しいものでしょうか。

 地元局だと筆者が見られないので悲しいです(笑)。筆者が昔からベストだと思うメディアはBSなんですよね。BSは慢性的な番組不足に悩まされており、しかも100%全国ネット(笑)。番組の単価を落とせば、交渉の余地は有りそうな気もするんだけど。

>特にネット上でのAKBファンへの噛みつき方は、正気の沙汰とは思えないほどです。こういうファンの言動が、ハロプロの新規ファンの参入を阻害してるんだと思いますけどね。

 筆者的には現在のハロカス(※彼らとは別に良識あるハロプロファンの方が居る事は百も承知ですが)は「あさま山荘の連合赤軍」と同じだと思っていて、追い込まれて負けが確定すると言動が過激になったり、“総括”と称しての仲間内でリンチ殺人(今回の場合は新規ファンの参入を阻害)が始まったリするのは、いつの時代でも同じだなあと思って見ているんだけど、とばっちりさえ来なければどうでもいいです(来てるから大問題なんだけどさ)。ただ新規参入が止まれば滅亡は絶対に避けられないんで、たかしさんには申し訳ないですが最後の時がやってくるのは時間の問題なんじゃないでしょうか。

>この表現は正確ではありません。マスコミが一般人向けに取り上げる視聴率が(主に関東の)世帯視聴率なだけで個人視聴率も測定されていますし、マーケッティングのデーターとしても利用されています。だからこそF1層やF2層などの区分をしている訳です。

 確かに地域によって3~8台のテレビに対応しているのは事実ですね。直しておきます。ただ筆者的に問題なのは、結局の所視聴率が録画に対応出来ていない点なんですよね~

>なるほどHSの最新回はファンの間でも「なるはいおもしれぇじゃん」なんて話題になるほど好評で、主婦受け狙いの川越シェフや懐かしのアイドル、AKBファン狙いの総選挙中継といった飛び道具なしで9.3%という、この番組にしては高視聴率を記録しましたよ。

 確かにこの回は面白かったです。ガチ街に関しては指原と前田敦子だけが正装していたことから、筆者的には「指原の企画じゃね?」とか思っているんですが(笑)、手相占いは主婦向けの鉄板ネタだし、必ずしも筆者が指摘したターゲットを全て外したというわけでもない気がします。次回以降で真価が問われることになりそうですね。ただ最高視聴率の13.5%を叩き出したのはなるほどハイスクール最終回の10月13日放送分で、この時は主婦受け狙いの懐かしのアイドルとオカマが大挙して出演しており、暴露ネタ全開だった事だけは付け加えておきます。

 続く

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/53607624

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その2):

« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ番外編(その3) »