« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その16) »

新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その15)

今回のお題は、「NMBの設立過程と存在意義を、一回まとめておきます」(糞サイゾーウーマンには、本気でどうにかなって欲しい)

【「利権代と利益が割りに合わない」!吉本がNMB48の買い手を募集中?】より。

http://www.cyzowoman.com/2011/11/post_4604.html

 前回の続きです。

 そもそもNMBは、<<アイドル不毛の地>>と言われる大阪に、ほとんど全ての評論家や識者に「AKBがどれほど成功していようとも、NMBは別の存在なんだから、成功するわけが無い。何故ならここは大阪だから」とボロ糞に言われながら立ち上げられました。何故吉本は成功確立が相当低い事を承知の上で、NMBをこの時期に立ち上げたでしょうか。筆者は吉本について詳しいわけでもないし、大阪の文化に詳しいわけでもないんだけど、少し浮世離れした言い回しをすれば、吉本は秋元康氏の語る『夢』に乗ってみたかったんじゃないかと思うんだよね。吉本は近年ではYGAを立ち上げるなど、アイドルビジネスへの参入に非常に積極的でした。恐らくYGAに関しても、採算は全く取れていないでしょう。それでもこのタイミングでNMBを立ち上げた理由は、…やっぱり東京には、負けたくなかったんじゃないでしょうか。大阪府民の共通認識として、「大阪はお笑いは盛んでもアイドルは育たない土地柄なんだと、<<東京の連中に馬鹿にされている>>」位の意識はあると思うんだよね。まして福岡にAKBの姉妹グループが出来る事が確定的になって、大阪だけが取り残されるかもしれないとなった時、立ち上げるタイミングとしてはこれがラストチャンスだと考えた可能性は高いと思うし、その判断は間違いではなかったと考えます。だから吉本は、NMBで短期的に採算を取る事なんて全く考えて居なかったと思うし、まして利益を出す事なんて頭の隅にすら無かったと思うよ。恐らく考えていたのは、今は駄目でも、将来的に(さながら阪神が巨人を倒すかのように)AKBを倒して天下を取る事、それだけだったのではないでしょうか。

 最初から採算は度外視なのですから、プロモーションにも当然のごとく金を使いました。また恐らく吉本所属の全ての芸人に対して「NMBはお前らの妹分なんやから、死ぬ気で面倒見てやりや!」位の事は言ったと思うんだよね。大阪でNMBがレギュラー出演する番組は、テレビとラジオを合わせて週に20本以上。さらに中核となる番組には全て、吉本のトップクラスの芸人(まあスケジュールが合う限りということですが)が投入されました。「スター姫探し太郎」にはブラマヨ、「どっキング48」にはケンコバ、「なにわなでしこ」にはピース、「なるほどハイスクール」にはロンブー淳が顔を揃え,ダウンタウンの番組にも、ナイナイの番組にも、何回も共演させました(協力してないのは、さんま位かな?)。しかも大阪の一般の人達のNMBに対する認知度と好感度も、我々関東在住の者が想像するよりも恐らく遥かに高い。筆者がユーチューブを見ていてびっくりしたのは、NMBのデビュー三ヶ月目の2期研究生が3人(しかもそれほど有名では無いメンバー)だけで朝のワイドショーに普通に出ているのを見た時です。だって有り得ないでしょ?。AKBで言えば、デビュー三ヶ月目の十二期研究生(しかも主力を全部外して)を3人だけでスッキリに出すようなもんだよ。しかもこの3人を司会者は、ほとんど何の説明も無く「NMB48の○○ちゃんです」と紹介して、普通に会話してるんだよね。滅茶苦茶NMBの認知度は高いと思いませんか?。そしてNMBの1stシングル発売時には、少なくとも十名以上の芸人に「NMBがオリコンで一位を取ったら、これだけの自腹を切る」と公約を出させて、全部実行させてましたよね。つまり吉本としては会社の威信を賭けて行っているプロジェクトであり、芸人各々にまで個人的に負担を強いている状況でもあり、しかも大阪の普通のおっちゃんやおばちゃんにまで「NMBって、吉本が今度新しく作ったアイドルやろ?」というレベルまで認知度も上がっているわけです。この状況で、<<思ったほど利益が出ないから、NMBを売り飛ばす>>なんてことが、内部的にも外部的にも倫理的にも、本当に有り得ると思いますか?。(つーか、仮にNMBの買い手が現れたとしても、現状の吉本芸人の無償奉仕が無くなれば、NMBの現在のCD売り上げ枚数なんて絶対に維持出来るわけがねーじゃん!)

 まして現在のNMBの商業的な成功は、日本芸能史上最高クラスです(だからオリコンの記録を更新しまくってるんだよ!!)。恐らく吉本にせよ、京楽にせよ、ここまでの成功は想定していたわけがない(だから一位が取れなかった時のネタとして『ブルマ公演』まで用意していたわけだし)。「スター姫探し太郎」にしても、京楽としては例えどれだけ時間と金がかかろうとも、NMBがブレイクするまでは意地でも続行する覚悟は固めていたと考えます。またAKSとの仕切値やマージンの話なんて、契約以前にはっきりと判っている問題なんだから、今更問題なる事自体が有り得ない。もしNMBの「日本芸能史上最高クラスの成功」を以ってしても回収出来ないほどの費用を制作費やプロモーションに使って会社が傾いたとすれば(無さそうな話だけど)、それはただ単に吉本の経営能力の欠如の問題でしょ?。イニシャルコストの回収の話をしているのであれば、そもそもAKB本体が未だにイニシャルコストの回収なんて出来て無いと思いますよ。また48プロジェクトはそもそも自転車操業を前提としているので、儲かった分はそのほとんどが(有形無形に関わらず)ファンに還元されています(営利企業としては間違っているかもしれませんが、エンタテインメントとしては究極的に正しい)。そもそも利益を出すための組織形態じゃないんだよね。そんな状況で、日本芸能史上最大級の成功を収めている(←しつこいですか(笑))金の卵とも言うべきNMBを、(3期生のオーディションを行う余力が残っているにも関わらず)資金ショートを理由に売り飛ばそうとしているという発想自体がどこから出てくるのか、筆者には全く理解出来ません!!。

そもそもこんな短期間の経済的な損失だけを見て、これほどまでの成功を収めているNMBを売りに出すというのなら、一体どれだけの成功を前提に吉本はNMBを立ち上げたとサイゾーウーマンさんは主張する気なんですかね?。デビューシングルが100万枚売れる前提だったとでも言うつもりですか??。売れるわけねーだろ!!!。だって今やNMBは日本の芸能史に着実に名前を刻みつつあるんだよ?。このまま活動を続けていけば、オリコンのあらゆる記録のトップにNMBの名前が載るかもしれないんだよ?。しかもそれに実際に関わっていて、この状況を意気に感じない業界関係者なんて本当にいるのかね?。むしろ「金なんて要らないから、是非やらせてくれ」位の勢いじゃねーの?。今のNMBになら、さんまやナイナイやダウンタウンが稼いできた金を残らずぶちこんだって、全然惜しくないって!!。ここからは筆者の想像になるんだけど、恐らく吉本はNMBの売り先を探しているのではなくて、共同出資者を探していると思うんだよね。しかも単純に資金ショートを補うためではなくて、何らかの大仕掛けを打つ為の資金を必要としているのではないでしょうか。例えば映画作成。例えば連続テレビドラマ作成。例えばNMBのための大劇場の設営(これならば劇場鑑賞料金を値上げする口実も得られるでしょ?)。いずれにしても吉本の連中が、NMBのここまでの成功を目の当たりにしても何も感じないようなら、エンタテインメント業界なんてとっくに撤退しちゃってたと思うけどね。(馬鹿すぎて馬鹿すぎてどうしようもないサイゾーウーマンは、本当にどうにかならないんでしょうか???)

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その16) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

このサイトはAKBを”理論武装する”という目的をもっておられるのですから、当然、AKBに関する疑問点の指摘や反論を自由にしてもかまわない訳ですよね?

”理論武装します”といっておきながら”反論は拒否します”というのでは、つじつまがあいませんからね。理論というのは反論にたいして説明できてこそ、ちゃんと構築されるものですからね。その反論を拒否してはまったく意味がありません。

投稿: りりあん | 2011.11.28 20:03

復活したらまた湧いてきましたね、
あたかも理路整然と正論を述べているように見えて、
何も述べていない。
これは典型的なクレーマーです。
妄想全開の書き飛ばしなのだから楽しめばよいのです。

投稿: RAGU | 2011.11.28 20:41

お久しぶりです。
更新が途絶えてからもしばらくはチェックしていたんですが、例の書き込みを読んで最悪の事態を想像していたので
もう少年王さんの最後の記事も読む事ができないんだと思いここを訪れるのも辞めていました。

すると今日、ブックマークしている別のサイトを見ようとしてクリックをたまたまミスったおかげで更新復活を知る事ができました。
僕の右手人差し指GJですね。
またこうして少年王さんの記事が読める日が来るとは思わずリアルに涙してしまいました(笑)

新しく更新した記事も今から遡って楽しませていただきますね。


投稿: DJRS | 2011.11.28 21:38

連投失礼します。
「スター姫」に関してですがNMBのために用意した番組ではないんじゃないでしょうか?

「スター姫」の前にやっていた「ウェルカムTV」も吉本と京楽が出資していてオーディション番組でした。
あくまでも僕の妄想ですが、元々オーディション出身者のその後にも密着するために2年ぐらいの期間を買い取った。
そしてNMBに出資する事が決定したので、オーディション番組としてフォーマットのでき上がっていた
この枠を利用したのではないでしょうか?

「スター姫」はNMBのオーディションというAKBに関心のある人間にとっての大きな目玉コンテンツがある上に
「ウェルカムTV」のレギュラーはブラマヨと益若つばささんとアンタッチャブルの山崎さんだったので、後に挙げた二人を
SKEという身内の人間に変えたことで出演料も抑えられますから吉本や制作側にとってはむしろ優良コンテンツ
だったかもしれません。

投稿: DJRS | 2011.11.28 22:32

>筆者がユーチューブを見ていてびっくりしたのは、NMBのデビュー三ヶ月目の2期研究生が3人(しかもそれほど有名では無いメンバー)だけで朝のワイドショーに普通に出ているのを見た時です。だって有り得ないでしょ?。


いいえありえます。これを日本語で”ごり押し”といいます。

通常ならありえないことでも、ごり押しをすれば十分にありえることになります。

投稿: | 2011.11.29 19:49

>つまり吉本としては会社の威信を賭けて行っているプロジェクトであり、芸人各々にまで個人的に負担を強いている状況でもあり、しかも大阪の普通のおっちゃんやおばちゃんにまで「NMBって、吉本が今度新しく作ったアイドルやろ?」というレベルまで認知度も上がっているわけです。この状況で、<<思ったほど利益が出ないから、NMBを売り飛ばす>>なんてことが、内部的にも外部的にも倫理的にも、本当に有り得ると思いますか?。


ありえます。なぜなら売れっ子芸人のスケジュールを割いて相手をさせるということは、吉本がNM,Bに対して度外れに経費をかけていることの何よりの証明となるからです。当然経費がかかっていて、それに見合う利益を出すことに成功していなければ、この企画を切り捨てることは十分ありえます。

コンコルドにものすごい経費と社運をかけたから、会社がコンコルドの開発を打ち切ることは絶対にありえないというわけではありません。ガダルカナルやスターリングラードの占領にとてつもない命と金を費やしたから、絶対に撤退することはないということも、ありえません。

逆にものすごい経費をかけたからこそ、利益がそれに見合わなければ撤退する可能性が高いといえましょう。さらに逆にいえば、たとえたいして売れていなくとも、たいした経費をかけていなければ、そんじょそこらの売れっ子よりは長続きするのです。バカな人はこの仕組みがわかりません。

”過去に金をつぎ込んでしまったから、撤退する確率も低いだろう”

これは戯言です。

投稿: みみずん | 2011.11.29 19:56

管理人氏の主張が正しいのなら、もんじゅは開発停止するはずがありません。吉本芸人のスケジュールを割く以上のコストをかけ、国が賭けた威信も吉本以上のものがあります。

”金も威信もかけたから撤退するはずがない”のではなく、”金と威信をかけたからこそ撤退の可能性が高まる”のです。

投稿: りりあん | 2011.11.29 19:59

文章が読めないのか読んでないのか、頭の悪いクレーマーがわきますね。

みみずんさんはご自身で引用されている文章すら理解できていない。
>しかも大阪の普通のおっちゃんやおばちゃんにまで「NMBって、吉本が今度新しく作ったアイドルやろ?」
>というレベルまで認知度も上がっているわけです。
最後のこの一文が読めないんですか?

管理人さんの意見を、あなたの足りない頭で
>”過去に金をつぎ込んでしまったから、撤退する確率も低いだろう”
などと解釈するとは・・。

りりあんさんも乗っかる形で
>”金も威信もかけたから撤退するはずがない”のではなく、
>”金と威信をかけたからこそ撤退の可能性が高まる”のです。
などと・・・。馬鹿が馬鹿にのっかってドヤ顔してる図が浮かびます。

管理人さんの主張はあなたたちの言い方に沿って言えば

”過去に金をつぎ込んで、威信をかけてやって、
初動としては十分な成果を挙げていて今後の展望も明るいので
撤退する確率は低いだろう”

こうなります。理解できますかねぇ。
デビューから1年足らずで投資を回収できるようなものではない、
というのはかねだしてる側も当然わかっています。
金や威信をかけて大した成果が挙がらなかったら当然"撤退"も
考えますが、NMBの現状と回収の可能性を考えればそれはありえないんだよ。

投稿: egg | 2011.11.30 00:12

あの一派(もしくは個人の自演)のコメントに対してはみんな無視してるのでそれに倣いましょう

投稿: ユリアを守る山のフドウ | 2011.11.30 02:24

さんま御殿にSKEのメンバーと一緒にNMBも出演するみたいで
さんまにハマるNMBメンバーが出演すればさんまのバックアップも受けられそうな予感がします

投稿: あ | 2011.11.30 19:09

>だって今やNMBは日本の芸能史に着実に名前を刻みつつあるんだよ?。このまま活動を続けていけば、オリコンのあらゆる記録のトップにNMBの名前が載るかもしれないんだよ?

これを達成するのに宣伝費や吉本芸人の共演などのものすごい経費をかけていますので、撤退する確率はなおさら高いといえましょう。

逆にいえば、芸能史に名前を刻み付けない程度の安い出費におさえたほうが、NMBは長続きする確率が高まるといえましょう。

”元をかけたのだから、元をとるまでがんばるはずだ、おいそれとは撤退しないだろう”という管理人氏の主張はある意味正しいのですが、ある意味では間違っています。元がかかっていて儲かるか儲からないかわからない、ハイリスクハイリターンな企画より、元を賭けてなくて、利益もそれほどあがっていない、だけど一定の利益が出ることは確実な、ローリスクローリターンな企画のほうが、経営側にとって続け甲斐があるのです。

これ以上利益の増大が見込めないお荷物企画は、早く切ったほうがそれだけ損がすくなくなります。だらだら続けるほうが損です。”続けたほうが利益の回収ができるので得だ”というのは必ずしもいえないというわけです。

投稿: あたりん | 2011.11.30 19:45

素人にはわかりませんが、NMB48のランニングコストはそれほどかからないのではないかと思っていました。

まずギャラがかなり安い。かつて(今でも?)AKB48メンバーのギャラが安いのは週刊誌ネタになったほどで、ましてや吉本興業ですし。
シアターは自前で、もともとそんなに儲からない若手のための劇場だった。
SKE48に比べて遥かに多いテレビの露出は吉本芸人のバーター?
最初の知名度も本店のおかげでずっと高い。

今でも本店より経済的には効率はいいんじゃないですか。
素人の勝手な感想すいません。

投稿: ARD50 | 2011.11.30 21:25

失礼ながら、NMBが、女性アイドルグループとしては前例のないくらい、たくさんの人数がいることを忘れていませんか?
衣装代や弁当代、移動費だってものすごいお金がかかります。並の売り上げでは経費以上の利益を出すことは不可能です。

投稿:   | 2011.11.30 21:38

ご教示ありがとうございます。
やっぱりお金がかかるんですねえ。さすがに黒字だとは思ってはいませんでしたけれど。

SKE48ファンとしてはNMB48のシアター公演の多さはすごいと思います。
使えるものは遊ばさずにできるだけ使おうというところはいかにも大阪ですが、メンバーの経験値がどれほど上がるかと考えると、
うらやましいです。

さきほどまでベストアーティスト2011を見ていました。
神戸のベストヒット歌謡祭は地元のNMB48、今日はSKE48に割り振ったのでしょうか。

投稿: ARD50 | 2011.11.30 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/53352512

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その15):

« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その16) »