« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その13) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その15) »

新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その14)

今回のお題は、「本当に吉本がNMBを売却するなんてことは有り得るのか?(糞サイゾーウーマンを斬る!!)」

【「利権代と利益が割りに合わない」!吉本がNMB48の買い手を募集中?】より。

http://www.cyzowoman.com/2011/11/post_4604.html

 もうサイゾーグループは、マスコミの看板を外した方が良いと思うよ(泣)。最低限の裏を取った上でなら結果的に間違った事を書いてしまうのはしょうがない事なのかもしれないけど、言ってる事が短期間で正反対になってしまってかつ何もフォローも無い、というのは、もはやマスコミとして記事に対する信憑性を完全に放棄しているとしか思えないんだよね。だからアホの“みみぞう”みたいなハロカス共が、サイゾーウーマンの記事を本気で信じ込んで他人のブログの荒らし行為のネタにしちゃうんで、「今は少し前とは言ってる事が正反対になっちゃってるんで訂正します」ってあいつらにはきちんと言ってやって貰わないとマジで困るんですけど!!(つーか直接被害を受けている俺に、まず謝って欲しい)。本当に、どうしたものやら…(泣)。とりあえず一文ずつ見て行ってみますか。

>NMB48の利権として吉本が秋元康・AKS(AKB48らの運営会社)らに支払った額は数十億円と言われているんですが

 この馬鹿丸出しの文章を、まずどうにかしてくれよ!!。順を追って話をしていけば、まず吉本のNMB運営が資金ショートを起こして資金繰りが悪化してスポンサーを探しているというのは、有り得る話ではあります(筆者はそうは考えていませんが)。NMBは結成以前から莫大な資金を投入して絨毯爆撃的なプロモーションを展開してきました。特に凄かったのは「スター姫さがし太郎」で、中CMが全て京楽関係のものだった事を考えると、恐らくテレビ東京から毎週30分丸ごと買い切ってNMBのプロモーションを行っていた可能性が高い。約一年間の放送期間を考えると、これだけでも(一本3千万で計算しても)合計で約15億以上の経費をかかっていると考えられます。さらにCDデビュー前から(バーターとは言え)ゴールデンの歌番組に出まくっていた事を考えれば、この辺の経費も恐らく数億に及ぶ筈。それ以外にもテレビ・ラジオ・雑誌・各種イベントの仕掛けなどを考えれば、これまた数億はかかっているでしょう(レギュラーだけで20本以上だし)。これにオーディション費用が最低でも数千万、劇場の改装費が数千万、ショップの開設やグッズの製作に数千万は確実にかかっています。合計すれば、確実に数十億円になります。つまりこれから「金が物凄く足りなくて、吉本がNMBを売り飛ばそうとしている」という話を始めようとしているに、何でこれらのプロモーション費用の事を、一切話題にしねーんだよ?。おかしいだろ!!?(激怒)。

 つまりこういうことです。サイゾーウーマンは「どうやら吉本はNMBに数十億の金を使ったらしい」「吉本はNMBの新しいスポンサーを探しているらしい」という噂話を聞きつけてきたわけですね。で、何としても48プロジェクトを悪者にしたいサイゾーウーマンは、金の行き先を全てAKSのせいにするべく話を捏造したと。仮にサイゾーウーマンの言う事が正しかったとしたら、AKSに支払った(とサイゾーウーマンが主張する)金額以上の額になる可能性が高いNMBのプロモーション費用の事に一切触れずに「金が足りない」からNMBを売り飛ばすという話を進めるなんて、有り得ないですよね。もちろんAKSに支払う金額もそれなりに有るのは間違いありません。ロゴの使用料、楽曲の使用料、衣装代、AKBのイベントへの参加料などなど。でもね、そもそも秋元康氏が<<AKSには一円も金を請求していない>>という現状で、どうしてAKSが吉本に金を数十億も請求出来るという話になるのか、全く理解できないんですが。それでもこれらがどうしても数十億円に達すると言うのなら、その根拠となる明細と金額を概算で良いんで示して欲しい物ですね(どうせ無理だろうけど)。

>AKBブームもいつまで続くか分からないため、売れるうちにNMB48の利権をどこかに売ってしまいたい、と買い手を探している状況なんだそうです、

 この「AKBブームもいつまで続くか分からないため」とかいう腐れサイゾーの言い草は、後何年間がまんして聞き続ければ良いんだよ!!!(激怒)。前回言っていたのは、確か第三回総選挙の直後で、「総選挙が終わってすっかり勢いが落ちたAKBは~」とか言ってたよな、こいつら。サイゾーの編集者は自分が過去に書いた記事の事を覚えておく記憶力なんて全く無いんだから、もっと頻繁に自分が書いた過去の記事を読み返さないと記事の正確性なんて1ミリも維持出来ないと思うんだけど。さてこの内容も吉本関係者が語ったものだと言っているんだけど、全く信用できないですね(今までのサイゾーの前科を考えると、そもそも“吉本関係者が語った”という所から信じられないんだけど。本当は全部捏造じゃね?)。まあ資金ショートに関しては事実の可能性はあります。震災のせいで、ほぼ全てのエンタテインメント業はイベントの延期や中止で大きなダメージを受けました。NMBもかなり喰らっている筈です(ついでに震災復興資金まで秋元康氏に徴収されたかもしれないし(笑))。でもね、資金繰りが究極的にショートしてにっちもさっちもいかない状況で、NMBの三期生のオーディションなんてやると思いますか??。二重の意味で、有り得ねーよ!!。もし金に困って本気でNMBを売りに出したいなら、支出は出来るだけ減らして損失を減らす必要があるし、メンバーの人数も出来るだけ減らして新しい買い先が引き取りやすい形にしてあげるのが当然でしょ?。だって現在は、HKTの立ち上げに3年がかりで三回連続で失敗する位スポンサーが見つけ難い、この大不況下なんだよ?。それなのに、ただでさえ馬鹿高いNMBの売値を、メンバーを増やしてさらに上昇させたら、尚更売れるわけねーだろ!?。馬鹿じゃねーの???。筆者の常識では、サイゾーウーマンの言っている事は現状とのギャップが巨大すぎて、理解の限界を超えています。

>NMB48に限らず、"48グループ"は世間が思っているほど儲からないシステムなのだという

 筆者は5年も前から「AKBのシステムは黒字体質ではあるものの、莫大な利益が出るようなものではない」と繰り返し述べてきました。恐らく世間の人達にも、こうした考え方は比較的に浸透してきているのだと考えます。それなのに「AKBは儲かって儲かってしょうがないのに、芸能界のドン(バーニングの社長の事らしい)が分け前をよこさないと言って大激怒している」とかいう与太記事を散々書き続けてきたのは、お前らサイゾーグループだけなんだよ(怒)。AKBが死ぬほど儲かると言ってたのはお前らサイゾーグループだけなのに、”世間が思っているほど儲からない”とか他人が言ったみたいに話をすり変えてんじゃねー!!!

>若いファンの獲得目的のため、公演代やグッズ代などは「上限はいくらまで」と秋元側の指示があるため、値上げすることもできず公演での儲けは微々たるもの

 “値上げすることもできず”ということは、秋元康氏の指示が無ければNMB運営は劇場鑑賞料金を値上げしたいと考えていると、サイゾーウーマンさんは主張するわけですよね。NMB運営は劇場鑑賞料金を幾らが適正料金だと考えていると、サイゾーウーマンさんは主張されますか?。5000円ですか?一万円ですか?。競争率100倍を超えるAKBの(しかもオリジナル公演の)鑑賞料金が3000円なのに、NMB運営はNMBのリバイバル公演の鑑賞料金をそれ以上の金額に値上げしたいと考えている、とサイゾーウーマンさんは本気で主張されるわけですよね?。逆に現状では、NMBは他のグループのリバイバル公演と比べて、若干なりとも値引きまで行っているんですよ?。NMBの運営は、現状での劇場鑑賞料金の値上げなんて、絶対に考えてねーよ!!。次にグッズの金額に上限があると言う話は初耳なんですが、まあ無くは無い話かもしれませんね。で、上限はお幾らなんですか?。言っちゃ悪いけど48プロジェクトのグッズはどれも“相当良いお値段”で、利益率はかなり高そうなんですが、この上まだ安すぎるとNMB運営は不満を持っている、とサイゾーウーマンさんは主張なさるわけですよね?。でもね、マージンの問題なんかは契約書に調印する以前から完璧に判っていた事でしょ?。それを何故今更NMB運営が問題にし始めたのでしょうか?。おかしくありませんか??。むしろサイゾーウーマンさんが言っている事が全て捏造だと考える方が、よっぽど辻褄が合うんですが、いかがでしょうか??

>何十万枚とCDを売り上げても人件費や経費を考えたら、CDの売上では48グループは儲からないんです

 そんなことは筆者も何度も主張してきましたし、昔からマスコミ関係者でもきちんとそう言っている人は数多くいます。AKBが死ぬほど儲かるとか言ってたのは、お前らサイゾーグループだけなんだよ!!!。

>CMやグッズ収入が頼みの綱ですが、昨今のアイドルグループ乱立によりその収入も思ったより入ってこない

 お前ら本当に有象無象の泡沫アイドルのCD売り上げ枚数と、活動内容を把握した上でそんな与太話してるんだろうな??。48プロジェクトの営業活動に深刻な支障を与えているアイドルグループって、一体どこの事言ってんだよ?。とにかく具体名を挙げてみろ具体名を!!(どうせ適当に言っているだけなんで、そこまでの知識は無いか(泣))。筆者の認識では、本来48プロジェクトが行うべき仕事で持っていかれた気がするのは、ハロプロ系(主に映画出演かな)とスパガ(イトーヨーカドーのCMの事でしょ?)位なんだけど、揃いも揃ってAKB単体のCDの売り上げ枚数の消費税分以下の人達なんで、そこまで48プロジェクトのCMやグッズ収入を阻害しているとは、到底思えないんだけど。ましてそのせいで、京楽が48プロジェクトから撤退するっていう話でしょ?。あるわけねーだろ、そんなこと!!!

>それだけにスポンサー(京楽)から撤退するとなれば、SKE48に限らず48グループの売上低下は免れないだろう。

 そもそもなぜSKEのCDが50万枚売れるようになったこの時期に、京楽が撤退するという発想になるんだろう?。どうせ撤退するなら、CDが2万枚しか売れなかった時期じゃないの??。それに現状でCDを50万枚売る能力があるアーティストなんて、SKEを除けば日本にはたった二つしか無いんだよ?。ここで48プロジェクトから撤退するとして、京楽は一体どの芸能人(&グループ)に乗り換えるっていうのさ??。それとも京楽は芸能界から完全に手を引くって話なのかな?。そんなにも京楽の業績はボロボロなんだろうか?。本当に何がなんだか、さっぱり判りません(号泣)

>見好調に見える48グループも内情はかなり厳しい状況のようだ。数年後まで残っているグループは果たして何組いるのだろうか。

 全部残ってるよ!!(怒)。そんなことより、昨年サイゾーウーマンさんが主張していた「2011年1月になったら、出版業界は落ち目になったAKBを見限って、AKBメンバーのグラビアからみんなで撤退するので、AKBメンバーを本屋で見かけなくなる」って話は一体どうなったんでしょうか。あれから一年ほど経つんで、そろそろ記事の続きを読みたいんですけど。

…駄目だ、我ながら長すぎる(号泣)。総論は次回に持ち越します。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その13) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その15) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

まずは、頭を冷やすことをおすすめすると同時に、辞書で”経費”ということばをお引きになることをお勧めします。

一億円もうけても、経費が一億円かかれば黒字はゼロです。二億円かかってしまったら赤字です。百億円儲けても維持に二百億円かかってしまう体質であったのなら、たとえ世界一CDが売れているグループであっても、一日たりとも活動を続けていくことはできません。

そのような赤字グループは、持続期間やメンバーの年収などにおいて、一千万円しか儲けていなくとも百万円しか経費をかけなかったアイドルグループに劣ります。

NMBが赤字でも自転車操業でもなく、ちゃんと黒字になっていて、身売り話などありえない!というのなら、”NMBの経費が儲け以下である”ということを証明せねばなりません。


それはおいといて、管理人殿の主張にはおかしな点があります。

前述したように、普通の頭をした人なら、NMBが赤字ではないんだという自説を通したいのなら、”経費なんてたいしてかかっていないんだ!”と反論します。”デビューに際してのコストに触れていない”なんていいだすようなことはありません。なぜならこの文は、NMBが赤字ではないことの反論にぜんぜんなっていないのです。

たとえサイゾーが、NMBがデビューに際して経費がかかったことについて紙面で触れたとしても、NMBが赤字ではないことの証明にはいっさいならないからです。

”サイゾーがデビューで経費がかかっていることについて触れていないから、サイゾーの記事はウソである(=NMBが赤字ではなく、身売り話はありえない)”

この文章の前後にまったくつながりがありません。

というわけで、このエントリの文章のすべては、まったく意味をもたないということになりますね。

投稿: りりあん | 2011.11.29 19:42

仮にサイゾーが、デビューにかかる経費について触れたとしましょう。それを読んでたいていの読者は”ああ、NMBも結構経費がかかってんだな”と思うことでしょう。”NMBは赤字じゃないんだ!だから身売り話なんてありえないんだ!”なんて思う人は、おそらくこの世にほとんど存在しないと思いますね。

投稿:  まるびた | 2011.11.29 19:46

少年王3号さんは、ただサイゾーさんを否定しているわけではなく、『赤字の可能性はあるけど、NMBは身売りなんてしないよ』と言っているだけです。

まずは、読者である我々が冷静になってからコメントしましょうよ(汗)。

投稿: ますお | 2011.11.29 22:50

確かに、これだけの経費を吉本が掛けている以上、相当切羽詰まった状況になるか、余程の買い手が現れない限り、吉本はNMBを売り飛ばそうとしないでしょうね
サイゾーが経費について触れていないのは、読者からの「今、売り飛ばしたら吉本の大損じゃない?」という直感的な反応を引き起こさないためではないでしょうか

投稿: | 2011.11.30 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/53352506

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その14):

« 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その13) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズンⅡ(その15) »