« 新・私的AKB48論最終シーズン(その6)(ラスト3) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その5) »

新・私的AKB48論最終シーズン(その7)<ラスト2>

今回のお題は、「AKBももいろクローバーの可能性」

 ぶっちゃけ、可能性はそれ程高くありません。恐らく相当の条件が整わない限り難しいでしょうね。ただし不可能ではないと考えます。現在曲がりなりにもキングレコードという同一レコード会社に所属しているので、キングレコードが仲介に入れば何とかなる可能性はあります。あとは揃うべき条件ですが、AKBとももクロの両者が揃って低迷期に入る事、SKE&NMB連合の話題性がAKBを完全に上回る事、スターダストにある種の決断が出来る事(後述します)ということになりますが、そもそも可能性が低い所からの話なのでこれらの点についてはこれ以上掘り下げません。

 まずはAKBと組む事によるももクロのメリットですが、これは果てしなく有ります(笑)。AKBと行動を共にすることによって、単純に知名度が上がってメディア露出も増えることでしょうが、問題はそこだけではありません。もしAKBの主力メンバーを相手に公衆の面前で踊り勝てば、「ダンスのAKB」のイメージを一気に奪い去ることが出来、その効果はCD数十万枚分にも匹敵するものとなるでしょう。ももクロ的なデメリットとしては、仮にAKBに歴然と踊り負けて「ももクロはダンスが上手い」というイメージを失ってしまうことですが、現在のポジションの差を考えれば、そんな後ろ向きの事を考えるよりは一か八かの勝負に出るべきでしょうね。

 逆にAKB的にはほとんどメリットが無いと感じられるでしょうが、ももクロ(というよりはスターダスト)はAKBが喉から手が出るほど欲しいものを持っています。それはシリーズ化しているドラマ枠。AKBは慢性的に、幾つでもドラマのキャスト枠を欲している筈であり、現状では恐らく全然足りていない。スターダストが提供出来るドラマ枠を具体的に言うと、ドリマックス製作の「ケータイ刑事」シリーズ、「東京少女」シリーズなどです(まあAKBとスターダストだけの話し合いですむ問題でもないでしょうが)。これをAKBに開放すると言われれば、…AKBだって一か八かで動いてみようと言う気になるかもしれません。例えば若手女優の登竜門と言われ、宮崎葵・堀北真紀・夏帆らを輩出した「ケータイ刑事」シリーズの主人公を貰えるなら、AKBと言えども大抵の事はやっちゃうんじゃないでしょうか(笑)。誰を出すかって?。まあ番組の性質上、女優としての経験が浅く、ミドルティーン位の年齢で、一応選抜圏内位のメンバーですね。例えば渡辺麻友、宮崎美穂、多田愛佳、研究生ならば竹内美宥と言った所でしょうか。

 「AKBももいろクローバー」の人選ですが、単純に技術的に優れたメンバーを投入すると言うことであれば大島優子、板野友美、梅田彩佳といったKメンの主力を投入するべきなのでしょうが(ノットイエットをそのまま投入して「ノットイエットももいろクローバー」というのも、相当面白そうですが)、これでは万が一ももクロに踊り負けたときのダメージが甚大過ぎます。また比較的低年齢のももクロに対して、あまりにも年齢が高すぎでしょう(笑)。ここはやはり主力は温存して若手主体とし、「負けたら帰ってくるな!」位の勢いで送り出すしかないのでないでしょうか。例えば研究生主力ということであれば11期鈴木紫帆里を大将にして、10期市川美織、9期山内鈴蘭に加えてダンスが上手い順にもう1~2名という所でいかがでしょう。逆にももクロ側の人選ですが(変な言い回しですか?)、早見あかりの穴を(一時的か恒久的かはともかくとして)高井つき奈で埋めます。これならば擬似的なAKBvsSKEの意味合いも持たせられるわけで、話題的にも完璧でしょう。で、「AKBももいろクローバーwith高井つき奈」のデビューと同時にBSで宮崎美穂主演の「ケータイ刑事 銭形栄」(ちなみに次女は銭形圭、三女は銭形美衣。…つまんなくてすいません(汗))、地上波で「東京少女・渡辺麻友」の放映開始となれば、インパクトは絶大だと考えます。

 現時点でももいろクローバーは(早見あかりの脱退を差し引いても)相当行き詰っていると筆者は考えており、デビュー時のインパクトが薄れ、CDの売り上げ枚数も40000枚あたりで頭が天井にぶつかった感があることを考えると、そろそろ次の手を打つ時期が来ているのは間違いありません。スターダスト本隊は「ケータイ刑事ザムービー3」でモー娘と手を組み、ハロプロとの協調路線に入りつつあるようにも見えますが、(CDの売り上げがほぼ互角とは言え)方向性があまりにも異なるモー娘とももいろクローバーでは、共闘は相当難しいのではないでしょうか(むしろももクロにSKE劇場を貸し出していれば、SKEももいろクローバーの方が確立は高かったかもしれません)。ま、今すぐどうこうって話じゃないんだけどさ。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズン(その6)(ラスト3) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その5) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

>むしろももクロにSKE劇場を貸し出していれば、SKEももいろクローバーの方が確立は高かったかもしれません

僕はAKBよりもこっちの方を期待してました。今からじゃ遅いですかね?SKEは(ようやく始めたばかりですが)オンデマンドのノウハウとW松井の移籍(玲奈は次のステップに進めるし、スターダストは珠理奈みたいなタイプが好きそう)、スターダスト側はドラマや自社映画へSKEメンを出演させる事を交換条件にして。

投稿: DJRS | 2011.02.24 10:16

ももクロの「お留守のようなのであたためておきました」って挑戦的でいいタイトルだと思ったんですがねぇ。
実際は会場もタイトルも変更しちゃいましたね。
アイドル業界が盛り上がるなら、そういうイベントはアリだと思うんですが。
逆にSKEがいつもももクロが公演してる会場に行ってもいいですし。

ところでEXILEの妹分のhappinessはどうでしょうか。
純粋なダンスチームのhappinessとダンスがウリのSKEのコラボって面白いと思うんですけど。
「日本のダンスシーン盛り上げましょうよ」って言えばEXILE側も断る理由はないでしょうし、SKE側もダンスチームの本気のダンスに直に触れることは刺激になるでしょう。
対決、勝負っていうんじゃなくて一緒に盛り上げようって感じでできないですかね。

投稿: RX | 2011.02.24 11:25

今回も興味深い考察!
そのドラマ枠の丹羽多聞アンドリウプロデューサー×akbって、以前から見てみたいのです。個人的に。
(まぁ、モーニング娘。さんの関係性が固い印象なんですが。)

そういえば、ax2011のMCで指原さん、ももクロ好きを語ったらしいですね。
(柏木さん・菊地さんといい、他のアイドル好きが表現可能なakbって、素晴らしいと思っています(笑)) 
あと、市川さんは元スターダストだったはずと思いだしつつ拝読しました。

投稿: やどん | 2011.02.24 11:51

いつも楽しみに読んでいます。
完全に意見を信じきるのは少年王氏にとっても願うところでないため、参考と自分で注釈をつけながら読んでいます。
ただ、AKBの歴史を知った上で、事務所のパワーバランスやメン、ヲタの心理まで含めた考察には関心されられるものがあり、正直このブログがあと少しで終わってしまうことを残念に思えてなりません。

私は名前の通り珠理奈ヲタですが、初期からヲタであったわけでなく、ましてやAKBなどまったく知らない状態でしたので、彼女の置かれている状態を理解できないことも多々ありました。そんな際にこのブログを見て、納得させられたり、教えていただけたりととても感謝をしております。

意見を主張すると別の意見を主張する人が論争を持ちかけてくることがあります。それが私にとっては感謝すべき内容でしたが、少年王氏にとっては辛いことやイライラすることが多くあったと見受けられました。ただ、普段はコメントをしない私ですが、感謝の思いを伝えたいと思い、ここにコメントを残します。


PS.最後は10回の更新と当初は行っていましたが、タイトルのラスト2回というのを見ると9回で終了が決定したのですか?

投稿: Jurina | 2011.02.24 14:33

某掲示板に晒されていますよ…

投稿: CoCo | 2011.02.24 16:38

↓最後の記事に水差さないで下さい
それを指摘するだけしてどうしろと?
もう書くなとでも?

投稿: あん | 2011.02.24 23:40

今回のお題とは、ずれてしまいますが、
SKEの新曲「バンザイ Venus」の初回出荷が30万枚に
なったそうで、少年王3号さんの“上限60万枚”も、
将来的にはありえるのではないかと思いうれしい限りです。

最近はSKE関連であまり良いニュースがなかったので、
この初回出荷30万枚という数字はSKEにもまだまだ
のびしろがあるのだと非常に強い希望がもてます。

SKEのさらなる飛躍を期待します。

投稿: 玲奈至上主義者 | 2011.02.25 10:12

イヤー飛ばしますね、こういった憶測全開の記事ムチャクチャおもしろいです。
さてスレ主一押しであるところの平嶋夏海さん、まもなく高校卒業ですね、
できるなら大学へ進学してほしいと思います。
よくコメントつけていたピーナツさんのいわれるようにAKB以外の経験値が
これから先の長い人生での肥やしなると思います。
学ぶことに関しては無駄な物は一つもありません。

奥様からの卒業をAKBでは一番先に打ち明けられているように
年下や後輩メンバーから進路に関する相談を受けるのは、ナッチャンが普通の高校に進学して
AKBより学業を優先してきた結果でしょう。
これを許してきた運営も立派だと思います。
18歳という年齢からいってアイドウ路線より役者を目指す方が現実的かなト思います。
経験値がなくても役者はできるとは思いますが、彼女はそんなに器用ではありません、
準備期間は必要だとお見ます。

投稿: RAGU | 2011.02.26 19:03

卒業、脱退、再編ってのは女性アイドルグループの永遠の課題だと思います。
特にAKBは

一部のメンバーはAKBとソロ活動の二足のわらじで元気が無くなったりやつれたりブログの更新がストップしたりしています

AKB自体はまだ大丈夫だと思いますがこれから卒業するメンバーは一部を除いて今のところお先真っ暗だと自分は思います。

ですのでAKBの今後どうなるだとか
誰々が卒業するならで今後こうなっていくだろうとかを最後に予想、妄想してほしいです。

嫌なら結構です。

投稿: No.6 | 2011.02.27 09:40

初じめてコメントさせて頂きます。というかブログという物にコメントするのが初めてなので、作法等なっていなかったらすいません、大目にみてください。私は高校生の頃AKB48を非常に冷めた目で見ていました。(AKBヲタの同級生の事も)ですが去年の始め頃にマジすか学園を見て(YouTubeで見ましたすいません…)AKB自体に興味を持ち始めたところで偶然このブログを拝見し、過去のAKBに関するエントリを全て読ませて頂きました。そこでAKB48の歴史やシステムについて知るうちにAKB48ってすごい面白いプロジェクトじゃないか!と感動してしまいました(^^)私は勝手にサッカーみたいな、ウイイレのマスターリーグみたいな感じだ!と思っています。笑

ともかく!このブログのおかげで大変楽しませて頂きました。ですからこの様な形でAKB48に関する管理人様の考察が読めなくなるのは非常に残念です。出来れば続けて欲しいです。(Twitterでとかでも…そうすれば荒らしの心配なしっ!笑)それで、結局なんでコメントをしたかというと、やはり楽しませて頂いたのだから、感謝の念をしめすのが礼儀ではないかと思いましたので、コメントさせてもらいました。ありがとうございました!
また、長々とすいませんでした。

投稿: 松井 | 2011.02.27 12:49

お忙しい中、お返事ありがとうございます。
中々推しの子を一人には絞れない私ですが…お気に入りの一人になりつつあるなっちゃん、勿論見守り応援します^^

ところで、DIVAはデビュー決まりましたが今後どんな風な路線でどんな風に世間に浸透していくと考えられるでしょうか?有華ちゃん梅ちゃんがいるのでやはり、歌にダンスに突出したAKBとは違った感じですかねぇ…?(個人的には梅島夏代も好きなのでデビューしたらいいななんて思っていますが、やはり事務所関係で厳しいんですかねぇ…)

また、AKBの主要メンバーの年齢や人気が高くなり少々心配してきました;
AKB48は、流行、ブームになってしまったので飽きられたら終わっちゃうような気がしてなりません。大島優子や篠田麻里子辺りはもうお姉さん組なので卒業が近い気がしますし、前田敦子も段々二十歳に近づいてきました。その上位三人が(あっちゃんは当分卒業は先だと思われますが)卒業してしまった後のAKB48が正直心配です^^;卒業やブームが終わるその前にJPN48が誕生するのですかねぇ…??

もし良ければ少年王様の考察をお聞かせ頂きたいです。(お時間のある時にでも。)
もし今までの記事に記載ありましたらごめんなさい;;


追伸 最近の沢山のブログ更新ありがとうございます。楽しく拝見させて頂きました。また変な人が現れてしまったようですが、どうか少年王様自身を大切になさって下さいね!(私だったら荒らしらしき人は即アク禁or承認制にしてしまいますよ〜)

投稿: あひる | 2011.03.02 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50955599

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズン(その7)<ラスト2>:

« 新・私的AKB48論最終シーズン(その6)(ラスト3) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その5) »