« 新・私的AKB48論最終シーズン(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その4) »

新・私的AKB48論最終シーズン(その3)

今回のお題は、「2011年度のSKE48の展望」

 ついに待望(本当に、2年間待ちました(号泣))の劇場公演のインターネット配信が開始され、映画館でS3rd公演が3D立体映像で見られる(SKE運営のやり方に筆者は非常に批判的でしたが、初めて心から賛同できるプロジェクトです)という、SKEにとって2011年は最高のスタートを切りました。恐らく劇場公演のインターネット配信によってSKE(特にチームS)は、現時点でのAKBとの決定的な差を見せ付けることが出来ると考えられ、今年の総選挙ではハンディ無しの互角の勝負を展開できる可能性が出てきました。流石の秋元康氏も焦りを感じてAKBメンバーに「たるんでいる奴から8名リストラ!」という宣言をしたようですが、果たしてどこまで真意が伝わったことやら。ただ尻に火が付いているのはSKEも同じことで、NMBの足音はすぐそこまで迫っています。このまま立ち止まれば、一瞬にして抜き去られるのは間違いありません。付いて来れないメンバーが何人脱落しようが、とにかく前へ進み続けるしか方法はありません。現時点でSKEがAKBに劣っているのは、全国的な冠番組を持たないことによる広く浅いファンの人数と、外部ユニットが全く存在しないこと。この2点を解消出来るかが、SKEにとっての2011年の課題ではないでしょうか。

「CD売り上げ枚数」:筆者は以前“上限30万枚”と想定しましたが、“上限60万枚”に訂正します。劇場公演のインターネット配信には、そこまでの威力があると筆者は考えます。バンザイビーナス(タイプBの石田安奈単独センターは流石だね(笑))時点で、CD販売数20万枚突破は確実と思われ、場合によっては30万枚も達成可能かもしれません。60万枚という数も、SKE運営が戦略を誤らなければ、今年中に達成可能な数字だと考えます。AKBを見ていても判る通り、CDの売り上げ枚数はいきなり倍増するもののようで、リバーで倍増、ポニシュシュで倍増という感じでCD販売数を増やしてきたわけですが、SKEにもその時期がすぐそこまで来ている気がします。

「AKB総選挙」:最近のAKBのCDはSKEのメンバーを積極的に使ってくれたりして、大分総選挙に対する不公平感は緩和してきているのかもしれませんが、(今年とは言わないまでも)来年辺りには投票券付きCDはAKB・SKE・NMB同日発売にして、食い合い上等位の勢いでやるべきな気もします。なんなら48プロジェクト以外のアイドルも、(友好関係にあることは必要ですが)CDを同日発売にして、一緒に総選挙に参加してもらうのも盛り上がっていいかもしれせん(「ももクロ」とか、そこまでの度胸はあるかな?)。今年に関して言えば、SKEの劇場公演のインターネット配信がスタートすることで、初めてAKBと互角の勝負を展開できることになりました。目標が何枠なのかは難しい所ですが、筆者的には現時点では25%位が妥当なのかなという気がします。すなわち全40枠として選抜4名、アンダー6名という所でしょうか。ま、劇場公演の出来次第だとは思うんだけどね。

「マジすか2」:ぶっちゃけマジすか学園はほとんどの伏線を消化しつくした物語であり、残った伏線はネズミとジュリナ位のもんなんだよね。当然新キャラと新設定は出てくるんだろうけど、この二人をメインにした物語になる可能性は非常に高いと考えます。…松井珠理奈としては、一世一代の大勝負になるのではないでしょうか。ここで下手を打てば大批判が起こるのは明白であり、ただじゃ済まないかもしれません。演技経験の少ない松井珠理奈にとっては相当厳しい状況ですが、まあチャンスなんて物はこんなタイミングでしか回ってこないもんです。(物語内での勝ち負けではなく)渡辺麻友との次世代選抜センター争いの第一ラウンドになる可能性が非常に高く、竹内美宥や市川美織も参戦となれば、ここで今後のAKB全体のある程度の方向性は決まってしまうかもしれません。これをクリアしてから総選挙という日程は、誰にとっても相当厳しいね~。

「チームKⅡのオリジナルセットリスト」:これが本当に3月に立ち上がるのかが、KⅡ的には勝負の分かれ目です。とにかくAKB総選挙までにポジションを確立するためには一回でも多くの公演を行う必要があり(公演のパフォーマンスが悪ければ、“はいそれまで”ですが)、チームS同様にパフォーマンスでAKBに決定的な差を付けられなければ、新規のファンの開拓なんて夢物語です。メンバーの入れ替わりも含めて相当難しい状況だとは思いますが、「これが最後のチャンスだ!」位の気持ちで(実際にそうなる可能性もあります)がんばるしかどうしようもありません。KⅡにとって最も考えなくてはならないのは、MCにおける「キャラ立ち」です。パフォーマンスではAKBに勝って当然という状況でも、総選挙において投票して貰うためには完璧に一人ひとりの見分けてもらう必要があります。もうMCではフリートークなんて一切考えないで、予め役割分担を決めておいて完璧に台本を作っておく位の気持ちが必要なんじゃないでしょうか。あとはエンタテインメント(要するにお客さんに喜んで貰う事の重要性)をどれだけ深く理解しているかという問題に行き着くんだけど、こればっかりは一朝一夕ではどうにもならないんだよね。まあKYな人でも人気が出る可能性もあるんで、とにかく頭を絞れるだけ絞る必要があります。3ヶ月なんて、一瞬で過ぎ去っちゃいますしね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズン(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その4) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

「マジすか2」は大変楽しみにしているのですが、松井珠理奈さんの演技は「モウソウ刑事」をみるかぎり、どうも期待できそうにないです。渡辺麻友さんがどこまでやれるか、ドラマの演技をあまり見たことがないので注目します。

私は東海地方の人間ですので、SKEには頑張ってほしいです。NMBはよくわからないですが、ビジュアル的にはSKEのほうが個性的なメンバーが多いという印象を持っています。

投稿: ARD50 | 2011.02.17 09:09

どちらかというとSKE48に興味を持っている自分にとっては、おもしろく拝読しました。
「マジすか2」に関してはまったく同意見で、それだけに「モウソウ刑事」を観ていると松井珠理奈の演技には不安を覚えます。
また、チームEについてはどんな印象をお持ちでしょうか。
E1st「パジャマドライブ」を劇場観覧して思うことは、過去の神セットリストをリアルタイムで経験していたとは思えない層が中心となったファン層が支える公演であり、SKE48の底上げにはこのチームの行く末も大いにかかわってくるのではないかと思います。
しかし現状では、まずKⅡでしょうね。この点においてもまったく異論はありません。

投稿: Fuzz | 2011.02.17 09:47

いつも楽しく拝読しておりました。ファイナルシーズンとゆふ事でなっちゃん推しの私としては非常に残念です。

2つ程質問させてください
1、横山由衣さんに関してどのように考察されますか?私はまゆゆじゅりを差し置いて時期センター候補と思い込んでいます。 運営推しが半端ないと感じる今日この頃。

2、私の嫁である平嶋なっちゃんの今後について。エリアKのPVではけっこう写っていたので独りPCの前で高まっている次第です。ワロタ以外のPVでは本人確認が出来るシーンが少ないもので。

質問は以上です。

最後に

なっちゃんって腰の動きが柔軟性に富んでますよね。

投稿: giacomini | 2011.02.17 12:32

最終シーズンということで初コメントさせていただきます。
いつも筆者さんの見解には感銘を受けます。SKEからユニットですか…ぜひ出てほしいです。しかしノースリーブスにフレンチキス、ワロタにNotyetと次々にユニットが生まれるのは嬉しいのですが、メンバー個人の仕事も関係しているとは思いますがプッシュ具合が違うのでどうしても活動頻度の差がありますよね…。最近ではフレキスの影が薄く感じるのは僕だけでしょうか。SKEからのユニットには一味違う個性があって欲しいです。SKEと言えば秦さんが最近は推されているような感じですが、彼女はとてもいいキャラを持っているので選抜に入ったらおもしろくなりそうです。個人的には中西優香とAKB地方組の絡みが見たいですが。

投稿: ヤマ | 2011.02.17 16:01

最終シーズンということで初コメントさせていただきます。
いつも筆者さんの見解には感銘を受けます。SKEからユニットですか…ぜひ出てほしいです。しかしノースリーブスにフレンチキス、ワロタにNotyetと次々にユニットが生まれるのは嬉しいのですが、メンバー個人の仕事も関係しているとは思いますがプッシュ具合が違うのでどうしても活動頻度の差がありますよね…。最近ではフレキスの影が薄く感じるのは僕だけでしょうか。SKEからのユニットには一味違う個性があって欲しいです。SKEと言えば秦さんが最近は推されているような感じですが、彼女はとてもいいキャラを持っているので選抜に入ったらおもしろくなりそうです。個人的には中西優香とAKB地方組の絡みが見たいですが。

投稿: ケケケ | 2011.02.17 16:02

いつも鋭いご意見楽しみにしておりますが、コメントはお初です。

さて、「CD売り上げ枚数」ですが、正直、20万枚でも売れすぎな気が・・・
他の項目の「総選挙」「マジすか2」ももちろん大事かとは思われますが、それらは、影響を与える対象がほぼオタと考えられるのに対し、一方「CD売り上げ枚数」は、オリコン順位に反映され、「SKE?何それ?」という素人さんへ売り込むためのテレビ、雑誌、ラジオ等のマスコミへの露出へとつながり、後々のSKE人気向上へつながる最重要な活動と思われます。
今回、キャラアニ劇場版の販売を見てみると、人口の多い東京の日程がたった1日だけだったり、売り上げ状況を見ても、東京、名古屋の1次抽選でほぼ完売した小木曽、ゆりあ、(予想外とは言え)秦さんあたりに対して当然追加販売があるものと思っていましたが、それもなし。日程をさらに一日増やすかとかもなし・・・orz
限定的な時間枠は全国握手会的なかをりがプンプンしたりもしますw

当日メンバーには空き時間に他の仕事があったりするのかもしれませんし、長時間拘束するのはばかられるのかもしれませんが、運営にもクラウンにも売る気が感じられなくては、売れる物も売れない気がします。
AKBのように、「えっ、この子にこんな長い尺の握手会をさせていいのか?」とオタが逆に心配をするようなゆとりはないんでしょうかwww あっ、でも京楽さんは大人買いしてくれるからいいっか。長文失礼しました。

投稿: minmin | 2011.02.17 23:55

 初動   通算
22,624  27,295  強き者よ
34,747  51,180  青空片想い
62,078  94,986  ごめんね、SUMMER
119,913  169,391  1!2!3!4!ヨロシク!

一応参考にしてください。実は毎回前作を初動で超えています。期待も込めて初動20万通算30万というところですかね。本当はもうちょっと期待していますが…。

投稿: | 2011.02.18 01:20

ピタゴラスとクラウンは本当に商売がヘタだなぁと思います
他の方も言われてますが、個別握手の販売前に秦佐和子の人気が確認できたのですから枠を増やす事くらいできたはずです。
逆にW松井をはじめとした人気メンバーは昼休憩なしで1日ぶっ通しの10部制と酷使しています。
そもそもなぜ1日しか設定しなかったのか理解できませんがね。
状況を見て変えるという機動性に欠けていると思います。

DMMの配信も見ましたが、ライブ配信は誰だか判別できないほど画質が悪く、アーカイブはライティングが悪くバカ殿のような白塗りお化けに映っています。
カメラワークも公演内容を理解していないとしか思えないほどひどく、ソロダンスの見せ場が途中で切れたりしています。
音声も曲だけ後から足しているのか知りませんが歌とMCの音量レベルが格段に違い、曲に合わせるとMCが聞こえず、MCに合わせると曲がうるさいという状況です。
無料期間は「これにお金を出せるか考えてくださいね」という期間だと思うのですが、このやっつけ仕事にお金を出そうという人がどれだけいるのでしょうか。
もし無料期間だからわざと質を落としているというのなら「損して得取れ」という言葉を教えてあげたいですね。

ブブカのインタビューでまた湯浅さんがいらん事をくっちゃべってますね。
「とりあえず湯浅のせいにしとけと。」と言っていますが、湯浅さんは支配人であり総責任者です。
責任と引き換えに権限を与えられている自覚があるのでしょうか。
責任を取るから責任者だという自覚があるのでしょうか。
SKEで起こる全ての問題の責任は湯浅さんにあるという自覚があるのでしょうか。
残念ながらこの発言からはそういう自覚があるようには見えませんね。
松井珠理奈を「暴れん坊将軍」と言っているのに至っては呆れてものが言えません。
どういう意図で「暴れん坊」という言葉を選んだのか知りませんが、普通に聞いたら「我儘放題で手がつけられない」という悪口ですよね。
支配人自ら主要メンバーの悪口を言うというのはSKEを潰したいとしか思えません。
上手いことが言えないのなら、せめて黙っていてほしいです。

NMBは企業タイアップを取り付けてバレンタインイベントで直筆メッセージ付きのチョコを配りまくったと聞いていますが、SKEはバレンタインイベント自体がなかったようです。
NMBとSKEどちらがファンにとって嬉しいでしょう。

K2の新公演もですが、公演をしないと勘が鈍るというのは素人でもわかることです。
新公演の目処も立たないうちに終了させて、半年も放置する神経がわかりません。
新公演がすぐにできないことが判明した時点でAKBの過去の公演でもいいからつなぎの公演をすべきだったのではないでしょうか。

こんな簡単なことすらできないSKE運営では私は管理人さんのようにSKEの将来を楽観的には見られません。
むしろ今年中にNMBに追い抜かれるのではないかくらい危機感を持っています。
湯浅さんは「危機感はない」そうですが。

投稿: RX | 2011.02.18 11:31

AKB総選挙について
>目標が何枠なのかは難しい所ですが、筆者的には現時点では25%位が妥当なのかなという気がします。すなわち全40枠として選抜4名、アンダー6名という所でしょうか。ま、劇場公演の出来次第だとは思うんだけどね。

全枠中25%くらいという目標は納得できるんですが選抜4名というのは厳しいものではないですかね。僕はW松井の他にもう1人入れたら十分過ぎる程だと思います。まぁ志は高く持ちたいものですが。


マジすか2について
>ぶっちゃけマジすか学園はほとんどの伏線を消化しつくした物語であり、残った伏線はネズミとジュリナ位のもんなんだよね。当然新キャラと新設定は出てくるんだろうけど、この二人をメインにした物語になる可能性は非常に高いと考えます。

確かに話の中核にはやはりその二人が関わりそうですが、出番としてはどうなんでしょうか?何かと使い勝手のいいチームホルモンとかの方が見せ場は多くなると予想します。

>松井珠理奈としては、一世一代の大勝負になるのではないでしょうか。

チャンスには違いないのでしょうがそこまで大きなターニングポイントだとは思いません。「桜の木になろう」のPVで是枝裕和と仕事したことの方が将来女優志望の珠理奈にとっては大きかったと思います。個人的に珠理奈の“作品を作り上げるための素材”としてのポテンシャルを信じていて、いつか是枝監督と何かしらで絡むことを期待していたので「桜の木になろう」の監督が彼になったと知った時は本当に鳥肌が立ちました。

あと、少年王さんは言及していなかったのですが松井玲奈のこれからも気になります。現在の人気や年齢の事を考えると遅くとも来年までには何かしら次のステップに進ませてあげるべきなんじゃないでしょうか。

投稿: DJRS | 2011.02.18 15:18

お疲れ様です。
マジすか2への視座、なるほどです。確かに松井珠理奈にはターニングポイントになりうるかと。
個人的には、新キャラどの程度立った位置付けでやってきて、化学反応を見せてくれるのか。今後に影響力が大きいと思います。
SKEから誰が。(難しいでしょうが、中西・秦投入とかないかなぁ。)とか、参加するらしい7期の立ち位置(きくぢの名前があり、期待と共に、色々な万感が。)とか。

追記
峯岸生徒会長や、矢場久根最上級生になる亜美菜には、お鉢が回って来ますかね(;^_^A

投稿: やどん | 2011.02.19 07:32

mixiのコミュ人数の伸び率を見ていると、AKBとSKEの知名度の格差がどんどん開いているのが
気になりますね
全く伸びない珠理奈に、1万人から頭打ちの玲奈、TOP2人がこうだと今年の選挙がとても心配です

投稿: | 2011.02.20 01:13

妄想全開です
御本家AKB48のエリアKはダンスユニットになってますね、
ダンスを得意としてなくても少なくとも苦手とはしていないメンバーが集められてます。
これはSKEに対抗するために組閣されたのがチームKだとすると
エリアKとはAKB本体のダンス主力部隊と見るのが正解か。

投稿: RAGU | 2011.02.22 20:32

SKE48 チームE パジャマドライブ公演に参戦してきましたが
刺さりませんでした。
中一から高三までのメンバーで構成され準備期間の不足かもし、
それとB3公演それも神公演といわれたセットリストの記憶があるせいでしょうね。
ただユニット曲の純情主義の中学生トリオは見るべきものがあります、
メンバーでは平嶋夏海ポジションにはいっている間野チャンが気に入りました。
二期生ではありましたが正規メンバーになってから
この子こんなにしなやかに丁寧に踊る子なんだと改めて思いました。
スレ主さんも一度見ると二推しになると思います。

投稿: RAGU | 2011.02.28 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50894083

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズン(その3):

« 新・私的AKB48論最終シーズン(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その4) »