« 新・私的AKB48論最終シーズン(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その3) »

新・私的AKB48論最終シーズン(その2)

今回のお題は、「セットリストベスト100・2011総括」

>AX2011が終わってから例の「終わってからなんとでも言う」を楽しみにしています。

 そうまで言われちゃ、やらないわけにはいかないですね(笑)。とりあえず敗戦報告から。

1位:ヘビーローテーション(大島優子の方が票が割れないと思うんで)→一応当たり
2位:ポニーテールとシュシュ(前田敦子はこれと言い訳Maybeで票が割れるのでは)→3位
3位:マジスカロックンロール(再放送の頻度が高い)→59位
4位:言い訳Maybe(まあ前田敦子なんで)→一応当たり
5位:ビギナー(人気はあんまり無いんじゃないかな)→2位
6位:大声ダイヤモンド(MJリクエストスペシャルでトップだったんで)→11位
7位:野菜シスターズ(子供とかで好きな子、結構いそうじゃない?)→74位
8位:初恋よこんにちは(バードは愛しさのアクセルと票を喰い合ってトップ10落ちとみた)→選外
9位:1234ヨロシク!(なんだかんだ言ってCD15万枚セールスなんで。SKEはここに票を一点集中出来さえすれば)→24位
10位:枯葉のステーション(セットリストベスト30トップの意地を見せてもらわないとね(笑))→22位

ほら~、やっぱり全然当たって無いじゃん(泣)。マジスカに至っては、よく考えたら投票やってた頃って、まだ再放送始まって無かったんじゃなかったけ?。そりゃ無理だわ(爆)。ただ全体としての傾向に関する予測はほぼ当たっていたと思うので(「麻友のために」も含めて)、本章では筆者がなぜこんなにボロボロに予想を外したのかという言い訳(笑)と、AXの今回と今後の投票傾向の推移について考えてみたいと思います。

筆者のAXの分析がなぜ「総論ほぼ正解、各論かなり不正解」になるのかということなんですが、結局筆者は新規の方のAKBに対する知識がどの程度なのかという分析を完璧に外しているせいだと考えます。つまりRIVER以降に参入したCD70万枚分にも及ぶ新規層の方の知識レベルを低い順に並べてみると、

1レベル:AKB選抜による直近一年以内のシングルCDの曲しか知らない
2レベル:AKB選抜によるシングルCDは過去の物も一通り知っている
3レベル:AKBからスピンオフした、外部ユニット(またはソロ)の曲は知っている
4レベル:自分の推しメンの曲は、(過去のセットリストの曲も含めて)一通り知っている
5レベル:現行の劇場でのセットリストの曲は一通り把握している
6レベル:過去の劇場でのセットリストの曲も全て把握している

という感じだと思うんですよね。果たして新規のファンの人はどのレベルが一番多いのかということです。筆者は新規の方を結構舐めていたので(笑)、最も多いのが1レベルだと推定し(良く考えたらそこまでレベルが低いと投票行為自体をしないですよね)、2レベルは基本的にTOP10から外しました。また3レベルは曲数(特にカップリング曲が)が多いので、それなりに総得票数は多いにしても票が割れてしまって、100位以内に入っている曲数は多いにしても順位は低いと想定しました(これは当たっていましたね)。4レベルと5レベルに関しては、新規の方はここまでは達していないんじゃないかなあという推定で、ほぼ全てTOP10から外しました。6レベルは、・・・まあやっぱり無理でしたね(笑)。つまり筆者は新規の方の大多数を、「1.5レベル」位と想定していました。

しかし現実には2レベルの「君のことが好きだから」、4レベルの曲多数、5レベルの「チームB推し」がTOP10に入っており、平均して「4.5レベル」位だったわけですね。結構みんな、知識レベル高いよね~。ただ我々(あえて我々と書きますが)としては、一番欲しいのは6レベルの曲だったわけで、そこまで新規の方に求めるのは相当厳しいという状況は全く変わっていないわけです。細かい話になるんだけど、現在の対象曲で「セットリストベスト100」を名乗るのは、根本的に間違っていると思うんだよね。だってTOP10の上位を占めるシングル曲や、外部ユニットの曲は本来セットリストの曲じゃ無いですよね。少なくとも第2回(1位「初日」・2位「大声ダイヤモンド」)までは、ほぼ全てがセットリストの曲だったわけです。それが第3回以降は、相当「看板に偽り有り」な状況になってきています。このまま放置すれば、TOP10の上位はその年のシングル曲、その下に特定メンバーをセンターとする過去のシングル曲(大島優子の「ヘビーローテーション」、前田敦子の「言い訳Maybe」など)が続き、さらに(その年人気があった)特定メンバーをセンターとする公演ユニット曲(昨年で言えば指原の「愛しきナターシャ」など)、人気のある外部ユニット曲(今年ならば板野友美とかノットイエットなど)が来るでしょう。ほとんどが<<セットリストの曲じゃない>>ですよね???

さらに深刻なのは、曲の固定化です。特定メンバーをセンターとするユニット曲の中でも一曲しか持ち歌が無いメンバーの曲は、票が割れないが故に100位以下には非常に落ち辛いということになります。具体的には多田愛佳の「天使のしっぽ」、片山陽加の「純情主義」、仁藤萌乃の「片思いの対角線」などです。恐らく現在のレギュレーションを続ける限り、卒業する(か、新しいユニット曲のセンターになる)まで毎年入り続けるのではないでしょうか。今年は新生Kメンの特定メンバーをセンターとするユニット曲がかなりの数増えたため、これらも毎年100位以内に入ってくるのは確実だと思われます。また過去の劇場公演のチーム曲に関してもほとんど同じ曲ばかりになっており(新しくレベル6に達するファンがほとんどいないとすると、恐らく同じ人が同じ曲に投票し続けているためだと考えられます)、具体的には初代Aの「ディアマイティーチャー」「オンリートゥデイ」、初代Kの「十六人姉妹の歌」「草原の奇跡」「支え」「転がる石になれ」、初代Bの「初日」などです。これらに現行セットリストの曲が加われば、それだけで100枠は完ぺきに埋まります。つまり問題があるのはTOP10に入るような上位曲だけでは無く、下位の曲もいつも同じ曲ばかりになってしまう(&外部ユニットの曲ばかりになる)危険性が非常に高いということになるわけです。

具体的な対処法はレギュレーションの変更しかないわけですが(指原の言うように、シングル曲と外部ユニット曲を対象から外すとか)、毎回同じ歌と新曲だけを聞きたいという人が大多数を占めるのならば、それはそれで仕方ないことなのかもしれません(単純にチームや個人の優劣を付けることを目的とする勝負事という考え方もあると思うので)。だから筆者的には、もっと違った事を提案してみたいと思います。例えばDVD発売限定の「セットリストベスト200」の制作です。コンサートでは1~100位までしか公開していないわけですが、過去の映像を切り貼りすることで101位~200位までの映像を作成する。映像に関しても、DMMでしか公開されていない激レアな映像を多用したり、根本的に映像が存在しないもの(外部ユニットのシングルのカップリング曲など)については新撮する、メンバーによる解説は当然「セットリストベスト100」に準拠する、位の意気込みがあれば商品として成立するんじゃないでしょうか。新規の方にも「セットリストベスト200」を見て貰うことでより選択肢が広がる可能性もあると思うし、「セットリストベスト100」というタイトルなのにセットリストの曲が全然入っていないという不満(筆者だけかもしれませんが)もある程度解消されるのではないでしょうか。

もう一つ今回の特色として、メディア選抜入りしているメンバーの中で一人だけ単独センターを務める「セットリストのユニット曲」が全滅したメンバーが居た事に皆様は気がついていらっしゃるでしょうか(最初から単独センター曲を持たない篠田真理子は別です)。渡辺麻友ですね。渡辺麻友は渡り廊下のカップリング曲「麻友のために」が入っていたり、小野恵令奈の代わりに「ファーストラブ」を歌ったりしたので目立たなかったのですが、「パジャマドライブ」「残念少女」「初恋よこんにちは」と全滅しています。これをどう考えるかということですが、…単純に人気が落ちてきているという考え方も出来ます。もっと正確に言うと、渡辺麻友のファンの人数の増加率が、AKB全体のファンの増加率よりも低いと言うべきかもしれません。元々渡辺麻友のファン層というのは、アニヲタや特撮ヲタなど忠誠心は高いものの人数的にはさほど多くないパイに依存していた部分が多いと思われ、AKBのファン層が広く浅い層に移っていくに連れて総選挙の順位も徐々に落ちていく可能性が高いと筆者は考えます。恐らく渡辺麻友にとっては、「マジすか2」で新規のファン層を開拓しないと次の総選挙はかなり危ないのではないでしょうか。松井珠理奈にとっても「マジすか2」は大勝負だと思うのですが、渡辺麻友にとっても彼女の芸能人生における最大のキーポイントになる可能性は高いのかもしれません。

 最後に一つ、筆者の個人的な感想なのですが、筆者の初代推しメンの「増山加弥乃」がすげえ美人になっていたのにびっくり(高橋みなみじゃないけど、「お前誰?」位の勢いだよね)。…本当~にもったいなかったよね~(泣)。年だってまだ17になったばっかりだよ。AKB史上最高の豊作と言われる9期生と比べたって、年齢でも、容姿でも、歌唱力でも、ダンスでも、トークでも、一つだって負けちゃいない。あの時チームBに移籍出来てさえいれば、今頃はAKBのセンター候補を渡辺麻友と競っていたかもしれないのに(号泣)。でもね、本当はかやに何が足りなかったのかは、はっきりと判っているんだよね。それは何度踏みにじられても、そのたびに立ち上がれるだけの心の強さ。かやはAKBで5年間、陽の当たらない所で戦い抜けるほどには、心が強くなかった。恐らくそこが、かやが現在の9期生に決定的に負けているところ。だからあそこで身を引かなかったとしても、結局は小野恵令奈と同じように、どこかで卒業という道を選ばざるを得なかったんだろうと思う。…でもまだ全てが終わったわけじゃない。「負け」は負けを認めるまでは「負け」じゃない。だってかやは、まだ一度だってAKBの舞台でユニット曲のセンターに選ばれた事すら無いんだぜ?。今後「チーム卒業生」さえ編成されれば、かやがそのメンバーの筆頭候補なのは間違いない。まだ前田敦子に一矢報いるチャンスだってまだ絶対にある筈。…そう信じたいんだけどね~

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズン(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

先日のブログに初コメントさせていただいたことを契機に、本シーズンは積極的にコメントしようかと思います。
渡辺麻友の件、もちろん気づいてはおらず、非常に興味深く拝読しました。
また、総論ほぼ正解、各論かなり不正解に関する分析もさすがです。
増え続ける新規参入層を考慮しないと、たしかに現行レギュレーションのままでは息詰まるばかりでしょう。
今後の展開を見守りたいところですね。

投稿: Fuzz | 2011.02.15 09:37

貴ブログは以前より拝見しておりましたが、最終シーズンということでコメントさせていただきます。
投票傾向に関する分析には、自分がぼんやりと感じていたことをズバリ書かれていて感服しました。
個人的には去年のような出来レース感(あくまで自分の主観です)が無くて純粋に楽しめるランキングだったと思っています。
次回に関しては、メンバー各人が自分の投票してもらいたい曲をアピールする機会があると良いと思っているのですが・・・

ところで前々から気になっていたのですが、何故「指原莉乃」だけ「指原」なんでしょう?

投稿: 大声新規 | 2011.02.15 10:22

渡辺さんはワロタでカップリングされるソロ楽曲の出来が良く、(渡辺さんの)新規はもちろん古くからのファンもどうしてもそっちに目が行きがちと言うジレンマがあります。
いざ投票しようと思ったときに新規は逡巡無くソロ楽曲が浮かび、古くからのファンは新規が選ぶ傾向を踏まえてソロ楽曲を選ぶ事でより上位に、より確実にランクインさせることを選ぶのでは無いでしょうか?
*更に厳密にはワロタ楽曲はほぼ渡辺さんメイン…そちらに流れる可能性もあり、単推しがソロとワロタ楽曲で一部食い合う部分も

公演曲も出来がいいのは重々承知していても、純粋な(渡辺さん新規より多いはずのAKB48自体の)新規がシングル曲を投票することは確実でその分(票が割れる事で)押し出される可能性がより高まっていく。
合理的に考えられる人は上記の理由で偏った傾向が見られるのでは無いかと。
結果を見てもそうとれる部分が見られます。
思い過しでしょうかね。('・ω・`)

投稿: 海霊 | 2011.02.15 11:29

私も今回は積極的にコメントさせて頂きます!!

かやのさん本当にきれいになっててびっくりしました。
今度金八先生にも出演されるそうで女優としても将来がすごく楽しみです。

渡辺麻友さんの曲が入ってなかったのは不思議だったのでなるほどと思いました。
渡り廊下走り隊の曲も少なかったし意外と低かったのは渡辺さんのファンの方しか投票してないんじゃないかとさえ思ってました。
多田さん、仲川さんはそれぞれセンター曲ありますし。
いつも疑問なのは篠田さんのファンの方はどの曲に投票されるんですかね。
総選挙では3位なのにリクエストアワーでは弱いですよね。不思議です。

あと個人的に浦野さんの天国野郎はうれしかったです!!(推しではないですが)

投稿: いし | 2011.02.15 11:47

今回も素晴らしい分析で楽しく読ませて頂きました。
個人的には、まゆゆもそうなんですが、前田敦子や板野友美や篠田麻里子等の人気メンバーも、持ち楽曲が上位に少なかった事も目につきましたら(>_<)
これは完全な推測なのですが、前田敦子&板野友美&篠田麻里子のファン層は、大島優子&柏木由紀&松井玲奈辺りのファン層に比べると、
ライトというか、比較的に熱狂的(濃い)なファン(ヲタ)層が少なく投票行動(大量な)に結びつかない、
又は個人のソロでの活動に対するファン層が存在して、その活動とAKBでの活動(メディアから入ったファンが多いと思われるので、特に現行、過去の公演曲の存在を知らない)がリンクしていないのも原因に有るのかな?と思いました!!

投稿: ★しん汰★ | 2011.02.15 18:55

もし投じるなら選抜総選挙なら渡辺麻友に入れてもAXならチームB曲。

という行動をとりましたが、オネストマン一票しか投じてない準ライト層なのでなんとも。
昨年10月からの新規で渡辺麻友の将来性に期待と思った私は漫画オタでした。

終了のお知らせについては楽しみにしていたお題がたくさんあっただけに残念です。
私自身も荒らしに加わり申し訳ありません。

投稿: A | 2011.02.15 21:32

少年王3号さんの論評、いつも楽しく読んでいます。

終了すると聞き、とっても残念ですが、
充電後、また戻ってきてくれると嬉しいです。

さて、私はまゆゆ推しなんですが、
今回のAKB全体のファンの増加率より、まゆゆファンの増加率が低いとの分析、
うすうす、感じていたのですが、
ここまで、的確に指摘されると、落ち込んでしまいます。

個人的には、まゆゆは、女性ファンの開拓のスピードが遅いんではないかと思います。
(職場の女性に聞いても、前田、大島、篠田、板野までは、知ってるけど、まゆゆを知っていた人は、
皆無でした。)

まゆゆはアニヲタなんで、おそらく、急激に女性新規ファンを増やすのは無理でしょう。
今後は、人気アニメの主題歌を歌うなどして、確実にアニヲタファンを取り込んでいくのがいいと思うのですが、
如何でしょうか。

投稿: およよん国対委員長 | 2011.02.15 22:06

まゆゆが人気ないというよりは、まゆゆの曲に良曲が無いが答えかと。
どれも投票したくなるにはいたらないです。

投稿: あー | 2011.02.16 16:41

初めて投稿します。
私は大声辺りからAKBに興味を持って好きになったファンです。
いつからか少年王様のブログでAKB48について色々な考察を拝見させて頂いておりました。毎回興味深い内容で更新を秘かに楽しみにしておりました。なので最終シリーズと聞き非常に残念です。

まりんごさんに関する討論を私は傍観しておりましたが、少年王様が本当に大変そうでしたね…。お疲れ様でした。
AKBも人気が拡大したのでアンチも今増えてますね〜(泣)

関係ありませんが、少年王様の影響か私も平嶋なっちゃんに目がいくようになりました(笑)

色々SKE論やメンバー個人に対する分析など楽しみにしてたので悲しいです…。
最終になってしまったのも自然の流れかなと思いますが、少年王様のペースでまた更新して頂けたら私は嬉しいです。

投稿: あひる | 2011.02.16 17:54

初日が一位になった年度が一番セットリスト100らしかったですね、
この曲がみれたときには涙が止まりませんでした。
今でもDVDをみると同じように涙が出ます。
去年から投票方法が変わってセットリスト物がはいずらくなっておまけにチケットもとれない、
デモ映画館は平和でした今年みたいに光り物を振り回す馬鹿はいませんでした。
スクリーンに余分な光が当たることのうっとうしさと、目の前を横切る光り物、
おまけに最終日はシングル祭りになることは去年の例でわかっていたのでパスしました。
来年はDVDが出るまで我慢しようかしら。
KⅡが新しいセットリストをひっさげて来るしNMBも当然参戦してくるとなると
ユニット曲のオンパレードでしょうね
私は全体曲がいいです。

グチをこぼすつもりはなかったのですが
終わってからなんとでもいうに甘えてしまいました。

投稿: RAGU | 2011.02.17 01:23

渡辺推しの人数の比率の低下については全く同感です。

実際私の職場でも、大島・前田・篠田・板野・高橋・小嶋・柏木までは認識できる人間はかなりいます。

でも、渡辺を知っているのは皆無です。

渡辺を識別出来る人は大抵が宮澤・河西・峯岸まで知っている層です。

やはり上位メンの中では個人仕事で苦戦している感がありますので、仕方ないかと。

しかし、将来の選抜を引っ張っていかなければならない立場なので、一層の奮起を促したいところですね。

このままでは次回選挙の順位は6位~9位くらいまで落ちるでしょう。

投稿: | 2011.02.17 03:50

初こめです。渡辺に関しては自分の高校ではうけがいいんですよね…。↓の方も職場での認知に関して述べてますし。学生ファンが多いという可能性もあるかもしれないです。

投稿: 脱け殻 | 2011.02.17 18:25

SKEについては、そもそも投票券がAKBCDの通常版にしか付いていないことを完全に失念されているとしか思えない予想でした。
AKBファン側は超ライト層や全国握手複数入手層もCD付属投票券から投票するのに対して、SKEファン側はせいぜいモバイルとわざわざ投票のために投票券を入手する数少ないコア層頼りです。
子供の票でのランクインもありえないですね。

まゆゆについては、渡り廊下に票が流れれば、公演曲はその分票が減るのは当然のことです。
ファンならこれに入れる!という曲が過度にばらけすぎているメンバーはAXの順位では不利になります。

AKB人気増加率とまゆゆ人気増加率にずれがあるのは誰が見ても明らかですが、これはそもそもテレビ露出量が少ないことが大きいでしょう。

投稿: 何故急にここまで? | 2011.02.17 20:24

まゆゆはマジすか2の出来不出来に関係なく選挙は難しくなっちゃいましたね
ファンの支持層から考えても今回のスキャンダルは致命的な気がする
これで次期エース候補は現在の所松井J一択になるのか…

投稿: | 2011.02.17 23:22

渡辺さん、やってしまいましたね…

これで選挙は厳しくなってしまいます。

おそらく良くても10位前後、下手をすれば20位くらいまで落ちるかも。

残念です。

投稿: | 2011.02.18 06:16

渡辺麻友はノースリーブスの煽りを食らった形だと思いますよ
まず、派生ユニットで売り上げが一番低いノースリーブス関連の曲があれだけランクインするのが妙
ノースリーブスの3人は今年のAXで全体の3分の1以上の曲に出演しましたからね
さらにそれに渡辺麻友(渡り廊下走り隊)関連の曲が同等に入ったとしたら、それこそ尾木祭りです
年功序列じゃないですが、ノースリーブスを出すために犠牲になったところも多々あると思います

投稿: | 2011.02.19 01:00

相変わらずメンバーの漢字間違いで説得力がなくなっているのが惜しいね

投稿: | 2011.02.19 04:03

確かに不注意だと思いますが誰しもやっちゃうことなので、「ネットでは誤変換はスルー」というのが趨勢かと

投稿: | 2011.02.19 16:45

渡辺麻友推しです

渡辺麻友のAXでの惨敗はファンの増加率が低い為なのももちろんありますが、
ソロ曲も多く、渡り廊下などもあって票が分散した結果が一番の原因だと思います
「このメンバーだったらこの曲に一点集中」みたいな決定的な曲も選びにくいし、
渡辺ファンがそれぞれ自分の好きな曲に入れた結果があの全滅に繋がったのだと

某スレではAX後に反省会が開かれていて
やはり各々勝手に好きな曲に入れた結果票が分散したのが原因という結論になってました

投稿: 美帆 | 2011.02.20 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50876359

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズン(その2):

« 新・私的AKB48論最終シーズン(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その3) »