« 新・私的AKB48論5th番外編(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その1) »

新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その1)

今回のお題は、「BICさんへのお返事」

 まず結論からですが、今回の10本程を持ちまして、筆者のAKBに関する文章の更新は全て終了とさせていただきます(サイトを閉鎖するわけではないので、文章自体はネット上に残しておくつもりですが、レス対応などは基本的に行えないと思います)。筆者は元々アイドル畑の人間では無いので、最初はAKBに関してもせいぜい半年位見たらとっとと別の所に行こうと思っていたのですが、AKB自体が真剣に面白かったのと、皆様からのレスが本当に温かかったので、このままAKBに骨を埋めた方が良いんだろうかと真剣に悩んだりもしました。でも今回、『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』(注:全てのモーニング娘ファンがまりんごの同類だと言っているわけではありません、念のため)と関わって心底厭になったのと、BICさんからも「今の調子で文章を書いていれば、また『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』による荒らし行為が行われる可能性が高い」という忠告(←そういうことですよね?)をいただいて、更新終了を決意しました。これ以上自分の発言に何一つ責任を取れないような連中と関わっても時間の無駄なので、アイドル業界からはすっぱり足を洗って、また何か別の物を探しに行ってみようと思います(筆者の分析では、AKBは今後5年以上は確実に大丈夫だと思いますし)。

 正直言って、ここまではアイドルファンの方達の印象は凄く良かったんですよね。以前アイドリングファンの方から抗議を頂いたことがあったのですが、みんな礼儀正しい方ばかりで、筆者も凄く勉強させてもらいました。しかし『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』は最低だったねえ。他の業界でも、ここまで酷いのには一度も会った事がありません。とにかく知識は全然無いし、言っていることは嘘ばっかりだし、自分の発言に何の責任も取らない所が凄い。普通に「あなたの言ってることは~ということだと思うんですが、本気で言っているんですか?」って書いただけで、逆上した振りをして荒らし行為を始めるか、話をすり替えるか(とにかくこれが多かったねえ)、徹底無視のどれかなんだもの。ここまでコミュニケーションを取れない(多分能力が無いんだねえ)なら、他人のブログにレスなんて書き込まなきゃいいのに。またこれは筆者の判断がまずかったのですが、以前お約束した文章に関しては『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』の揚げ足取りや荒らし行為に対応出来る所まで文章の精度を上げる時間と気力が尽きましたので(まりんご対応のせいです)、全て破棄させていただきます(具体的には「人物評:中西里奈」「人物評:山内鈴欄」「AKBメンバーは、一人ひとりだと本当に不細工なのか?」などはほぼ構成まで終わっていたのですが、残念です)。ごめんなさい。

>増田有華さんの名前をだすのをやめてもらいませんか?センター〜売上落とす(笑)の部分は、増田さんのセンターを現状を理解しながらも楽しみにしている、人間にとっては、この文章は耐えれません。

 深くお詫び致します。売り言葉に買い言葉で出た文言とはいえ、根拠が無く、かつ非常に失礼なものだったと思います。筆者の個人的な見解を言わせてもらえば、増田有華は非常に好きなメンバーの一人ですし、増田有華がAKBのセンターに立つことはエポックメイキングになりえる行為だとすら思っています。スターゲイザーに関してちまたで言われている噂が本当だとすれば、なかなか難しい立場に追い込まれたとは思いますが、ぜひ頑張ってほしいと願っています。

<以下BICさんへのお返事>
>不適切だと指摘されてそれが事実なら対応するのが当然なのです。
荒らしているのはまりんごさんだけでしょう?私はまりんごさん以外にも指摘された方がいると申しているでしょう?

>何回も記載しておりますが管理人さんの記載に対して他のグループを引き合いに出すのはよくないとの指摘があったのは事実です。
その方がすべてハロプロのファンかどうかは私の知るところではありませんが
その指摘が的を射ているものであるならそれに対してフォローを入れるべきだというのがおかしいことですか?

>私の言っているフォローというのはあの文中に一言、直接記載をされたハロプロへ対しての文言が含まれていればということなのです。
明文化という言葉を使いましたがその対象を明らかにしていただきたかったのです。
様々な方という表現にそれが含まれているといわれればそのとおりですし、反論もできませんが
私はそれが文章の中で名前を出した相手に対しての対応だと思うのです。

>私が対象としているのは今回の文章で管理人さんにいい印象を持っていない人たちなのです。
その方たちがまりんごさんに対応するから待てという管理人さんやあなたの言い分を考慮しますかということなのです。
おそらくこれからまりんごさんとのやり取りの中でハロプロのファンの方が目にすると不快に思われる記載があるでしょう。
すでに管理人さんはそういう記載をされておりますから。
待てといわれる中でそういう記載を目にすれば要らぬ刺激を与えるでしょう。
ですから先にご自身の非は認めそういった方々のわだかまりを取り除くことが必要なのではないですかと申しているのです。
どうか立ち位置を逆にしてみてください。そうすれば私のいっていることが少しは分かると思います。

--------------------------------
以下参考として、BICさんと『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』が槍玉に挙げた筆者の文章を再録しておきます。
<※>:(筆者が「モーニング娘は唄もダンスもトークも全てが中途半端に感じて興味が持てなかった」という主文の内容を受けて)せっかくこれだけの経験値の蓄積があるのだから、日本人でも「AKBの高橋・増田なんか全然格下だぜ」みたいなメンバーがいると、モー娘。も面白そうなんですけどね。

 BICさんが言う所の「ハロプロのファンの方が目にすると不快に思われる記載」というのは上記の<※>の文章なんですが、BICさんにはこれがそこまで問題のある文章に見えますか、本気で???。これって、単なる筆者の個人的な感想ですよね。モーニング娘ファンの方々というのは、単なる個人の感想を思想弾圧をするような連中ばかりなんでしょうか?。AKBの分析ブログの中のハロプロの悪口を粗捜しして、見つけたと称して「挑発行為だ!」と因縁をつけて荒らし行為を始めるまりんごと、それを擁護するモーニング娘ファンの方々のやり方は、はっきり言ってヤクザのやり口と何ら変わらないと筆者は考えます。その上ではっきりと言いますが、筆者は上記の発言(<※>の文章)に対して<<一切非を認めてもいませんし、今後も認めるつもりはありません>>。またこの文章に対する『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』の発言は全く的を射ていないというのが筆者の判断です。

 まず考えるべきなのは、筆者の文章はほとんど常に比較論だということです。前田敦子も持ち上げて大島優子を落とすこともあれば、渡り廊下を持ち上げてノースリーブスを落とすこともあれば、キングレコードを持ち上げてエイベックスを落とすこともあれば、SKEを持ち上げてAKBを落とすことも有ります。基本的にアイドルファンの方々はきちんと文章を読み解く能力のある方たちのようで、『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』に目を付けられるまでは<<一度も問題なんて起きたことは無かった>>んですよ(抗議は何度もいただきましたが、それを問題だと感じたことはほとんどありません)。平気で荒らし行為を行って恥じない連中なんて、『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』が初めてなんですよ。筆者の書いた文章に関しても、BICさんはハロプロファンなので<※>の文章だけが癇に障ったのでしょうが、実際にはもっときつい言い方をしている所なんて、ほかに幾らでもあります。それなのにこの文章に対して謝罪しろ、というのは筆者の書いた八割以上の文章に対して謝罪しろと言うのに等しく、要するにブログの内容を完全に否定する事とほぼ同義です。BICさんはそこまで判った上で上記の文章を書いていただいていますか?。

 また本来事実と異なる事を書こうが、創作物を書こうが自由な筈の個人ブログにおいて、謝罪が必要な状況なんてほとんど無い筈です。まして「僕は~が嫌いだ」というレベルの個人の感想に謝罪が必要なシチュエーションなんて、ほぼ有り得ないと言ってもいいでしょう。そのことをBICさんは理解出来ていますか?。筆者は独自の倫理観から、

1:特定個人に対する根拠の無い中傷行為や、行き過ぎた表現(根拠がある場合や、表現が許容範囲内であれば、謝罪の対象とは考えません)
2:致命的に重大な事実誤認(致命的でない物や小さな事実誤認に関しては、筆者の無知をさらすだけの行為だと思うので、特に謝罪の必要を感じません)

の2点に関しては謝罪や改定の対象にしていますが、それ以外に対してなぜ謝罪が必要なのか理解できません。もし説明できるということであれば、ぜひお願いします。

 BICさんが親切心からこれらの文章を書いていただいたのは伝わってきます。要するに『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』は日本語の通じないヤクザ同然の連中なので、きちんとお詫びをしないと何回でも荒らし行為をやられてしまうよ、ということですよね?。でも筆者はそういうのが大嫌いなんですよ!。何でAKBの分析ブログでまりんごみたいな連中に気を遣って、「モーニング娘ファンの方々は、御機嫌を悪くなさいませんでしたか?」とか「モーニング娘の皆様は本当にお唄が上手な方ばかりで、それに比べればAKBなんてゴミみたいなもんです」みたいな糞な文章を書かなきゃなんないんですか!!。そんな事を書く位なら、ここをモーニング娘攻撃ブログに変更するか(日本語の通じない連中相手にそんなことをしても時間の無駄なんでやらないけどね)、ブログ自体を閉鎖した方が100倍マシです。まあそんなわけで、更新を終了するんですけどね。

 最後にもう一つ、筆者が更新を終了する最大の理由を述べておきます。今まで筆者はモーニング娘に対して、(よく知らないなりに)それなりの敬意を感じてきたのですが、今回のまりんごとのやり取りで、もはやモーニング娘に対して憎悪と嫌悪感とおぞましさしか感じなくなりました。もう二度とモーニング娘に対する文章なんて読みたくも無いし、名前すら聞きたくありません。それが更新終了の最大の理由の一つです。確かにここは弱小ブログですが、最大で一日5000アクセス以上になることもあります。その人達の中には筆者同様に、「どうしてモーニング娘ファン(全員と言っているわけではありません)だけが、こんなにも頭がおかしいんだろう?」と思っている人は結構いると思いますし、実際にモーニング娘が嫌いになった人も結構いることでしょう。まりんごは、自分が何をしでかしたか、本当に理解できているのかね?。また今まで何でこんなに急激に右肩下がりにモーニング娘のCD売り上げが減少し続けているんだろうと漠然と思っていたのですが、まりんごの言動を見ていて合点が行きました。これだけ他のアイドルのブログに嘘八百や罵詈雑言を書きまくる奴がファン代表みたいな顔してりゃ、味方なんて誰も居なくなるわ。筆者だってAKBがモーニング娘と提携するという話になれば、力づくでも阻止したいと思うもん。もし知り合いにモーニング娘のファンになりたいという人がいたら、まりんごの書いた文書を見せて、「こんな奴の同類になりたくなければ、絶対に辞めておけ」と説教をしてやります。ネットマスコミのほぼ全社が「モー娘」という蔑称を使っているのも当然ですよね。きっとみんな『まりんごや、まりんごと同類のモーニング娘のファンの方々』に散々嫌な思いをさせられて、心底嫌いになったんじゃないでしょうか(筆者は今後モーニング娘について書く事は無いとは思いますが、もし書くことがあるとしたら蔑称であることは承知の上で、モー娘と表記することにします)。

 ハロプロは唯一スターダストとの業務提携だけは上手く行っている印象ですが、まりんごが「ももクロ」の応援ブログにここへ書き込んだのと同じ内容を、「AKB」という文字を「ももクロ」に変えただけで書き込みまくれば、怒り狂った「ももクロ」ファンの圧力で業務提携なんて消し飛ぶのは間違いありません。嘘だと思うなら、筆者がまりんごの名前で変わりにやってあげましょうか?(笑)。まりんごは「モーニング娘はCDなんて一枚も売れなくても、コンサートの収入だけで問題なく食っていける」(←正気か??)と言っている人なので、きっと自説を証明するためにモーニング娘のCDの売れ行きを落とそうと死に物狂いでがんばっているのでしょうね。そうだとすれば筆者もまりんごの夢が叶うように、心の底から祈っています。それにしてもななこをはじめ、モーニング娘ファンの方々は、よくもこんな奴に同調する気になるよね。せっかくここまでまりんごをかばったんだから、最後にまりんごが途中で投げ出した、まりんごの暴言の残骸である筆者の27の質問に、代わりに答えてみてもらえませんか?。

 感情的過ぎますかね?。筆者的にはそういう気持ちになるのがごく自然なことなんですけどね。次回からはいつもの内容に戻して最後までいきます。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th番外編(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その1) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

はじめてコメントさせていただきます。

1年ほど前に偶然このブログに出会い、少年王3号さんの深い分析と考察に感銘を受け、一番最初まで遡って拝読させていただき、その後も更新を楽しみにしていました。
主にAKB48の分析系のブログ(日々のアクセス数が数百単位の辺境ブログですが)を書いている者として、このような高い水準の記事を書きたいと思ってきました。

十数年来のアイドルファンとして、モーニング娘。についても平家みちよのオーディションの頃から知っている者としては、そもそも今回のような状況になってしまったことが残念ですし、これをきっかけに「私的AKB48論」が終わってしまうとは残念でしょうがありません
僕も常々、ブログの文面には気を遣っているつもりではありますが、少年王3号さんがおっしゃるとおり、あくまで「私的」ですから、そこを踏まえた上でのコミュニケーションをとりたいものですね

投稿: yuichi | 2011.02.13 13:43

2000年頃までは「子供がかわいい子をいじめてる」的な根底に愛がある感じだったのが、2001年頃から段々と単なる誹謗中傷に変わって行き、それが嫌になってまともな人は去って行きました。
タレントそのものの魅力もありましたが、ファンによる愛のある文章が色々なサイトで見られ、其処で生む共感がファンの輪を広げて行っていただけに上記は致命的だったと思います。
AKBなどに関しては、少年王様の様な書き手がもう少し増えたら良いなと思っていますが、0距離で会ってしまうという圧倒的なリアルが妄想する事を奪っているのかも知れません。
残念ですがお疲れ様でした。ありがとうございます。

投稿: ともぞう | 2011.02.13 16:35

こんにちわ。

少年王さんの文章好きです。
もっと読みたかったです。  

AKB48以外の記事でもおめにかかることはないのでしょうか。
本当に悲しいですが残りの記事楽しみにしてます☆

投稿: いし | 2011.02.13 17:39

こんにちわ。
少年王さんのサイトでAKB48の魅力を知った者してこれで終わりかと思うとさびしいです。

どうしてもファン目線は視野が狭く、こちらで見聞することでもっと広い視野を持たなければと思いました

ライフワークにこのブログを見る事がありますので、(楽しみにされてる方が少なくないと思います)

気が向きましたらアップしてください、よろしくお願いします。


投稿: h | 2011.02.13 17:58

今まで、このブログを楽しみに読ませて貰っていた身としては、今回のシリーズで更新を終了してしまうのは非常に残念ですが(x_x;)
コメント欄があの様な状況になってしまってまで、ブログを続ける事に嫌気がさすのも凄く共感できるので、名残惜しいですが仕方ないですね(ToT)
大変だとは思いますが、シリーズ終了まで楽しみに読ませてもらいますので、更新頑張って下さいm(_ _)m

投稿: ★しん汰★ | 2011.02.13 20:25

コメント欄があのような惨状になれば、たいていは閉鎖なり、転進を考えると思いますよ。

けれども、少年王3号さんの記事が読めなくなるのは残念ですね。

いままで、お疲れ様でした、そして、ありがとうございます。

投稿: アボタン | 2011.02.13 21:01

本当に残念でなりません。

それこそAKBが解散するその日までずっと書いてほしかったですし読みたかったです。

投稿: M | 2011.02.13 23:34

1年前くらいに少年王さんのある記事を読んで、ここまで鋭い切り口で論評しているブログがこのAKB界隈にあるものか、と非常に感銘を受け、以後愛読していた貴殿のブログが閉鎖してしまうのは非常に残念でありません。

そして個人的に今までモー娘。に関してはまあ好印象ではあったんですが、この一件以来評価は落ちることまで落ち、今では貴殿と全く同じ意見です。

本当に残念でなりませんが次の界隈でも鋭い切り口での素晴らしい論評で多くの人を愉しませてください。

投稿: タギ | 2011.02.14 00:25

>嘘だと思うなら、筆者がまりんごの名前で変わりにやってあげましょうか?(笑)。

そこまでおっしゃるなら是非やってみて下さい。
よろしくお願いします。

投稿: B | 2011.02.14 01:08

待ちに待った更新でしたが、ラストシリーズになるという事で本当に残念に思います。

まりんご含めたハロプロファンには憎悪しかないですね。

本当に残念ですが、最後まで楽しませて頂きます。
頑張って下さい。

投稿: おかっち | 2011.02.14 03:46

更新お疲れさまです。以前から書いているように少年王さんの記事を毎回楽しみにしていたので、今回が最終シーズンと知り大変残念でなりません。


>皆様からのレスが本当に温かかったので、このままAKBに骨を埋めた方が良いんだろうかと真剣に悩んだりもしました。

このブログのファンとしては本当にこのままAKBに骨を埋めて欲しいくらいです(笑)。少年王さんの記事は感服してしまう程の鋭い分析や,
「オイオイ」と突っ込みを入れたくなるような妄想だったり大変読み応えのあるものばかりでした。おかげでAKBを応援する楽しみが倍増ましたよ。他の読者の中にもそういう方は大勢いるんじゃないかな?


>筆者は元々アイドル畑の人間では無いので、最初はAKBに関してもせいぜい半年位見たらとっとと別の所に行こうと思っていたのですが、AKB自体が真剣に面白かった

僕は少年王さんの私的AKB論が今回のシーズンで終わりだとは信じません。

勿論、一連の騒動での少年王さんの肉体的・精神的なダメージはお察ししますし、一読者に過ぎない私が「辞めるな、続けろ」などと強制できるものでもないこともわかっています。

ただ、元々アイドルに興味のなかった少年王さんがAKBの魅力にとり憑かれ、それがきっかけで始め、せっかくここまで続いていたことが他のアイドル(というかそのヲタ)が大きな原因となって終了してしまうのが悔しくてならないですし、受け入れられないです(/_<)

形だけ終了ということにして気まぐれで良いんで心に余裕ができ、書きたくなったらまた記事を書いてください。僕は待ってます。
また、いつか少年王さんが思わず再び筆を取りたくなるような事をAKBが起こしてくれる事を祈っています。


ブログ主である少年王さんが終了を宣言してるのに諦めの悪いレスをしてゴメンなさい。自分で読み返してみても相当イタい文章ですね(苦笑)。ただ、それだけこのブログを楽しみにしていたということなので今回はどうかお許しください。
とりあえずこれからの残りの更新分の記事は一つ一つ大切に読ませていただきます。

投稿: DJRS | 2011.02.14 04:08

何から触れていいのか解りかねますが流れにのって、何でしたら「大人王3号」として不定期連載もしくはスポット連載を…。('・ω・`)

投稿: 海霊 | 2011.02.14 10:12

初めて書き込みさせていただきます。
今回の件、非常に残念ですし、直接の原因を作ったものについては、カスでクズだなあ、という感想しかありません。
そのうえで、少年王3号氏がこれまでに書かれてきた記事(そして、今後書かれる予定の記事)については、最大限のリスペクトを捧げたいと思います。
AKB48関連の事象に興味を持ち、ファンとなり、少なからずとも追いかけてきた直接のきっかけをくれたのは、貴殿の記事でした。
本当にありがとうございました。そして、お疲れさまでした。
折にふれて過去の記事にも幾度となく訪問させていただくことでしょうし、今後、書かれる予定の記事を心より楽しみにしています。

投稿: Fuzz | 2011.02.14 10:30

ナッチャンの物語を語り継いでゆく記事を見られなくなることはとても寂しいです、
ここまで冷静にAKB48プロジェクトについて語っているブログはありません、
AKB48初心者に対しての宣伝効果は絶大です。
AKB48憎しの連中から見て
ここをつぶせばまりんごとその一派は目的を果たしたことになります。

時間をおいてまた物語を語りついて行ってください。
とにかくお疲れ様でした。

投稿: RAGU | 2011.02.14 11:34

はじめまして。
少年王様のAKB考察、いつも楽しみにしている者です。
私自身はアイドルはあまり好きでは無いのですが、少年王様の文章からAKBの運営やビジネスモデルに深く興味を抱くようになりました。
AKBに関しては1年前からしか追いかけていないため、完全に少年王様からの受け売りです。
鋭い考察から妄想全開の記事まで、ほぼ全ての記事を2回は見返しています。(個人的には「AKBメンバーの兄弟姉妹の関係」が一番面白くて好きです。「『マジすか学園』に見る、ダンスと格闘技の相関関係について」の記事には感服いたしました。格闘技ネタとAKBを絡めつつ面白い文章に出来るのは少年王様しかいません!)

構想まで終わっているという文章も、実はとても楽しみにしているものばかりでしたので、連載終了のお知らせがとても残念でなりません。
しかし無理やり続けろ!という方がもっと嫌なので、また少年王様が語りたくて仕方ない!という状態になったらまた是非再開してください。とても喜びます(笑)
お疲れ様でした。ありがとうございました。

投稿: みや | 2011.02.14 13:29

遂に最終シーズンと言うことで居ても立ってもいられなくなったので初めてコメントさせていただきました。

実は私がAKBの本格的なファンになったのはこのブログがきっかけだったので、辞められてしまうのはとても悲しいです。
私は少年王3号さんとAKBに関して同じ様な考えを持っているが多くありました、ですが私の場合はとても抽象的なイメージとしてしか理解出来ていませんでした。このブログは私の中の抽象を具体化させてくれる唯一無二の存在でした。
私はこのブログに出会えたことをとても嬉しく思い、このブログを書いてくれた少年王3号様にとても感謝しています。


では、最終シーズンも少年王3号様らしい文章を期待しています。

投稿: 浦嶋 | 2011.02.14 13:48

初めてコメントさせていただきますが、前から折に触れて少年王さんの文章は読ませていただいていました。
推しはもちろんいますが、それ以上にAKB48という存在が非常に興味深く、その展開などについて考察されているのでとても面白かったです。

私が気になっているのは、
レギュラー・アンダーメンバー(特にアンダーメンバーは誰が、どういった基準で選ばれるのか)構想
ユニット(ソロも含む)の戦略と今後の展開
松井珠理奈のSKEとAKBにおける現状、そして将来
SKE48における木本花音の存在
第3回選抜総選挙
今後の選抜メンバー構想
などなど、挙げればキリがないのですが、こういった話題に関してもこの最終シーズンで読めるのか楽しみにしております。
現時点でこの48プロジェクトの総括をするのは極めて困難だと思うのですが、少年王さんのご意見を聴かせていただきたいです。

少年王さんの筆致から推測するに、非常に細やかな考察をされていると感じると共に、楽しんで書かれていたのではないかと思います。
特に「平嶋夏海の物語」(彼女の今後も気になるトピックですが)などではその想像力と観察力だけでなく、一種の愛情を感じました。
ですから、この私的AKB論をお止めになるのは大きな決断だったのでしょう。
そしてそれほどまでに少年王さんを追い込んだ方々には怒りを禁じえません。

しかし一度お決めになったことですし、心身共にお疲れになったと思うので、ゆっくりお休みください。
いつかまた、少年王さんのご意見を伺える機会があれば嬉しく思います。

長文失礼いたしました。

投稿: えも | 2011.02.14 15:46

心ない人達のせいで終わってしまうのは残念です。
正直、ここまで細かく分析している所を見るのは初めてでした。
いつかまた書いてもらえたらなあと思いました。

投稿: noir | 2011.02.14 15:55

いつもお疲れ様です。

最終章とのことで余りにもショックが大きく初めてコメントします。

私はAKBが少し気になりだした1年程前にこちらのブログに出会って以来、日々ブログの更新とAKBの快進撃を楽しみにしておりましたので大変残念でなりません。

私も少年王さん同様にモー娘。に対して悪い印象は無かったのですが、モー娘。ファンには幻滅しました。

最終章も楽しみにしていますので、頑張って下さい。

最後にお願いがあります。
少年王さんの文章自体(緻密な分析、愛情のこもった妄想)も非常に感銘をうけたので、アイドル以外の文章を執筆するときも、是非「少年王3号」さんのままでいてもらえないでしょうか?

勝手に探します…

投稿: つと | 2011.02.14 19:25

お疲れ様でした。
終わってしまうのは非常に残念ですが、いつか再開されることを願っております。

モー娘ファンの言動については、非常に不愉快な思いをされているでしょう。
これは私の推測ですが、ハロプロのヲタ連中はおそらく相当部分が高齢だと思います。
これだけメディアの露出が壊滅的な状況で、新規の若いファンが付く訳がありませんから。
全盛期のファンが時代の変化について行くことが出来ず、ジジイばかりになってしまっているのでしょう。

高齢な分頑固でしょうし、他人の意見など聞き入れることなどありえません。
誰だって老人の相手は疲れるものなので、最初から付き合うべきではなかったと思います。

投稿: 国道 | 2011.02.15 02:40

最終シーズンとのこと、残念です。おつかれさまでした。

ハロプロの件ごもっともですが、ここは他山の石としませんか。
AKBの名誉のために、他のアイドルの事を悪く言うのは避けるのが賢明と思います。

最終シーズン楽しませていただきます。

投稿: ARD50 | 2011.02.15 13:51

いつも楽しく読ませて頂いていました。


更新を楽しみにしておりましたので、このような事態に至った事が残念でなりません。


将来、少年王3号さんの気が向いた時に再開して頂ける事を期待しています。

投稿: フール | 2011.02.15 21:58

いつも楽しく読ませて頂いております。
今回の件で大変なご苦労をお察しいたします。

私としては、9期生(山内さんの等)の講評を楽しみにしてましたので、残念でなりません。

また管理人さんの気が向いた時にアップして頂ければ幸いです。

投稿: トシトシ | 2011.02.16 11:11

通りすがりの者だが某所の生歌スレ見てると相変わらずで胸くそ悪くなる
ハロオタの自己顕示欲が酷い…

投稿: CoCo | 2011.02.17 13:10

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/akb/1296513210/
こいつらか?

投稿: YUI | 2011.02.17 18:23


毎回楽しみにしていたので、
本当に、本当に残念です。

あの一件で、かなりの精神的負担があったことでしょう。

でも私は、やめてほしくないです。
あんな下らない人達のために
やめるなんてもったいなさすぎる。

更新ペースは問いません。
続けてほしい。
続けてください。

投稿: p-J | 2011.02.19 01:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50856330

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その1):

« 新・私的AKB48論5th番外編(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その1) »