« 新・私的AKB48論最終シーズン(その5) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その3) »

新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その2)

今回のお題は、「皆様へのお返事(その1)」

 やれて、後一回くらいかなあ。とりあえず行ってみます。全てに対してお答えできないことを、あらかじめお詫びしておきます。

>AKB48プロジェクト別名アイドル虎の穴を体現しているのはSKE48研究生公演です、
降格人事の4名のがんばりはまさしく虎の穴です。
彼女たちは全然落ち込んではいません。

 KⅡ公演が完全に止まっている現状では、公演に対して前向きな気持ちがあれば回数が多く出来る研究生公演の方が良いという考え方もあるかもしれませんね。しかもこれらの公演にカメラが入っていれば(実際の所は知りませんが)、インターネット配信もされるのですから尚更です。やっぱり全体的にSKEの士気は上がっているようですね。

>筆者様は確か加弥乃と珠理奈推しでしたよね。

 …一応現在は平島夏海単押しなんですが、全く最近のブログには反映されていませんね(泣)。なっちゃんも受験で完全に動きが止まってしまっている印象なので、あんまり書くこともないんですよね。ここまで合否の発表が無いということは、国公立狙いなのかな?

>最後の章でもあえて2点突っ込みますよ!

 まあそのためのコメ欄なんで(笑)

>(新生Kの公演回数が少ないという筆者の指摘に対して)まず、SKEも公演って少ないんですよ。今月のチームSは3回の予定です。振りやっと思い出すのはSでも同じこと<ひろさん>

 根本的なスタンスが筆者とは異なっていると思うんですよね。まず筆者の考えとしてSと新生Kでは、基本的にSの方がパフォーマンスのレベルは高いという前提です。それは2年以上チームを組んできたSと、急造チームで公演回数が50回にも満たない新生Kではコンビネーションに決定的な差があるのは当然だと思うんですよね。だから新生KはSを迎撃するためにはSの数倍の公演回数をこなす必要があったと考えます。そしてそれが全く出来ていないのが現状だということです。

>大方のファンはSKEやNMB(AKB)にパフォーマンスなんか求めていない。
アイドルはかわいい子、おもしろい子や頑張ってる子を求められるんですよ結局は…。
パフォーマンスが凄いから好きになるって層はかなり限られます。<ひろさん>

 筆者はそうは考えません。もしそれが事実ならば、AKBは「AKBINGO」の放送開始直後からブレイクしていた筈です。でも実際にブレイクしたのは公演のインターネット配信を開始した後ですよね?。48プロジェクトにとって、キャラクターとパフォーマンスは両輪なんだと思いますよ。

>それに紅白とか、そんなのいまのSKEのCD販売枚数からすれば、もうパフォーマンスどうこうは関係ない時期に入ってることは明白でしょう?<何故急にここまで?さん>

 なぜ「もうパフォーマンスどうこうは関係ない」のでしょうか?。何が「明白」なんでしょうか?。AKBはCDが100万枚売れたからパフォーマンスはどうでもよくて、横山由衣がダンスをがんばって正規に昇格したこともどうでも良いことなんですか?。あなたのそんな考えは、今もダンスをがんばっている48プロジェクト全メンバーに対して失礼ではないですか??。それに今回の文章は総選挙を対象にしたものであり、基本的にアウェーの状況でSKEメンバーが総選挙に勝つためにキャラクターとパフォーマンスを磨くこと以外に、一体何が出来るというのでしょうか?。それとも何をどうやってもSKEメンバーに勝ち目は無いという認識なのでしょうか?。何を言いたいのか全く判りません。自分では理解出来ているのですか?。説明してください。

>票の奪い合いがダンススキル勝負によって行われたことなんて、今まで一度もありませんし、今後もありませんよ!<何故急にここまで?さん>

 48プロジェクトは常に新しい局面を迎え続けているのですが、あなたは過去にしか眼が行かないようですね。歴史と露出に劣るSKEは、AKBに対して“ダンススキルでAKBを上回ること”をキャラを立てる方法として選びました。しかしそのことを一般の人達に伝える方法が無かったために今までSKEはチームとしてのキャラが立ち難かったというのが筆者の考えです。しかし今回公演のインターネット配信が始まることで初めてSKE本来のキャラを前面に出すことが可能になりました。つまりAKB総選挙がダンスを含めたパフォーマンス勝負に成り得るのは<<今回が初めて>>なんですよ。過去なんて一切関係有りません。そしてダンススキルをキャラクターとして前面に出そうとしているのは、恐らくNMBも一緒です。従ってSKEとNMBは、チームとしてのキャラが被るんですよ。だから<<ダンススキルがどちらが上か?>>はAKB総選挙の争点として十分成立すると言うのが筆者の見解です。何かおかしいですか?

>ノイエなんですがギターとか持たせてガールズロック路線(スキャンダルみたいな)にしたらいいのになぁ<ネジっこさん>

 確かに大島優子のキャラを生かそうとしたら、ガールズロック路線は全然有りでしょうね。でもAKB的には<スキャンダル>迎撃よりも、<ももクロ>迎撃を優先したんじゃないでしょうか。AKB選抜が生歌偏重主義者のせいでダンスがゆるくなっていく可能性が高いとすれば、ノットイエットにはその部分を補完することが求められているのかもしれませんね。

>3年前の○○ー○が受賞したのはそれなりに根拠があり、妥当だともとれますよ<DLRSさん>

 確かにあの年は他にライバルもいなかった気もしますしね。でも単純にCDの売り上げ枚数などで受賞が決まっているわけではないようなので、“他に新人賞を持っていかれなかった”というだけでも何らかの政治力が働いた可能性もあります。…難しいですね。

>外部ユニットに関してですがフレンチキスよりノースリーブスの方が危なくないですか?あの3人なら枚数的にもっと売り上げていてもおかしくないと思うんですが<DLRSさん>

 ノースリーブスは過去に渡り廊下にCD売り上げ枚数でほとんど勝った事が無いというのは何度か取り上げたことがありましたが、常に僅差なんですよね。多分渡り廊下に倣って、次回は10万枚は超えてくるんじゃないでしょうか。いずれにしても、ノースリーブスの解散は時間の問題だと思いますが(高橋みなみのソロデビューとの兼ね合いを考えるとね)。

>この画像見たら納得がいきました
http://image02.w.livedoor.jp/y/n/yakinikujiken/22c99f5451a6ff02.jpg
これも事務所の営業努力の一貫でしょう<カゲさん>

 これはまた分かり易くて良いですね~(爆)。でもまあ筆者も「飢え死にする位なら盗んででも生き残るべき」と言っている人間なので、こうしたやり方を頭から否定する気は有りません。…ただ相当時代錯誤だとは思うけどね。

>いやいや、フレンチ・キスよりもむしろ渡り廊下走り隊7の方がプロモーション費用かけてますよw<名無しさん>

 確かに筆者的にも100%の確信は無いのですが、フレンチキスは駅の無料配布誌など基本的にAKBとは今までほとんど関係なかった雑誌に表紙やグラビアを載せたり、テレビ番組にスポット出演で相当出てましたよね。あれは相当金がかかっていると思うんだけどなあ。

>http://ameblo.jp/forzaracing/entry-10805801596.html
支配人すらこんなことを言ってる…
どう思いますか?<CoCoさん>

 まあ支配人には大きな決定権は無さそうなので、言葉を濁すしか無かったんでしょうね。つーか、こういう問題って、支配人に聞いてもどうしようもない気がするんですけど(笑)。実情としてはダンスをゆるくして生歌にするか、全体的な<ショーとしての完成度>を優先するか、上層部もゆれてるんじゃないでしょうか。

>次回に関しては、メンバー各人が自分の投票してもらいたい曲をアピールする機会があると良いと思っているのですが・・・<大声新規さん>

 あったんですよ。筆者が新・私的AKB48論(その2)「企画書『メンバー提案型コンサート』」を書いた直後に、実際にメンバーに自分が踊りたい曲のアンケートを取った結果をコンサートDVDのおまけとして付けてくれた事がありました。結果は…ボロボロでしたね(爆)。ほとんど全員がバラバラのことを言っていて、収束なんてしやしない(笑)。しかも河西智美に至っては「大声ダイヤモンド」とか言っているんですから、どうにもなりませんよね。なかなか難しいもんです。

>ところで前々から気になっていたのですが、何故「指原莉乃」だけ「指原」なんでしょう?<大声新規さん>

 やっぱり気になりますか(笑)。あと他にフルネームで表記していないのはなっちゃんとかや位か。書く回数が多いからかと思ってあんまり意識した事がなかったけど、指原は筆者にとって三押し位なのかな?

あと一回、続きます。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズン(その5) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

プロモーションで雑誌に載るのはほぼノーギャラですから、ほとんど費用はかかりません
費用がかかるのはCMやイベントなどです
確かに今回渡り廊下走り隊7は、セブンイレブンやデニーズなんかと組んでいつになくプロモーションに
お金をかけた感がありますね
結果として売り上げが伸びたので成功だったのではないでしょうか

投稿: | 2011.02.20 18:20

 なっちゃんも受験で完全に動きが止まってしまっているといことですが、ファンの間では高校卒業してからは芸能界一本で頑張っていく説のほうが有力ですよ。
 握手会でかなりの人が大学に行くのかを聞いたようですがどれも微妙な反応だったようですし、まずセンター試験すら受けていないんでね。

 とするとあとはこの三年間学業で拘束されつづけてきた見返りにブレイクして欲しいと願うのみなのですが、まずは秋PやAKBINGOの毛利Pや週刊AKBの後藤Pによく(高校で出演できなかったけど能力・経験はありますよということを)理解してもらうことじゃないかと。尾木社長はよく理解していると思うのでこれから舞台の仕事などを取ってきてくれる(と願っていますが)としてもやはりテレビに出ないとどうにもならないので。

投稿: | 2011.02.20 21:08

>プロモーションで雑誌に載るのはほぼノーギャラですから、ほとんど費用はかかりません<名無しさん>

 パブリシティは一番金がかかると言うのが筆者の認識なんですが、確証があるわけではないのでここまでにします。

>確かに今回渡り廊下走り隊7は、セブンイレブンやデニーズなんかと組んでいつになくプロモーションにお金をかけた感がありますね、<名無しさん>

 逆にタイアップは一番金のかからないプロモーションだと思っていたのですが、あれって渡り廊下が金を払ってセブンイレブンにポスターとか貼っていたんですか?。どうも逆な気がするんですけど…

>なっちゃんも受験で完全に動きが止まってしまっているといことですが、ファンの間では高校卒業してからは芸能界一本で頑張っていく説のほうが有力ですよ
握手会でかなりの人が大学に行くのかを聞いたようですがどれも微妙な反応だったようですし、まずセンター試験すら受けていないんでね。

 がびーん、そーだったんだー。…でもそうだとすると、この半年位でとっくに色々な事を始めてなきゃいけなかったよね。この動き出しの遅さが致命傷にならなきゃいいけど。

投稿: 少年王3号 | 2011.02.20 21:42

そうことなら納得できますね!生歌じゃなくても僕はかまわんのですけどね。ガールズロック路線なら楽器もひいてる真似でもいいと思うし。ネットで昔のアイドルの他の歌手とデュエットしたり、カバーしてる動画を見てるとめっちゃ楽しい気分になれるから、生歌で歌う実力がある方が絶対に良いに決まってます。が、昔のアイドルの振りは、ただ揺れてるだけとか手の動きだけだから、比べるのはムチャなんだよね。アンチの人はそこらへんも理解してあげてほしいよね。

投稿: ネジっこ | 2011.02.20 22:44

横からですみません。
プロモーション費用の件ですが、見方によって大分変わると思います。
少年王さんはAKB(運営・事務所)側から見た予算であり、名無しさんはスポンサーが払う分も含めた総予算を見ているんだと思います。
主文における少年王さんの見方は当然前者であり、あくまで運営・事務所がどれだけ力を入れているかという比較になっているんですよね。

投稿: 大声新規 | 2011.02.21 00:37

連投ですみません。追伸で書こうと思ったことだけ書いて投稿してしまいました。

少年王さんお忙しい中ご回答ありがとうございました。
>あったんですよ。筆者が新・私的AKB48論(その2)「企画書『メンバー提案型コンサート』」を書いた直後に、実際にメンバーに自分が踊りたい曲のアンケートを取った結果をコンサートDVDのおまけとして付けてくれた事がありました。結果は…ボロボロでしたね(爆)。ほとんど全員がバラバラのことを言っていて、収束なんてしやしない(笑)。しかも河西智美に至っては「大声ダイヤモンド」とか言っているんですから、どうにもなりませんよね。なかなか難しいもんです。

なるほどです。
自分は直接は見ていないのですが、一説によると指原莉乃は投票期間中の握手会で(当然投票券を持っている)ファンに「ナターシャにお願いします」と言いまくっていたそうです。それが今回のユニット最上位の快挙の要因だと思われるのですがどうでしょう?

投稿: 大声新規 | 2011.02.21 00:46

えっ、加弥乃推しは辞めたのでしょうか。

てっきり今も応援していてくれてるものだとばっかり。

自分が相変わらず加弥乃を忘れることが出来ない(笑)もので、筆者様も同じかと思い込んでいました…

投稿: こくどう140号 | 2011.02.21 05:35

>筆者はそうは考えません。
>もしそれが事実ならば、AKBは「AKBINGO」の放送開始直後からブレイクしていた筈です。
深夜放送の冠番組は"漢方薬"でしょう。別に電通の方の言い分を丸呑みするわけではありませんが。

>実際にブレイクしたのは公演のインターネット配信を開始した後ですよね?
AKB1じ59ふん(東京限定深夜2時)が1月、インターネット配信開始が10月、BINGO(非東京限定深夜12時)が10月
ですよね? 時系列ちゃんと頭に入れて会話なさってますか?
そもそも他の出来事が沢山ある中で一つの事象のタイミングだけじゃ全く因果関係の説明になりません。


>>それに紅白とか、そんなのいまのSKEのCD販売枚数からすれば、もうパフォーマンスどうこうは関係ない時期に入ってることは明白でしょう?
>今もダンスをがんばっている48プロジェクト全メンバーに対して失礼ではないですか?
その文は明記されているように紅白の話ですよ。文章読めないんですかね。
SKEが紅白に出られないのはパフォーマンスが足りないからじゃないことくらい、お分かりになるでしょう?
もしかして、AKBが早くから紅白に出られたのはパフォーマンスが良かったからだなんて勘違いしてませんよね?

><<ダンススキルがどちらが上か?>>はAKB総選挙の争点として十分成立すると言うのが筆者の見解です。何かおかしいですか?
はい、おかしいです。
>SKEはチームとしてのキャラが立ち難かったというのが筆者の考えです
そもそもAKBもチームとしてのキャラなんて全く立っていません

投稿: 何故急にここまで? | 2011.02.21 07:55

見解に対しておかしいというのは当たり前なんだよね。皆が同じ考え方しているわけではないから。
少年王さんが示しているのは、筆者自身がこのような展開をすれば今後こういう形で実現していけるだろうという話。

根本主張は、
存在を広くマーケットに知らしめる方法が確立されたことによって、ファンの増加が加速する
但し、完璧にAKBと同レベルもしくは容姿等でそれ以下であった場合、SKEの意味がない。(既にAKBがあるから)
そのためにAKB以上の努力が認められるようパフォーマンスで勝負することが大切

何故急にここまで?さんがまるで理解していないのはここ。
‐そもそもAKBもチームとしてのキャラなんて全く立っていません
そうではなくて、AKBがあるからSKEって何なの?っていうものです。
AKBはAKBで勝負すればよかったけれど、SKEはAKBとの差、もしくは違いを埋める何かが必要になる。

ポテトチップスで考えれば、カルビーのポテチとその他のメーカーの同種のポテチが並んでいたら、
カルビーを多くの方が選択するでしょう。となると、その他のメーカーは斬新さやもしくは特別感を重視した
ポテチを投入したりする。
宣伝費用は先行が受け持ってくれているので、その違いや高さ・安さなどが商品のウリになっていくわけですね。

ところで、
‐AKB1じ59ふん(東京限定深夜2時)が1月、インターネット配信開始が10月、BINGO(非東京限定深夜12時)が10月

10月22日「大声ダイヤモンド」リリース

これで少年王さんの持論をどのように覆したいのでしょうか・・・?
正直別のものがある、因果関係はないという説明には不十分な気もします。
確かにプロモーション費用等の諸問題を一つの記事では追っていないものもあります。ただし、それを追求するなら
ご自分の見解を裏づけが取れる形でしっかりと記入すべきではありませんか?

投稿: A | 2011.02.21 10:33

返答ありがとうございます。
支配人に聞いてもしょうがないとありますが支配人にしか聞けなかったのではないでしょうか。
他に意見を送る所がなさそうですし。
Mステからツイッターで口パク云々が批判されていました。
これについてはどうお考えですか?

投稿: CoCo | 2011.02.21 13:04

>CoCoさん
そのことに関しては、AKB48論5th(23)と(24)に書かれていますよ。
後、ある意味それがきっかけでまりんごという輩が出てきてしまったので、口パク云々に関しては少年王さんは今後触れないかと思いますので。

投稿: | 2011.02.22 20:41

そうでしたか
教えてくださってありがとうございます

投稿: CoCo | 2011.02.24 00:37

>Aさん
分かってないですね。
SKEとAKBではメンバーの方向性が既に大きく違います。
そんなことは大前提の上で、さらにダンスなどのスキル上のチームキャラクタ性を前面に出す意味があるのかどうかという話でしょう?

はっきりいって、スキルキャラクタをプロモーション上前面に出すのはマイナス要素しかありません。
なぜなら、それを対外的にやって意味があるのはスキルの専門職レベルに達している場合や、同様の競合が生まれる可能性が低い場合だけなのです。

そして最も根本的な話として、SKEが各種メディア番組になかなか出られないのはパフォーマンスの問題でなく
単なる事務所・レコード会社の問題、および秋元康氏の方針のためです。

>正直別のものがある、因果関係はないという説明には不十分な気もします。
因果関係が無いという証明(笑) 少しは論理というものを学んでください。
一般には、因果関係は「"無い"の直接的証明」で否定するのではなく、因果関係を主張するには困難という反駁で十分なのですが。

投稿: 何故急にここまで? | 2011.02.26 21:50

>SKEとAKBではメンバーの方向性が既に大きく違います。
そんなことは大前提の上で、さらにダンスなどのスキル上のチームキャラクタ性を前面に出す意味があるのかどうかという話でしょう?

土台になっているのが少年王さんの記事なので、あまり私自身の意見は話したくはないのですが、
記事を読んでいる限り、「一般の人」(今後増えていくファン層、ターゲット層)にとってAKBとSKEの違いは現在明確ではないと読み取れました。
そして、そのように私も感じているからこその意見です。
例えば、紅白で後ろのバックダンサーがSKE・NMBだった。これを気にした一般の人ってどれぐらいいますかね?

>正直別のものがある、因果関係はないという説明には不十分な気もします。
因果関係が無いという証明(笑) 少しは論理というものを学んでください。
一般には、因果関係は「"無い"の直接的証明」で否定するのではなく、因果関係を主張するには困難という反駁で十分なのですが。

因果関係がない証明はいらないです。私たちが得られる情報だけではわかりませんから。そうではなく、少年王さんが前提とした書かれた意見は
あなたの書いた番組時系列を前提としているにも関わらず、あなたの結論は

>ですよね? 時系列ちゃんと頭に入れて会話なさってますか?
そもそも他の出来事が沢山ある中で一つの事象のタイミングだけじゃ全く因果関係の説明になりません。

どういうことですか?少年王さんに賛同しているのでしょうか?

投稿: A | 2011.02.27 16:29

>「一般の人」(今後増えていくファン層、ターゲット層)にとってAKBとSKEの違いは現在明確ではないと読み取れました。
>例えば、紅白で後ろのバックダンサーがSKE・NMBだった。これを気にした一般の人ってどれぐらいいますかね?
それはカラーの問題以前の、露出量の圧倒的な違いの問題でしょう。

>少年王さんが前提とした書かれた意見はあなたの書いた番組時系列を前提としているにも関わらず
いや、違ったでしょう。

>ですよね? 時系列ちゃんと頭に入れて会話なさってますか?
が時系列の指摘で、

>そもそも他の出来事が沢山ある中で一つの事象のタイミングだけじゃ全く因果関係の説明になりません。
こちらは頭にあるように「そもそも」論で、時系列を並べてたまたま時期が一致しているだけでは何の説明にもならない、ということです。

少年王さんは、時系列も間違っているし、時系列からの論理的発展の思考も間違っているのです。

投稿: 何故急にここまで? | 2011.03.02 22:58

分かりました。これ以上はここでやり取りしても余り意味がなさそうです。

文章の論理を云々する場合、むしろ間違っているのが当たり前と捉えるかどうかが
(人が有限の存在であるがゆえに)
何故急にここまで?さんと私の立場の違いかと思います。
それを理解していただければもう少し有意な議論になるかと思いましたが、
結論ありきの論理という風に読まれているのであれば、それも一つの見方でしょう。
売り言葉と買い言葉になってしまった以上、お二人の妥協も覚束ない
結果に終わるのは理解できますので、非常に残念です。

投稿: A | 2011.03.03 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50922637

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その2):

« 新・私的AKB48論最終シーズン(その5) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その3) »