« 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その3) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その6)(ラスト3) »

新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その4)

今回のお題は、「皆様へのお返事(その3)」

>また、チームEについてはどんな印象をお持ちでしょうか<Fuzzさん>

 チームEの公演をまだ生で見た事が無いのですが、とりあえず思うのは立ち上げ時期がNMBと完全に被ってしまったために、ほとんど話題性が無いまま立ち上がってしまったのは本当にかわいそうでした。せめてあと半年早く立ち上がっていれば。ただ逆にSKEでここまで運営に推されることなく立ち上がったのはチームEだけであることを考えると、
本当の意味で劇場ヲタに、「チームEは俺が育てた!」という意識を持って貰える、初めてのチームになるかもしれません。というか、絶対にそこを目指す必要が有ります。かつての初代Bのようにテレビにはほとんど出る事が無くても、劇場ヲタに愛されて、セットリストベスト30では初代B同様に「初日」を一位で踊る、それがチームEの当面の目標だと考えます。そのためには初代Bのなっちゃんのように、「チームEは経験が少ないので、空いている日は全部公演をやらせてください!」位の事は絶対に言う必要があります。もし何の危機感もなく、公演頻度も他のチームと変わらないというのなら、…正直チームEは駄目なんじゃないでしょうか。

>1、横山由衣さんに関してどのように考察されますか?私はまゆゆじゅりを差し置いて時期センター候補と思い込んでいます<giacominiさん>

 長所はたくさんあると思うんで、今回は短所だけを挙げます。まず年齢的に厳しい。前田敦子・板野友美と一つしか変わらないということは、ほぼハンディ無しで正面突破を図る必要があります。そしてそのための武器が決定的に足りていないと筆者は考えます。前田敦子の演技力・板野友美のダンスに比べると、横山由衣にはまだそこまでのものが無い。また芸を磨くための時間も限られている。ぐずぐずしていると、すぐに卒業圧力がかかる年齢になってしまいます。今すぐにでも“何を”を見つけ、“どれだけ”の部分を磨いていかないと確実に間に合いません。まだキャラも立ちきっていないと思うんだよねえ。また同世代の峯岸・指原というしゃべりの達人を相手に競うためには、MCを徹底的に鍛えていく必要がありますが、この意識もまだ全然低い。現時点でも選抜に入る力量はあると思いますが、フロントラインは正直きついでしょう。まあ「不言実行」「努力と根性」というAKBの気風を体現している存在だとは思うんで、非常に大きな期待を持ってはいるんですが。

>2、私の嫁である平嶋なっちゃんの今後について<giacominiさん>

 相当危機感を持っています。このままいけば次の総選挙はアンダーガールズも危ないのではないでしょうか。特に危険なのは、なっちゃんが未だに新生チームBに確たる居場所を見つけていないように感じることです。元々テレビの露出の多い人では無いので、劇場でも爪あとを残せないとすると、アピールの場はほぼありません(渡り廊下も人数増えちゃったしねえ)。後から追ってくる研究生やSKEを振り切れないんじゃないでしょうか。あと話題性と言えば、前回の総選挙で宣言したダイエット位か。ただ基本的に頭の良い娘なんで、ここに書いたことなんて百も承知だと思います。なっちゃんにとっても、ここから3ヶ月が正念場だね。…尾木が何か新展開を考えていてくれれば良いんだけど。

>最近ではフレキスの影が薄く感じるのは僕だけでしょうか<ケケケさん>

 まあ売り出し期間が終わったんでしょうがないとも言えるんだけど、エイベックスは悪い意味で何をしでかすか判らない怖さがあるんで、ちょっと心配ではあります。

>さて、(SKEの)「CD売り上げ枚数」ですが、正直、20万枚でも売れすぎな気が・・・<minminさん>

でも「1234ヨロシク!」はもう16万枚超えましたよ?。一応それなりにAKBのCD売り上げ増加を当ててきた筆者の感覚では、30万枚前後の攻防になるんじゃないかと想定しています(一週間で、とは言いませんが)。だからAKB総選挙もSKE枠が25%(CDもAKB120万枚に対して、SKE30万枚なんで)と見ているんだけどね。まあSKE運営に問題があるのは今に始まった事じゃないんですが(やっぱりSKEのポテンシャルの高さを目の当たりにしちゃうと、冷静な判断が出来なくなっちゃうのかね)、実際全国握手会が本当な気もしますし。

>実は毎回前作を初動で超えています。期待も込めて初動20万通算30万というところですかね。本当はもうちょっと期待していますが…。<名無しさん>

 良い感じじゃないでしょうか。

>むしろ今年中にNMBに追い抜かれるのではないかくらい危機感を持っています。
湯浅さんは「危機感はない」そうですが。<RXさん>

 いただいたレスの内容は、全てその通りだと思います。鋭い考察に感服いたしました。特にDMMに関しては、試験放送なんで本番ではもう少し何とかなるのかなと思っていたのですが、どうやら甘そうですね。激ヤバです、マジで。ただ筆者はSKEの将来を楽観視しているというよりは、これだけ好条件が重なっている状況で<<今回の総選挙でこけたら、SKEは本当に危ないんじゃないの?>>位の気持ちなんですよね。だって来年の総選挙では、恐らくNMBの方が条件が良くなっていると思うんで。…本当にSKEは、この運営の無能さだけは、どうにかならないのかね???

>松井玲奈のこれからも気になります。現在の人気や年齢の事を考えると遅くとも来年までには何かしら次のステップに進ませてあげるべきなんじゃないでしょうか。<DJRSさん>

 本当にその通りです。AKBのメディア選抜の連中はなんだかんだ言ってしっかりキャリアを積んでいるんだけど、同じ年齢の松井玲奈だけはほとんどキャリアを積めていないんだよねえ(中学生日記位?)。SKEの中で人気があるとか、本当にどうでもいい話なんだよね。…やっぱ京楽が金儲けのためには、松井玲奈は人気が落ちるまでSKEに完全拘束というスタンスなんだろうか。何とか映画でも、ドラマでも、舞台でもいいから、きちんとキャリアを積ませてあげたい。そうでないと、「まさかこのタイミングで???」という所で卒業を宣言しちゃう可能性だって捨てきれないし。ぶっちゃけ、引き抜きの話は何件も来てると思うしね。

>峯岸生徒会長や、矢場久根最上級生になる亜美菜には、お鉢が回って来ますかね(;^_^A<やどんさん>

 当然来るでしょうね。特に峰岸みなみは売り出し時期に入ったと思うので、「もしドラ」に続いて準主役級の活躍を見せてくれるかもしれません。…佐藤亜美菜は何とも言えませんが(笑)。

>mixiのコミュ人数の伸び率を見ていると、AKBとSKEの知名度の格差がどんどん開いているのが気になりますね
全く伸びない珠理奈に、1万人から頭打ちの玲奈、TOP2人がこうだと今年の選挙がとても心配です

 選挙は得票数というよりは、得票比率が重要だとは思うのですが、なかなか厳しい状況なのは事実ですね。ただ現時点では<<SKEの知名度が伸びる>>要素は全く無いので、仕方が無いのかなとは思いますが。要はあと3ヶ月で“知名度の比率”がどこまで縮まるのかということですが、…DMMどうなっちゃうんだろ(泣)

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その3) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その6)(ラスト3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

いつおわるか、いつおわるかとハラハラしながら読んでおります。

せめて「たかみなについていきます」が終わって、

結果が落ち着いてから、今後の展望を述べて大団円を迎えて欲しいと、

勝手ながら願っています。

ブログをやめると聞いて「もったいないな」と最初は思いましたが、

心無い御仁は執拗です。奴か否かなぞこの際関係ありません。

私も文章を書く身として、この手の困ったチャンが現れて、

まともにいつも通りの文章をかけと言われても難しいでしょう。

昔から読んでいる者として、心配していたのは、

最近の管理人さんの語気が荒んでいた事です。

ギャラでも発生すれば割り切れる話ですがそれもありませんしね。

正直終わらせるのも無理はありません。

このシーズンが終わられたら、ゆっくり休んでください。

今まで本当にありがとう。お疲れさまでした。

でも、足を洗うなんておっしゃらずに、

これからも平嶋さんや古川さんやJPN48を眺めて、

ふつふつと何かが沸き上ったら、

また文章をお寄せ戴けませんか。

その時、馬鹿は無視という事で。

投稿: とも | 2011.02.22 08:27

いつも読ませていただいてます。珠理奈について、SKEについての考察には非常に興味をそそられ、色んな事を考えさせていただけるきっかけとなっています。
これだけ真摯に書かれておられるので、当然、噛みついてくる連中や狂信者からの反発はあると思いますが、基本、こういう記事は表に出す時点で書き捨てる物で、訳のわからないコメに返信する時間も非常に無駄というか、その時間、また考察し、新しい文章を書く方がよくないでしょうか。
秋元Pの戦略はハロプロを超える事だと思います。おニャン子で、それ以降で出来なかった事、忸怩たる思いをこのチャンスに、彼にとっても最後の大きな勝負だと思います。となると、相手は日本のような狭いマーケットではなく、アジアだと思います。その為の珠理奈だと自分は思います。そして今の中学高校世代の精鋭が集まって、特に中国、韓国に殴り込みをかける。よって、NMBより本来やりたかったのは、福岡ではないんでしょうか。釜山からの高速船あり、中国からのアクセスも良い。秋元Pも雑誌で語っていたように、先に福岡の話があったが、劇場確保に失敗して断念したとありますし。
SDNが先鞭をつけて、JPN48が一気に攻勢かける、その為に今の国内での人気を維持しつつ、若年世代の成長を促し、メディア露出を増し、来年春の横アリでアジア戦略をぶちあげてきそうな気がします。
そういう意味で、2011年度(年度ですね)は、AKBグループのエポックメーキングになる過渡期となるんじゃないかと思います。
どうでも良いようなコメントで失礼いたしました。

投稿: SKEがたのしい | 2011.02.22 11:06

はじめまして。
最終ということで残念です。
松井珠理奈の今後ですが、モデル路線というのはありえないでしょうか?東京ガールズコレクションin名古屋に出ている姿をみて、「意外にいけるかも…」と思ったのですが。
珠理奈は女優志望ですがモデルとして表現力や引き出しを増やす癖をつけても良いんじゃないかなぁ…
 
なんにせよ若いNMBが出来た以上、いつまでもスーパー中学生を名乗ってはいられませんし、早く他の看板を背負えるようになってほしいです泣
 
ちなみに私は18歳の高3女子ですが、同世代では珠理奈受けは悪いです。
逆に40代(石原さとみを好きなタイプ)以上や小学生には受けがいいようです。
完全に主観ですが、松井玲奈は「SKEの」玲奈だから好きという人が多い気がします。

投稿: 市 | 2011.02.22 11:09

返答ありがとうございました。

平嶋推しとしてはこのブログは非常に貴重な存在です、このブログから平嶋エントリーした方々も相当いると思うんです。某巨大掲示板のなっちゃん板では平嶋の事を知りたかったら「南極怪獣読め」ってレスが返って来る位ですから。

他の方もおっしゃっておりましたが。どうか足を洗うなんて寂しい事を言わずに少しペースを落としてでも、本当に少しづつでも続けて頂けたらなぁ〜。と思う次第です

それにしてもまぁ…困ッた人がいるもんです。

投稿: giacomini | 2011.02.22 11:43

お答えいただきありがとうございました。

>同じ年齢の松井玲奈だけはほとんどキャリアを積めていないんだよねえ(中学生日記位?)。

他に単発ドラマの「おかげ様で!」がありましたよ。ローカルなドラマとはいえ演出は堤幸彦氏ですし、地元愛(愛知出身の方です)溢れる人なのでこれからもどこかで使ってくれないかと期待してますが、同年代の女性アイドルだと○○○○の「元気者」がお気に入りのようなので望み薄ではありますね(泣)。

新曲のプロモーション活動や今年の総選挙で他のメンバーがもっと存在感を見せられるようになって玲奈のしがらみも軽くなればいいなぁ。でも運営陣があれじゃ人気が出ようが落ちようが少年王さんが言うように飼い殺してしまうかもしれませんね。

投稿: DJRS | 2011.02.22 12:19

「なるほどハイスクール」が4月からゴールデンに進出するので知名度アップには絶好の機会になると思います。
MCもロンブー淳にチェンジするので美味しくいじってくれるのではないでしょうか。
過去にはAKBしか出ていませんが、今度はSKE、NMBも出すのではないかと。

投稿: | 2011.02.22 12:39


はじめまして。
最終ということで
お聞きしたいことがあります。
私は柏木由紀推しなんですが、
彼女の今後はどうでしょう?
去年の総選挙は写真集の売り上げ
とかからしてもう少し上位でも
よかったのではと私的ながら
思ってます。フレキスの活動もいまいち
ですし今年の総選挙が不安です。
筆者さん的に彼女のファン層は
どうだと思いますか?

投稿: いつも参考にしながら拝見してます | 2011.02.22 12:49

2011.02.22 12:39さん

その番組はAKB各事務所が枠を確保していてSKENMBの出る幕はないのではないでしょうか。
NMBは大きな事務所ですから少しくらい出るかも知れませんが、SKEは望み薄だと思います。
AKBINGOでさえ去年3月末の珠理奈の10番勝負以来、出ていた記憶がないくらいですから…
選抜で珠理奈玲奈が入っているスタジオライブすらアンダーの子に替えられているくらい徹底しているように思います。
全国ネットですから是非出てもらいたいんですけどね…


SKEは名古屋発の全国アイドルを目指していたはずですが、ローカルテレビにしかまともに出ていないんですよね…
でらSKEなんて誰が見てるんだよって時間ですし、スター探し姫太郎くらいでしょうかね。
それでもNMBメインでSKEは同時期に募集した4期の様子は取り上げてもらえませんでした。
やはりテレビの仕事は事務所の力学がモノを言うようですし、主要メンバーを大手事務所に移籍させることが重要だと思うのですがね…
このままではローカルアイドルは所詮ローカルアイドルだなということになりそうで心配です。

投稿: RX | 2011.02.22 13:42

RXさん

AKBIMGOでのまともな出演はその後の24時間テレビあたりでもありましたよ。TOKIO山口さんがゲストの時です。出演の機会がなくなってるのは確かですが。

私もSKEを応援しているので「AKBINGO」や「週刊AKB」にもっと出して欲しいのが本音ですが、本家のAKBでも出られないメンバーさんがいらっしゃるのであまり文句も言えませんね泣

地方で期間限定だった「アイドル×アイドル」的なものでもやってくれたらいいのにな。

横から長々と失礼しました。

投稿: すけ兵 | 2011.02.22 16:04

すけ兵さん

そうでした。思い出しました。
夏祭りかなんかのテーマで恥ずかしいセリフ言ってましたね(笑
ご指摘ありがとうございました。

投稿: RX | 2011.02.22 19:00

少年王3号様

このブログを本当に楽しみにしていました。
AKBプロジェクトをビジネスモデルとして考察してくださる、唯一の教科書でした。

今回で終了されるとのこと、残念で残念で残念で仕方がありません。

これまでのご考察、ご苦労様でした。
必ず戻ってきてください。
信じて待っています。

自分の人生を変えてくださった少年王3号様
ありがとうございました

投稿: somerin | 2011.02.22 20:33

正直松井珠理奈の人気が伸び悩んでいるのが不安です
このままではSKEの立場でも松井玲奈、高柳明音についで三番手になりそうな気がします
どう思われますか?

投稿: ファン | 2011.02.22 21:26

これはなかなか…
http://www.j-cast.com/2011/02/22088729.html

投稿: CoCo | 2011.02.22 23:26

はじめまして。初めてコメントさせていただきます。自分はなっちゃん推しなのですがもしなっちゃんが大学に進学ということになればAKB卒業というのは十分にあり得る話なのでしょうか?ただここまで何もニュースが無いのを見ると推薦入試はもうとっくに終わっていますし国公立はセンター試験を受けて無いので私立の一般しかないのですがなかなか大変(現受験生です)なのでなっちゃんの高校が大学の附属であればそこからの内部進学がありますがそういうのがなければ大学自体に今のところは行かないのかなと思っているのですが・・・・

投稿: 大使 | 2011.02.23 00:30

少年王さんの意見はDMMの力に頼りすぎかと。

人気の主力であろうピンチケ世代は携帯止まりだろうし、とりあえずSKEに興味がない限りはSKEのDMMは見ないでしょう…

ちなみに数人いるAKBが好きな知り合いに聞いても見ていないという返事でした。私も見てません。
まさか少年王さんは見てないわけじゃないですよね?

投稿: パカパカ | 2011.02.23 06:21

少年王3号様

私もブログいつも楽しみにしています。
終わるなんて信じられません。
再開を強く希望します。
(無責任な言い方ですね。すいません)

さて、
DMMでSKEをはじめて見ました。
正直、よかった。
これでAKBが焦っていないはずがないでしょう。。。。たぶん。

やはりDMMの力は侮れません。
公演に行けないライトな私ですら
バンザイ~予約してしまいました。

ということで、
DMMによって、
CDを何枚も買う強いファンが
増えていくのかも?と考えています。

そこで、
総選挙があれば
強くキイテくるはずだよな~。
でもやはり時間が。。。。
ということなんでしょうか。

なんて、
ライトな私が「この戦略は~」
とか考えるようになったのは、
このブログ読んでからです。
責任とって下さい(笑

それでは、
長い間
ありがとうございました。

投稿: らいと | 2011.02.23 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50938611

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その4):

« 新・私的AKB48論最終シーズン番外編(その3) | トップページ | 新・私的AKB48論最終シーズン(その6)(ラスト3) »