« 新・私的AKB48論5th番外編(その11) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その21) »

新・私的AKB48論5th番外編(その12)<改訂版>

今回のお題は、「いただいたレスに対するお答え(その12)」

今回以降は、いただいたレスへの対応がかなり難しくなると思います。予めお詫びしておきます。

>個人的にはさま~ずさんのAKBメンの扱い方には愛情を感じていたので、最近は絡むことが少なくなったのが残念です。

 そういえば最近ほとんど絡まなくなりましたね。やっぱりAKB最強の太田プロと、NMB絡みで吉本がAKBを抑えに掛かっているせいなんでしょうかね。

>(十種競技を個人競技でメダルを取るような選手が遣るように)その道のスペシャリストがAKBにいてもいいんじゃないかということです。歌唱力があると言われるメンバーは特に冷遇されているので、その辺を変えてみるのも今後の一つの手ではないかと

 本当はそれが理想形ですよね。まず歌唱力が有るメンバーがなぜ冷遇されるのかということですが、基本的にテレビでは大人数で歌う上に声を足しているAKBにとっては、歌が上手い事がマスコミ向けには大きなアドヴァンテージになっていないんですよね。筆者はAKBの本質はユニット曲にあると思っているのですが、多分世の中の人の99%以上はそうは思っていないでしょう。なかなか難しい所です。

>バラエティーに向くタイプは、日経エンタのネ申の佐藤Pとキングレコードの湯浅氏の対談を読むと分かりやすいですよね。読んでいて、野球の打順に組み替えられるなこれはと思ってしまいました(笑)

 以前いただいたレスでAKBを野球の打順に例えていた方がいらっしゃったのですが、それによると平嶋夏海はアイドルには珍しい2番打者タイプなんだとか。なるほどなあ、と思った記憶があります。

>内田や石田の執念や努力(同じ5期だし、仁原莉穂や選抜への思いは一塩だったろう)が生きうる、じゃんけんという戦場設定してる運営側の機動力の存在は大きいかと思いますが、いかがですか?

 はっきり言って、AKB運営の企画力はずば抜けています。現状では同業のアイドルでは全く歯が立ちません。これは電通の全面バックアップも大きいでしょうが、秋元康氏がこの20年間抱いてきた「おニャン子にあれもこれもしてやりたかった」という想いの結晶でもあるでしょう。しかしいずれは企画が尽きる日が必ず来ます。おっしゃる通り、そこからAKBの真の正念場でしょうね~。

>(2ちゃんのAKB板の以下の内容について不安を感じる)AKB=電通なんだけど関東連合のOBが営業も製作も全部取り仕切ってる 。来年はわざとAKBを失墜させて各界の著名人にあてがうシナリオができてる 。そもそも喜び組作りたいって川奈が言ったのが事の始まりで秋元某とも既に話が付いてる状況

 どのレベルの話から始めるべきか良く判らないのですが、筆者がこの記事に対する反証を挙げた所で、あなたはまた別の記事に対して不安を感じるだけなので、全く意味が無いと考えます。要は、あなた自身のAKBへの理解度を上げないことにはどうにもならないということです。少しだけ言っておくと、本来AKBは自身の長期存続のみを目指した組織であるという事、AKBには20億円もの出資をしたAKS社長を筆頭に出資金をほとんど回収出来ていない債権者がたくさんいるという事、それだけでも理解出来ていればこの記事を書いた人が<<AKBに対して非常に無知な人だ>>ということが判る筈です。要は、あなた自身の問題なんですよ。

>(板野友美のソロデビューに関して)このソロデビューについては色々と酷い事になりそうな気がします。売上という面以外でも。
>ともちんは試金石で売り上げと言う数字が出たら、あっちゃんのソロデビューの目安になると聞いたのですが?

 筆者は板野推しでも何でも無いですが、状況的に今回のソロデビューはかなり上手く行くのではないかと思います。まずエイベックスを見限ったのがすばらしい(爆)。発売元がキングレコードということは、間違い無く勝算があるということです。現在の板野友美は絶好調であり、メンバー総動員という意味でもホリプロ的に勝負を賭けてきた感があります。今後のAKBメンバーのソロデビューの試金石ということもあり、コケることは絶対に許されない位の勢いですね。CDセールス3万枚以下なら失敗、5万枚以上なら成功、という所ではないでしょうか(10万枚、いく?)。

 前田敦子のソロデビューに関しては、本人が強硬に反対しているとも言われており(演技がしたい人なんで)、あのモチベーションの低さでは仮にソロデビューしても上手く行かないのではないでしょうか。大島優子も歌手路線は望まないだろうし、篠田麻里子も分をわきまえているでしょう。他にソロデビューして上手く行きそうなのは、…(モチベーション的にも)高橋みなみ位かなあ。

>以前(その14)でまとめると仰ってたSKEの紅白に関するお題は「SKEの落選」が確定になってしまったのでもう扱うことはないのでしょうか?「今年の紅白出場の有無」はついに公演が決まった妹分であるNMBとの今後の関係性や、メンバーが発表された新チームである「チームE」のスタートにも関わってくる気がするのですが。

 申し訳ありません、SKEに関しては「SKEの対抗戦仕様の最強セットリストを考察する」という長文をちんたらと3ヶ月ほど掛けて書いていたのですが、完成度60%の所で状況の激変について行けず、ボツりました(泣)。やっぱ、ネタは新鮮さが命ですね~(←当然だって)

 NMBに関しては、少なくとも吉本は完全に本気モードなので、AKB以上に無茶な企画を通してくる可能性が高く、吉本芸人とのバーターでのテレビ出演も相当数想定されるので、一気に突っ走る可能性もあります。SKEとしてもようやく対応を始めた感じですが、筆者的には一年は遠回りしたと考えており、果たして間に合うのかどうか。チームEに関しては、ビデオオンデマンドへの布石だと信じたい所なんですが(そうでなかったら一体何でこの時期に??)、メンバー的にどうなのかが筆者的にもイマイチ良く判らない所だし、降格したメンバーをどうするつもりなのかも良く判らないので(本当は降格したメンバーの素行を見て、良かったメンバーを中心にチームEの立ち上げというのが正解だった気がします)、本当に何とも言えません。確実に言える事は、SKEの尻に火が点いたということでしょうね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th番外編(その11) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その21) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

にわかアンチは芸能関係の噂をいいように解釈して判断してしまうようですが、、、
嘘か本当かは当事者以外にはわからないものです。

それよりも六本木、西麻布、銀座などには、露出はあるのに稼げてないグラビアの子、モデルなどが普通にお店におり、なおかつ生活の補助を求めるいわゆるパパを探している現状が問題だと思います。akbの場合は特に露出の割に本人への還元が少ない印象ですので、具体的に実入りを増やすにはどうするかというのは考えなければならないと思います。これからのこととして、稼げないければそのような方向に向かう人間もいるかと思います。運営は会社として利益をだし、かつ所属の子も稼げるように考えなければなりませんね。。。

投稿: にゃは | 2010.12.19 21:22

NMBに関して筆者さんにずっと伺ってみたい事があったのですが・・。
NMBに関して、なんらかの記事を書かれることがあれば、その時にでも軽く触れていただければ幸いです。

筆者さんは以前から、チームB以降の新チーム立ち上げには必ず経験者を入れてくると仰っていました。
チームBの平嶋、浦野、渡邊、チームSの中西(出口)、チームKⅡの佐藤実絵子、
チームEは正規メンバー経験者がいませんが、研究生として長く頑張ってきた2期の子たちがその役割なのかなと思います。
でも、今回NMBにはそういった経験者のメンバーが加入しませんでした。
横山はAKB正規メンバーに昇格、斉藤は問題を起こして降格・・・こういったあたりからNMBに送り込む最適なメンバーがいなかったということなのでしょうか。
これまで必ず経験者のメンバーを入れているので、初めから移籍させるつもりはなかったというのは考えにくいですよね。
なっちゃんや中西がチーム立ち上げ時にどれだけ貢献したかというのはわかっているので、経験者のいないNMBは不安で仕方ないです。
大丈夫なのでしょうか・・?

投稿: ごんち | 2010.12.20 04:16

ちょっと内容ズレますけど、エイベックスって本当にアーティストの押し方が下手ですよね。
個人的にAAAなんかは、ルックスも実力もある良いグループだと思うのにあんまり良いメディア展開させてもらってませんよね(最近は、いくらかマシになった気がします)。
逆に、(一応)新人のベビーショートにした人や、デビューからずっと(って言っても最近ですが)レコ大に滑り込ませている3人組なんかをゴリ押ししてましたが、結局エイベックスが押した程の人気は得られませんでしたよね。

今の時代、会社側が売らせたくてゴリ押ししても、消費者側の大半は逆に引いちゃうのが現状ですから。

板野さんのソロデビューが、私のような若造には、どうやってここまで大手になれたのか不思議なくらい営業が下手なエイベックスからではなくて、思わずガッツポーズをしてしまいました!笑


あと、私も前田さんのソロデビューは無いと思ってました。
板野さんはソロデビューが夢ですから、タイミング次第でしたけど、前田さんは女優志望ですから、ソロデビューさせたらAKBはただの金目当ての団体になってしまうと思います。
あくまでも、個人の夢へのステップがAKBですから。(松井珠理奈さんの場合は、志望と適性が確実に一致してませんから、女優志望でソロデビューはあるかもしれませんが、前田さんは志望と適性が見事に合ってますから、ソロデビューは無いでしょう。)


拙い文章を失礼しました。

投稿: りゅう | 2010.12.20 14:16

ご返信恐縮です。

本質はユニット曲。
というのは、ステージや人事の編成・構成を思えば、大変に興味深いご指摘。と思います。
今後とも考察を楽しみしております。ご無理ない範囲で^^;

投稿: やどん | 2010.12.20 17:36

返答ありがとうございます。

PVを見たところ板野のソロ曲は流石にギャルちん、仮面ライダーとは別路線でしたね。

研究生の昇格による正規メンバーの人数調整がホントに怖い…
昔から言われてきた北原のSKEやら増田のNMBやら…

秋元、佐藤亜、松原、佐藤夏辺りのSDN行き何かも考えられるし…

筆者さんの考えが聞きたいです

投稿: HYDRA666 | 2010.12.21 16:55

SKEのチームE立ち上げは、山田恵里伽に、チームEのエース称号を早めに与えたかったような気がします。
木本花音のような「オーディション合格、即選抜」と言う、シンデレラストーリーが無いため、横浜の握手会ではかなり寂しい状態だったようですから。
大方のチームEの予想では、リーダー・阿比留李帆 エース・山田恵里伽の二人を中心してと思われていただけに、降格もを含めて、時期・メンバー共に大ハズレでした。
降格組は、とりあえずは、チームS・KIIのアンダー要員としてフルに活躍しながら、再昇格を目指すんでしょう。
チームSは、来年度には、松井珠理奈・矢神久美・加藤るみ・木﨑ゆりあ・木下有希子を除く11人がOver20となるため、大規模なシャッフルは間近でしょうね。

投稿: スローステップ | 2010.12.21 17:28

いつも楽しみに拝見してます。
AKBやNMBは企画や動きが見えるので、賛否は別としても見てて面白いですね。
それに対してSKEは…何の差ですかね?

NMBは劇場公演やチームN立ち上げよりも完全にメディア先行に見えますが、吉本の指導による作戦なんでしょうね。完全にAKBの波に乗れてる感じがしますし、ある意味SKE運営は逆立ちしても適わない部分だと思います。

経済規模の差を考えると、2年のアドバンテージなんて無いに等しい筈なのに…
遠回りして何かを得てるならまだいいのですが、見てる側からは何してるのか見えないだけなんですよね

投稿: 通りすがり | 2010.12.21 18:38

コメント返信ありがとうございました。

SKEは本当に今更じたばたし始めていて、NMBと知名度的にはそうかわらないのではないかと…見ている側としては大変はらはらしています。。
メンバー的にも悪くないと思いますし、(ダンスの勢いは本当に素晴らしいし)やっぱり運営の力の差って恐ろしいですね。
それでもみんな真面目についていっているので、どうにか報われて欲しいです。
そして2011年はもっと何でもいいから(笑)面白くして欲しいと切に願います。

投稿: pyy | 2010.12.21 23:06

>SKEに関しては「SKEの対抗戦仕様の最強セットリストを考察する」という長文をちんたらと3ヶ月ほど掛けて書いていたのですが、完成度60%の所で状況の激変について行けず、ボツりました(泣)。

そうだったんですか。少年王さんの苦労も知らず、記事を催促するようなレスをしてしまって申し訳ありませんでしたm(_ _)m
このブログのファンとしてはその幻の記事の内容も気になる所です(笑)

>降格したメンバーをどうするつもりなのかも良く判らないので(本当は降格したメンバーの素行を見て、良かったメンバーを中心にチームEの立ち上げというのが正解だった気がします)

運営側も降格に関しては苦渋の決断だったでしょうね。降格したメンバーのパフォーマンスを目にする機会があったんですが、もう気持ちの切り替えが出来ていることを感じれる程素晴らしいものでした。
(あくまで僕の主観ですが)本人達はもう上を見ているので最悪な結果はないように思えます。

>確実に言える事は、SKEの尻に火が点いたということでしょうね。

SKEの方から何か仕掛けてくれると面白いんですけどね。秋元康氏と縁があり、名古屋繋がりということで堤幸彦氏と何かしらで仕事してくれると(松井Rだけはお世話になりましたね)個人的には嬉しいんですが。

投稿: DJRS | 2010.12.22 04:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50337741

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論5th番外編(その12)<改訂版>:

« 新・私的AKB48論5th番外編(その11) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その21) »