« 新・私的AKB48論5th番外編(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その9) »

新・私的AKB48論5th番外編(その8)

今回のお題は、「いただいたレスに対するお答え(その8)」

 今回は(その20)に戴いたレスの中から、少し厚めに書いておきたい物をピックアップします。

>研究生寄りの自分としては『新・私的AKB48論4th』の中で記事候補に入っていた竹内さんと山内さんの人物評がかなり気になるところなんですが…。
>先日の9期生昇格と板野ソロデビュー(※ここでは扱いません)がどう考えても早すぎる気がします

手が回らなくて、申し訳ありません(^-^;
竹内美宥に関しては、(その20)でも少し厚めに書いておいたので、今回補足することで人物評に代えます。竹内美宥のパフォーマンスの高さに関しては、すでに半年も前からメモリスト氏が「竹内美宥のダンスは、今すぐチームAに昇格させても全く遜色ない」と言っているほどですが、経歴を見る限りそれほどダンスを遣り込んできたようにも見えないので,AKBに入団してからよほどがんばったのでしょうね(間違い無く根性はあります)。同じくメモリスト氏に言わせると身に付けているオーラも相当のもののようで(実は筆者にはその辺りはイマイチ良く判らない所もあるのですが)、流石にあの年齢にしてはハンパじゃないキャリアを積んできただけの事はあるようです。カメラが趣味というのも、良い感じ。つまり(大豊作と言われる9期生の中でも頭一つ抜けている位)人物として秀でているという事は当然言えるでしょうね。この事は一応頭の隅に置いておいてください。

で、それはそれとして、現在AKBに起きつつある出来事の大半は竹内美宥を中心にして起こっているという事が判っていないと、理解出来ない事があまりにも多いのではないでしょうか。例えば

・研究生が地上波レギュラーのテレビ番組(有吉AKB共和国のことです)を持ったのは、9期生が初めて
・研究生がAKB外にスピンオフユニット(竹内美宥メインのミニスカートのことです)を持ったのは、9期生が初めて
・研究生がコンシューマーゲームのイメージキャラクターに選ばれた(ミニスカートのことです)は、9期生が初めて
・研究生が地上波テレビのCM(カスペルスキー研究所の事です)に出演したのは、9期生が初めて
・研究生メインで写真集(チームKISINのことです)が発売されたのは、9期生が初めて

そして今回、「コンサートでも無いのに8名もの研究生が突然正規チームに昇格することが発表され、しかも昇格先が未定などという異常事態は、9期生に限らず全AKB史上で初めて」という出来事が起きたわけです。…判りますか?。筆者はこれら全てを一連の流れの一環と考えており、その中心には竹内美宥が居ると考えています。恐らく今回の昇格の経緯も来年の総選挙で竹内美宥を投票によって選抜圏内に入れることを前提として、どの時期にどういって手を打つかを逆算した結果、年内に(何一つ決まっていない状況であっても)とりあえず竹内美宥を正規メンバーに昇格させておく必要がある、という結論に行き着いた結果だと考えています。他の7名に関しては、年齢や序列を考えた場合に竹内美宥よりも先に昇格させておかないと問題になりそうなメンバーが後ろから押し出された結果ではないでしょうか(そう考えると、他の7名は相当ヤバイ状況に追い込まれた事になりますね、残念ながら)。ここからの2年ほどは、竹内美宥の動きをきちんと見ていないと、本当にAKBの動きが全く理解できなくなってしまう可能性もありますので、注意してください(ポスト松井珠理奈は伊達じゃない、ということです(笑))。

>正規メンバーを含めたセレクションがあるとは、先日、戸賀崎さんからお聞きしていたのですが、こんなに展開が速いとは驚きました。来年あたり、卒業者が8名は出るということになるのでしょうね。

 物凄い情報源ですね(゚▽゚*)
 でもまあ正規メンバーの増加と卒業生に関しては、色々な可能性があるとは思いますが、筆者は今回の措置は必ずしもメンバーの卒業を前提にはしていないと思うんですよね~。本来は筆者はメンバーを切るとか切らない以前の問題として、「劇場公演という最高の成長の機会を無駄に浪費しているメンバーは、自分を高めるために様々な事を試したいと思っている人に是非場所を開けてあげて欲しい」と常々言っている人間なので、別に若年卒業でも一向に構いません。ただみんなそれなりに力の有る芸能プロダクションの所属になったわけですよ。明確な過失もないのにホイホイ辞めさせられたら、プロダクション的にはたまったものでは有りません。正規メンバーセレクションをやるなら、プロダクション移籍前にやるべきだった気がするねえ。というわけで、今回は“卒業を前提としない過剰昇格”について少し考えてみましょう。

パターン1「1チームの人数の上限を増やす」:つまり卒業生を全く出さないという選択ですが、可能性としては十分に有り得ます。そもそも現在のチームA(Kもですが)は忙しすぎるメンバーが公演に参加できないために公演回数ががた減りしている側面が強いと思っているのですが、巻き添えを喰って(笑)公演でアピールする必要があるメンバーが全く出来ていないという事態に陥ってるわけで、ここの修正は急務です。研究生で穴埋めするというのが本来のあり方ですが、上から5名抜けたチームAと研究生(しかもB公演を主に演じている関係で、A公演のクオリティはさほど高くない)だけでA公演を打つのは、流石にお客さんに失礼だということなのではないでしょうか。そんな事をする位なら正規のAメンバーを20名に増やして、他の仕事で抜けたメンバーの穴は増やした4名で埋める事を前提とすれば、少なくともA公演のスペシャリストだけでA公演を行う事は可能になり、公演回数を増加させる事が出来ます。全員が揃って舞台に立つ事は出来なくなりますが、公演自体をやれないという状況よりはなんぼかマシです。

パターン2「もう一度シャッフルをする」:本格的に第二劇場の設立はまだ先のことで、当分はGロッソで凌ぐつもりのようですが、それにしてもいずれは第四チームが必要になるのは明白です。筆者はその際に9期生をベースに第四チームを立ち上げれば良いと高を括っていたのですが、それでは公演のクオリティと人気に問題が有るという考えは、有って当然です。なのでまずは研究生8名を仮昇格させて適性を見て、しかる後に<<現在の正規メンバーの中の16名を移籍させて第四チームを立ち上げる>>というウルトラCは、十分想定の範囲内です(16名の抜けた穴を、昇格させた研究生と後から昇格させる研究生で埋めるわけですね)。これならば極端に公演の質を落とさずに、新チームの設立が可能です。結構確率は高いのではないでしょうか。

パターン3「チーム卒業生を立ち上げる」:チーム卒業生はチームFを並んで筆者の持論なのですが、そろそろ機は熟してきたのかなと(笑)。理屈は簡単で、現在の年長正規メンバー8名を一年程度をめどに卒業させ、すでに卒業しているメンバー8名と合わせて「チーム卒業生」という形に再編するという考え方です(当然その開いた穴を今回の昇格メンバーが埋めるわけですね)。一応卒業という形式を取るので定期公演には参加しなくなりますが、記念日に特別公演を打つのは全然有りなんじゃないでしょうか(詳しくは「新・私的AKB48論(その10)」参照)。参加メンバーは当時とは状況が劇的に変わっているので改めて考え直す必要がありますが、まあ皆様も大方の察しはつくのではないかという気がします(爆)

とまあいう感じで、色々方法は有ると思うんですよね。だから必ずしもネガティブ一辺倒に「一年後には正規メンバーのリストラが確定」と身構える必要はないのでしょうか(リストラを願っている人も相当多そうですが(笑))。AKBのクソ運営の事なんで(笑)、“セレクション”て言ったって、何をするのかなんて、まだな~んにも決まってないと思いますよ、絶対に。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th番外編(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その9) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

運営の推し度と人気が比例しなかった結果、5期四天王のうち3人は見事に下り坂になってしまいました
(その分の見返りが指原に全て行ってしまった感じです)

竹内の現状は9期生の中で推し度と実力はトップクラスだと思いますが、人気は下位クラスです
そのギャップをこれからどれだけ埋められるかがポイントでしょうね
(研究生ファンは「ミニスカート」を毛嫌いしている人が多いので、今後の正規チームの公演でどれだけファンを集めるかだと思います)

投稿: | 2010.12.13 23:06

結局テレビでのリアクション一つですね人気出る出ないは。

7期は前田亜美を中心に推してるのに天然キャラ小森やゆとりキャラ佐藤の方が人気が上がってます。

5期の指原もそうです。

横山なんかも劇場ヲタの界隈では大人気でしたが昇格して微妙な感じになったのもキャラクターや自己主張の薄さが原因だと思います。

竹内は横山と同じ感じになりそうな気配があります・・・

フレッシュレモンの市川なんかはその意味で期待してます。

投稿: パカパカ | 2010.12.14 02:14

こちらも返信してくださっていたのですね。ありがとうございます。
5周年記念公演とAXで卒業生が大きくクローズアップされたあたり、チーム卒業生の真実味が大きくなった気がしますね。

>AKBのクソ運営の事なんで(笑)、“セレクション”て言ったって、何をするのかなんて、まだな~んにも決まってないと思いますよ、絶対に。
かもしれないですね(笑)。個人的にはやりたくても出来ない状況になっているのかなと思うのですけどね。

投稿: MSmask | 2011.01.28 06:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50286523

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論5th番外編(その8):

« 新・私的AKB48論5th番外編(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その9) »