« 新・私的AKB48論5th番外編(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その11) »

新・私的AKB48論5th番外編(その10)

今回のお題は、「いただいたレスに対するお答え(その10)」

 そろそろ力尽きてきましたが(爆)、前回の続きです。

>どうしたら強くなれるんだろう?単純に考えると強いストレスを何度も経験することだろう。センターになる人を強化するために、あえて追い込むような展開があるかも。でも簡単には強い人を作れないかも

 AKB立ち上げ当初は、実はこうした事を意図的に遣っていた節があります。例えば前田敦子は「桜の花びらたち」発売時に、売れる筈も無いCDを真冬の札幌の寒空の下で丸一日手売りしたと言っています(一枚も売れなかったそうです)。またチームK立ち上げ当初、当時のファンはオフィス48の芝社長から「鍛えてやってくれ」と言われたので容赦無く罵詈雑言を浴びせていたと言っています。こうした経験はチームB結成以降、一気に減ってしまったのですが、果たしてそれが良いのか悪いのか…。

>渡り廊下走り隊が7人編成になることが決定したことのほうも個人的に衝撃だったわけで…

 渡り廊下に関しては、渡辺麻友ソロデビューによる解散がいつも脳裏にあるので、大抵の事では動じません(笑)。ただ正直に言ってしまうと、人数が増えるに連れて思い入れが薄くなって来ている様な気もしないでもないような(爆)。可能性から言えば、確かに年長メンバーの卒業を見越しているということも十分に有り得るでしょうね(でもまだ1~2年はあるでしょう)。

>ここ半年横山さん、地方組を除けば何故かOGIメンバーに可愛がられている様な感じを受けますが…有吉AKBで小嶋さんと親しくなっただけなのか、それともOGIから誘われているのか。

 もちろん有り得るとは思いますが、ただでさえ身の振り方が決まっていない野中美郷や松原夏海が居る中で、さらにメンバー(しかも比較的年長)を増やしてどうするつもりなんでしょうね。まさか所属メンバー16名にして、チーム尾木を結成とか本気で考えているわけじゃないでしょうし(爆)

>(Q10に関しては)前田さんは好きですが2~3話で脱落しましたよ、私は。('・ω・`)

 木皿泉の脚本は、前半は散文的で判り難い話が続くものの、後半は話が収束して面白くなると評価されています。実際、(落ちた視聴率は戻りませんでしたが)後半はかなり面白くなりました(ちょ~っと、練り込みが足りなかったかな~)。だから3話で脱落するよりは、4話から見始めるのが正解だったかもしれませんね。

>松井じゅりなさんはJPN48のセンターになるだけじゃなくてAKBのセンターにもなる可能性があるんですか?だとしたらJPN48ってどういう位置付になるんでしょうか?あたしはてっきり全国の48グループから選抜(選挙で選ばれる?)された人達で作られるのかと解釈してました。(

 正直、かなりぼかして書いています。可能性としては(A):JPNが結成されてそのセンターになる、(B):総選挙で1位に当選してAKBのセンターに立つ、(C):AKB運営に推されてAKBのセンターに立つ、の3通りあると思うのですが、どれも不確定未来の事なので、厳密に分けた議論をしていません。筆者的には「総選挙で選ばれたメンバーこそ、最強のJPN選抜」という展開を期待しますが、これも可能性の域を出ません。出来れば、ぼかしたまま話を続けたい所なんですが(笑)。

>筆者さんわ小森美果についてどうお考えですか?
彼女もかなりの逸材だと思うのですが…

 使い方の問題でしょうね。ドラマやバラエティなど色々道はあったのでしょうが、渡り廊下の一員になることが決まった以上、あとはチームの中でどれだけ存在感をアピール出来るかという勝負になりました。渡り廊下のボケは菊地あやか、仲川遥香と手強い面子が揃っているので、結構厳しい所があります。…ちょっとキャラが被りすぎな気もするなあ。

>(「野球で言えば、ライバルチーム同士の移籍(例えば巨人と阪神との間の移籍)並みに難しい位の認識でいてください」に対して)中西優香、手束真知子はー

 全く否定になっていません。筆者は“難しい”と言っているだけで、“不可能”とは言っていません。ライバルチーム同士でも、戦力外の選手同士のトレードは十分に有り得るでしょう。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th番外編(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その11) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

チーム尾木だったらはっちゃけていて逆に素晴らしいですね。(違)
真面目で努力家らしいので将来を考えれば「使える人材」だと思いますが「抱えすぎる」のも使いきれないだけでしょう…か、スキャンダルと遠い人なら「抱える価値」はあるように思えますが…どうなんでしょうね。('・ω・`)
同業他社に勝つには「よい商品」は必須ですし。
※「育てる資産」や「育てる意志」があればですが

まあ…アイドルとしては愚直な努力家だから役に立つって訳でも無いですけど。

ドラマは通して見るのが基本な人なので中盤以降のみ見ると言う選択肢は無かった…。(ノд<。)゚。
1日に地上波/CS/BS系あわせて1~3h視聴(録画)する位の視聴者なんですが、やっと「先週のDB改」を見た様な視聴遅延具合なのでつい脱落。
逆にAKB関連はひかりTVで始まった公演放送で昔からの地上波レギュラー+10h/週位見るようになった訳ですが。
って…なんか順調にはまっていっていますね、むしろ後半関係ない話になってしまった。(´∀`)

投稿: 海霊 | 2010.12.19 10:37

渡辺麻友は確かにソロデビューである程度
実績残せるかもしれないですね。
板野友美系のビジュアルやアーティストは多いけど・・・
あのタイプは異次元な気がします。

投稿: A | 2010.12.19 12:48

お返事ありがとうございます!! ぼかしてらっしゃるのに質問してしまいすいませんでしたΣ(;・∀・) より良い未来になってほしいと思います。 ブログ更新楽しみにしてます☆ 

投稿: いし | 2010.12.19 14:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50337702

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論5th番外編(その10):

» 流行語大賞:AKB48メンバー知らにゃ〜よ?地域猫に仲間・不況建設業界から経済を [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 国民的アイドルグループらしい:AKB48も斎藤佑樹選手に会えて彼ののオーラにタジタジ!?やら、流行語大賞に「ゲゲゲの〜」「AKB48」「イクメン」「ととのいました」等がトップテン入りしたそうですね〜...... [続きを読む]

受信: 2010.12.19 12:08

» 流行語大賞:AKB48メンバー知らにゃ〜よ?地域猫に仲間・不況建設業界から経済を [脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・]
 国民的アイドルグループらしい:AKB48も斎藤佑樹選手に会えて彼ののオーラにタジタジ!?やら、流行語大賞に「ゲゲゲの〜」「AKB48」「イクメン」「ととのいました」等がトップテン入りしたそうですね〜...... [続きを読む]

受信: 2010.12.19 12:13

» AKB48総選挙! 水着サプライズ発表 (集英社ムック) | [見つけます]
AKB48総選挙! 水着サプライズ発表 (集英社ムック)集英社 刊発売日 200... [続きを読む]

受信: 2010.12.20 17:22

« 新・私的AKB48論5th番外編(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その11) »