« 新・私的AKB48論5th(その22) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その24)<改訂版> »

新・私的AKB48論5th(その23)<改訂版>

今回のお題は、「AKBは本当に歌が下手糞なのか???」<生歌信仰編>

 最後に一本、何を書いておくべきなのか色々考えたのですが、このブログの本来のコンセプトが、ブログ開始時点で全マスコミから袋叩き状態だったAKBを「理論武装する」ことだった事なのを考えると、(現在はほぼ全てのマスコミが親AKBとなりはしましたが)やはり最後もその方向で締めるべきなのでしょうね。

http://news.www.infoseek.co.jp/menscyzo/entertainment/music/story/menscyzo_10Dec2010_5947/

>「劇場公演やライブ、歌番組出演時など、AKBは基本的に"口パク"で踊っているだけで、歌っていません。集団でパフォーマンスを披露するなら、それでもまだいいのかもしれませんが、1人の歌手として出演する際にも口パクではさすがに興ざめ。ただ、彼女たちは生歌に耐えうる歌唱力を持ち合わせていないメンバーがほとんどです」

メンズサイゾーの今回の記事にはこれ以外の文章にも問題点はたくさんあるのですが、全部に対してはとてもじゃないけど書ききれないので(泣)、まずは対象をこの一文に絞ります。さてこの文章は、一行目からウルトラ級の大嘘で始まっています。こんな出鱈目、新規の人が信用しちゃったら、どーすんだよ!!!(怒)。この文章の“劇場公演やライブ、歌番組出演時など、AKBは基本的に"口パク"で踊っているだけで、歌っていません”は、<<<完璧に大嘘です>>>。まずこういう出鱈目を平気で言える「業界関係者」が誰なのか名前を明らかにした方が、社会正義のためになると確信します(「マスコミに嘘を垂れ流す謎の業界関係者」とか言って、日刊サイゾーで特集を組んでくれないかしら)。2009/11/9に放映された「MJプレゼンツAKB48リクエストスペシャル」を見た方はお解かりだと思いますが、AKBも最近まではテレビ出演と言えども、MJなどではほとんど生歌です(「言い訳Maybe」までですね)。また劇場公演でも、ユニット曲は一部生歌です。つまり“AKBの歌は基本的に口パクである”というのは、最近のMステ位でしかAKBを見ていない人による完全に捏造である事が判ります(ちったあ、取材しろよ!)。

 さらにこの短いセンテンスの中で彼らは2回論理のすり替えを行っているわけですが、お分かりになりますか。まず一つ目は「AKBは全員で歌う時は口パクだから、ソロでも口パクだ」とう決め付け。“生歌に耐えうる歌唱力を持ち合わせていないメンバーがほとんど”(サイゾー的にはですが)ということは、生歌に耐え得るメンバーが少数ながら居る事は認めているわけだし(サイゾー的にはですが)、その少数のメンバー(高橋みなみとか)がソロデビューする可能性があるわけなので、ソロの歌唱力に必ず問題があるという論理は成立していません。二つ目は浜崎あゆみのように歌唱力が抜群に優れていても口パクをしている歌手は幾らでもいるので、“口パクをするのは、歌が下手なのを隠すため”という論理も成立しません。恐らく板野友美を意識した文書なのでしょうが、実名を挙げなかったので、一般論としてはそこら中に無理が生じてしまっているわけですね(要するに全部嘘ということです)。それではAKBの歌唱力について、一つずつ記していきます。

<1>:「そもそも生歌信仰って、本当に正しいの?」
 まず、“劇場公演やライブ、歌番組出演時など、AKBは基本的に"口パク"で踊っているだけで、歌っていません”という文章は前述の通り、<<<完璧に大嘘>>>ですが、それはそれとして、テレビでも生歌だった頃のAKBが全く人気が出なくて、声を足すようになってから爆発的に人気が出たのは何故だと思いますか(人気が出たから声を足すようになった、と筆者は考えているのですが)。要するにテレビを見ている一般の人達は、歌手の個人的なスキルを分析したいわけでも何でなくて、単にすばらしい歌とダンスとキャラクターを見たいだけだと思うんですよね。つまり現在でも生歌信仰にしがみついてる人達は、自分達が一般の人達とは掛け離れた存在だという事が全く判っていないと思うんだよね。AKBとSKEは生歌が歌えないレベルまでダンスの難易度を上げ、天才と言われる音楽プロデューサー・田中博信氏がメンバーの個性を知りぬいた上で録音を行い、劇場で鍛えぬいたMCで会場を沸かせるAKBのパフォーマンスは、生歌信仰から逃れられない古いアイドルと比べて、<<ショーとしての完成度は遥かに高い>>と言えるでしょう。

 ここまで言っても納得がいかないという事であれば、「舞台劇」と「映画」の違いを考えてみてください。舞台劇は全て生だから優れていて、映画は加工されているから劣っていると簡単に言いきれますか?。優劣の議論なんてそう簡単に結論が出るものでは無いし、一般の人達には(加工されているのは承知の上で)映画の方が何百倍も支持されていますよね。AKBも少数のヲタを相手にしていた頃は、当然生歌信仰の強いお客さんを相手にしていたので生歌を重視していましたが、現在ではテレビでは不特定多数の一般のお客さんを相手にするようになったので、むしろエンタテインメント性を重視するようになったということなのではないでしょうか。生歌信仰の方々は、もう一度エンタテインメントとは何なのかを考え直した方が良いと考えます。要は少数の評論家やヲタを納得させることが目的なのではなくて、大多数の一般のお客さんに喜んで貰うのが目的なんでしょ?。別に筆者は“口パクの方が優れている”なんてことは全然言ってなくて、生歌でありさえすれば良い、そのためには何が失われても良いんだ、という考え方が自分自身の首を締めているんじゃないの、と言いたいだけです。要は(生歌だろうが無かろうが)エンタテインメント性を上げるための分析が根本的に足りていないんじゃないんですか、ということです。

 筆者は4年前までアイドルには全く興味が無くて(この時期アイドルに興味が無いということは、ハロプロに興味が無かったということです)、それは(あくまでも一般人からの言葉として聞いて欲しいのですが)歌もダンスもキャラクターも物凄く中途半端だと感じていたからです。ある程度事情が判って来た今となってみれば、生歌を歌えるギリギリまで踊って、踊りながら歌える限界まで歌って、台本の通りにトークしていただけと言う事が判るのですが、当時の筆者には全てが物足りなく見えました。この感覚は、実は立ち上げ当初のAKBにも感じていたものなんだよね。その感覚が劇的に変わるのは「大声ダイヤモンド」以降、つまり振り付け師が牧野アンナ氏に代わってダンスのキレが明確に良くなって以降、つまり(大まかに言えば)AKBがテレビで声を足し始めて以降、ということになります。要するに筆者も、なんだかんだ言って「彼女達はがんばって踊りながら歌っているんだから、大目に見てあげてよ」的な楽屋落ちな見方ではなくて、あくまでも「(見たそのままを論じる)ショーとしての完成度の高さ」を求める一般人的な視点でアイドルという物を見ていた、ということなのでしょうね。

“彼女たちは生歌に耐えうる歌唱力を持ち合わせていないメンバーがほとんどです”という濡れ衣に関しては、また次回。筆者はAKBは歌が下手糞だとは、<<全然思っていない>>もんで(爆)。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th(その22) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その24)<改訂版> »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/akb/1292670293/397

投稿:   | 2010.12.26 09:18

>テレビでも生歌だった頃のAKBが全く人気が出なくて、
>声を足すようになってから爆発的に人気が出た

つまり、客が引いてしまう程度の歌しか舞台上で歌えない
録音した声を足さないと、誰も客席に居残ってくれず、人気者となれない
ってことですよね?


あのー、それを日本語で”歌が下手”というのですけど・・・・


だから、”AKBは録音をかぶせてるけど、歌が下手ではない”
というのは論理的に間違っています。

当たり前ですが、歌が上手い人とは歌が上手く歌えることのことです。
当然、舞台の上でうまく歌えているはずですからわざわざ録音をかぶせる必要がありません。
AKBが歌が上手いのならいまごろ生で歌っているはずです。
現にAKBはそうしていないのですから、AKBは歌が上手くないのです。

百メートルを十秒で走れる人は、百メートルを十秒で走れます。
だから、”私は一回も百メートルを十秒で走ったことがないし、
走る姿を今君たちの前で見せることも不可能だが、
百メートルを十秒で走ることができるんだ”という言い草は誤りです。

走ろうとすれば走れるんだ!という弁解も意味がありません。
走れるというのならば、走ったことがあり、また、走れといわれたら走れなければなりません。

走ったことがあって、なおかつ今走れと証明しろといわれれば
走ってそれを証明できる・・・これを日本語で”走れる”
”世界レベルの足の速さをもつ人”というのです。

AKBの話もこれとおなじことです。
”舞台上で生で歌ったことないんだけど歌が上手いんだ”
”普段は歌ってないけど歌えば上手いんだ”
この理屈は通じません

”歌えるんだけど歌ったことがない”というのは、歌えないことと同じです。
上手いことを第三者相手に証明しようがないからです。
自己申告で、”私は世界一歌が上手い!だけどふだんは口パクしてるので
その上手さを誰にも証明しようがない”といっている人がいたら、その人を
世界一歌の上手い人だと認定しなくてはならなくなるからです。

こんなことが認められたら、世界一歌の上手い人は
世界中に一億人くらい存在してしまうでしょう。
そんなはずはありません。論理的に誤っています。

投稿: まりんご | 2010.12.26 23:06

AKBが生歌が上手く、生歌で売れる自信があるのなら
とっくに生歌で歌って人気を博しているはずです。

かぶせをしなければ人気が出ないというのなら
それは歌が上手な人とは呼べません。

AKBを、下手にしか歌えない人を、上手いように上達させる
養成所だというのなら、なおさら人気なかろうが客が帰ろうが
舞台上では歌を歌わせるべきです。

それをしてないのだから、秋元は人材を育てる気なんかないのです。
育てる気があったらとっくに生歌で歌わせてるはずです。


悔しかったら反論してみたらいかがでしょうか?

投稿: まりんご | 2010.12.26 23:11

「AKBは」という言葉で始めるので混乱する部分があるのではないですか。
歌の上手なメンバーもいれば、下手なメンバーもいる。
AKBのような人数の多いグループで、歌の上手下手を論じるのはさらにむずかしいと思う。
たとえばSM○Pは歌が上手いか下手かという話になれば、普通は「○○君は上手いが××君は下手だ」というような結論になると思います。

投稿: ARD50 | 2010.12.27 00:54

AKB48の様な大人数のグループで歌声を合わせるのは技術的に難しいのかも知れません。
16人全員が同じキーと言う事はあり得ないでしょうから。
「桜の栞」を生歌でと言うのは相当無理があると思います。

ユニット曲、全員曲で担当するパートのメンバーが休んだ時にかなり厳しかったのがB3rdでした。
その意味でB3rdはかなり難度の高いセットリストだったかも知れません。

しかしAKB48が生歌重視し始めたのはこの頃からだった様に思います。
その前、B2nd初期までは研究生が少なく、同じメンバーが連日、時には2回公演とか続けて風邪を引いて声が出なくても休めない過酷な時期がありました。
その頃には口パクが良く見られましたが止む得ないと思ってました。
ただ、結果として観客側もAKB48には安定した歌後を期待したかも知れません。
運営側もその点は安易に口パクを多用した傾向があったのではと推測出来ます。

K5thからユニット曲にソロが入る様になったのはこの反省かも知れないと思っています。

投稿: テッド | 2010.12.27 11:10

まりんごさん
AKBは一人一人上手い子もいれば下手な子もいる、人数の多さ、メンバーの多忙さから全体で合わせるのも難しいということです。
それ分かってますか?
長々語って同じことしか言えないんですか?

投稿: | 2010.12.27 12:01

残念ながら答えになっていません。

上手い人や下手な人がいて、なおかつ人数が多すぎ
全体で合わせるのが難しいのなら、歌う人を、
スケジュールが合い、一緒にたっぷり練習できる
数人に絞って、その人だけマイクをオンにして、
あとは踊っていればいい話です。

人数が多く、練習時間が取れないことが
口パクをする理由にはなりません。

AKBは次の道に進むステップだという秋元の言葉と矛盾します。
AKBは練習の場そのものということです。
練習の場が練習できないなんて、どうかんがえてもおかしいでしょ?

自らAKBは練習の場だといっている癖して、AKBに加入したら練習ができない。
そして、練習ができないことを口パクの言い訳にしている。

頭おかしいの?

練習の場だったら、たっぷりキーあわせや振り付けあわせが
できなきゃおかしいじゃん。だって練習の場でしょ?
それができなきゃ練習の場じゃないじゃないのさ。

なんでわざわざ全体練習しにくくなるほど
たくさん人を集めすぎてるのさ。人が多すぎて
練習時間取れないのなら足を引っ張る下手を
落とすなりして数を減らしゃいいだろうが。

投稿: まりんご | 2010.12.27 19:02

AKB擁護者>
AKBは上手な人と下手な人が混在している
下手な人も自分を上達させたいためにAKBに所属している

懐疑者>
だったらAKB運営は練習時間をたっぷり取れるように
AKBのシステムをつくっているはずだ。
そうなっていないという時点で、運営は人を育てる
意思がないと世間から非難されても反論できないだろう。

AKB擁護者>
ぐぬぬ

投稿: まりんご | 2010.12.27 19:10

運営はAKBを、歌声をあわせるのがむずかしいほどに
大所帯にしていることを放置している。

もし運営がAKBを練習の場だと思っているのなら、とっくに、
歌声をあわせることができ、合同練習の時間をたっぷりとれるくらいの
少人数に絞っていなくてはならない。

AKBを連中の場だといっておいて、AKBを練習がしにくい環境にわざとして
その練習しにくい環境のおかげで、”うまく練習できない、だからステージの
レベルやメンバーの実力が下手なままであることを許して!”と主張している。

AKB擁護者は論理が狂ってるわ。

投稿: まりんご | 2010.12.27 19:16

もし学校の校長が、わざと自分で、生徒が勉強しにくい環境にしておいて
”わが校は環境が悪いので生徒の学力をアップさせることができません!
だけどわが校は生徒の学力をアップさせる場です!
だからどんどんうちに来てください!”なんていっていたらどう思うだろうか?

普通なら精神病院に入れると思う。

学力をアップさせる場だと標榜していて、かつ、校長が生徒の学力を
アップさせたいと願っているのなら、己の労力と知恵で
自分の学校を勉強しやすい環境にさせているはずだ。

AKBも同じはずだよ。

投稿: まりんご | 2010.12.27 19:21

AKBは練習がたっぷりできません、だから口パクで、ステージの
レベルが低いんです!という理屈は通用しないということです。

練習時間が取れないのなら取れるように改善すればいい話です。
キーをあわせる時間がとれないのならあわせられるようにすればいい話です。

練習時間もキーあわせの時間もたっぷりとって上手くなって、
思うぞんぶん上手くなった歌を客に聞かせりゃいいのですよ。

簡単なことでしょ?何でそういうふうにしない?

投稿: まりんご | 2010.12.27 19:27

他でも書きましたが、私は「アイドルは歌がうまくなければいけませんか」という考えです。

またまたおやじの昔話をします。
アイドル以前、石原裕次郎さん、小林旭さん、高橋英樹さんたちの若い頃、映画に主演すれば主題歌を歌うのが常識でした。決してうまくはなかった。彼らはスターと呼ばれました。
「スター誕生」の頃、アイドルというジャンルができました。
今のように情報が行きかう時代ではありません。外見と歌唱力、演技力をあわせ持つ人材がそうそう見つかるはずはなかったでしょう。
私自身はその頃の意識を引きずっています。

数をこなせばだんだんうまくなっていく、それでいいと思います。
向上しようという意識がなければ淘汰されていくだけですし、まずはAKB内部で生き残り、上に行くためにメンバーが努力していないとは思えません。

投稿: ARD50 | 2010.12.27 21:07

まりんごさん凄いですね。
ところでステージのレベルが低いのに
なんで満員になるんですかね?

ちなみに運営にアイドルを育てる意思がないということを
ファンはわかってますよ。
今は歌が上手くなる、ダンスが上手くなるは事務所主体です。

ブログなどチェックすれば、いろいろわかると思うので
もう少し勉強しましょう。

私は生歌を期待したいが、無理にする必要はないと考えます。


もう1つ。
昔からファンは、アイドルに歌の上手さは求めてないです。
そのキャラクターに惚れて応援してるんです。

投稿: マサ | 2010.12.27 21:41

>ところでステージのレベルが低いのに
>なんで満員になるんですかね?

簡単な話、ファンは顔しか見ていないからです。

投稿: | 2010.12.27 22:47

その方はお暇なのでは?
私の文章をきちんと読んでくれるとは思えませんし、真意を汲み取ってくれるとも思えませんが長文で失礼。

彼女達が『アイドル』であり「アーティスト」や「シンガー」では無い事が理解出来ていない。
「アーティスト」や「シンガー」で「歌が下手ですけどそれが何か?」と言えば大問題ですが、『アイドル』なのです。

ARD50さんが仰る様に、歌の巧さで売っているグループでは無い事が理解出来ていない。
そもそも学者に運動能力が求められていないよう最低限の能力さえあればそれでOKであり、それ以上のスキルは活動に際して身についていくor個人的にレッスンを受けて上達すると言うスタンスなのです。
なので「AKB48として」求められる「ステージにおける見せ方(言わずもがなダンス等)」と「レギュラーその他での立ち回り等」が身についていけば「AKB48のメンバー」としては問題ないのです。
まりんごさんが主張しているのは「(AKB48が求められている)アイドルとしての能力」では無く「アーティスト」や「シンガー」に求められる能力です。
更に言うなれば例に挙げた「DA PUMP」は「アイドル」では無く「アーティスト」として売っています。
つまり上記の「学者に運動能力」のような畑違いの主張なんです。
蒙昧な…いえ、理解する気も無く叩きたいだけでしたら匿名掲示板にでも行けば相手をしてくれる人は多数居ると思いますよ?
特にアンチさんと言う人種が同意してくれるでしょうし、馬鹿にされる事も無いのではないでしょうか?

投稿: 海霊 | 2010.12.27 23:10

まりんごさんはAKBのシステムやファンがどこに惹かれているのかを全く理解されていませんね。
まりんごさんがおっしゃるような「アイドル」を見たければモーニング娘。を応援していればよいだけでは?
まあ増田より歌える子はモーニング娘。にはいませんが。

投稿: 三方 | 2010.12.27 23:16

>>ところでステージのレベルが低いのに
>>なんで満員になるんですかね?

>簡単な話、ファンは顔しか見ていないからです。


上の発言はマサさんの発言を曲げて引用しておられる。
「ステージのレベルは低くない」といっているのは明らかではないですか?
あなたの考えている「レベル」とは定義が違うかもしれませんけど。

ファンはそれほどバカにしたものでもないですよ。
今の若い方は私などよりよっぽど賢い。

投稿: ARD50 | 2010.12.27 23:19

あらら・・・。
病んでるかまってちゃんがいる。
みなさん相手しちゃいけませんよ♪

投稿: | 2010.12.27 23:46

そんなにAKBの増田が歌が上手い上手いとおっしゃられるならば
AKBファンなんかやらず増田個人のファンになればいいでしょうが
どうしていちいちAKB全体のファンになるんです?

上手いメンバーのソロCDでも買えば、下手糞なやつの
パートも入っていません。不快な歌をきかずに済むでしょうが

投稿: まりんご | 2010.12.28 00:56

根本的に、趣味が合わないんだと思います。

例えば、私なんかは、貴方が仰る「下手糞なやつ」の歌を聞いても
不快でもなんでもないんですよ。

投稿: たかし | 2010.12.28 01:15

まりんごさん
「歌がうまいかどうか」は「その子のファンになるかどうか」という側面において大して意味のない事です。
また、あなたは勝手に「歌が下手であること」を不快と捉えているようですが、多くのAKBファンはそう感じていません。
そもそも私は増田以外の歌が下手だとは一文字も書いてないのにも関わらず、勝手にあなたの主張を押し付けないでください。

投稿: 三方 | 2010.12.28 08:42

あらら、やはり都合が悪いとスルーされる様ですね、なんか昔こんな方がいらっしゃった覚えもあったり無かったり…。
まぁ良いでしょう、もう一つ勘違いを否定しましょう。

貴方は「個人のファンならAKBのファンをやるな」と主張していますが、大きな間違いです。
過半数の人は個人のファンです。
だからこそ好きな子が選抜と呼ばれる各種メディアに出られるメンバーに入れるように応援しているのです。
個人でメディアに露出するにはそれぞれが所属する事務所が仕事を取ってこなければ出られません。
ですが、相対的に人気があればAKBとしての仕事に出られるのです。
だからこそ好きな個人が取り上げられないと依怙贔屓だとか軋轢も生まれるのです。

しかし叩くために少しは調べたようですが、肝心な部分は学ばなかった様ですね。
まぁアンチさんは自分に都合が悪いと見ないですから仕方ないのでしょうが、もっと根本的な部分から学ばないと無意味ですよ?
じゃないととんちんかんな事をいい、馬鹿にされるだけです。

投稿: 海霊 | 2010.12.28 11:05

ここは掲示板ではありませんよ
自分の主張を押し通したい人はぜひ自分のサイトでやってください

投稿: | 2010.12.28 11:09

>過半数の人は個人のファンです。
>だからこそ好きな子が選抜と呼ばれる各種メディアに出られるメンバーに入れるように応援しているのです。

とうとう馬脚をあらわしましたね。

個人の応援者なのにいつのまにか全体集団を応援していて
全体集団の利益の増大に貢献してしまっている・・・

これこそが世間でキャバクラ商法、マルチ営業代理店の競争商法といわれる
典型的な悪徳商法なんですよっ!!!!!!!!!!!

世間知らずにもほどがあります。まんがの”エースを狙え”を読んで、
宗像コーチのチームを強くさせる手段をみて、マルチとの
類似点を探しだしたらいかがでしょう

投稿: まりんご | 2010.12.28 15:25

普通、芸能人の新人の売り出し費用は、
スマップには少年隊や光ゲンジ、ベリーズ工房にはモー娘などなど
同じ事務所の先輩が稼ぎ出した利益をつぎ込んで捻出しています。
事務所は高いリスクをしょい、利益を売れるかどうかわからぬ新人に
流される先輩は多忙のわりに安月給に甘んじます。

ですが、秋元は”メンバー個人個人を銘柄にして、
独自の株式市場を開設する”という手法で、
自腹をいためずに新人売り出しの資金を調達するという、
芸能界では特殊なやり方を成功させました。

手法自体は新しいものではなく、イギリスの大御所や
映画制作プロジェクトも似たようなやり方をしているし、
株式会社そのものといえますから、芸能に限らず
資本主義が存在しているところにはこれと同じ事業体が
いくらでもあります。

簡単にいうと、アイドルオタを出資者(株主)とみたてて、
リスクと初期投資を彼らに負わせるということです。
社会で習う資本主義そのものですね。

従来のやり方だと出資者や株主はジャニーや
山崎直樹などの事務所社長、兼、事務所の株主です。

ですが、秋元商法は普通の資本主義と違います。
ホステスや個人外回り営業など、個人に客がつくタイプの職業を
やっている者達をたばねて店や会社をつくり、営業争いで
個人同士を競わせる(客は個人を応援してものを余分に買ったりする)
で、トータルでは全体の利益が増すことを狙います。

普通なら、大規模な機械をすえつけられる、集中化したほうが得だ、
ということで束ねることをするのですが、ぜんぜん束ねる必要ない業種だ
というところが違っています。他の業種のような機械化やオートメ化といった
効率化もなされずに、人件費100%のこの業種は、どこで利益を稼ぐんでしょう?

客が興奮して余計に品物を買うことで稼げます。

営業マンが個人個人だったときには洗剤一袋しか買わなかったのが
営業マンが組織に属していて、その組織の中で売り上げ競争をしていて
客が営業マンに心情的に同情してしまっていている場合
二袋も三袋も買ってしまっているのです。

これがマルチ商法、キャバクラ商法、AKB商法といえるものです。

投稿: まりんご | 2010.12.28 15:46

何を熱くなっているんです?

ばきゃく【馬脚】
馬の足。隠していた、物事の本性。

本当に理解していませんね。
都合の悪いところは無視し、都合がよいところは歪曲して主張する。
なんかデジャ…いや、気のせいでしょう。
冷静さを欠くと滑稽です、馬脚をあらわしているのも世間知らずも「貴方」…ですよ。
節穴では本質を識る事は出来ません。
経済を語る前に世間を識り、見識を広げてみては如何でしょうか?
貴方に常識的な知恵があれば「世界の本質」を識る事が出来るかも知れません。

ついでにもう一つ、「エースを狙え」を読めと言われても興味がありませんね。
逆にドラッカーの「マネジメント」の原書を読んで見ては如何でしょうか?
経済の入門書としては有意義ですよ。

投稿: 海霊 | 2010.12.28 16:25

たとえばサイリウムを買うとき、不人気なメンバーのファンは
”彼女がステージを見渡したとき自分の色が少なかったら
さびしがるのでかわいそう!”とおもって、
平均よりもたくさんのサイリウムを購入します。

少数派が他派に負けまいと思ってもっとも活動に熱心になり
先鋭化するのはどんな組織でも同じです。

結局、サイリウムはどのメンバーの色も、アイドルの所属事務所の
売店で売っていますから、不人気メンと人気メンで差があることは、
そのアイドルグループでのトータルの利益を増やします。

わかりやすく言うと、このサイリウムの一本一本を、
CDに付属している投票権に代えたのがAKB商法です。

普通のアイドルファンが、サイリウムの購入本数で
少数派が多数派に張り合おうとするのと同じように、
AKBファンは投票権の多数購入によって
少数派が多数派と張り合おうとします。

それで、グループ全体の売り上げは、
それをやらなかったときよりも増加します。

売ったものは違えど、質はまったく同じです。

ただ、サイリウムは数分で光を失い、いずれ道端や会場で捨てられ、
どのヒットチャートにも反映されませんが投票権はCDの売り上げとして
オリコンに反映し、これが今年のヒット曲だ!というふうに、
世間に宣伝効果をもたらすということが違います。
サイリウムよりもはるかに”再処理能力”が優れているというわけです。

投稿: まりんご | 2010.12.28 18:49

天下をとってるはずの有能メンバーをあえて冷遇させ、ファンを
先鋭化させ一人当たりの購入額をあげるという手法をしてるのは
なにもAKBだけではなくハロプロだって結構えげつないことを
やっています。これは認めます。

たとえば、普通の感覚では、2009年久住小春が脱退した時点で
あっさりと吉川友を昇格させるのが最善の策だと誰しも思うでしょう。

ですがつんくはそれをせず、なかなかメンバーに入れず、
彼女とそのファンをじらしつづけました。
おかげで吉川はハロプロエッグ内でダントツの一位人気です。
吉川ファンは光井とはりあって、吉川を”センターにたたせよう”と願って
一人当たりの吉川グッズの購入額が多額になってきているからです。

これがハロプロ運営の思う壺なのです。

あえて増田を冷遇して増田ファンの”彼女をセンターに立たせよう”
という意気込みを上昇させ、グッズ購入の総額をも上昇させようとする
AKBの運営と、まるで質は同じです。

投稿: まりんご | 2010.12.28 19:04

アイドルに歌の上手さが必要とされないと主張するなら
リンリン以外のハロプロメンバーの歌唱力が増田以下だと
いうことに対してあれこれと揶揄することは論理が狂っています。

AKBに歌唱力が必要とされないのならば
ハロプロにも歌唱力は不必要でなければ筋が通りません。
よって、リンリン以外のメンバーの歌唱力がぱっとしないことも
AKBの増田以外の歌手の力量がぱっとしないことと同じように
認めてあげなくてはなりません。それが道義というものです。

投稿: まりんご | 2010.12.28 19:53

>>まりんごさん
コメント欄で持長々論展開してないで、ブログでも書いてリンクにして下さい
荒らし行為と変わらないです

投稿: 通りすがり | 2010.12.28 21:01

まりんごさん
・あなたが「AKB商法だ!」と書いている内容は大人なら誰でも知っている内容です。あなたはどっかの三流雑誌から盗んできたのでしょうが、何を今更って感じです。そんな事のために無駄に長い文章を書いてコメント欄を荒らさないでください。ハロプロの個人名なんか出されても知らないし興味もありません。
・ハロプロの歌唱力を揶揄されたと思っているようですがただの被害妄想です。文章をちゃんと読んでください。

まりんごさんは他人の文章を読まず(理解できず?)自分の主張だけを書いていて全く会話になっていませんね。
その主張に一理でもあればよいのですが全て被害妄想と勘違いがごっちゃになったような事しか書いていません。
わざと荒らしているのだと思いますが、本気で正しいと思って書いているならば一度ご自身が書かれた内容読み返してみてはいかがでしょうか?勝手に喧嘩を売り、勝手に喧嘩を買ってひとりで騒いでいるだけになっていますよ。


投稿: | 2010.12.28 21:30

まりんごさんへ

もうちょっと文章短くできませんかね?
例え話も多すぎて何言いたいのかわかりませんよ?
どんなに正当なことを言っていても、話の長い人間は評価されません。
あなたはもっと要点をまとめて話すべきだと思います

投稿: | 2011.01.03 00:05

まりんごさんの「中身のない話を」「だらだらと長文で」「他人の意見はきかず」「ファンでもないグループを主題にした」「人様のブログで」「自分の主張だけを書く」、という行為と情熱は充分「キチガイの所業」ですのでもうスルーしようよ。

投稿: 三方 | 2011.01.03 16:06

コメント欄で「キチガイ」という差別用語を使う人間もどうかしてると思いますが。

投稿: | 2011.01.03 18:19

>テレビでも生歌だった頃のAKBが全く人気が出なくて、
声を足すようになってから爆発的に人気が出たのは何故だと思いますか
要するにテレビを見ている一般の人達は、歌手の個人的なスキルを
分析したいわけでも何でなくて、単にすばらしい歌とダンスと
キャラクターを見たいだけだと思うんですよね。

だったら歌う前に、”声を足してるんで生歌ではない。
マイクの音量はしぼってありますよ! ”といってから歌えばいい。
客は生であることを求めてないから批判もないはずでしょ?
したって何の問題もありませんがな。

どうしてそうしない?しないってことは、うそをついているってことだ。
なまで歌ってないのに、この人はなまで歌っているのかも?
と客におもわせているのだ。うそはよくないよ。

映画なんてスクリーンの裏に俳優が控えていて
生で演技してるなんて誰もおもっちゃいない。
だから舞台と映画の差をもってしてAKBの生歌かぶせ
うんぬんを論じるのはアホのきわみだ。

AKBのライブは違う、生だと思っちゃってる人や、
あるいはかぶせであるのに、完全生歌だと思っちゃっている
人がたくさんいる。

 

AKBは、生歌からかぶせに変更したから売れたのではない
生からかぶせに変わったさい、それがかぶせであることに気が付かず
ファンが、AKBは歌が上手くなったと勘違いしてしまったから売れたのだ。

異論があるなら堂々と反論してもらいたい。

投稿: しば | 2012.01.04 13:43

<ハロヲタのしばさんへ>
これも一応反論しておきますか。

>だったら歌う前に、”声を足してるんで生歌ではない。
>マイクの音量はしぼってありますよ! ”といってから歌えばいい。
>客は生であることを求めてないから批判もないはずでしょ?
>したって何の問題もありませんがな。

何を言いたいのか全く理解できません。お客さんは映画にせよAKBにせよ、劇場に“楽しいショー”を見に来ているのであって、その楽しさが何に起因しているのか一から十まで説明しろなんて言ってるお客さんを筆者は見た事が無いんだけど。あなたは映画を見に行くたびに、「どこからどこまでがCGなのかきっちり説明して貰わないと納得出来ない!」と言って関係者に詰め寄っているのですが?

>どうしてそうしない?しないってことは、うそをついているってことだ。
>なまで歌ってないのに、この人はなまで歌っているのかも?
>と客におもわせているのだ。うそはよくないよ。

映画にCGが使ってあったら、どこにCGが使ってあるのか一から十まで説明しないとその映画の関係者は全員嘘つきだ、という理屈ですよね。・・・筆者にはあなたの理屈は、典型的なクレーマーとしか思えないんだけど。

>AKBのライブは違う、生だと思っちゃってる人や、
>あるいはかぶせであるのに、完全生歌だと思っちゃっている
>人がたくさんいる。

まあ当然、映画を見てCGを本当だと思い込む人はたくさんいるでしょうね。筆者だって映画の全てのCGが見分けられているとは全然思っていないし。でも筆者は映画関係者を嘘つき呼ばわりなんてしませんけどね。あなたは当然、CGを使っている全ての映画関係者にクレームを入れているんですよね?。

>AKBは、生歌からかぶせに変更したから売れたのではない
>生からかぶせに変わったさい、それがかぶせであることに気が付かず
>ファンが、AKBは歌が上手くなったと勘違いしてしまったから売れたのだ。

これも何を言っているのか全く理解できません。歌が上手ければCDが売れると言うのなら、IUは今頃トリプルミリオンいってるよ!。AKBのCDが売れるようになった理由が“ファンが、AKBは歌が上手くなったと勘違いしてしまったらから”なわけないでしょ。まずハロヲタの皆さんは、ハロプロ勢の歌の上手さなんて一般の人にとっては所詮目糞鼻糞レベルだという事実をきちんと受け入れるべきじゃないですかね。“リアルでありさえすれば、客は感動して満足しなければならない”なんていうのは、あんたらとハロプロ運営の単なる傲慢でしょ?。そんな殿様商売やってるから、ハロプロはもうすぐ滅びるんだよ。

>異論があるなら堂々と反論してもらいたい。

こんな恥ずかしい事を書く前に、まずは訳が判る文章を書く練習をしてください。訳が判らな過ぎるから、みんなあなたの文章をスルーしたんですよ。

投稿: 少年王3号 | 2012.06.08 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50397230

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論5th(その23)<改訂版>:

» 篠田麻里子写真集「麻里子」 (タレント・映画写真集) |曽根 将樹 [見つけます]
篠田麻里子写真集「麻里子」 (タレント・映画写真集)曽根 将樹集英社 刊発売日 ... [続きを読む]

受信: 2010.12.26 18:58

« 新・私的AKB48論5th(その22) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その24)<改訂版> »