« 新・私的AKB48論5th(その23)<改訂版> | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その25)<全面改訂版> »

新・私的AKB48論5th(その24)<改訂版>

今回のお題は、「AKBは本当に歌が下手糞なのか???」<テレビ出演編>

前回の続きです。

http://news.www.infoseek.co.jp/menscyzo/entertainment/music/story/menscyzo_10Dec2010_5947/

>確かにAKBのパフォーマンスは、マイクこそ持って歌詞に合わせて口を動かしているものの、生歌ではない。彼女たちが歌を披露したのは、今年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)や、生演奏に合わせて歌うことが定番の『新堂本兄弟』(フジテレビ系)などだが、大勢で声を出している割には声量がなく、キーもバラバラ。お世辞にも「歌手」とは呼べないレベルであった

 このメンズサイゾーの文章も、前回と同様の大嘘と、前回以上の捏造が記されています。お分かりになりますか。“確かにAKBのパフォーマンスは、マイクこそ持って歌詞に合わせて口を動かしているものの、生歌ではない”が<<<完璧に大嘘>>>なのは、前回も記した通りです(AKBは最近までテレビでもほとんど生歌でしたし、公演では現在でもユニット曲にも一分生歌はあります)。もう一つ“捏造”に関してですが、筆者が知る限りでは、AKBはアイドルを名乗る事はあっても、<<歌手を名乗った事は一度も無い>>という事です。歌手を名乗ったことの無い人達に、“「歌手」とは呼べないレベルだ”と決め付けることが如何に無意味かは、皆様もお解かりになることと思います。とは言え、確かにテレビでのAKBの生歌にバラバラ感があるのは、間違い無く事実。なぜそうなるのかを見ていってみましょう

<2>:「AKBは現在、そもそも選抜曲を生歌で歌う想定をしていない」
そもそもAKBの最近の選抜曲は、踊りながら歌う前提で設計されていない可能性が高いという事です。AKBの選抜曲は一般人向けに、<<ショーとしての完成度>>の高さを目指して作られていると考えられます(生歌がどーのなんてことにこだわりがあれば、過去のDVDを見るか、劇場でユニット曲を直に聞けば良いだけの話です。要はTPOの問題でしょ?)。本来歌う事を前提としない激しいダンスを踊り、激しいフォーメーションチェンジを行っているメンバーにとっては、踊りながら歌う事はそもそも想定外にきつい事だと言えます。おまけにテレビの収録に参加するメンバーも毎回違っているわけで、フォーメーションだって毎回異なった物になるのは当然です(毎回覚え直しです)。これだけ悪条件が重なった状態で、直立不動で歌う本職の“歌手”と歌のレベルを比較されたって、“アイドル”的には困ってしまいますよね(笑)。

 AKBはアイドルであって歌手ではない、本来歌う事を前提としてないダンスを踊りながら歌う事は至難の業、というのは大前提ですが、それはそれとしてAKB選抜チームの歌手としての能力について少し考えてみましょう。“大勢で声を出している割には声量がなく、キーもバラバラ”は事実です。これは2009/11/9に放映された「MJプレゼンツAKB48リクエストスペシャル」で初期のAKBのパフォーマンスを見れば、全く同じ感想を持つ筈です。でも、だから何?って話です。まず一つ目は、“声量がなければ、歌手として成立しないのか?。という話です。オペラ歌手だけが歌手じゃないんで、歌が上手けりゃ声が小さくても歌手として成立するのは自明ですよね(つーかアイドルって、声量が求められる職業じゃないし)。恐ろしく声が小さくて、マイクに口をくっつけるようにして歌わないと声が聞こえないけれど、聞こえてくる声は美しいという歌手は、幾らでも存在します。その人達を全て否定する気なのかね、こいつらは。次に“キーもバラバラ”については、そもそも歌手の定義とは全く関係無いことは誰にでも判りますよね?。一人で歌う前提ならばキーがどうこうなんて全く関係ない話なんで、歌手の定義とは完全に無関係です。試しに“歌手”を名乗っている人達をランダムに連れてきて、みんなでAKBの楽曲を歌わせてみれば良いんですよ。恐らく大半はキーが合わなくて声が出し切れないことでしょう。で、その人達に向かって「キーが合わないから、あんた達は歌手じゃない!」と言うつもりなのかね、こいつらは。

 AKBの音楽プロデューサー・田中博信氏は「AKBは粒ぞろいの精鋭というわけではない」と明言しており、歌が上手いメンバーもいればそうでないメンバーもいる、声が大きいメンバーもいれば小さいメンバーもいる、声が高いメンバーもいれば低いメンバーもいる、という状況は自明です。そもそもキーが揃っているなどの理由で選抜メンバーが選ばれたわけではない以上、当然ですよね。メンズサイゾーは選抜メンバーを一つの固定したグループだと勝手に決め付けて、グループで歌手として成立していなければならないというように決め付けているわけですが、実際にはAKBメンバーは個の集合体であり、選抜メンバーは(能力的に言えば)その時限りでたまたま集められた人達の集団に過ぎないわけで、AKB的には一人一人が歌手として成立すれば(それも歌手志望のメンバーだけで、全員である必要はありません)良いだけの話であり、固定メンバーのグループでの歌手としての完成度が求められているわけでは、全然無いと思うんだよね(生歌の仕事を取ってきちゃった事自体が問題、とは言えるかもしれませんが)。

 ただ現実問題としてAKB選抜メンバーがチームとして生歌を歌う際に圧倒的に不利なのは、音声加工が利かないと思われる点です。生歌と言えどもエフェクトをかけたり、ボリューム調整を行うのは常識だと思うのですが(こうした事も生歌信者は判っているのかね?)、AKB選抜メンバーが生歌で歌う場合、色々な物がバラバラすぎて(笑)、音声加工がほとんど出来ていないと思うんだよね(多分ボリュームを上げることすらままならないんじゃないでしょうか)。だからなおさらバラバラに聞こえちゃうんじゃないかと。でもそれだって個々のメンバーが歌が上手いのか下手なのかとは、全く別の議論の筈です。本当にこいつらは、議論をすり替えまくりなんだもんなあ。最後に一つ、AKBが選抜曲を生で歌う際に声が合わないもう一つの理由は、恐らく合わせる為の練習量が根本的に足りていない可能性が高いという点です。ダンスを合わせる練習は狂ったようにやるんだろうけど、歌は声を足す前提なのでほとんどやっていないと思うんだよね。だからたまに「口パクが合ってない」ということで問題になる事が有るんだけど、やっぱりダンス重視なんで、歌を合わせる事は二の次にしちゃっている気は確かにします(何らかの段取りが狂ったのかもしれないけど)。まあこの辺は、ショーとしての完成度にも関わる所なんで、あんまり言い訳が利かない所ですけどね(爆)。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th(その23)<改訂版> | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その25)<全面改訂版> »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

一般的な歌手であれば女性であれ男性であれ、数人集めても一定のキーを定めそのキーで歌う事は可能です。
それこそHYDE、TERU、YASU、福山、桜井、桑田、稲葉を集めて同じ曲を歌わせれば普通に歌えます。
各々の曲は自分に最も合ったキーでの歌を前提にしているだけで、一般的な歌手であれば可能でしょう
続きます

投稿: 666 | 2010.12.25 19:32

AKBに関してはキーがバラバラという問題よりも単音を外す事や、体の作り方が甘く発声が未熟な事、他人に頼りがちという面がでかいと思います。

特に発声に関しては(録音した音源を仮に生歌とする)高橋みなみは歌手志望という事もあり、「歌手」としての発声法が他のメンバーに比べて優れています。
長い光のイントロでよく分かります。
他には増田、秋元、宮崎、梅田、小嶋(微妙なところ)、大島辺りでしょうか
前田や河西や板野に関しては完全に喉で出しているのが分かります。

他人に頼りがちという面ではやはり人数的な問題もあり、性格的に目立ちたくない人等もいるのでしょうが…

投稿: 666 | 2010.12.25 19:43

>AKBが選抜曲を生で歌う際に声が合わないもう一つの理由は、恐らく合わせる為の練習量が根本的に足りていない可能性が高いという点です。ダンスを合わせる練習は狂ったようにやるんだろうけど、歌は声を足す前提なのでほとんどやっていないと思うんだよね。
合わせる時間を取れたらいいんですが、人数多いうえにコロコロ人が変わる、選抜常連メンバーの多忙さというのがネックになりそうですね。
ダンスは覚えたらなんとかなりますが、歌を合わせるのは大変ですからね。

投稿: noir | 2010.12.25 20:16

最近で完全な生歌だったのはFNS歌謡祭やベストアーティストですが生歌と被せの差が歴然なのは事実なんですよね。
大島優子なんて酷いもんです。
根本的な発声が出来てない上に声質も非常に悪く自分のパートの音もろくに取れないですしね。
歌に自身がないとはいえどもそれに逃げずに危機感もってボイトレなりはしてほしいですね。

篠田麻里子は別としてその他の選抜メンバーは比較的音もとれていてしっかり発声できているので個人の力はそんなにボロクソに言われるほどではないんですがね。
とりあえずほんとサイゾーには腹が立ちます。

投稿: タギ | 2010.12.25 20:50

歌についてあまり詳しい事は分かりませんが、そもそも発声自体がちゃんと出来ていない人が多いのは残念ですね。ボーカルトレーニング以前の話しです。この位は少し教わればいくらでも自分でやれる事なので、それだけでも大分違ってくると思うんですが…。歌手志望は勿論ですが、女優志望のメンバーも表情や表現ばかりが重要視されがちですが、同じ位大切ですから疎かにしないで欲しいと思います。(本来は事務所が教えるべき部分なので、この辺りが本当にいい加減(と言うか放任?)なピタゴラスは本気で不安です。汗)

投稿: pyy | 2010.12.25 21:23

タギさんのいう“完全な生歌”ってどういう意味でしょうか?

ベストヒットもFNSも最初から最後まで全てが生歌という訳ではなかったと思いますが。

投稿: | 2010.12.26 07:37

番組の中で「完全な生歌」つまり被せ無しとあり両方あったからこそ、その差が歴然てことでしょ。

読解力無いですな(笑)

投稿: | 2010.12.26 10:58

ここのブログを某所のスレ貼った大バカ者がいます。

投稿: コーリー | 2010.12.26 11:43

>一般的な歌手であれば女性であれ男性であれ、数人集めても一定のキーを定めそのキーで歌う事は可能です。
>それこそHYDE、TERU、YASU、福山、桜井、桑田、稲葉を集めて同じ曲を歌わせれば普通に歌えます。

確かに、”大半はキーが合わなくて声が出し切れない”は言い過ぎかもしれません(笑)。ただ歌手を名乗っている人の中には、キーが狭い人も、声の小さい人もいる筈です。名前を上げていただいたメンバーは、ちっともランダムに集められたメンバーじゃないです。レベル高すぎです(^-^;

>前田や河西や板野に関しては完全に喉で出しているのが分かります。

筆者的には、アイドルというカテゴリならば、十分な歌唱力だと思うんですよね。それとも筆者がアイドルを舐めすぎなのかな?(板野に限っては、亜室を目指すと言っている以上、かなり問題がありますが)

>歌に自信がないとはいえどもそれに逃げずに危機感もってボイトレなりはしてほしいですね
>女優志望のメンバーも表情や表現ばかりが重要視されがちですが、同じ位大切ですから疎かにしないで欲しいと思います

AKBは女優の育成機関だと考えているので、歌に関しては(マルチタレントタイプと同様に)自力で何とかしてよ、という基本方針なのかもしれません。ただ前田敦子の演技を見ていると、表情などの演技はそれほど問題無いと思うのですが、声の演技は非常に弱い。やっぱり弊害は出ちゃっている気がしますね。

>ここのブログを某所のスレ貼った大バカ者がいます。

筆者の文章が他所に貼り付けられるのは昔からなんで(爆)そんなに気にはしませんが、出来れば内容をしっかり読んだ上での批評をお願いしたいですね。どうも2chの議論は上っ面だけを見てのものが多いような気がするので。

投稿: 少年王3号 | 2010.12.26 12:23

>番組の中で 「完全な生歌」つまり被せありとなし両方あったからこそ、その差は歴然てことでしょ。

読解力ないですな(笑)

おぉ、ご説明有り難うございます。読解力ないのは自覚してます。自覚がなければ質問してません。

タギさんがあなたみたいな書き方してくれれば僕みたいな読解力がない人間もわざわざ質問しなくて済むのにな。

投稿: | 2010.12.26 14:54

パソコンの調子が悪くてしばらく見ない間に随分更新なさってたんですね。いつもお疲れさまです。
まだパソコンが本調子でないので携帯から失礼します。

少年王さんはフジテレビの“音組”をご存知でしょうか?
フジテレビの音楽番組には大抵音組が関わっているんですが、FNS歌謡祭の完全生歌生演奏化を目指していたり“生の音”にこだわりを持っています。(僕らの音楽や堂本兄弟など、フジに生歌や生演奏を扱う番組が多いのはそのためです)

AKB本体は既にCD年間売り上げのトップグループということもあり、局側が音楽番組に出さざるを得ないレベルだということで置いといて、派生ユニットの「渡り廊下〜」や「フレンチ〜」などはもう少し生歌の仕事にも対応出来るようにした方が(no3bの堂本兄弟出演のように)フジテレビの音楽番組に出演できる機会はもっと増えるような気がします。

投稿: DJRS | 2010.12.26 18:14

>本来歌う事を前提としてないダンスを踊りながら歌う事は至難の業、というのは大前提ですが、

大前提なもんか。歌えるダンスに代えりゃいい話だろうが

投稿: まりんご | 2010.12.27 01:12

まりんごさん
少年王さんはAKBはダンサーというスタンスをとっておられます。
まずはここを全て読んでこられた方がいいと思います。
あとはその喧嘩腰の言い方はやめた方がいいですよ。

投稿: コーリー | 2010.12.27 12:04

少年王さん
コメントを弾くことなく載せておられる姿勢に感心しております。
これからも頑張ってください。

投稿: hemu | 2010.12.27 14:45

AKBがダンサーだったらなおさらダパンプみたいに
生歌を一人か二人に絞って、後は全力で踊りゃいい話です。
どうして全員でうたう(口パクでうたうそぶりを見せる)のでしょうか?

ダンサー集団だというのは、生歌にしない理由にはなりません。

ダパンプのダンサーが、歌が下手だったからといって口パクで
うたわせるなんてことはしていません。
歌を一茶にまかせてうたわなけりゃいいことだからです。

投稿: まりんご | 2010.12.27 19:57

歌が下手な道重が、曲の合間の”あっはーん”程度しか声を入れず
なおかつ道重はちゃんとダンスをそろえているので、モー娘は
ステージクオリティーの高いグループだと評価されています。

ダパンプやモー娘をみてもわかるとおり、
下手はダンスに専念する、ボーカルを限定する等
口パクやユニゾン以外にも、レベルを高める方法は
いくらでもあります。

道重並に下手な子でもステージ上でうたって上達させるのが
AKBの主旨だというのならなおさら口パクをさせるべきではないはずです。
自分の歌がどれくらいのレベルなのかが自分でわからないから、
上達しようがないからです。

投稿: まりんご | 2010.12.27 20:09

一から記事を読んで下さい。
コメント欄の無駄遣いです。

投稿: ハロカス | 2010.12.27 20:47

まりんごさんは「理解する気」が無いのでは?
もしくは自分の固定観念を押しつけたいだけでは無いでしょうか?

投稿: 海霊 | 2010.12.27 22:39

まりんごさんにとって、アイドルは歌が上手くないと駄目なんですか?

歌、ダンス、しゃべり、リアクションこれら含めてアイドルを輝かせるパーツであって、各々上手い下手ってのはその子の個性でしょう。

まりんごさんの言う、歌が上手くないアイドルは歌うなっていう論理をなぜそこまで他人に押し付けたいのか、全然理解出来ません。

何だかんだ言って、まりんごさんからはモー娘最高、AKB大嫌いとしか感じませんね。

投稿: おかっち | 2010.12.28 00:10

私は、アイドルは上手くうたわなくてもいいという意見に
とりたてて反対はいたしません。

ただ、いくらでも上手くさせる、あるいは上手く見せる方法はあるのに、
何でそれをやらないのかと不思議に思ってるだけです

ユニゾンは下手が混じっているからききづらく、口パクは新鮮味が
ないため観客がすぐ飽き、リピーターを作りにくい手法です。

他にやれないとき、窮余の策でやるような最下策です。
他のやり方がやれるならそれをやったほうがましです。
他のやりかたができるのにあえてやる奴なんてこの世に
一人もいないでしょう。
もしやってたとしたら、それはやれないからです。断言できます。

ぶっちゃけ、欠員ができたとき誰が歌って誰がうたってないか
わかりにくいようにするために、あえてソロをさせず口パク
ユニゾンにしてるとしか思えません。
これは、さまざまなスケジュールを持つ駒を、効率よく
シフト組みしたいという、まるっきり経営側の都合です。


上手いメンバーがいるのならステージ上でその人にうたわせればいいじゃないですか
ダンスで身を立てたいとおもってるメンバーがいたなら、わざわざ
口パクさせず、中央で思う存分踊らせりゃいいじゃないですか。
どうしてそれをさせない?させたほうが上手く見えるのに!

ステージパフォーマンスレベルは素材が下手でも
それなりに上手く見えて、客も満足させられます。
何の支障もないはずです。AKBの養成所としての機能も果たせます。

でも、やらないでしょうね。実は、これをやると経営側が都合が悪いのですよ。
メンバーがチェンジしたときにそれぞれ別の口パク音源を用意しなくてはなりません。
生歌にするとしても、そのつどステージメンバーが代わっていたなら
交代したメンバーは新たに歌詞を覚えなければなりません。

ハロプロには逆立ちしてもかなわないくらいの曲の量を誇っている!
という、AKBファンの誇る切り札は、曲を生歌にしたりソロパートを加えたりしたら
メンバーやミキサーマンの過剰負担になって、成立しなくなってしまうのですよ。
まさに、そこがアキレス腱というわけです。

メンバーに必修させる持ち歌をいままでの十分の一程度に絞る。
誰が歌ってるのかがわかるソロパートをふんだんに入れる

これをやればすべての問題は解決できます。

でもおそらくakbはやらないでしょう。
なぜなら、これをやると
まるっきりハロプロと同じ土俵にたってしまうからです。

立てば負けるでしょう。誰の目にもわかるくらいに・・・・
だからやらないのです。断言できます。

投稿: まりんご | 2010.12.28 00:41

現時点であきらかにハロプロより優位に立っているAKBが、なぜわざわざ相手の得意分野の土俵に立たなければならないのかどうもよくわかりません。
そちらからこちらの土俵に来られてはいかがですか。

同じセットリストを一定期間同じ劇場の客前でやり続けるということの意味がおわかりですか。
最近は正規チームの公演が減っているので、大声では言いにくいですけど。(これはファンも気にしています)

投稿: ARD50 | 2010.12.28 01:05

AKBがハロプロと同じ方法を採らない理由は、同じ舞台に立つと負けるから…というより、同じ轍は踏みたくないからでは。

投稿: | 2010.12.28 01:10

失礼ながら、”ハロより優位に立っている”という根拠がわかりません。
ハロとAKBはのぼっている土俵は違っていても、
その土俵のレベルはあきらかに同格ではありません
野球でいう一軍と二軍のように上下関係になっていると思います。
もちろんハロのいる土俵が一軍、AKBが二軍です。

生歌ダンスと口パクダンス、違っている土俵ではなく
あきらかに後者は前者の下のランクの土俵です。
なぜなら、前者は後者をできますが後者は前者をできないからです。
一軍の最優秀投手は二軍でも最優秀投手になれますが、
二軍の最優秀投手は一軍ではへぼ投手です。

口パクをしながらのAKBのダンスが、モー娘ダンスよりはるかに
上手かったらその限りではありませんが、そうではありませんからね。
AKBは、明らかにダンスも娘より下手です。

akbたちがたっている土俵は、違う土俵ではなく下の土俵なのです。

口パクダンス公演という、下の土俵で天下をとっていても、
生歌ダンスという上の土俵にいるモー娘にたいして
優位に立っているという表現はつかえません。
二軍で首位打者になっても一軍選手に対して優位に立っていないことと同じです。

失礼ながら、あなたのおっしゃっていることは、わたしには、
”エリック=クラプトンはどうしてエアギター大会に出場しないんだい?”
といってることと同じように聞こえます。

投稿: まりんご | 2010.12.28 03:04

口パクとか生歌とか、どっちが上だとか下だとかくだらねぇなぁ…。

投稿: | 2010.12.28 06:19

ダンスにしても歌にしても、モーニング娘。の方がキャリアは断然長いんだし、それで比べてウチらのが上手い、って言われても…。
そもそも、カテゴリーが同じ「アイドル」ってだけで、互いに比べて優劣をつけられる類のモンなの?
全く別のベクトル向いてるのにさ。
イチゴとカボチャを比べるようなもんじゃないの?
バカバカしい。

投稿: | 2010.12.28 08:13

>失礼ながら、あなたのおっしゃっていることは、わたしには、"エリック=クラプトンはどうしてエアギター大会に出場しないんだい?"と言ってることと同じように聞こえます。

面白い例えですね。
僕には逆に、まりんごさんの主張はエアギター大会の出場者(AKB)や観客(AKBヲタ)に「なぜ本物のギター(生歌)があるのにギターを弾かないんだ!観客はなぜ本物のギターの音じゃなくても文句を言わないんだ!」と言っているのと同じように思えます。

その答えとしては、出場者(AKB)は本物のギターテク(歌唱力)はなくても(勿論本当に弾ける人もいますが)会場に流した音楽に合わせてパフォーマンスすることによって本物のギタリスト(本物の歌手の方やモー娘。)のステージを疑似体験出来るし、ギターを持たないことを生かしたプレイなども可能になります。

観客側も"ギターの音色を聴く"のではなく、"参加者のパフォーマンスを見る"のが目的の人たちがほとんどなので、当然"生の音"でなくても充分満足できてしまうんですよ。

根本的な価値観が違うので"本物の音"にこだわりのあるまりんごさんがAKBのパフォーマンスを受け入れられないのも当然だとは思いませんか?

また、まりんごさんの仰るように、仮にハロプロが野球の一軍のリーグでAKBが二軍のリーグ(個人的には少し違う気がしますが)ということにしましょう。

今現在、試合を積極的にテレビ中継されたり、関連グッズの売り上げ等は二軍のリーグのAKBの方が多いですよね。

これってAKBが一軍リーグで通用するかどうかという問題よりも、一軍リーグのはずのハロプロの企業努力の足りなさの方が問題なのではないでしょうか?

現実の日本のプロ野球界も単にプレイで魅せるだけではなく、色々な試みで野球人気をなんとか回復しようと頑張ってますし、ハロプロも一軍という実力に甘んじてないで、もっと色々仕掛けてくれると女性アイドル界全体が盛り上がって応援する側も楽しいと思うんだけどな。

投稿: DJRS | 2010.12.28 09:04

あまり虐めるとより矛盾に気が付かない人になっちゃいますよ。
口ぱくはすぐ飽きられると主張しながら公演は倍率が上がる一方なのは何故でしょうね。
そこがまりんごさんが理解出来ない只の「アイドル」と言うジャンルなのです。
モー娘も一応アイドルですが、アーティスト「指向」なのを忘れているのでは?

投稿: 海霊 | 2010.12.28 10:48

「優位」という言葉に反応されるだろうとは予想していました。
私はただのファンですから、「現時点でCD等の売り上げ、メディアへの露出がAKBのほうが多い」これで十分だと考えています。

楽しいからファンをやっています。
世間の人から見ればたかがアイドルになにを大真面目に分析したり、議論しているんだと思われるでしょうが、これもなかなか楽しい。

アイドルファンとしてモーニング娘。も最初から見てきました。でもCDを買ったことは一度もないんです。
AKBにははまりました。CDを買い、掲載雑誌を買い、テレビを録画し、ネットをさまよっています。
結局そういうことなのかなと。
一応自分を分析すると、理由はやはり劇場の存在かと思います。

分かり合えないのは最初からわかっていますし、この件からはこれで逃げてしまいます。
もちろん他の件ではまた投稿するかもしれません。

投稿: ARD50 | 2010.12.28 13:54

>劇場が倍率が高いのはどうしてか?


世間ではAKBがブームだからです。それは認めます。
モー娘も劇場で毎日公演すればアレほど客がこないことも認めます。

ですが、ここからが違うところですが、普通のグループは
人気が上がってくる客が増えたら公演する劇場の大きさを大きくします。
AKBがいつまでも倍率が高止まりしてるのは劇場が小さいままだからです。

劇場のキャパを大きくすればAKB陣営が誇る倍率の高さは緩和されます。
おかねもより儲かります。
どうしてそれをしないんだ?普通の歌手たちはとっくにそれをやってるし
そうしたほうが儲かるのに・・・と思いますが、おそらくわけがあるのでしょう。

私の勝手な予想としては、ホールを大きくしてしまったら、
彼女たちのショウは金を払って見る(聴く)に堪えるレベルでは
なくなってしまい、客が来なくなるからだと思っています。

豆粒のようにしかみえな遠距離だと可愛い顔面は見えません。
歌でなく顔を見に来ていると断言してるファンもおられるようですから、
おそらく大きな会場だと客席から見る彼女たちの魅力は
減衰していることかと思われます。
(たとえ美人でも歌う曲も上手ければ豆粒顔でも客は満足します
顔しかとりえがないのだったら豆粒ではコンサートに行く意味がありません)

また、大きな会場だと、生歌では伴奏と声が必ずずれてしまいます。
自分に達してくる伴奏の音をきいて声を出して、それが拾われて
それがさらにスピーカーに出て伴奏と混じって客席へ届くわけですから
ステージにあるモニター(あるいはイヤホンのモニター)と、アンプから
出て客席の届く音のずれをうまく調整しなくては必ずタイミングがずれます。

上手い人でずれていればそれなりに聞こえますし、もっと上手い人は
カンでタイミングを修正できますが、下手でなおかつずれていると
聴けたもんじゃありません。

だからといって口パクにしてみても、客は、だったらCDを
きいてたほうがましだと思うでしょう。
じゃあ、MCでの奇妙なやりとりや、ミニコントを楽しみにすればいいかというと
そんなものは小劇場で楽しめばいいじゃないか、わざわざでかいところで
みる必要はない!と思ってしまいます。

投稿: まりんご | 2010.12.28 14:49

リスクとリターンを考えれば大きくしない理由は自ずと見えてきます。
公演は「儲けるためにやっている訳ではない」が正しい。
理解出来ないでしょうけどね。

投稿: 海霊 | 2010.12.28 15:53

歌は増田や秋元などの上手い人だけに歌わせて、他は踊ってるだけにする
あるいは、メインボーカルを数人に絞り、それを交代することによって
全員がボーカルを担当できるようにする。
前者は野球やアメフト、後者はバレーボールにたとえられます。

これで口パク問題、メンバーの喉の酷使問題、すべてが解決します。

増田や秋元に負担が集中してしまうのなら、増田と秋元を
ローテーションすればいい話です。
下手な人や嫌いな人がボーカルをとる予定の日には、
そのファンでないものは劇場に来なければいい話です。

どうして運営はこれをやらないのですか?

おそらく仕事が増えてしまって、人件費を考えると得策ではないのでしょう。
生歌にすればレベルが下がる。口パクにすればメンバーの入れ替えで
何千パターンあるやもしれず、ミキシングの作業が増す。
かといって美人で上手い人はすでに13歳の頃から他の事務所に
抱えこまれてしまっているし、毎日劇場公演などという3K仕事はやりたがらない。

AKBシステムは、”正社員からこぼれた人材を派遣事業で使うことに似ている”
といってる人がネットではたくさんいますが、まさにそのとおりだと思います。

スピードやパンプやハロプロのやっている正社員的な仕事には入り込めない
やろうとしても火傷する、所詮、ニッチな産業ということでしょう。

投稿: まりんご | 2010.12.28 16:05

>リスクとリターンを考えれば大きくしない理由は自ずと見えてきます。
>公演は「儲けるためにやっている訳ではない」が正しい。

昔パンクロックが一瞬のあいだ天下を取っていたときの
パンクファンの発言を思い出させますね。

会場の規模をあげて演目の水準が下がるのであれば、
できないからやらないことと同じです。

それに、儲けはAKBの抱えるあらゆる問題を解決します。

儲かれば、メンバーの酷使や安月給も解消され
作曲者に高い報酬を支払うこともでき、曲のレベルも
下がらず客の満足度もそれにつれてアップします。
AKBが、芸能界で長く存命することも助けます。
いいことはたくさんあれど、悪いことなどひとつもありません。

どうして秋元陣営は、”会場のキャパを大きくする”という
すべての難題を解決する魔法の小槌を振り下ろさないのですか?
不思議でたまりません。

しないのではなく、できないのではないですか?
できていたらとっくにやっていなければおかしいでしょう。

投稿: まりんご | 2010.12.28 16:15

やはり見識が足りないと理解出来ない様ですね。
理解する気も無さそうですが。
多角的に物事を捉える柔軟性を手に入れ、自分は正しいとするその思い込みを捨てれば客観的な判断が出来るようになるのでは?

今の貴方を比喩するなら「猿山で喚き散らす猿」の様なものです。
中傷や煽りではありませんから、冷静に考えてみましょう。
無理なら所詮「猿山で喚き散らす猿」と言う事です。
冷静さを欠いている今の貴方には理解出来ないと予想しますけど。

投稿: 海霊 | 2010.12.28 16:41

解りやすく一つ教えましょう。

規模が上がると水準が下がるなら、コンサートなんて是が非でもやらないのでは?
一つの側面しか見えない貴方には難しいのでしょうが。

投稿: 海霊 | 2010.12.28 16:44

いえ、規模をあげたくないのなら、小さな劇場のまま
チケットの価格をうんと上げればいいだけです。

客のことを考えない無慈悲な手段だと怒る人もいるかも
しれませんが、これは間違った方法ではありません。

そもそも見せるショウの水準が高いのであれば
いくら値段を高くしても、それは客への裏切りではありません。
客は納得してチケットを買い、価格設定に納得しない人は
買わないだけの話なのですから。

たとえば、アメリカンフットボールの決勝のいい席は何十万、
いや何百万円と価格が高騰しますが、みな納得済みで、
誰も客への裏切りだとは思ってません。

市場原理で需要が供給に追いついてなければいくらでも
価格が高騰しようが、それで運営が儲けようがかまわないのです。
楽しめるショウでなければそもそも需要が伸びませんから。
運営ががんばって楽しめるものにしたと、みなが努力を
認めてくれたということです。

おききします。

AKBの運営はどうして劇場公演の価格を
吊り上げないのですか?

吊り上げられないのですか?上げられるんだけど
あえて吊り上げないのですか?

それは客を思いやってるからですか?
でも、これは否定されましたよ?

どんなに値段があがろうと、需要が増したうえでの値上げならば
客をおもいやっていないわけではないですからね。

それを認めるとアメフトの運営は世界一無慈悲な集団になってしまいます。

結論として”AKB運営が、需給バランスが崩れているにもかかわらず
安値で据え置いているのは、客をおもいやっているからだ”
という理屈はつかえないということです。
据え置いているのはなにか別の原因があると考えたほうが妥当です。

投稿: まりんご | 2010.12.28 17:55

なんか2人の荒らしによってコメント欄が埋め尽くされてますね。

投稿: | 2010.12.28 19:03

なんだ猿以下ですか?
経営の基本を考えれば解るのに悲しい人ですね。

子供向けのおもちゃが100万で商売が成り立つか考えてみては?
貴方の主張は「仮面ライダー変身ベルト(定価5000円)が品薄だから100万にする」これで儲かる!って言っているのと同じです。
「エンツォ・フェラーリ(定価7850万)が人気だから1億8000万にする」とは訳が違うのです。
まぁ常識も見識も無い貴方にはこんな簡単な事すら理解出来ないのでしょう。
都合が悪ければ見て見ぬふり、それでは「猿山の猿」以下ですがこれも意味が解っていないのでしょう。
自称世間を識っていて、常識もあると主張する割に基本的な事すら解らないんですね。
スルーさせて戴きます。

投稿: 海霊 | 2010.12.28 19:15

ほとんど一人だと思う

投稿: noir | 2010.12.28 19:24

>貴方の主張は「仮面ライダー変身ベルト(定価5000円)が
品薄だから100万にする」これで儲かる!って言っているのと同じです。

そのとおりです、普通は百万円にはなりません、
普通の会社なら、仮面ライダーのベルトが品薄ならば
値段を据え置いて仮面ライダーベルトを増産するからです。
AKBが劇場を大きなところに移すのとおなじことです。

いずれは売れなくなるやもしれぬ商品の新規工場を
作るのはリスキーで、撤退費用も馬鹿にならないですから、
増産といってもある程度限度はありますがね。
AKBで言えば、大きな劇場はレンタル代もかさむのと一緒です。

投稿: まりんご | 2010.12.28 19:41

ここで問題です。

どうしてAKB運営は、おもちゃ会社が仮面ライダーベルトの
工場を新規建設して増産するのと同じように、
劇場の収容人数を増設しないのでしょうか?

劇場公演は黒字ではないからか?
だから大きくすればするほど損をするからか?
公演は、宣伝効果をもくろんでの迂回投資なのか?

いろいろと答えが出てきそうですね。

投稿: まりんご | 2010.12.28 19:45

何か凄い事になってますね…

ココで質問されるのは構わないと思いますが、これまでの記事を無視した質問するのは如何なものかと思いますよ

公演が儲かるかとか、新しく劇場作るのかとか、書いてあるを読まれたらどうですか?

投稿: じお | 2010.12.28 20:57

AKB素人の自分が一連のコメント欄を傍から見ていて思ったのですが、まりんごさんはとても頭がいい方なのだろうな、とお見受けいたします。(こう書くと、私まで「猿以下('・ω・`)」と罵られちゃいそうですが・・・)

根本の主張の是非はともかく、言葉の温度が比較的一定で、反論の切り口やポイントの押さえ方にぶれがない。
むしろ、大勢の人が様々な考え方・論点から反論しようとしている分、AKB擁護派の皆様のほうが、全体として主張がぶれているように感じてしまいます。
#なので、私としては、我々が個々に反論・反応するのではなく、
#少年王氏がご自身の意見で反論なり共感なりされるだけでよいのでは、
#と思っています。なんといってもここは少年王氏のブログなのですから。

ただ、頭が良いばかりに少々利益や効率を求めすぎているように思えます。
「~~すれば儲かるのにそうしないのはなぜだ?」
といった疑問(というよりも反語)は、
「人は皆(一般に収入がよいとされる)医者や弁護士や政治家を目指すべきだ」
という主張のように感じます。かなりの極論ですが。

人に夢や希望があるように、
企業に企業理念があるように、
AKBにもコンセプトがありますよね。
公式HPにも載っている、「会いにいけるアイドル」というコンセプト。
このコンセプト≒ミッションがまず根底にあった上で、
中長期的に48プロジェクトをどうしたいかというビジョン、
そのために短期的に何をすべきかというバリューが、
運営サイドにもあるのではないかな、と思います。明文化されていなくとも。

倍率が高くなっても劇場を広くしないのは、今の客席との距離感が目指すコンセプトに一番近いと運営が判断しているから。
負担を承知で公演回数や人数を減らさないのは、今のパフォーマンスが目指すコンセプトに一番近いと運営が判断しているから。
そんな風には考えられませんでしょうかね?
納得はできないまでも、理解はできるのではないかと思いますよ。
もちろん今の運営の判断がベストだと思え、という意味ではないので、
意見があればどんどん運営に言えばよいのだと思います。
少なくともここで何百文字も打って揚げ足をとって暇を持て余すよりは
よっぽど意義があるはず。

投稿: bluesbar | 2010.12.28 22:08

bluesbar=海霊?

投稿: | 2010.12.28 22:24

いやいやw
頭が悪いから効率の話とか始めちゃうんだよ。

投稿: | 2010.12.28 22:42

お褒めいただきありがとうございます。

話を戻しますが、そのコンセプトのことなのですが、
よく考えたら、”会いにいけるアイドル”という
コンセプトは未来永劫固守できるはずがありませんね。
”会いにいけるアイドル”であるのなら、なぜ大量のCDを
売ろうとするのでしょうか?

両者は絶対に両立しないのに・・・

売れてしまったら人気者になってしまい、握手会に人が
来過ぎてしまって、一人一人に握手なんてできなくなって、
たちまち”会いにいけないアイドル”になってしまいます。

理屈で考えたら、CDを何百枚も売る人気者になりながら、
なおかつ会いにいけるアイドルなんて絶対にできるわけがないのです。
AKBファンはこれにどうして気がつかないのでしょうか?

売れなかったAKBを支えて、AKBを”売らせよう”とするという
ファンの努力は”せっかく会いにいけていたアイドルを、
わざわざ会いにいけなくさせる”という、ものすごくパラドックスを
含んだ行為となってしまうと思うのですが、どうでしょう。

売れたまま会いにいけるアイドルを無理やり続けようとするなら
おそらくメンバー全員を24時間かけて毎日、それを数年間かけて
握手会をずっとつづけないとできません。理論的に不可能です。

CDについた券を会場に持っていけば”必ず”握手ができる
というコンセプトを続ける限りは、”必ず”運営は破綻します。

投稿: まりんご | 2010.12.28 23:26

>>bluesbarさん
勘違いされていますが、罵っていませんよ。
「猿山の猿」や「とんちんかんな事を言っていると馬鹿にされる」等はあくまで「端的な比喩」です。
説明に辺り最も簡単な言葉を使い文章にしているだけで、文章を端的に書くとどうしても刺があるように見えますが喧嘩を売ったりはしていないのです。
世間知らず、見識が無いとか書くと文章上は馬鹿にしているとか罵っているとか感じるでしょうけど、回りくどい言い方ではなく端的にご本人が使った言葉で「諭しているだけ」なんですよね。
だから終始冷静にとか熱くなってないですか?とか聞いていた訳です。

…と言うかその方ハロプロファンみたいですが、ここに居る方々でハロプロを否定した人は居ないと思うんですが何でそんなに熱くなっているのか。
私はスルーするのでもう良いんですけど。

因みにここに書き込む時に名前を入れ忘れる事等はあっても、違うHNを名乗ることはありませんよ。
自演する意味も利益もありませんし。

投稿: 海霊 | 2010.12.29 00:37

AKBは握手会で握手できるから"会いに行ける"と謳ってる訳じゃないでしょ。

また、ここの筆者さんもAKBが未来永劫続くシステムだとは思ってなかったんじゃない?"少なくとも10年は楽しめるコンテンツ"ぐらいは言ってた気はするけど。

投稿: | 2010.12.29 00:50

「会いに行ける」は昔から余程の事情が無いかぎりは「何時もの場所で、何時もの公演を続けます」って意味でしたよね。
TV等でもそう明言されていた筈ですが、やはりファン以外には勘違いされるんですね。('・ω・`)

投稿: 海霊 | 2010.12.29 01:04

コメ数がついに48…

もう読むの疲れました

お帰りください…

投稿: たた | 2010.12.29 01:14

こんばんは。
私はAKBの歌唱に関しては常々思ってる事があり、この部分に関して少年王さんとは完全に意見が異なります。ショー(この場合はTV)として完成度の高いものを見せたいという事ですが、秋元氏が常々言っているように、そもそものAKBのコンセプトは半人前のメンバーの成長を応援するという事だった筈です。(半ばお題目と化してますが)歌手ではなくアイドルだから、見た目で成長がわかりやすいダンスに特化しているというのは運営の都合に他なりません。少なくとも歌手志望のメンバーが相当数いる以上、運営側でボイストレーナーとレッスンを用意するのは当然の事だと考えます。ダンスレッスンに割く時間のうち、一週間に一時間だけでもボイトレの時間に当ててほしいと切に望みます。(とはいえ正規メンバーは事務所に所属しているので、現在は各事務所が面倒を見てるのかもしれませんね)少なくとも発声レッスンは基本中の基本なので・・・喉に負担がかからない発声法を学んでいるのであれば、少なくとも公演後に声が枯れるなんてありえませんからね。原石である彼女達の可能性を色々な方向に伸ばしてあげたいですね。

また、少年王さんが言われている歌手と名乗ったことがないという部分に関して、これは完全にいちゃもん以外のなにものでもないですよ。一般視聴者はそんな事は一切意識しませんからね。歌手ではないから歌番組に口パクで出演してもいいの?って感じです。AKBのファンだけが見ている番組ではないですし、ファン以外の人たちがAKBに対してもっている意識を変える事はないですよ。私は「アイドルだからこんなもんだろ」って言われる事が凄く悔しいので、それなら振りとフォーメンションを変えてしまえばと思いますね。歌ってるメンバーは身体がブレないように振りを軽くしてあげればいいんです。またショーとしての完成度を求めるなら、某韓国アイドルのように振り付けを極力簡単にしてあげれば見栄えは良くなります。AKBの最近の曲は劇場公演も含めて複雑すぎですね。

劇場では完全口パクのメンバーがいたり被せてるメンバーがいたりで個人差がありますから、メンバーの意識や裁量によるのかもしれませんね。もし希望者がいるのであれば、たかみなのように生歌でチャレンジさせてあげてほしいです。ただ、以前(2008,9年時期)と比較すると、劇場公演自体の数が減っていますので、喉への負担が軽減されたからなのか完全口パクは少なくなっていると感じます。

後、コメントすごく面白いですw

>まりんごさん
見れない程見たくなるのが人の性ですからそれも運営は利用してますよ。まぁ柱枠廃止で応募総数は若干緩和されると思います。とは言いつつ劇場を拡張できない事や、全てのスケジュールがずれ込んでしまう最大の理由は非常に簡単で人がいないから(笑)。正規メンバーが各事務所所属になったのにも関わらず、AKSのスタッフはここ一年で倍増してますがまだまだ人が足りないようです。今まで糞運営と散々言われていたのも、実行するスタッフの手が足りてないかつマネジメントできていないからですね。G-rosso公演も外から見る分にはいくらでも言えるんですけど、担当する人間がいないのでしょう。素人に毛が生えた所からスタートしてますし、急に規模を拡大した企業によくありがちです。もっとシステム化して業務を簡略化できる部分も沢山残ってるはずなんですが、日常業務に追われて手がつけられない。あとは中心となる幹部が少ないから特定の人間にばかり負担がかかる。この辺りは実経験もあるので非常に良くわかります(笑
チケット価格に関しては、現在の運営ターゲットはT1層だと思われるので、公演の価格を上げることはないでしょう。

投稿: Satoshi | 2010.12.29 19:51

人手が手薄になるから急に拡大できないという意見ですか・・・
劇場公演が黒字を稼ぐ打ち出の小槌であるなら、
どんなバカ会社でも人を新たに雇ってでも
拡大するでしょうからあまり納得できませんが、
劇場公演が規模をふやせば増やすほど人件費などの
支出がかさむ赤字体質であるとするならば納得がいきます。

マスコミに話題をふりまく宣伝材料として割り切るなら、
看板の設置やCM枠買取とおなじような、純粋な支出と
いうわけですから、そりゃ拡大したら損になりますわな。

それに、会いにいけるアイドルとは握手会で会いにいけるという
意味ではない!劇場で会いにいけるという意味だ!とさかんに
おっしゃっているファンの人がいるようですが、
人気が出りゃ劇場だって天文学的に倍率があがってしまうのですから
しょせん”会いにいけなくなってしまう”ことにはかわりがありません。

劇場だろうが握手会だろうが、会いに行く場所がどこだろうと
人気になればいままでの何百倍も人が殺到するわけですから、
ファン一人あたりにふりわけられるサービスの質と量は、反比例して
減少するのは中学生の数学のレベルで導けます。

そのぶん、AKBのメンバーを酷使するというのなら話が別ですが、
そんなことをしたらメンバーは肉体的に壊れてしまうでしょう。

結局、会いにいけるアイドルは、不人気なままじゃないと
”会いにいけるアイドルではあり続けられない”のです。
この矛盾を解決する方法はただひとつ、いつかどこかで、
会いにいけるアイドルを廃止宣言するしかありません。

”私たちは人気が出たので会いにいけるアイドルを卒業しました!
みなさんとは昔のように会えなくなくなっちゃいましたが
みなさんが応援してくれて、売れたからこそです!みんなありがとう!”

というふうに、昭和の某重大放送のように、8月15日に
マスコミで流したらいいとおもうのですが、いかがでしょうか?

投稿: まりんご | 2010.12.30 18:13

>まりんごさん
コメントを上の方から読ませていただきました。なんだかAKBの事もあまり理解されてなかったり物事の一面しか見えていないようなので・・・あなたが仰るような白か黒の二元論で解決できれば楽なのですけど、残念ながらこの世の中そういうわけにはいかないんで(笑)
あと・・・新たに雇った人がいきなり仕事をできるようになると思いますか?そもそも劇場支配人が劇場管理以外のプロジェクトも担当しなければいけないという時点で、運営の中核となる人間が数少ない事がよくわかります。会社に例えるなら、設立して5年間ほぼワンマン体制でこれまでやってきました。去年1年間は非常に業績が良く従業員も大幅に増えました。しかしその弊害として少数でアナログな体制で運営しており、システム的に管理しきれていなかった問題がここにきて表面化しているわけです。いくら業務を拡大できそうであっても、内部を組織化しなければいずれ行き詰りますので。素人だらけの運営なら尚更です。
また単純に規模を拡大すれば儲かるのに何故やらないと仰ってますが、長期的な視野が全く欠けています。どんな経営陣であっても投資と回収期間・業界の景気を考えずに闇雲に業務拡大は行いません。そんな事するのは町工場の所長ぐらいのもんです(笑)
あなたのコメントの中に多数モーンング娘。との比較がでてきているのですが、正直メンバー個々の素質にそれほど差があるとは思いません。差があるのは所属している事務所と運営です(笑)。またコンセプトとして、素人っぽい未完成のメンバーが成長していく姿を見て応援・共感をしてもらうという事が根底にあるので、そもそも既存のアイドルモデルと比較すること自体がナンセンスな気もします。歌唱のレベルに関しては、私も納得してませんが所属事務所・運営の方針が問題なんです。アップフロントのようにレッスンさえ組んであげれば間違いなく生歌で番組に出れるレベルには持っていける筈ですから。
「会いにいけるアイドル」に拘ってますが、ここに来て転換期を迎えた以上、今後も同じビジネスモデルで運営していくわけにはいきません。そもそも現在のメインターゲット層が今までと異なるわけですから、それに即した展開を考えるのはごく自然の事です。今までのサービスを知らないファン層が大半なのですから、サービスの量が減ってるかどうかなんてわかりようがありません。ようはファンの大多数が納得してくれる選択肢を提示できればいいわけです。またかなり強引な三段論法ですが、「人気がある事」と「会いにいける事」が私には矛盾しているとも思えないのですけど、仮にあなたの仰る通りだとして、そのような宣言をして何か得する事があるのですか?(笑)

冒頭でも書きましたが、大人の世界はもっとファジーなものなんで。表の主張は白しか認めないで通していても、裏ではこっそり他の色を認めたりします。あなたの仰ってる事は聞きかじった知識だけで机上の空論に過ぎません。そもそも二元論で導ける答えなんて世の中のどこにもありません。

投稿: Satoshi | 2010.12.31 02:13

>Satoshiさん

ファンの大多数が納得してくれるような選択肢を提示できず、一過性のブームで囲い込んだ熱心な信者を主なターゲットとしているアイドルグループ(てか事務所?)を好んでいる人にそんな事を言っても無駄ですよ。きっと

投稿: | 2011.01.08 06:43

儲かっていれば、劇場の規模を大きくするのが経営の常道だ

AKBのファンは、AKBの劇場運営はちゃんと儲かっているのだといっている。

大きくさせなければチケットの裏相場は際限なく吊り上がる筈で
現にそうなっている。正規のチケットの倍率も増す。
これでは若者が苦しむばかりだ。

だが運営は劇場規模を大きくしようとはしない。

なぜ?

今の劇場は儲かっていないのですよ。拡大すれば支出がより膨らみます。
それ以上に収入があれば平気なのですが、それがない。
つまり利益はでていないと、そういうことです。

投稿: れ | 2012.01.04 14:00

>儲かっていれば、劇場の規模を大きくするのが経営の常道だ
そうなの?本当?

>AKBのファンは、AKBの劇場運営はちゃんと儲かっているのだといっている。
そうかな?赤字じゃないのか心配しているファンはいっぱいいると思う。

>大きくさせなければチケットの裏相場は際限なく吊り上がる筈で
>現にそうなっている。正規のチケットの倍率も増す。
裏相場があるならぜひ教えてほしい。買うわ。

>これでは若者が苦しむばかりだ。
若者www

>だが運営は劇場規模を大きくしようとはしない。

>なぜ?

>今の劇場は儲かっていないのですよ。拡大すれば支出がより膨らみます。
>それ以上に収入があれば平気なのですが、それがない。
>つまり利益はでていないと、そういうことです。
最後に何が言いたいのかよくわからない。
だから何?
しかも一年も前に文章に今頃。

投稿: | 2012.01.04 19:04

最後の一行ミスった。
「一年も前の文章」ね。

投稿: | 2012.01.04 19:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50397254

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論5th(その24)<改訂版>:

« 新・私的AKB48論5th(その23)<改訂版> | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その25)<全面改訂版> »