« 新・私的AKB48論5th番外編(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その4) »

新・私的AKB48論5th番外編(その3)

今回のお題は、「いただいたレスに対するお答え(その3)」

ちょっと時間が出来たので、この文章を書き始める<直前>までに戴いていたレスに対するお返事を、二回連続でまとめておきます。

(その12)
>(AKBやSKEなどアイドルは)歌・ダンス・容姿・キャラクター・トーク・演技etcのエンタメ総合力で勝負しつつ、成り立ち(歴史)やプライベートの一部を晒し共感関心を誘う

 おっしゃる通りだと思いますがSKEの立場に立った場合、AKBに対してエンタメ総合力がほぼ互角で、歴史とメディア露出が確実に劣っている場合、後発が先発に追いつくためには果たして何が必要だと思いますか。筆者は際立った個性が必要なのだと考えます。SKEの場合には”際立ったダンススキルで根性を見せる”以外に、生き残る道が無かったんだと思いますよ。努力と根性を至上の美徳とする48プロジェクトの場合、ダンスのスキルは各メンバーの通信簿の最重要項目でもあります。SKEに関しては、そこまで含めて感情移入できるかどうか、という問題なんですよね。

>高1と小5の娘がいますがAKBに関心は示してもSKEには関心を示さないですね

 そこは単に圧倒的なメディア露出の差じゃないですかね( ̄▽ ̄)
SKEにも魅力的なメンバーはたくさん居ますが、恐らくお嬢さんはほとんど知らないですよね。
逆に前田敦子と言えども、メディア露出がゼロになればひとたまりも無いと思います。

>少年王3号さんは曲とダンス(振り)のバランスについて如何にお考えでしょうか?

 ご質問とは少し違う答えですが、筆者は夏まゆみ氏の振り付けよりも牧野アンナ氏の振り付けの方が好みなんです。コミックAKB49の中で秋元康氏(本人じゃないですが(笑))が「AKBには効率の良いダンスなんて必要ない。必要なのは一生懸命さが伝わるダンスだ」と言っていましたが、牧野アンナ氏の激しい振り付けの方が、より一生懸命さが伝わってくる気がするので。

>SKEはAKBにはない何かがあると思います。

 それが何なのか具体的に示す人はなかなかいないのですが、筆者はポジションの問題だと思うんですよね。AKBがハロプロ勢を目指していたあの頃と、SKEがAKBを目指している今が、丁度重なる気がするんですよね。だから筆者的にはどうしてあの頃のAKBのように攻撃的なプロモーションをSKEが仕掛けられないのかということが、歯がゆくてしょうがないんですよね。

>ただし、ダンスが凄いだけだと
だったらプロダンサーにやらせれば?って話になっちゃうんですよね

 秋元康氏がアイドルにとって最も大切なことを考え続けて、30年かけて辿り着いた答えが「リアルタイムドキュメンタリーとして、成長の過程と“一生懸命さ”を見せる」ことを旨とするAKBだったのだと筆者は考えます。その“一生懸命さ”を見せるための道具立てとして、最も有効なのがダンスだということなのではないでしょうか。だからAKBとSKEのどちらの方が、より一生懸命さが伝わってくるのかということがこの問題の肝なんですよ、恐らく。どんなに激しいダンスでも、一生懸命さや成長の過程が伝わらなければ、結局無意味なんじゃないでしょうか。

(その11)
>(AKSの新契約書について)これってSKE側は適用されてるんでしょうかね? 最近、SKEメンバーのスキャンダルの噂が一部で持ち上がってますが…。どうなることやら…。

 前例が無いので何とも言えませんが、ピタゴラスもAKS同様に「元々芸能事務所ではなかった素人の集団」であることを考えると、恋愛禁止が契約書に明記されていない可能性は十分にあります。仮に恋愛騒動が事実だとして、実際に解雇(もしくは辞退)しようと思ったら、相当揉めるかもしれませんね。

>今現在の暗黙のルールは付き合っているとわかるツーショット写真が流出するとアウト。
>秋元も王子とのラブラブツーショット写真が出てたら解雇でしたよ。

本論の趣旨は「AKSは1~6期生に関しては、恋愛問題ではメンバーを法律的に解雇することが出来ないのではないか」ということなので、筆者的には仮に秋元才加の決定的な写真が流出したとしても、解雇という処分は法律的に不可能だと考えます。つまり辞退に追い込むしかないということになるんですけどね(笑)

>“3年ルール”が所属者全員共通のものだとすると、大島麻衣が「ミス・ヤングアニマル」に選ばれた時(当時はまだ3年経ってませんでしたよね)の恋愛宣言は「(所属してから)3年間は恋愛禁止なのでしばらくお預けですね」のようなコメントでないと矛盾しませんか?
>あと、“3年ルール”がごく最近できた全員共通のものだったとしても板野友美はもう所属期間が3年を超えるのでホリプロにおいては恋愛はセーフじゃないですかね。

 本文にもある通り、ホリプロ全員が“3年ルール”に縛られているわけではないと思うんですよね。もし筆者がホリプロ関係者ならばタレントを年数で縛るよりは、むしろ“未成年の間は恋愛スキャンダルを起こさない”という方をより重視したいんですよね。だから大島麻衣については成人年齢に達しているので基本的に恋愛に関しては問題なし、板野友美に関してはまだ成人年齢に達していないので恋愛はまだ駄目、という感じなんじゃないでしょうか。

(その10)
>だけど、じゃんけん選抜はメディア干され組のメンバーにとっては将来めちゃくちゃかかってましたよ。

そこが分かっていないメンバーが非常に多くいたように感じられたのが筆者的には頭の痛いところです。ここで名前を売らなかったら、何処で売るつもりなんでしょうかね。

>サイゾーはSKEの連載あるんであんまり言いたくないですが、分析記事ダメですね。分析どころか願望になっちゃってます

サイゾーは昔から反AKBなんですが(最近は初代K推しのヲタがライターに加わったことでまた少し微妙なスタンスになってきましたが)、SKEに関してはS2ndあたりから徹底した親SKEなんですよね(笑)。こういうのが、サイゾー的な“かうんたあかるちゃあ”って奴なんでしょうか(爆)

>女性誌の表紙の件でも、購入したのは「内容で買う層」+「AKBファン」。表紙が違えば後者は買わないわけですから、部数はもっと少なかったと思います

表紙買いをしたAKBファンって、どの位いるんですかね。少なくとも筆者は買っていないんですが(泣)。筆者は基本的に内容買いの人なのですが(だからTARZANは買いました)、女性誌2誌はあの内容では全然欲しくなかったです。同じ女性誌でも、もう少し低年齢層向けの物なら結構売れる気もするのですが、そのへんはもうアイドリングなんかに押さえられちゃっているのかな(笑)。

>小嶋陽菜に関して1st写真集である『こじはる』発売の際に出版社で激しい争奪戦があったというような事をどっかで聞いたな~と思っていたらメンズサイゾーの記事でした(笑)

負の連携プレイ炸裂、ってところでしょうか(爆)

>サイゾーや週刊誌は、嘘の記事のほうがが売れるということが
わかってやってるんでしょう。

考え方としては、基本的に東スポと同じなんでしょうね。だからとりあえずインパクトのあるタイトルさえ載せれば内容は二の次、ということなんでしょう。・・・でもAKBに関しては一般の方でも良く分かっていない方が多いので、サイゾーの記事を本当だと思い込んじゃう人が結構多いと思うんですよ(東スポの記事は、みんな嘘だと分かっているから笑って済ませられるんだけど)。だからサイゾーの記事を“既成事実”にしないためにも、誰かが正論を言っておく必要はあると思うんですよね。

>私的に、この時代にミリオン達成は驚きです。

筆者的にはAKBのミリオン達成は時間の問題だと思っていたので(まあ150万枚は売れると思っている人なんで(笑))、そのこと自体には驚きは無いのですが、予想よりかなり速かったですね~。劇的に地方でのAKBの認知率が上がっているせいだと思うのですが(大阪の方からもそういった内容のレスを戴いていますし)。

>女性誌に限れば、AKBメンバー掲載はマイナスにこそなれプラスにはあまりならない点は誤りでは無いでしょうけれどもね。

残念ながらその通りでしょうね。その辺は週刊少年マガジンの表紙をジャニタレや東方神起にしてもさっぱり売り上げが伸びそうな気がしないのと、全く同じ構造なんでしょう。その辺りを打開していくのはSDNの仕事なんでしょうけど、どうなっていくんでしょうかね。

>浮動数の上昇は一時的には良いですが、長い目で言えばハイリスクハイリターンだと思います

 筆者は現在のAKBのCD販売数を、ブームの結果だとは考えていないんですよね。CD販売数がひたすら右肩上がりのグラフを描くAKBの場合(まあジャンケン選抜で、一時的にCD販売数は落ち込むかもしれませんが)、まだブーム云々を語るよりは、如何にして全国的な認知率を上げていくかの方が重要な気がします。

>別に何処とか言いませんが、儲けに走る運営と儲け度外視で楽しみたい運営が混在している所為で現状が生まれています。

 筆者的には、AKB運営はまだほとんどイニシャルコストの回収を始めていない気がします。だって「BIGINNER」のPVって、無茶苦茶金掛かってますよ(最低でも「言い訳Maybe」の10倍以上は掛かっていると思いますね)。またCDが売れれば売れるほど握手会の会場も大きくて金の掛かる所を使わないといけなくなるわけだし、日本中であの大人数を連れて全国握手会を遣らなきゃいけないわけだし、無料イベントも相当遣っています。海外公演だって、恐らく大赤字だと思いますよ。入ってくる金額もデカイだろうけど、出て行く金額も半端じゃないです。下手をすると究極の自転車操業じゃないでしょうか。

>悪い言い方をすれば「金持ちの道楽で始めた人」と「目先の利益が欲しいから投資した人」が違う目的の為に主張しあっている訳で…。('・ω・`)

 その辺の問題も、筆者的には「大声ダイヤモンド」発売前にある程度解決済みの問題のような気がします(新・私的AKB48論4th(その16)参照)。やっぱAKS社長の出資額の割合が非常に大きくて且つ秋元康氏に全幅の信頼を置いており、AKBの業績も絶好調という状況では、中小の出資者はなかなか資金回収の話とかし辛いんじゃないでしょうか(笑)。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th番外編(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その4) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメント返信お疲れ様です。
私のしょうもないコメントにまで拾っていただき恐縮に思います。ありがとうございます。

> 前例が無いので何とも言えませんが、ピタゴラスもAKS同様に「元々芸能事務所ではなかった素人の集団」であることを考えると、恋愛禁止が契約書に明記されていない可能性は十分にあります。仮に恋愛騒動が事実だとして、実際に解雇(もしくは辞退)しようと思ったら、相当揉めるかもしれませんね。

該当メンバーが握手会から干されて信憑性が強まってしまいましたので、完全スルーは出来ない状況になってしまいましたね。27日のライブでアクションがあるか注目したいと思います。

投稿: saenai | 2010.11.24 09:00

因みに後半3つは私なのですが、浮動数上昇は過去のアイドルブームと照らし合わせると不動数とは感じられなかったので。
…よく言えば冷静に客観視した感想で、残り2つの利益度外視は秋元PやAKS社長(office48も?)、利益重視は主に広告担当の…etc...と言う意味合いでした。
元々アイドルは消耗品かも知れませんが、それでも「使い方」でどう扱っているか見えてくるもので。
今年だけでも不調でスケジュール変更が普通に数度にわたって起きています。
※河西さんは仕方ないとはいえ、前田敦さんや高橋さん、松井珠さん(去年だけでしたっけ?)等思い出しただけでも片手以上が体調不良で変更
体調管理は本人の問題とスケジュールも知らずに主張する人も居ますし、「昔の芸能界」を端的に知っていると売れてくればハードスケジュールなのは当然と訳知り顔で宣う人も居ます。
とはいえ色々な意味で「最低限」は当然ですが、あまり「大事にされていそう」と言う感じはしないもので。
まぁ…愚者の妄言かも知れませんが。('・ω・`)

投稿: 海霊 | 2010.11.24 12:09

>本文にもある通り、ホリプロ全員が“3年ルール”に縛られているわけではないと思うんですよね。
僕もホリプロ全員が“3年ルール”に縛られてはいない(というか存在しない)前提でコメントしたつもりで、ホリプロは個人個人の場合に応じてルールを決めたり対処しているんじゃないかというのが僕の意見でした。それを裏付けるものとして大島麻衣の件を挙げたのですがわかりにくかったですね。
余計な仕事を増やしてしまってごめんなさいm( __ __ )m


投稿: DJRS | 2010.11.24 13:39

海霊さん

松井珠理奈は9月末に1回、11月頭に1回倒れています。
9月末のときは夏休み期間中1回もまる1日オフの日がなかったことによる疲労の蓄積でしょう。
その後も3日休んですぐ仕事詰めで11月頭に倒れるまでオフの日は1・2回程度だったと記憶しています。
3日休んですぐ仕事詰めってパターンなんですが、だんだん倒れるまでの時間が短くなっている気がします。
倒れるまで休めないスケジュールってのは問題だと思いますね。珠理奈(を含む中学生メンバー)の場合、平日に午前中オフで午後から仕事って言われても学校があるわけで、オフにはなりませんからね。

そもそも義務教育を受けさせない時点で違法なわけで、「芸能界はそういうところ」では済まされないと思います。
スケジュールの全体像を把握していれば「何日連続だからこの日は休ませる」といった判断が出来るんでしょうが、そういったこともしていないようですし、そもそも「連続勤務は何日まで」といったスケジューリングのポリシーもなければ、児童労働に携わるものとしての最低限のコンプライアンスもないような気がします。

1:仕事を断ってでも適度に休ませて体調を維持させる
2:来る仕事は断らず倒れるまで詰め込んで仕事に穴をあける

どちらの方が信用を失うか誰でもわかりそうなものですが、SKE運営は後者を選んだようです。

板野友美も昨日の握手会で気分が悪くなって休憩を長くとったりしたようです。
大事にするどころか、売れるときに売れるだけ売って使い捨てる気満々のようにしか見えませんね。
子供を使って商売する以上は、その子の将来に責任を持つべきだと思うんですけどね。

投稿: | 2010.11.24 14:21

>>名無しさん
あ、やはり今年もでしたか。
やっぱり私以外にも「そういう風」に見えているんですね。
※大事にされていない

秋元Pさんとか表向きは「気を遣っている」様に発言していますが、やはり実際(現場)はそうでも無いですよね。
ある種「根性」とも言えるのでしょうが、あまり良いものではありませんね。

投稿: 海霊 | 2010.11.24 19:46

はじめまして

松井珠理奈に関しては、以前書かれたように、短距離型の体力があだになって、トップスピードて突っ走って、ガス欠になるとパタッといく感じですね。

それよりも問題なのが、彼女の精神状態です。(その4に書かれてますが…)
ブログを読む限りですが、倒れて2〜3日休む度に、不安と焦燥感で押し潰されそうになっている感じです。これは、性格から来るのかも知れませんが…。

AKB上位メンほどでないにしても、忙しいのは事実でしょうし、仕事が無いよりは遥かにいい事だとも思います。しかし、何度か倒れれば、原因も明白なハズにも関わらず、何の手立ても立ててないように見える運営には頭が下がります。

投稿: かじ | 2010.11.25 03:36

秋元康の問題は、まず選挙と称し金を大量に使わせゴミCDを廃棄させた。
自分の好みでタレントを選び後は、安い金でコキ使う。
選挙は、出来レースであり、最初から決まっている。
能力が無いから秋元康Pを頼るんだよ。能力があれは、自分で応募すればいい。レコード会社等に。
最大の問題は、AKSの未成年労働だ。選挙で104位の娘が解雇されている。
正当な理由が無いと解雇できないんだよ。しかし13歳じゃ理解出来ないじゃないか?こっそりクビを切る。反論できない。

投稿: なべちゃん | 2011.07.04 14:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50114089

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論5th番外編(その3):

» トラックバック失礼いたします。m(_ _)m [AKB48の激レア写真集・DVD・CDが激安!]
初めまして、いつも楽しく拝見させていただいてます!^^ 実はこの度、 『AKB48の激レア写真集・DVD・CDが激安!』 というサイトを立ち上げましたので トラックバックをさせて頂きました。m(_ _)m 手前味噌で大変恐縮ですが 非常に有益な情報をご提供できると思っておりますので ぜひ訪問いただければと思います。 万が一不要な場合はお手数ですが削除ください。 これからも応援させていただきます!^^ 大変失礼致しました。m(_ _)m ... [続きを読む]

受信: 2010.11.25 00:23

» 「AKB48 VISUAL BOOK 2010 featuring team B」 |松村 昭人 /城方 雅孝 /伊東 創 /斉藤 明 /平塚 秀貴 [見つけます]
「AKB48 VISUAL BOOK 2010 featuring team B... [続きを読む]

受信: 2010.11.25 18:53

» HAU BLANCHE-(ハウ ブランシュ)2way・ジュエリー・アクセサリー・誕生石 [HAU BLANCHE]
モデル、芸能人が愛用、オンオフどちらも心地よく過ごす着替えが嬉しい2WAYピアス、ふたつの誕生石と想いを包みこむセミオーダージュエリー [続きを読む]

受信: 2010.11.29 18:34

« 新・私的AKB48論5th番外編(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論5th番外編(その4) »