« 新・私的AKB48論5th(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その8) »

新・私的AKB48論5th(その7)

今回のお題は、「もしもAKBメンバーでサッカーチームを作ったら」

 今回は「サッカーヲタ」的視点で。AKBのメンバーでバスケのチームを作るのなら、超簡単なんですよ。秋元才加(元バスケ市代表)、宮澤佐江(元バスケ部)、増田有華(元バスケ大阪市選抜優秀選手)、近野莉菜(元バスケ部)、大堀恵(元バスケ市大会MVP…ちょっとブランクが長すぎるか?)くらい揃えれば、大抵の相手となら互角以上に渡り合えるでしょう。しかしサッカーとなると、かなり難しい。「僕のYELL」のPVを見て色々考えたのですが、あのメンバーならば2枚のフォワードは、スポーツ万能の仲川遥香と、テニス静岡大会4位の実績を持つ島田晴香でベストでしょう。女子の場合、学生時代にサッカーをやっているというケースは非常にまれなので、AKBでも“経験者”というのは非常に難しい(例外はあるのですが)。そう考えると、他の競技での実績とか、単純に運動能力の高さとかでしか判定出来ないと思うんだよね。実際に「僕のYELL」のPV撮影の際も、ほとんどガチで試合をしたとメンバーが公演で言っていましたが、PVに写っている以上にボコボコに点を取られて、一点も取れないまま負けたようです(爆)。でもまあ仲川遥香と島田晴香のツートップで一点も取れないなら、あのメンバーならば誰がやっても絶対点は取れなかったでしょうね。

 とまあ言うことで本題なわけですが、もしAKB全メンバーを対象にサッカーチームを作って、PVのリベンジに出かけるとしたら、果たしてどんなチーム編成が最適かという話です。どう考えても相手の方が格上だと思われるので、システムに関してはディフェンシブなフォーメーションからカウンターを狙うスタイルしかないと思うんだよね。なのでFW2枚、MF5枚(と言いつつその内のボランチの二人は実質DF)、DF3枚で考えていきます。ということでまずフォワードからですが、筆者的には、仲川遥香と島田晴香は、当たり負けしなさそうな体幹の強さと豊富なスタミナを考えれば、むしろボランチかディフェンスに回したい。ところで実はAKBにはサッカー(正式にはフットサルだけど)の経験者がいるんですよ。もうお解かりと思いますが、ホリプロフットサルチーム“ザナドゥ”の面々ですね。その中で比較的フォワードとして評価の高い板野友美と、得点を取って優秀選手に選ばれたこともある河西智美に、眼をつぶってお願いしてしまいましょう。どうせ他に経験者なんていないわけだし、ドリブル突破型の板野と、ポストプレーの河西と考えれば、そんなにバランスも悪くないのかもしれません。

 司令塔のポジションは、大島優子以外考えられません。俊足・戦略的頭脳・闘争心と、どれをとってもAKB随一と言えるのではないでしょうか。スタミナに若干の不安が有る気もしますが、まあ大島が倒れた時点で負けが決定な気もするので(笑)、あまり関係無い気がします。左右のサイドは秋元才加と宮澤佐江のツインタワーで。両者とも足が速く、運動量が豊富で、背が高くポストプレーにも向いているので、理想的なサイドと言えるでしょう。後はきちんとボールが蹴れるのかという問題ですが、まあその点は<<全員に言えることなので>>今更言ってもしょうがないことですよね(笑)

 ボランチ2枚は(前述した通り)仲川遥香と島田晴香のはるごん・しまごんコンビで。この二人は本当に当たりが強そうなので、数多いと思われるAKBチームの危機を、体を張って救ってくれそうな気がします(あくまでも願望ですが)。さて筆者的にあんまり自信の無いDFですが、まず最初の一人目は高城亜樹。164cmの長身と高校テニス特待生の運動神経に全てを賭けます。二人目は内田眞由美(注:この文章を書き終えた後で、実は内田眞由美がかなりのサッカー経験者だったことが判明。ポジションはどこだったんだろ…)。身長は低いながら極真空手緑帯(週プレより)のパワーとしつこさで、ぜひマンマークで相手のエースを潰して欲しい。三人目は増田有華。身長162cmも魅力だけど、何よりバスケ大阪市選抜優秀選手の実績を見込んでセンターバックをお願いしたい。最後にゴールキーパーですが、これは最初から決めていました。北原里英ですね。北原はハンドボールの経験が有り、週刊AKBでの体力測定でも(足こそあまり速くないものの)かなり高いパフォーマンスを出していました。打ってつけだと思うんだよね。

 とまあ言う編成になったのですが、如何でしょうか。作戦としては、基本的に全員で自陣に引いて(足の遅い河西位は敵陣に残すか?)、相手にボールが渡ったら全員で団子になって相手からボールを奪います。で、奪ったら即座に敵陣にロングボールを蹴り込み、同時に秋元・大島・仲川らの俊足メンバーがボールに向かって突進します。さらにフォーワード2枚と宮澤はゴール付近でフリーになるように動き回り、味方からボールが来たら即座にゴールに流し込めるように備えます。…まあサッカーの戦術としては<<最も軽蔑される>>類の代物なんだけど、基本的に経験者がほとんどおらず、ドリブル、ボールのキープ、セットプレーに全く期待できない以上、この位しか遣り方は無いと思うんだよね。

あと控えに関しては、FWは163cmの長身で、元陸上部で俊足の田名部生来。DFは164cmの身長で、根性根性ド根性の大家志津香といったところでしょうか。いずれにしても実現はほぼ不可能と思われるので、この編成が正しいのかの証明もほぼ不可能なわけですが、筆者的には結構満足いったので(でもDFはもう少し考える余地があるかな)、良いことにします。あと、どうでも良いけど新旧チームKのメンバーばっかりなのがちょっと気になる所ではありますが、そもそもチームKというのはそういうもんだとしか言いようが無いですよね(笑)。SKEについてもちょっと考えてはみたんだけど、すげー大変そうなのでまた今度と言うことで(機会は無さそうだけど)。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その8) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

なかなか面白いお題ですね

自分が思うにバスケに関しては、ちかりな(近野)よりもあきちゃ(高城)かなと
あきちゃは週刊AKBの球技大会のポートボールでも活躍してたし、バスケ経験者でもありますしね

サッカーに関しては、うっちー(内田)はDFにしては高さが足りないと思うので、それよりはスーパーサブ的な役割の方がいいかなと
代わりは、体力測定で何をやっても中の上だったゆきりん(柏木)はどうでしょう?
高さはあるしキャプテンですからね、ディフェンス陣を引っ張ってくれそうな気がします

投稿: | 2010.11.13 23:23

平嶋さんもバスケ部でしたよね?
運動が出来そうには見えないですけどね(笑)

ツートップはコンビとして面白いと思うけど
河西さんはプレー中にボールを手で持っちゃう子ですよ!
いいんですか?(笑)

研究生を入れるなら鈴木紫帆里の長身も捨てがたいです。

投稿: マサ | 2010.11.14 00:40

はじめまして
いつも楽しく拝見していましたが、ちょっと自分の守備範囲の記事だったのでコメントさせていただきます笑

フォーメーションですが、違ったら申し訳ないのですが少年王氏は10年くらい前のサッカーが好きなのかなと
当時は3バックも4バックも同じくらいありましたし、司令塔を置くスタイルが主流でしたから
あの頃の中田英は本当に素晴らしかったですね

私が考えるには、まずフォーメーションは4-5-1、しかも今年のW杯で日本がとった形式(3ボランチ)と全く同じでいいと思います
1トップは背が高く体が強い秋元か宮澤のどちらかに決定です(残った片方はセンターバック)

それで大島と板野を両サイドのオフェンシブハーフに置いて、経験者らしい内田を中盤の真ん中に置いたら
なんとか攻撃らしいものはできそうです

後ろの残ったボランチ二人はごん二人でいいとして、ディフェンスに関してはクロスあげることができるサイドバックがいるとは思えないので
背の高さ、体の強さで選んで増田、高城、秋元(宮澤)、大家あたりと考えます

これでガッチリ引いて固めてカウンターを狙っていけばそこそこやれそうな気はするんですけどね
まあ体の使い方とボールの扱いに慣れればの話ですが

ちなみに河西はフットサルではいいでしょうがフルコートでは戦力になる気がしません笑


今クールでは少年王氏独特の視点からのユーモア溢れる記事が多くなっていますが
ぜひタイムリーな話題(ミリオン、じゃんけん等)についての分析も期待しております

投稿: リバウール | 2010.11.14 01:58

内田はサッカー経験者、強気な性格、という事で自分が監督だったらFWですね、身長の低さは周りに身長高いメンバー置いたらいいんじゃないでしょうか。
秋元はどのポジションでも仕事してくれそう。

投稿: ブルーベリーソース | 2010.11.14 02:24

今回はとても少年王さんらしい記事にで楽しく読ませてもらってます。

ついにSKEもモーニング娘。とぶつけて来ましたね‼
まぁSKEが勝つと思いますが(笑)

最近竹内美宥をパフォーマンスをみていて
この子はなにか違う!と今更ながら感じました。
よければ筆者さんの竹内美宥についての分析を書いていただけたらなと思います。

菊地あやかおぎ祭で鏡の中のジャンヌダルクをセンターでついにやりましたね!

投稿: | 2010.11.14 08:37

>自分が思うにバスケに関しては、ちかりな(近野)よりもあきちゃ(高城)かなと

確かにそうかもしれません。あと大島優子もド本命ですね。

>平嶋さんもバスケ部でしたよね?
運動が出来そうには見えないですけどね(笑)

在籍はしたようですが、AKBの活動のせいでほとんど部活動はやっていなかったようです。ただ水泳(特に平泳ぎ)はエキスパートで、小学校時代三校大会で優勝経験あるとのことです

>研究生を入れるなら鈴木紫帆里の長身も捨てがたいです。

確かにおっしゃる通りかもしれません。運動は何をやっていたんだろ?

>サッカーに関しては、うっちー(内田)はDFにしては高さが足りないと思うので、それよりはスーパーサブ的な役割の方がいいかなと

マンマークなら何とか使えないですかね。せっかくの経験者なんで、どっかには入れておきたい気がするんですが。

>代わりは、体力測定で何をやっても中の上だったゆきりん(柏木)はどうでしょう?

筆者的にはパワー不足な気がするので、使い所が難しい気がします。だって握力7kgだし(*^.^*)

>フォーメーションですが、違ったら申し訳ないのですが少年王氏は10年くらい前のサッカーが好きなのかなと

おっしゃる通り、フランスワールドカップ前後の日本代表を参考にしました。どことやっても相手が格上という状況が似ていると思ったものですから( ̄▽ ̄)

>まずフォーメーションは4-5-1、しかも今年のW杯で日本がとった形式(3ボランチ)と全く同じでいいと思います

筆者的に日本型のワントップの場合、FWが壁になってボールを貰ったらひたすらボールをキープしながら味方の上がりを待つというのが基本戦術のような気がするので、そこまでのキープ力があるメンバーはAKBでは難しいかな、という感覚を持ちました。あるいは内田眞由美ならば、そこまでのキープ力が有るのかもしれませんが、果たして・・・。

>河西さんはプレー中にボールを手で持っちゃう子ですよ!
>ちなみに河西はフットサルではいいでしょうがフルコートでは戦力になる気がしません笑

やっぱり、そう思いましたか(^-^;

>内田はサッカー経験者、強気な性格、という事で自分が監督だったらFWですね

正解な気がします。ポジションがどこだったのかは未だに不明ですが、一番の経験者は、やっぱり点を取るために使うべきですよね。

>ついにSKEもモーニング娘。とぶつけて来ましたね‼

今回はモー娘。も逃げずに受けて立ってくれるんでしょうか(笑)
むしろ今後激突する可能性が高い、韓流アイドルこそきっちり叩いておきたい所なんですけど、果たして。

>最近竹内美宥をパフォーマンスをみていて
この子はなにか違う!と今更ながら感じました。

間違い無く、2年後のAKB選抜のセンター候補の一人でしょうね。ただ筆者的に文章をまとめている時間があるかどうか(笑)

>菊地あやかおぎ祭で鏡の中のジャンヌダルクをセンターでついにやりましたね!

結構推して貰っているとは思うんで、後は本人の自覚の問題ですね。

投稿: 少年王3号 | 2010.11.14 21:40

菊地あやかなどについて書いた者です。
筆者さんお答え頂きありがとうございます。
非常に感謝いたします。

韓流は‥きてますよねえ笑
たしかにかなりの勢いがありますよね。
今年の紅白でどうなるんだか楽しみです。
またハロプロも対AKBとしてそろそろなにかしてくれるんじゃないかと期待しているんですけど‥なかなかないですな笑

投稿: | 2010.11.14 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50018329

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論5th(その7):

« 新・私的AKB48論5th(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その8) »