« 新・私的AKB48論5th(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その10) »

新・私的AKB48論5th(その9)

今回のお題は、「韓国一の美脚グループの日本上陸に、本当にAKBは真っ青なのか???」

 そろそろ朝鮮日報や日刊ゲンダイ、JCASTニュース(ここも徹底してアンチAKBだね)の記事がうざくなってきたんで、一度まとめておこうと思います。

http://www.j-cast.com/2010/09/17076254.html?p=2
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=23gendainet000126014


>元「モーニング娘。」メンバーの安倍なつみさんが、日本のアイドルグループは自分が「モー娘。」だった頃に比べ「厳しいレッスンをしていない」と批判した。それと対照的に韓国のアイドルは頑張っている、と持ち上げた。

 そんなにも安倍なつみ氏在籍時のモー娘。のダンスって、他人を貶められるほどにすばらしかったですかね。まあ現在のモー娘。よりは切れが有ったかもしれないけど。鬼の夏まゆみ氏のレッスンを受けると、自分だけが苦労してきたんだっていう気持ちになっちゃうのかな。AKBには鬼の夏まゆみ氏に加えて大鬼の牧野アンナ氏まで居るんだけど(笑)、現役を引退しちゃっている身としてはどうでも良いことかな。現実問題として、BUBKAが「日本アイドル史上最高のダンスチーム」と称えるSKE48チームSに関して言えば、少なくとも絶頂期には、安部なつみ氏在籍時のモー娘。よりも間違い無く過酷なレッスンをやっていたと思います。だってパフォーマンスはチームSの方が、間違い無く上だし。ダンスのレッスンをし過ぎて高校留年と学業不振による卒業がボロボロ出ている(本当は良い事だとは思わないけれど)チームSの現状を考えると、むしろもう少しペースを落とした方が良いんじゃないか、という気持ちになる位です。まあ安部なつみ氏の意見はあくまでも個人の感想に過ぎないんで、それが正しかろうが間違っていようが本人だけの問題に過ぎないんだけど、それを根拠に日本のアイドルグループを叩いたJCASTニュースには、言い訳の余地は無いと思うんだけどね。

>韓国のグループがダンスや歌の実力で日本を上回っているのは、デビューまで3年から6年、レッスン期間を設けるためで、日本の6カ月から1年程度を遙かに上回っている

 もう対象がどのグループなのかも全く判らないので、この文章自体が捏造に近い感覚です。例えば東京女子流は、メンバーはまだティーンですら無いにも関わらず結成前から数年間のダンス経験があるメンバーを揃えています。48プロジェクトに関しても、今の研究生の半数以上はダンススクールの経験があるんじゃないかな。ももクロに関しては、過去にダンス経験があったかなんて、今更気にするファンなんて居やしないでしょう。今の日本のアイドルは、レッスン以前にダンススクールに通っているなんていう事はごく普通であり、ダンス経験で韓国のグループが上回っているなんていう結論を安直に出すことなんて、絶対に出来ない筈なんだけどね!。AKBに関して言えば、そもそも劇場公演自体がレッスンの一環なわけで(みんな忘れていると思いますが、AKBの初期コンセプトは“アイドル虎の穴”です)、どの時点がこの記事が言う所の「デビュー」なのかなんて、明確に示せるわけがありません。もう一つ、AKBの振り付け師である牧野アンナ氏の言葉を引用すると、「AKB48劇場で毎日歌って踊るシステムって、ものすごい発明だと思いますよ。中途半端にスクールみたいなのをやってレッスンで育てようとするよりも、まだ初心者みたいな子でもどんどん人前に出す。お客さんに見られることで緊張感を持つし、もっと上手くなりたいとか、失敗したら悔しいという気持ちにもなりますから。ステージに出る事が練習の一環にもなる、あの劇場の意味は強いです」(クイックジャパンVol87より引用)とのこと。この言葉の意味を噛み締めれば、レッスン期間の長さを誇る事が如何に無意味な事かなんて、一目瞭然ですよね。

>韓国は芸能を振興する国策もあり、大勢の中からずば抜けた才能を選りすぐる(芸能評論家:肥留間正明)

 爆笑モノです!!!。そもそも国がくちばしを挟む類のエンタテインメントに本当に面白いものがあるとは筆者には到底思えないのですが、肥留間氏に言わせれば「国家が後押しをしてスーパーエリートをスカウトしてエンタテインメントを作らせれば(あるいはやらせれば)、大衆が泣いて喜ぶすばらしいものが出来上がる」ということのようです。…なんか典型的な共産主義的な考え方だね。筆者はアニヲタなので、韓国が国策で作った糞アニメを山ほど見てきました。友人達からは「絶対に面白い物なんて無いんだから、人生無駄にするだけだから辞めた方が良い」という忠告を再三受けていたのですが、それでも一本位はまともな物がある筈だと思ってこの10年間歯を食いしばって見続けてきました。結果は、…惨敗です(泣)。「虹の戦記イリス」も「装甲救助部隊レストル」も「幻影闘士バストフレモン」も「ワンダフルデイズ」も、人生の無駄使い以外の何物でもありませんでした(泣)(「スフィアーズ」は少しまともかな。日本未放映だけど)。これが「芸術を振興する」韓国の「ずば抜けた才能を選りすぐ」った結果なわけです。

>(韓国の芸能人に)共通するのは日本の芸能人に比べ大柄で、才能に恵まれ、努力もし、学歴も高い(ので韓国の芸能人の方が、日本の芸能人よりも優れている)

 アイドルは大柄で学歴が高ければ売れると、肥留間正明氏は本気で思っているんですかね?。日本人で「学歴」を持ち出す人はなかなかいないんですが、肥留間氏は韓国の方なんでしょうか。まあ自分から、日本人に比べて「才能に恵まれ」とか言えちゃうような人達とは、筆者的には親しくお付き合いはしたくないですけどね。100歩譲ってここまでの議論には眼をつぶるとしても、肥留間氏にはエンタテインメントの本質というものが全く判っていない気がします。上記の文章が「オリンピックを目指すアスリート」の話だったらまだ意味は判るんだけど、肥留間氏の視点はどこまでも本人達の問題だけで、お客さんの視点が完全に抜け落ちているんだよね。筆者に言わせれば、エンタテインメントにおいて最も重要なのは、大柄な体でも、突出した才能でも、高い学歴でも無く、お客さんが喜んでくれるか、くれないか、ただそれだけの問題だと思うんだよね(努力は非常に重要だと思いますが)。その部分の分析にたっぷりと時間を掛けてきたAKBと、この期に及んで「大柄で~」「学歴が高くて~」なんて戯言を言っている韓流アイドルとでは、勝負は始める前から決していると筆者は断言できます。

>韓国だけでなく中国からも日本進出が始まり、このままでは日本の芸能界は浸食されてしまう(芸能評論家:肥留間正明)

 典型的な被害妄想ですね。まあ筆者としては今よりもテレビが10倍面白くなるなら、出演者が韓国人でも中国人でも一向に構わないのですが、日本の芸能が韓国や中国の芸能に負けてしまう予感は<<全くしない>>ですけどね!(爆)。逆に韓流アイドルが日本市場に金を懸けすぎて身動きが取れない間に、AKBの台湾への上陸を果たした秋元康氏の辣腕の方が、一枚も二枚も上手だよね。このままAKBに韓国に逆上陸されたらと思うと(先陣を切ってSDNは韓国に上陸しましたが)、韓流アイドルも生きた心地がしないでしょうね(笑)(←音楽産業自体が崩壊した韓国に本格上陸して、何のメリットがあるんだと言われると困るんですけど…)。筆者はアニメにせよ特撮にせよゲームにせよ、全て日本から海外に進出していくモデルしか見てきていないし(「冬のソナタ」が日本製ゲーム「君が望む永遠」の丸パクリだという認識はみなさん待っていらっしゃいますよね)、日本の現状における文化的優位性不利性に関してはきちんと認識できているんで、肥留間氏に「韓国と中国が日本の芸能界を狙っていて危ない!」とか闇雲に危機感をあおられても、「だから何で?」としか言い様が無いんですよね(笑)。

>客席は8割以上が女性で、すでに一緒に歌って踊れる状態の人もいたという

 筆者が韓流アイドル対して最も興味津々なのは、実はこの点です。女性アイドル(←アーティストでは無い)で、男性ファンが見向きもしない状況で大成功(と本人達は主張しているわけですが)なんてことは前代未聞のことであり、女性ファンだけの人気で今後ずっとやって行くなんていう事が本当に可能なのか、という所に非常に大きな興味を持っています。だってなんだかんだ言って少女時代の10万4千枚のCDセールスは、日本のアイドルグループでは48プロジェクト以外には全く手が届かない数字であり、どんだけプロモーションに金掛けてんのよ?っていう話ですよね。一説によると血筋的に近い方が買っている、という話もあるようですが、それにしても男性ファンは本来居て当然ですよね?。なので韓流アイドルが今後どうなっていくのか、非常に楽しみに見させてもらっています(笑)。何か毎月シングルやアルバムをリリースしている商売の遣り方を見ていると、短期間に集中的にプロモーション費用を突っ込んで、有り物の曲を全部金に換えたらとっとと撤退という気がしてならないんだけど、気のせいかな~(爆)

 もう一つこれらの記事が根本的に認識が間違っているのは、AKBと韓流アイドルは必ずしも敵対する関係では無いということです。韓流アイドルも「打倒AKB」なんて全然言っていないし、そもそも少女時代のバックアップをしているのはプロダクション尾木なので、むしろどう共演するか位の勢いですよね(笑)。まあプロモーションに予算の大半を注ぎ込む旧態依然とした韓流アイドルにとっては、プロモーションには目もくれずひたすら組織整備とファン・コミュニケーションに全力を傾ける最新型のAKBのノウハウは、喉から手が出るほど欲しい所だしね。まあ“金の切れ目が縁の切れ目”にならなきゃ良いんですけど(笑)。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論5th(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その10) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

確かに、牧野アンナは鬼、大鬼?ですよね。
この前、放送された牧野さんのドキュメンタリー番組を見たんですが、アクターズスクールでトレーナーしていた時にレッスン厳し過ぎて最終的には生徒から不満や罵声を浴びせられて土下座して泣いたと語っていて、この事があって牧野さんは優しく…
なってない全然相変わらず鬼だわ。
でも丸くはなったんでしょうね。
あと、怒ってくれる人が居るって大切ですよね。
なんだかんだで秋元康がメンバーを怒鳴りつける事がないようなので。

投稿: 八百屋 | 2010.11.15 11:11

「君の望む永遠」ではなく「君が望む永遠」ですね

投稿: | 2010.11.15 21:42

肥留間氏の芸能記事はひどくステレオタイプで一般の方が述べられているようなものに自分は思えました。評論家とはとても思えません。
少なくとも今のアイドルに関しては門外漢なのだと思います。

投稿: saenai | 2010.11.15 22:05

初コメ。
ゆとり左翼頭の僕にはヒートアップしすぎてるように思えますが。

他者のコメント
>「君の望む永遠」ではなく「君が望む永遠」ですね
僕も思った。どうでもいいけど。冬ソナとキミノゾ(?)どちらも名前くらいしか知らないけど、茶髪のキャラクターが出てきそう。

僕にとってSKEは地元のクラブチームで、他のアイドルグループは他国のナショナルチームなので他の国のアイドルグループは他の星のチームって感じなんですが、AKBの記事に名前が出てきたりするので気にならないでもない。バカなのでどちらが優れているか分かりませんが、僕は自分が理想とする形を取るアイドルを好きになるのではなく、好きになったアイドルがやってることを好きになります。そもそも理想なんてなく、無批判に受け入れるだけなんですが。

投稿: 金太 | 2010.11.16 00:26

>「君の望む永遠」ではなく「君が望む永遠」ですね

訂正させていただきますm(_ _)m

>牧野さんのドキュメンタリー番組を見たんですが、アクターズスクールでトレーナーしていた時にレッスン厳し過ぎて最終的には生徒から不満や罵声を浴びせられて土下座して泣いたと語っていて

しょせんアマチュアだということなのでしょうね。だから牧野氏的にはこういうことがあるから、「中途半端にスクールでやるよりプロとして劇場でやることが重要」という結論になるのでしょうね。

>肥留間氏の芸能記事はひどくステレオタイプで一般の方が述べられているようなものに自分は思えました

韓流アイドルに関しては、すでに肥留間氏の記事のような形にイメージを固められてしまったんですよね。だからこの記事の目的は肥留間氏個人を叩くことではなくて、現在韓流アイドルに関して広まっているイメージに如何に問題が有るのかということをまとめてみたかったということです。

>僕は自分が理想とする形を取るアイドルを好きになるのではなく、好きになったアイドルがやってることを好きになります

それでも最初に好きになるのにも、何らかの理由が有るからだと思うんですよね。その理由がマスコミの捏造や、誤ったイメージのせいではあってほしくないというのが、筆者がこうした文章を記している理由です。

投稿: 少年王3号 | 2010.11.16 07:46

“AKBと韓流アイドルは必ずしも敵対する関係では無い”というのは確かにそうかもしれません。
ただ、“今年の紅白にSKEが出場する”という点では障害になっているのではないでしょうか。

この先、SKEの紅白出場に関しての記事をまとめてくださるとの事なのであまり深くは触れませんが、
以前「AKB48の2008年度紅白歌合戦落選がSKEにとって痛すぎた」と書いてらっしゃいましたが、
SKEが今年を逃してしまうのは、あの時以上に取り返しのつかない痛手になる気がします。

あと、韓流アイドルについてはたしか(その10)でまとめるって言ってましたよね(笑)
少年王さんの嘘つき(◎`ε´◎ )

投稿: DJRS | 2010.11.16 20:33

前から疑問だったのですが、あんな低俗雑誌をいちいち相手にするのもどうかと思います。

投稿: ぱかぱか | 2010.11.17 21:08

夏まゆみは大嫌いです。
あの女は人として損してます。
怒る人は不要!
優しく接しなきゃ人は育ちません。

投稿: マイベイ | 2010.12.13 14:22

安部なつみ言ってること正しいAKB嫌われものアイドルグループだよモーニング娘バカにするな

投稿: 遠田考貴 | 2011.06.25 09:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/50034553

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論5th(その9):

« 新・私的AKB48論5th(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論5th(その10) »