« 新・私的AKB48論4th(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その15) »

新・私的AKB48論4th番外編(その1)

今回のお題は、「今後のラインナップについて」

 …なんか今回は更新速度がボロボロで、穴だらけになっちゃってるんですが(泣)、決してネタに詰まっているわけではなく(というか筆者はブログを始めてから、マジでネタに詰まったことは一回も無いので)、単純に遅筆すぎて、ある程度書き溜めるか定期的に時間が無いと更新が全然間に合わないんですよね。一応今回頭の中で構成が終わっているもののラインナップは以下の通りなんですが(構成が終わっていないものはこの倍位)、果たして最後までいけるかどうか…。まあ状況次第ですかね(笑)

・「AKBのCDが150万枚売れるとする根拠」)(※:1回では全く収まらないことが判明したので、4~5回位になるのかな)
・「AKBにおける“数字”の重要性と、今後のポスト前田敦子の後継者候補の変遷」
・「2年後のAKB選抜センターは誰なのか」
・「来るべきJPN48のメンバー編成とフォーメーションについて」
・「フレンチキスの所属レコード会社は、本当にエイベックスでいーの?」
・「AKBのチーム別ファンの抗争の歴史」
・「メンバー評:中西里菜(卒業生)」
・「メンバー評:山内鈴蘭(9期研究生)」
・「メンバー評:竹内美宥(9期研究生)」
・「秋元康氏の、アイドル関係以外のお仕事について」
・「日本の経済不況がAKBにもたらした影響」
・「アイドルの産業革命~企画量産品としてのAKB48」(※2:一応これが最終回の予定。…一年経っても完成しないんですけど(泣))

 という所です。順番はこの通りでは無いですし、これ以外のものが入ることもあるし、全部書ける保証もどこにも無いのですが、今回は更新頻度がボロボロであることも含めて、自分にプレッシャーをかけるためにも一応並べてみました。…誤字脱字に関しては、一応チェックはしているのですが漏れも多く、皆様には不快な思いをさせてしまい大変申し訳なく思っています。今後もスケジュールが切迫するにつれて見逃がし等が多くなることが考えられます。もし気になる点がありましたら、ご指摘いただければ対応させていただきます。本当に申し訳ありません。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論4th(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その15) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

初めまして。いつも楽しく読ませていただいております。
今後のラインナップも非常に楽しみです。

厚かましいお願いですが、個人的にメンバー評で1人、増田有華についても触れてほしいと思ってます。
彼女はここ最近、妙にメディア露出が増えていて、かなり短絡的ですが、NMB移籍の布石ではないだろうか?
と思っていて、1番気になるメンバーなのです。

もしお時間に余裕があれば、お願いいたします。

今後も楽しみにしています。

投稿: saenai | 2010.09.05 21:31

どちらかと言うと「フレンチキス」の命名はあれで良いのか?と言う方が気になります。

まさか英語で言うと「ディープキス」って意味だとわかっていない訳では無いんですよね?

現実問題としては二十歳前後には等身大であっても些か問題ないでしょうが、彼女達の状況やイメージを考えればオーバーエイジの方が等身大の表現に適している気がします。
メンバー(柏木さん?)が「爽やかな感じ」みたいな発言をしていた覚えがありますが、「理解した上で敢えて誤訳(軽いキス)の"フリ"をしている」のか「本当に本来の意味を知らずに誤訳を"イメージ"している」のか疑問を感じずにはいられません。
Pや他の関係者も誤訳している人がいるから「敢えてそう付けた」のか、スタッフに語学にある程度通じている人がいなくて「本気で知らなかった」のか不思議です。
皆さんはどう思いますか?

投稿: 海霊 | 2010.09.06 10:37

>>海霊さん
欧米では確かに「フレンチキス」=「ディープキス」との認識が広く一般的ですが、あくまで一般的なだけであって海外でも地域によっては「日本人がイメージするような軽いキス」の意味を指す場合もありますよ。
だから必ずしも「フレンチキス」=「ディープキス」でそれ以外は間違いとは言い切れませんよ。あと、「ディープキス」は和製英語で、それを英訳するとしたら「フレンチキス」です。

本人達や周りの関係者の考えはわかりませんが、このような人によって認識の異なる名前を付けるのは個人的にアリだと思います。
「フレンチキスってディープキスのことでしょ?」って思ってる人にはそのギャップが「関心を持つためののフック」になるんじゃないでしょうか。
また、清純路線ではメンバーが言うような「爽やかな感じ」のままで行けばいいし、大人の女性を意識した楽曲に挑戦する際には「今回の曲は『私達がイメージしてきたフレンチキス』ではなく、『欧米の方が広く認識しているフレンチキス』のように大人なイメージです」などと言ってプロモーションするいい材料にもなると思います。

投稿: DJRS | 2010.09.06 19:52

>>DJRSさん
その考え方は確かに面白いですね。
秋元Pも英語は出来るはずですし、A関係者も英語くらい出来るでしょうから「敢えて」の線はかたいですね。
本人達はどう思っているか疑問ですが。
しかし、違和感を拭えないのは意味を知っているからなのか。('・ω・`)

投稿: 海霊 | 2010.09.07 09:23

>>海霊さん
僕の考えが多少なりとも参考になったみたいで嬉しいです。本人たちがどう思っているか前回は(僕は)わからないと書きましたが、おそらく彼女達もシックリはきてないんじゃないでしょうか?
男性アイドルを挙げるのもなんですが、ジャニーズのユニットの名前もメンバーは結成当初は気に入らないケースが多いみたいですし。(SMAPやKinkikidsとか)

また、海霊さんが違和感を拭い切れないのもしょうがないと思います。名前に限らず初めに受けた印象ってなかなか頭から離れませんし、理解しようとして飲み込めるものではないですしね。
ただ、彼女達もまだスタートして間もないですし、これから活動していく中で単語の意味に囚われずに「フレンチキス」を自分達色に染めていけばいいと思いますし、しばらくそれを見守りましょうよ。

投稿: DJRS | 2010.09.09 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/49358839

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論4th番外編(その1):

« 新・私的AKB48論4th(その14) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その15) »