« 新・私的AKB48論4th(その16) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その18) »

新・私的AKB48論4th(その17)

今回のお題は、「AKBのCDがMAX150万枚売れると筆者が考えるワケ」(その三)

<3:なんだかんだ言ってアイドルなんて若い方が良いのだから、これだけ大量にライバルが立ち上がれば一つ位AKBを追い抜けるんじゃないか>

 現時点でAKBを他のアイドルが追い抜くことは、システムの問題で難しいと考えます。本来後発(パクリ系)の方が有利なのは、最初に始めた連中の成功点と失敗点を分析して、それを自分達のやり方に取り入れられるからです。しかしAKBに限っては、分析は可能でも、パクることはどうしても出来ない。なぜなら新興のリアル系アイドル達が、<<専用劇場を持つことは、実質的に不可能>>だからです。みんなAKBの肝が専用劇場にある事位、すぐに判ります。しかし他のアイドルが専用劇場を持つことが実質不可能なのは、凄まじい金額のイニシャルコスト(初期投資費用)をどうしても捻出できないからです。だって本家AKBがその姉妹グループを立ち上げようとしても、スポンサーがどうしても見つからず立ち上げを断念するよう有様なわけです。以前にも書きましたが、AKBは秋元康氏のコネクションをフル活用することによって、イニシャルコストを半額程度に抑えているものと考えられます。そんなAKBでも新規チームの立ち上げは難しいのに、その2倍もコストがかかる他のアイドルに専用劇場を持つことなんて、無理なのは当然のことと言えるでしょう。

 専用劇場を持つことが出来ない他のリアル系アイドルの多くは、地道に街頭や商店街でパフォーマンスを行っています。筆者としてもこうした地道な活動を否定する気持ちは全く無いのですが、AKBとの差が縮まっているのかと言えば、むしろ広がっているとしか言い様が無いですよね。こうしたシステム的な優劣は、努力と根性だけではなかなか埋まらないものだけに、よほど革新的な事をしかけない限り、AKBの優勢をひっくり返すことは難しいと考えます。現時点での新興のリアル系アイドルの中でトップを走っているのは「ももいろクローバー」だと筆者は考えていますが、如何にパフォーマンスが優れていようと、根性と気合があろうと、AKBを徹底的に分析しようとも、システム的な劣勢を打開するのは生半可なことでは難しいでしょうね。

 “若い方が良い”に関しても、半年に一度オーディションを行い、若年メンバーを研究生として次々と加入させているAKBの方が、むしろ若くてかわいい娘が多い、という逆転現象すら起こりかねません。メンバー固定の他のアイドル達は、どうしてもメンバーのピークをどこか一点に設定せざるを得ないわけですが、AKBの場合は常に新メンバーを入れ続けている結果、<常に誰かがピークを迎えている>と言える状況になりつつあります。…むしろ筆者には、他のアイドルのどこに逆転の芽があるのか、全く判らない状況なんですよね。最近では韓流女性アイドルの日本進出が続いており、一部の人達は彼女達にAKB打倒を期待しているようですが、リアル系アイドルですらない古いスタイルの韓流女性アイドルが、最初に用意したプロモーション費用をすべて使い果たした後で、どういう打開策を持っているのか非常に興味のあるところです。…まさか何も考えていないという事は無いですよね??

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論4th(その16) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その18) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

確かにAKBに勝てそうな女性アイドルは見あたらないですね。

ももクロが確かAKBと同じレコード会社になったと思うんですが、アイドリングみたいにコラボする可能性はあると思いますか?

AKBにとっても話題性という意味で得すると思うんですが?

投稿: 来週来ます | 2010.09.07 01:37

今の各方面の圧倒的な露出量的に有名になり名前も知れ渡りファンの増大にそろそろ歯止めがかかる頃合いだと思います。(1〜2年以内に)
かつてモー娘が好きの私が体験したように、ライトファン層は最盛期の愛着が強いため今のメンバーがやめていくとファンがその都度減っていく流れになると思うんです。
つまりアイドルは大ブレイクした瞬間にグループ内の順列が決まり若い誰かが加入しようが上位は不変になると思ってます。
ということで、今後ポスト前田や大島が誕生というのは不可能に近いと考えてますがどうでしょうか?

投稿: ぱかぱか | 2010.09.07 06:48

ぱかぱかさんのコメントの最後の一センテンス
「今後ポスト前田や大島が誕生というのは不可能に近いと考えてますがどうでしょうか?」
の大島は優子のことだと思うのですが、無理やり麻衣だと思いこんで読むとおもしろい気がします。

投稿: wfroasaka | 2010.09.07 12:11

私は現状AKBと勝負できるのは昔でいうところの山口百恵や松田聖子や中森明菜など、アイドルから歌手に化けることのできるくらいの歌唱力をもった歌で勝負するソロのアイドルだと思う。

投稿: ヘム | 2010.09.07 12:51

前田、大島にかわっての次世代のセンターは、ストレートに今の人気、ポジション、年齢、安定感などを考えると渡辺麻友なのでは?やっぱりこうなると小野の卒業がAKBにとっては痛いですね。


投稿: たまご | 2010.09.07 17:49

>ももクロが確かAKBと同じレコード会社になったと思うんですが、アイドリングみたいにコラボする可能性はあると思いますか?

コラボは、・・・筆者的には無い筈、と考えます。アイドリングとAKBはファン層がほとんど異なっていたので単純にファン数が合算される可能性があったのですが(上手くはいきませんでしたが)、ももクロとAKBはファン層が完璧に重複しているので(というかAKBからももクロに移った人や、兼ヲタが多い)、仮に実現してもメリットはほとんど無いのではないでしょうか。

>今後ポスト前田や大島が誕生というのは不可能に近いと考えてますがどうでしょうか?

秋元康氏はインタビューで、モー娘。の凋落要因とし「人気メンバーを安易に卒業させたから。AKBはそんなことはしない」と言っています。方法はまだ判りませんが(もしかしたら本当に「チーム卒業生」なのかもしれませんが)、何か腹案があるのは間違い無いでしょうね。ちなみに筆者は「ポスト前田」は可能だと考えています。

>私は現状AKBと勝負できるのは、アイドルから歌手に化けることのできるくらいの歌唱力をもった歌で勝負するソロのアイドルだと思う。

筆者はシステム至上主義者なので、ローテクでハイテクをひっくり返すのはなかなか難しいと思いますが、でもそんな逸材が現れたら本当に面白いですよね。

>次世代のセンターは、ストレートに今の人気、ポジション、年齢、安定感などを考えると渡辺麻友なのでは?

「AKBにおける“数字”の重要性と、今後のポスト前田敦子の後継者候補の変遷」にてまとめる予定です。

投稿: 少年王3号 | 2010.09.10 05:53

来週来ますさんのコメント:
>ももクロが確かAKBと同じレコード会社になったと思うんですが、

に対する少年王3号さんのご返答:
>正確にはSDNと、ですね。

についてですが、ももクロは今回AKB48と同じレコード会社(キングレコード)に移籍しましたよね(正確にはスターチャイルドなので、AKBとは別レーベルですがw)。

一方、SDN48が今回デビューするのはユニバーサルからで、これはももクロ移籍前のレコード会社ということになりますね。

・・・お節介でスミマセン。

投稿: かばくま | 2010.09.10 21:15

(;ω;)>一方、SDN48が今回デビューするのはユニバーサルからで、これはももクロ移籍前のレコード会社ということになりますね。

がびーん(;ω;)

いつの間にかそんなことになってしまっていたのですね。
しかしユニバーサルも、絶対ももクロの方が韓流女性アイドルよりも将来性がありそうなのに、馬鹿なことをするもんだなあ。

でもまあ、スターチャイルドとYou, Be Cool! ではレーベルも別扱いっぽいので、お互いの感情を考えてもコラボは難しいのではないでしょうか。

コメントに関しては、お詫びをして訂正させていただきますm(_ _)m

投稿: 少年王3号 | 2010.09.12 17:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/49374589

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論4th(その17):

« 新・私的AKB48論4th(その16) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その18) »