« 新・私的AKB48論4th番外編(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その16) »

新・私的AKB48論4th(その15)

回のお題は、「AKBのCDがMAX150万枚売れると筆者が考えるワケ」(その一)

 『AKBのベストアルバムは全世界で2000万枚のセールスを記録、CDの総売り上げは11億枚を超えギネスを書き換えた!!(「AKB49恋愛禁止条例」より』とまでは、流石の筆者もかましきれないのですが(爆)、まあ2年後に150万枚は順当な所じゃないでしょうか。表題の内容とリンクする形で、「AKBの全盛期は現在であり、もうすぐ下り坂になる」とする<<広くマスコミに浸透している考え方>>について考えていってみたいと思います。まあ、どれもさも当たり前見たいな書き方をしていて、理由とかさっぱり書いて無いんで根拠とか良く判らないのですが、前後の文書から推測するに次の5点を問題視しているのかなと。

1:過去の女性アイドルで、5年以上人気が続いたものが無い
2:単純に女性アイドルは劣化が早く、エースの前田敦子は19歳なのでもう無理
3:なんだかんだ言ってアイドルなんて若い方が良いのだから、これだけ大量にライバルが立ち上がれば一つ位AKBを追い抜けるんじゃないか
4:現在はCD不況で嵐ですらCDを70万枚売りあげることが出来ないのに、AKBごときがそれ以上CDを売れるはずがない
5:アンケートを取るとAKBの知名度は20%程度であり、こんな少ない人数に大量のCDを買わせる様な商売が長続きする筈が無い

と言った所でしょうか。…まあAKBに対する理解度がもう少し高ければ、こんなことはどれも制約要因には成り得ないという事はすぐ判ることなんだけどねえ(泣)。一つ一つ見ていってみます。

<1:過去の女性アイドルで、5年以上人気が続いたものが無い>
 まずAKBが積んでいる最先端のシステムについて考える必要があります。劇場主導などの現実的なコミュニケーションをとるリアル系アイドルのファン層は、テレビから入ってきたファン層に比べてロイヤリティが高いと言われており、一瞬にして飽きられて他のアイドルに乗り換えられる、ということは比較的起こりにくいようです。まあそれでも年齢が上がっていくにつれて、(アーティストとしての魅力は上がっていくのかもしれませんが)アイドルとしての魅力は下がっていくという現実は間違い無くあるでしょう。その対策として頻繁なオーディションによるメンバーの入れ替えという方法があります。この点に関してはモー娘。は10年以上続いているという意味では、比較的上手くやったと思いますが(そもそもこれほど存続したアイドル自体が他に例がない)、やはり全盛期は最初の5年ほどでした。恐らくこれがAKBは5年で凋落するとする、最大の根拠でしょうね。ではモー娘。とAKBは何処が違っているのかというと、いっぱい有り過ぎて全てを取り上げ切れませんが(笑)、(上記の分も含めて)主な点を上げていくと、

(1)「リアル系アイドルの強み」:メディア露出型アイドルであるモー娘。と劇場主導のリアル系アイドルであるAKBの、ファンのロイヤリティの強さの違い
(2)「メンバーのリフレッシュの方法の違い」:AKBは頻繁なオーディションの結果がメンバーの入れ替えではなく増員という方法を取ったので、人気メンバーの脱落によるファン離れがそれほど進んでいない
(3)「ネットワーク社会への完全対応」:AKBはインターネットやCSを完全に使いこなしている。また最近は雑誌展開も強烈ですね
(4)「企画力の優秀さ」:秋元康氏が20年間掛けて溜め込んだ、アイドルプロモーションのノウハウの完全投入(「台本の無い所に笑いの神は降りてくる」「何をやるにも絶対ガチ」など)
(5)「AKBは最初からブレーキの付いていないダンプカー」:所詮演歌主体のレコード会社であるハロプロの制約を受けるモー娘。と、あらゆるスポンサー・テレビ局・出版社などに貸し借りを持たず、電博相乗りで広告代理店の制約すら受けないAKBの、やれることの質と量の違い

 主な点を上げるとこんな所です。詳しい内容は今までにも散々書いてきたので大体お判りのことと思いますし、内容が次項以降と重複するものもあるで詳しくは触れませんが、どう贔屓目で見てもモー娘。とAKBが同じ土俵で競い合っているとは到底思えないですよね(笑)。これらを一切無視して、両者が同じにしか見えていないマスコミ各社は、心底勉強不足だと思いますよ。

<続く>

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論4th番外編(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その16) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく読ませていただいてます。

あの、毎回思ってまして今回もなんですが、誤字脱字がありますよ。
記事を書いてからUPするまでに、何度か読み返してみてはいかがでしょうか?
生意気言ってすみません…メンバーの名前など(今回ではなく)ちょっと筆者様は誤字脱字が多いように感じましたので。

投稿: あずき | 2010.09.05 11:19

ずっと読ませていただいてます
Around50は半分ウソ
50をけっこう過ぎてますが、AKBはまってます

>知名度は20%程度

誰も靴をはいてない土地に行った靴のセールスマンの話を思い出しました
もっと売れるはずですね

投稿: ARD50 | 2010.09.05 12:03

知的欲求を満たす数少ないアイドル考察として楽しく読ませて頂いております。

あずきさんの仰る通り誤字脱字については気になります。せっかくの記事を自ら貶めることになります。
お忙しい中大変でしょうが・・・。精査してくださいね。

ところで少年王3号さんは昨日9月4日放送のインディ学院をご覧になりましたか?
最後になっちゃんのアップが映ったのですがかなり厳しいものが映りました・・・。
ふっくらなっちゃんの方が彼女は可愛いと思いますが今回はあまりにも残念だと感じます。
リア充も良いですがダイエット宣言した彼女があのような状態では・・・。
有言実行が彼女の本分だと思うのですが忙しくてそれどころでは無いのでしょうか。

メディアにAKBがこれだけ取り上げられる中、ビジュアルを磨く努力が見えないメンバーが多すぎる気がします。
その点どうお考えでしょうか?

投稿: ワイズマン | 2010.09.05 16:29

150万枚とは大きく出ましたね。関西にもNMBもできますし、可能かもしれません。ただ、CDをお客に買ってもらうためには握手会などは続ける必要があるでしょうね。お世辞にも、テレビで見ただけで、買ってもいいと思えるような曲はありません。曲自体に目新しさもないですし、芸術性も今一つです。歌の感想としては昭和の焼き回しと言う印象です。買う動機とすれば、応援するために買う意外の要素が少ないのがAKBの特徴だと思います。ただ、これだけ仕事が忙しくなると、その面は研究生やSKE、NMBにその辺は任せていくのかもしれません。ただ、やりすぎると大勢には受けなくなる傾向もあります。150万枚より、25万枚をコンスタントに出していく方がこのグループのスタイルにはあってると思うのですが、いかがでしょうか。

投稿: ren | 2010.09.05 17:15

>メンバーの名前など(今回ではなく)ちょっと筆者様は誤字脱字が多いように感じましたので
>お忙しい中大変でしょうが・・・。精査してくださいね。

いつもご不快な思いさせてしまい、大変申し訳ありませんm(_ _)m
今後とも注意していくつもりではおりますが、もしお気づきの点などありましたら、ご教授いただけますと幸いです。

>メディアにAKBがこれだけ取り上げられる中、ビジュアルを磨く努力が見えないメンバーが多すぎる気がします。

おっしゃる通りだと思います。それは推しだとか推しじゃないとかとは一切関係ない話です。テレビ向けにキャラを固めるとともに、ビジュアルに気を使うのはアイドルとして当然のことです(この二つは8割以上の確率で、両方とも出来ているか、両方とも出来ていないかなんですよね)。それ判らなければ、遅かれ早かれAKBを去ることになるのではないでしょうか。

>テレビで見ただけで、買ってもいいと思えるような曲はありません

難しいところですね(笑)。人によってはAKBの楽曲は非常にレベルが高いと評する人もいます。約千曲の中からコンペを行っていると言われるAKBの楽曲の場合、全ての作曲家が無能だと言うのでなければ、選んでいる秋元康氏らに問題があることになります(まあ古い人だからねえ)。筆者的には、ハロプロ勢の曲よりはずっと良いんじゃないかなと思っているのですが。

>25万枚をコンスタントに出していく方がこのグループのスタイルにはあってると思うのですが、いかがでしょうか

この点に関しては「日本の経済不況がAKBに与えた影響について」にて触れます。

投稿: 少年王3号 | 2010.09.05 20:30

>難しいところですね(笑)。人によってはAKBの楽曲は非常にレベルが高いと評する人もいます。約千曲の中からコンペを行っていると言われるAKBの楽曲の場合、全ての作曲家が無能だと言うのでなければ、選んでいる秋元康氏らに問題があることになります(まあ古い人だからねえ)。筆者的には、ハロプロ勢の曲よりはずっと良いんじゃないかなと思っているのですが。

そうですね。いろいろな意見があって当然だと思います。あくまで私だけの意見である可能性もあるわけで。ただ、AKB48の作品が、選抜だけにしても10人以上歌っている現状では、10人用にあった作品を選ぶしかないわけです。また、ユニットにAKB本体より良い作品を回すのも、戦略上あまり取りたくないんじゃないかなぁと邪推しています。あくまでユニットの曲などを観ていると、AKBの延長上のユニットという気がするのです。仮に、ソロやユニットで人気が出過ぎると卒業の動機が上がり、人気メンバーの流出にもつながるわけで。確かにAKB48は卒業を前提としていますが、楽曲の提供と言う意味では、支援しているようには見えません。卒業してほしいのが建前だが、人気メンバーの卒業は困ると言うジレンマを考えれば当然のような気もしますが。

投稿: ren | 2010.09.05 22:26

AKB48はモー娘などアイドルと比べるより、宝塚などと比べるべきなんじゃないかと私は思います。

もちろんアイドルと宝塚と半々ぐらいでという事ですけど。

多分、秋元康が作詞つくれる限りはAKB48は存続するんじゃないでしょうか?


投稿: 高島物産 | 2010.09.06 08:06

マスコミにしてみればここ数年で世間一般の人もピンと来る大所帯なアイドルユニットってやはりモーニング娘。
あたりしかないだろうし、仕方がない気はしますけどね。
確かにマスコミは勉強不足でしょうが、少年王さんは勉強しすぎですよね(笑)

投稿: DJRS | 2010.09.06 19:54

>確かにAKB48は卒業を前提としていますが、楽曲の提供と言う意味では、支援しているようには見えません。

一人に楽曲提供をしてしまうと、歯止めが掛からなくなってしまう可能性が高く、そこを懸念してのことではないでしょうか。

>AKB48はモー娘などアイドルと比べるより、宝塚などと比べるべきなんじゃないかと私は思います。

確かに宝塚に関しては、AKBと比較しようと思って調べたこともあったのですが、表面上やっている事は同じように見えても、思想面では大きく異なっているため難しいですね。2年ほどペンディング中です(笑)

投稿: 少年王3号 | 2010.09.10 06:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/49355218

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論4th(その15):

« 新・私的AKB48論4th番外編(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その16) »