« 新・私的AKB48論4th(その10) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その12) »

新・私的AKB48論4th(その11)

今回のお題は、「『代々木第一体育館でのコンサート』におけるサプライズについて」

 AKB選抜総選挙に関しては、不公平である前提も含めてあまり文句を言う気は無いんだけど、18thシングルのカップリング曲のエントリー別のメンバーの組み合わせは本当に酷い。これこそ出来レースと言われてもしょうがないんじゃないですかね。単純にエントリ別のメンバーの総選挙での得票数を合計していけば、どう考えても最初から前田敦子のユニットの圧勝以外ありえません。大島優子のユニットには他に選抜メンバー2名がいるんだけど(これも反則じゃないですか?)、得票数的には二人合わせて前田敦子のユニットの河西智美と互角くらいしか無いよね。板野友美のユニットには他に一人も選抜メンバーが入っておらず、この三つのユニット以外には上位二つのユニットに匹敵する総選挙での得票数を持つものは一つもありません。…せめてもう少し、総選挙での得票数が互角に近くなるような組み合わせは無かったのかね。ここで投票で前田敦子に勝たせておかないと、という運営の下心は大変良く判るんだけど、それにしてもここまで露骨にやらなくてもね。

 勝算を度外視しても、やっぱりこの組み合わせは納得がいかないんだよね。もしメンバーの方向性と曲のイメージの一体感を重視したというのなら、多田愛佳・田名部生来・石田晴香は、アニメソングに廻してあげるべきだったんじゃないでしょうか(逆に仲川遥香・中塚智美はアニメ知らなそうだし)。指原莉乃・佐藤夏希・大家志津香は、企画モノこそふさわしかったのでは。梅田彩佳・菊地あやか・片山陽加なんかは、ダンスナンバーの方が面白かったんじゃないかな。というわけでなっちゃんなんだけど、…今更板野友美の後ろでバックダンスを踊るわけ?。本人はどう思っているかはもちろん判らないけど、筆者的には全然納得がいかないんだけど。つーか、“U”に集められたメンバーって、基本的に初代Kか新生Kのメンバーなわけで、その中になぜなっちゃん(小森美果もだけど)が入っているのかさっぱり理解出来ません。まあ絶対に勝てそうにない組み合わせだし、実際ボロ負けしちゃったんで、どうでもいいんだけどさ(個人的には、峯岸みなみのユニットに行って欲しかった)。

 ジャンケン選抜もねえ…。なんかトーナメント表を見た時点で萎えちゃったんですけど(笑)。なっちゃんの相手として、最悪初代Bメンはしょうがないと思ったんだけど、一回戦の相手がよりによっていきなり初代A時代に苦労を分かち合った峯岸みなみですか(峯岸みなみも、完全にやる気を失っているようですが)。そいでもって2回戦の相手が(順当にいけば)柏木由紀との新生BのキャプテンVS副キャプテン対決ですか。…一番当たりたくなかった二人だよねえ。こんなことなら渡辺麻友とか前田敦子を相手にする方が、よっぽど応援のし甲斐があるというものです。まあ対戦表まで含めて運次第なんで、どうしようもないんだけどさ。もう一つ、筆者がジャンケン選抜に対して不満なのは、ファンが「予想する楽しみ」をほとんど持てない事です。これが例えば“あっち向いてホイ”ならば、「○○と△△の勝負ならば、○○の方が頭が良いから有利なんじゃね?」って感じでファンがあれこれ予想する楽しみがあったと思うんだよね。他にも腕相撲(これの予想は楽しそうです)とか、クイズの早推し(これも予想は楽しそうでしょ)とか、眼をつぶって片足で立って長時間立っていたメンバーの勝ちとか、何かファンが予め予想するための根拠になるものがあった方が、絶対に楽しいと思うんだよね。「それだと不公平になる」ということであれば、対戦種目を複数用意しておいて、そこからくじ引きにすれば良いことだと思うし。次回があれば、ぜひご検討をお願いします。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論4th(その10) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その12) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

わたしもあのカップリング曲のは不公平だと思いました。
運営はどこまでもあっちゃんを推しますよね。
どうせならわたしは秋元さやかに勝ってもらいたかったです。
じゃんけん選抜は 
正直あきれたというか・・・応援しようがないし
あんまり楽しみじゃないです。

投稿: あさみ | 2010.08.26 22:45

個人的にじゃんけん選抜に公平さが感じられないのですが、筆者様はどう思われますか?実際にガチでじゃんけんしているかなんて、運営、メンバーにしかわからないですし、何を出す、勝敗はどうするなどあらかじめ決まっていないとは思えません。多少はサプライズ当選を含ませたドラマはあると思いますが、それも台本があってのことなのでは…と疑ってしまいます。それなら総選挙の方がある程度の予測ができる分、真実であり公平ではないでしょうか?

投稿: あゆみ | 2010.08.26 23:54

どうせなら「ドンジャラ」とかはどうでしょう。
せっかくのライセンス商品なんだし、PRも兼ねられますし。

練習で一回ずつでも対戦させて、メンバーの大まかな力量をみる。
その結果の戦力分析や、選抜大会オリジナルの役やローカルルールを
載せた公式ガイドブックを発売する。
運だけでなく戦略性も関わってくるし、頭は使うけれどもクイズみたいな
知識を問われるわけではないから必ずしも「頭がいい」とされてるメンバーが
有利ではないので予想するのも楽しい気がします。
(まあ運営側の準備は面倒くさそうだし、時間も掛かりそうですが)


今度こういう選抜の決め方をする時は前述の「どんじゃら」みたいに、バンダイ等の玩具メーカーや
ゲームソフトのメーカーにでも話を持ちかけてタイアップしてはどうですかね。
CMとかが決まれば運営側としても美味しいし、タイアップした商品で選抜を決めれば、今のAKBに対するマスコミの注目度なら、その宣伝効果は莫大でメーカー側も十分美味しいと思います。

投稿: DJRS | 2010.08.27 01:19

じゃんけん選抜は運営としてはそこまで売れなくても良いと考えてるのではないでしょうか。
それで、いつものメンバーじゃないと売り上げが伸びないことをファンに見せ付けるという魂胆です。

一番萎える展開は、敗者復活戦が急遽できて強メンが勝ち上がることですかね。
ここの運営はそれがありそうで怖いです(笑)。

投稿: | 2010.08.27 01:34

私は、じゃんけん選抜は、いつもの選抜メンバーが年末忙しくなるので代わりに他の子を出す理由にしたかったんじゃないかなーって思ってます。(まぁ、じゃんけんにも勝ってしまった、いつもの選抜メンバーは仕方ないですが)
なので、もう「公平に」とかは気にする必要はあまりないのではないかと。
マスコミの注目度はかなり高いでしょうし、いつも干されてるメンバーがそこでじゃんけんに勝って注目されたら、そのメンバーにとってはおいしい企画になるかもしれないですしね。

投稿: りゅう | 2010.08.27 01:47

今回のカップリングの選抜の目的は、とにかく前田敦子を勝たせて前田敦子のファンを落ち着かせるというのが目的ではと思います。総選挙の敗北は前田敦子のファンにとっても初の敗北でショックがあったと思う、それはもう選挙の結果だからしょうがないと受けとめられずにいるんだよねファンは。それが異常なまでの新センター優子批判に向かっているファンもいるので、今回、公平ではないが前田敦子のグループが優子のグループに勝ったという構図にして、やっぱり前田敦子の方が上だという優越感を前田敦子ファンに与えて落ち着かせようとしていると感じます。

投稿: ハム太郎 | 2010.08.27 05:22

私もあっち向いてホイとかの方がずっと良かったと思います
じゃんけんだと事前にいくらでもいじりようがありますからね
個人的には、勝敗は事務所の力や運営の推し順によっても事前に決まってそうだと思います
まゆゆ推しですが、前田敦子と渡辺麻友だったら前田敦子の勝利が既に決まってる可能性が高そうだし、まゆゆの勝ちあがりは諦めてます

投稿: | 2010.08.27 09:09

色々と、興味深く読ませていただきました、じゃんけん選抜については、興味は無いのですが、
今回の選抜で、おもしろいと思ったのは、対象がAKBのみで、SKEが対象外な所。
AKB至上主義者は、SKE排除を喜んでいるようですが、これは、AKBがSKEに対して、上位のグループとして活動するのを止め、東京ローカルのアイドルグループに戻るような意図を感じますね。

NMB成立を契機に、AKB/SKE/NMBはそれぞれで独自のCDを発売しながら、
AKB選抜+SKE選抜+NMB選抜+SDN選抜+卒業生選抜から編成したチームが、上位グループ(JPN48?)として活動を開始しそうな気が。
そうすれば、AKB/SKEを卒業しても、AKB/SKEと協力して活動できるなら、卒業のデメリットも最小限に出来そうで、メンバーも安心して卒業に踏み切るかも。

投稿: | 2010.08.27 15:43

>(ジャンケン選抜で)何を出す、勝敗はどうするなどあらかじめ決まっていないとは思えません

すでに一回戦で同じプロダクション同士で激突するホリプロは、このジャンケン選抜のために会議を開いたと言われており、いきなり本命の板野が勝つのかがヤオガチの最初の試金石と言えるでしょうね。

>どうせなら「ドンジャラ」とかはどうでしょう。
>せっかくのライセンス商品なんだし、PRも兼ねられますし。

非常に筆者に近い考え方です(笑)。確かにかかる時間が問題ですが、武道館で短時間でやるという方針を諦めて、CSの麻雀番組のような見せ方でプロの解説付きとかにすれば、それ自体が売り物になる可能性もあります。またどれかの番組で毎回15分位づつ時間を取って、半年位かけて対局を見せていく手もあります。かなり有望なんじゃないでしょうか。

>それで、いつものメンバーじゃないと売り上げが伸びないことをファンに見せ付けるという魂胆です。
>一番萎える展開は、敗者復活戦が急遽できて強メンが勝ち上がることですかね
。ここの運営はそれがありそうで怖いです(笑)。

どちらも無いとは言えませんよね。”CDが売れなくても良い”とは考えないでしょうが、19thシングルは投票券などの目玉企画が無いとすればいつものメンバーでいっても売り上げ枚数が減る可能性があり、その言い訳のためというのは十分考えられます。

>私は、じゃんけん選抜は、いつもの選抜メンバーが年末忙しくなるので代わりに他の子を出す理由にしたかったんじゃないかなーって思ってます

当然“有り”な考え方ですよね。

>異常なまでの新センター優子批判に向かっているファンもいるので

そんなことをやっている人もいるんですねえ(笑)

>まゆゆ推しですが、前田敦子と渡辺麻友だったら前田敦子の勝利が既に決まってる可能性が高そうだし、まゆゆの勝ちあがりは諦めてます

いやいや、ここは諦める所じゃないです(笑)。前田敦子と渡辺麻友は所属プロダクションが異なっており、力関係もほぼ互角なので、ここでこそ“ガチ”のジャンケンが見られると思いますよ。

>今回の選抜で、おもしろいと思ったのは、対象がAKBのみで、SKEが対象外な所

SKEは独自にCDを連続してリリースしており、それとのバランスとを取るためではないでしょうか。

>NMB成立を契機に、AKB/SKE/NMBはそれぞれで独自のCDを発売しながら、
AKB選抜+SKE選抜+NMB選抜+SDN選抜+卒業生選抜から編成したチームが、上位グループ(JPN48?)として活動を開始しそうな気が。

この点に関しては、筆者にとっては2年以上前からすでに決まっている“確定事実”です(爆)。卒業生までは難しいかなという気もしますが(それよりも先に「チーム卒業生」を立ち上げないと)。

投稿: 少年王3号 | 2010.08.29 11:27

自分はあっちゃん、まゆゆではなく増田が勝ち上がったら面白いと思ってます。
二人のファンの皆さんすいません。

あと、SKEが参加しないのと、AKB研究生が一部しか参加しないのは、じゃんけんがガチなのでSKEとか研究生が沢山勝ち上がったら困ると思ったからじゃないでしょうか?


同じ所属事務所対決の時は八百長があるかもしれないですけど…。

投稿: 谷口 | 2010.08.30 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/49260894

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論4th(その11):

« 新・私的AKB48論4th(その10) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その12) »