« 新・私的AKB48論4th(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その10) »

新・私的AKB48論4th(その9)

今回のお題は、「7月になっても『アイアムソーリーヒゲモ~リ~』が放送されていないわけ」

YAHOO知恵袋より
質問
>AKB48の新番組は本当ですか?
>「AKB48のアイアム ソーリー ヒゲモ~リ~」と、「AKB48の足長おじさん」の2つが>あるんですが、本当だと思いますか?
>噂だと、どちらも日テレのゴールデンと言う事なんですが・・・。 

ベストアンサー
>おそらく嘘だと思います。
>話は進んでたんでしょうけど、今の実力、スケジュールとかの都合でポシャったんだと思います。
>それで代わりに「AKB 900sec.」が企画されたんだと思います。
>これも日テレで7月始動ということなので、さすがに2つも番組が始まることは考えにくいです。

 YAHOO知恵袋を見ていたら、ちょっと気になったもので。別に答えてくれたこの人に何の責任がある訳でも無し、酷い中傷があるわけでも無し、それになりに妥当な回答だと思います。ただ本来AKBヲタとしては、あんまり受け入れなくない答えであるのは間違いないですよね(笑)。実力が無いとか言われちゃってるんで(笑)、本音を言えば、<<帰ってきた答えがこれ一本で無ければ>>ベストアンサーには出来るだけ選びたくなかった所です。筆者的な考えを言わせて貰えれば、おそらくこの2本の企画は、1本の番組に対するコンペだったんじゃないですかね。だから一応2本とも名前自体は表に出たんだけど、まだ決定では無かったと。「AKB900sec」も、「AKB600sec」に変更されちゃったし。でもAKBの新番組が現在放映されていない本当の理由は、実力やスケジュールの問題ではないし、番組自体がポシャッたわけでもないと筆者は考えます。

 まず「実力」に関してですが、…ぶっちゃけ今のAKBに地上波全国ゴールデンが背負えなくて、一体誰になら背負えるというのでしょうか(むしろそっちの方が興味が有る所です)。AKBの番組は凄まじい数存在しますが、今の所視聴率不振で打ち切りになったものは一つもありません。降板した「すいえんさー」にしても、視聴率では教育テレビ的には期待値の3倍以上を叩き出していましたし、視聴率不振といわれる「週刊AKB」も、DVDの売り上げもあって採算的には全く問題ないという話です。「スケジュール」の問題でもありませんね。もし仮にスケジュールが一杯だったとしても、地上波全国ゴールデンの番組の方が優先順位が高いのは当然ではないでしょうか。なんならCSと深夜の番組数本を打ち切ってでも、やる価値はあるでしょう。では何が問題だったのか。

 筆者的なアンサーは「企画が間に合わなかったため」です。日テレとしても他局と競合してまで手に入れたAKBの新番組ですが、万が一視聴率に問題が生じその責任が企画にあったという事にでもなれば、最悪AKBの日テレからの全面撤退も有り得ます。さらにAKBのプロデューサーである秋元康氏はテレビ番組企画のエキスパートであり、「ザ・ベストテン」「とんねるずのみなさんのおかげです」「うたばん」などの生みの親です。恐らく秋元康氏は、日テレが待ってきた企画では、視聴率的に問題が生じる可能性が高いと判断したのでしょうね。…秋元康氏が駄目を出した企画なんて、無理に通せるわけがないじゃないですか。そのためAKBの新番組の放映開始は急遽延期、それまでの時間稼ぎと新番組開始(恐らく当初の予定では9月の番組改変期)までにAKBの知名度を少しでも上げておくために、「AKB600sec」が立ち上げられたんでしょうね。

 ではAKBの新番組の企画というのはそんなにも難しいものなのか。筆者は「物凄く難しい」と考えます。大抵の企画なんて、「AKBINGO」と「すいえんさー」と「ネ申すテレビ」でほとんど遣り尽くしちゃっているんで、あとはバリエーションだけの問題だと思うんだよね。具体的に見ていくと現在放映中の「AKBメイン(←冠番組と準冠番組を合わせて)」のものだけで(ごく大まかな分類ですが)、

「AKBINGO」:インドア型バラエティ
「週刊AKB」:アウトドア型バラエティ
「有吉AKB共和国」:AKB研究生をメインに据えた、パロディ企画
「マジすか学園」:学園ドラマ。地方では現在放映中です
「AKB600sec」:AKBメンバーの紹介番組。期間限定
「AKBと××」:関西限定なれど地上波初の1時間番組。バラエティ色々。
「熱血BO-SOテレビ」:千葉限定でバラエティ色々。
「なるほどハイスクール」:教育バラエティ
「インディ学院」:学園風バラエティ(その1)(←渡り廊下メインによる、AKB初の民放地上波ゴールデンの新番組。…短いけどさ)
「ネ申すテレビ」:リアルドキュメントバラエティ
「AKB1/48」:AKBメンバーの紹介番組
「AKB級グルメスタジアム」:料理バラエティ
「SKE48学園」:学園風バラエティ(その2)
「でらSKE」:対戦型バラエティ
「すっぽんの女たち」:プロモーションバラエティ(?)
「SDN48+10」:ドキュメンタリー風バラエティー

という感じです。しかし「現在放送中」の「AKBメイン(←冠番組と準冠番組を合わせて)」の番組だけでこれだけある、というのは凄まじい数だね(笑)。とても「実力不足」の人達が待つ番組数じゃないですよね。これにGIゴロー、PON、うまプロなどの無数のレギュラー番組と、無数のラジオ番組が加わることを考えると、全番組を網羅し切れている人は、ほとんど居ないのではないかという気がします。

 さてこうした中で、今までに例がない斬新な企画で、インパクトがあって、視聴率がじゃんじゃん取れるようなすばらしい企画って言われたって、そんなに簡単に出せるものではないことはご理解いただけるのではないかと思います。下手すると、9月にだって立ち上げられないかも知れないよ!(つーか、もう無理)。ただそれは「実力がない」とか「スケジュールが空かない」などという後ろ向きの理由ではなくて、あくまでも「良い物を作るため」とあ「たくさんの人達に見てもらえるものを作るため」という前向きの理由だと思うんだけど。…筆者の個人的な見解を言わせて貰うなら、素直に「AKBINGO」を1時間番組にしてゴールデンに昇格させるのが、一番確実な方法に思えるんだけどね。(将来的には、AKB総選挙の選挙公約実現番組、なんていうのも面白い気がしますが、まだまだ未来の話なんで)

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論4th(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その10) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

ですね。
AKB5400で峯岸みぃちゃんが、実はAKBINGOは4本撮りだから、後半雛だんだと眠くなるとか言ってましたからね。
まずはAKBINGOを一時間で、夜は、SKEか研究生か、シルシルミシルみたいに、AKBINGOBINGO!とかで夜残しでもいいですしね。

違う番組と意識して失敗するなら、同じのもありですよね。

毎回ためになります。

投稿: さいどあうと | 2010.08.25 01:50

AKB48の評価の難しさはAKB48の評価とピンでやるときの評価をごっちゃにすると
適正な評価がしづらいということですね。

投稿: ren | 2010.08.25 04:23

なるほどハイスクールって現在放送中なんですか?
関東広域圏(要は民放キー局)では初回しか放送していないのですが。
これも七月から日曜夕方のレギュラー放送が始まるとかって噂が流れてそのままでしたね。
実際は24hsp等の単発特番が放送されています。
九月からやっと始まるとかでしょうか?('・ω・`)

投稿: 海霊 | 2010.08.25 08:11

>AKB48の評価の難しさはAKB48の評価とピンでやるときの評価をごっちゃにすると適正な評価がしづらいということですね。

確かにピンだと弱いメンバーは非常に多いと思います。でもまあ峯岸・指原がようやく18歳になって深夜枠にも参戦可能になったので、少しは印象が変わってくるんじゃないですかね。

>なるほどハイスクールって現在放送中なんですか?

すいえんさーもそうでしたが、まずパイロット版を放送して、それを修正して本編を立ち上げるというのは、比較的一般的な手法です。・・・おそらく5月放送の分はパイロット版だったんじゃないでしょうか。それが『アイアムソーリーヒゲモ~リ~』の企画がまとめきれない現状で、こっちまでは手が回らないということなのではないでしょうか。従って厳密には、まだ”放映開始されていない”が正しい表現でしょうね。

投稿: 少年王3号 | 2010.08.29 10:13

BLT最新号によると一応九月の月末日曜、2週はまだ未定ですが…始まらないんでしょうな。('・ω・`)

投稿: 海霊 | 2010.08.29 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/49242813

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論4th(その9):

» 「AKB48 VISUAL BOOK 2010 featuring team B」 |松村 昭人 /城方 雅孝 /伊東 創 /斉藤 明 /平塚 秀貴 [アマゾン探検隊]
JUGEMテーマ:女性タレント・アイドル・グラドル 「AKB48 VISUAL BOOK 2010 featuring team B」松村 昭人 /城方 雅孝 /伊東 創 /斉藤 明 /平塚 秀貴東京ニュース通信社 刊発売日 2010-07-22 うーん・・・ 2010-08-04 値段がびっくりの1800円! 分厚くてかなり内容のあるものだと思ってました。。 写真は撮りおろしていてけっこう新鮮でしたが、、、 QAも48問だとかなり薄い; 仲の良いメンバーは?なんて普段は... [続きを読む]

受信: 2010.08.27 19:48

« 新・私的AKB48論4th(その8) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その10) »