« 新・私的AKB48論4th(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その9) »

新・私的AKB48論4th(その8)

今回のお題は、「もしも僕がAKBメンバーの選挙対策委員長だったなら(その2)」

前回の続きです。

梅田彩佳の場合:「もし私が選抜に受かったら、AKBダンス評論家としてデビューして、AKBダンス評論本を出版します」

 ぶっちゃけこの公約で選抜当選はかなり難しいとは思うんだけど、筆者的にはこのポジションのメンバーがぜひとも欲しいんだよね。もし梅田彩佳がやらないというのなら、誰か他のダンスが上手くて理論派のメンバー(峯岸みなみとか平嶋夏海とかかな)に是非ともお願いしたい。AKBのダンスというのは、観劇回数を相当こなさないと(下手をすると三桁?)、漠然と見ているだけでは難易度も判り辛いし見るべきポイントも判り辛いのは間違いありません。それを少しでも判り易くするため、例えば「○○という曲の難易度は5段階中3、難しい所は一番最後の歌い終わりの所で3人がタンタンタンのリズムで動きを合わせる所、見所は~」みたいな解説が是非とも欲しい。あと最低でも、どのメンバーが踊っているか(複数ある場合は一通り)は必須です。一度「AKBダンス評論家」という立場になってしまえば、新曲発表の際には必ず解説を頼まれると思うし、AXのDVDのオーディオコメンタリーにも絶対に呼ばれるでしょう。曲の発表時のAKBの歴史的背景なんかも解説できれば、AKBの語り部として確固とした地位を確立出来るのではないでしょうか。また「AKB楽曲別ダンス解説本」も、毎年のAX投票直前に出版できれば(つーか、出せよ!)、恒例行事となる可能性もあります。…かなりおいしいと思うんだよね。人それぞれ方向性というものがあると思うので、選抜当選を目指すにしても、正統派のキャピキャピアイドルとして正面突破ばかり狙うのではなく、脇道裏道獣道を通るというのは全然有りなのではないでしょうか。

桑原みずきの場合:「もし私が選抜に受かったら、SKEの仲間とM-1グランプリに出場して、2回戦突破を目指します!。もしダメだった場合は○○します!!」

 恐らく桑原みずきに限らず、これを言わなきゃいけないメンバーは結構多い気がします。佐藤夏希もようやく「大家志津香と組んで~」と言い始めましたが、そんなの受験が終わった直後から言ってないと遅いでしょ、って感じです。SKEはすでに“始めている”というアドバンテージがあり、「ぶっつけ!!」の企画でお笑いへの道が開けたんだから、この際思い切って選抜総選挙でもここを論点にしてしまうしかないと思うんだよね。一応新規の方のために言っておくと、この公約はM-1グランプリで1回戦しか突破出来なかったなちのんに対する完全な挑戦であり、相当自分を追い込んだ内容となっています。で、もし選抜に当選しちゃったら、とりあえずネタの作り方をサンドイッチマンにでも聞きに行く所をから始めても良いんじゃないかな(すでに作った実績もあるので、問題ないのかな)。そしてネタを作ったら片っ端から公演で試して、受けたものをまとめてM-1用の演目を3本だけ作り(決勝分までネタを作る余力は無いでしょう)、自信がある順に1回戦から試していくと。万が一3回戦を突破しちゃったらそこから先は、…まあ辞退しかないでしょうね。こういった路線はNMBの連中も狙ってくる可能性が非常に高く、先に始めた者勝ちなんじゃないですかね。で、ポイントは島田晴香の時と同じで、ダメだった時の自分に対するペナルティ。ここで如何に自分を追い込む事が言えるかで、選抜の合否が決まってくるのは間違い無いでしょうね。

○×△□の場合:「もし私が選抜に受かったら、一ヶ月休みを貰って、整形して☆♪を直します」

 誰が、ということではないんだけど、これなんか究極の公約じゃないですかね。“本音”で勝負のAKBの場合、開き直って「整形して何が悪い」まで言っちゃうのは有りなんじゃないでしょうか。どうせいつも化粧はしてるんだしさ。まあ顔の形が変わっちゃうほどの整形は問題かもしれないけど、どうしても気になっているピンポイント、例えば「鼻の形が気になる」とかその位なら、結構共感も得られるのではないでしょうか。マスコミ向けにも、強烈にキャラが立つだろうし(爆)。多分テレビに出ても、そのことしか聞かれなくなっちゃうかもしれません。筆者の感覚では、整形なんて隠すからスキャンダル扱いされちゃうんであって、オープンにされたら(法律に触れるでも無し)逆に騒ぎようが無くなっちゃうと思うんだけど。顔の作りがちょっと気になるから積極的になれない、なんて言うのは本当にもったいない話だと思うんで、後悔の無いようにやれることは全てやっておくべきだと思うんだけどなあ。ただ手術の方法によっては顔の表情が乏しくなるということも言われており、微妙な表情の変化で勝負をしている、例えば前田敦子とか大島優子あたりは、顔にメスを入れるのは出来る限り避けたほうが良いのは間違い無いでしょう。まあ本当は誰にせよ、やらないにこしたことは無いのは、言うまでもありませんが。

 とまあいうところで。このレベルの公約が20本も並べば、ぬるい公約しか言えない様な選抜常連の5人や10人位なら、かるく突破できるんじゃないかと思うんだけど。繰り返しになりますが、AKB選抜総選挙なんて最初から公平なものでもないし、負けても全人格が否定される筋合いのものでもありません。国政選挙同様に、仮に負けてもそれは公約が悪かっただけで、もう一度公約を練り直せばいいんだという意識を強く持ってもらいたいものです。また強力な公約をメンバーが連発することによって、AKB総選挙自体もさらに話題性が増して、世間の注目度も上がっていくと思うんだけどね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論4th(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その9) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

今回の内容は過去最高

投稿: | 2010.08.23 22:34

主の分析はいつも最高ですよ。
きちんと客観的に考えてるし。

やっぱりAKBは、バンバンと弾ける起爆剤が必需品ですね。

今回も見事な分析ありがとうございました。

投稿: 少年王熱烈信者 | 2010.08.23 23:59

>開き直って「整形して何が悪い」まで言っちゃうのは有りなんじゃないでしょうか。
板野友美の初期の動画を見ましたが板野は整形手術をしていないと思います。
いつだか忘れましたが板野がブログに欝コメントを書き込み削除された事がありましたが
欝コメントの原因は、整形していないのに整形していると疑われた事が原因だと私は考えています。
整形を疑われている麻友や篠田も整形をしていないと思います。
疑われた原因は表情の作り方が初期は下手だった事、成長した事、キャラが変わった事、頬の肉が落ちた事等
それから化粧も原因の1つだと思います。
芸能人が訴えないのをいい事にネットで誹謗中傷を繰り返す気狂いと同じレベルに堕ちない様に
少年王3号さんも注意して下さい。

投稿: | 2010.08.24 01:09

第二回の選抜総選挙で渡辺麻友は5位になりましたが
私はまゆゆが3位ぐらいを目指したいと思いますといってるのを聞いて
そこはい1位をとりたい、ぐらい言わなきゃいけないんじゃないか
と思いました。
それも順位を落とした1つの理由ではないかと思ったのですが
筆者さんはどうお考えですか?

投稿: あさみ | 2010.08.24 19:18

いつも楽しく読ませて頂いてます。
僕も自分なりに公約を考えてみたんですが、

○×△□の場合:「もし私が選抜に受かったら、いつも斬新なアイディアで私達を振り回して下さる秋元先生を一発ぶん殴りたい(あるいはビンタしよう)と思います。」

ってのはどうでしょうか?

背信行為ともとれるので、もしかしたら運営には注意されるかもしれませんが、秋元先生はそのメンバーのチャレンジ精神と勇気をかって面白がってOKしてくれる気がします。

また、秋Pの事を好きか嫌いか関係なく、彼が殴られる姿を見てみたい人って多いと思うので票数もそこそこ見込めると思うし、「ついにAKBメンバーが総選挙を利用して秋元氏に反旗を翻す!!」とか煽る記事を書き易いと思うので、マスメディアにも大きく取り上られるとのではないでしょうか。

更に、もし選抜入りしてその公約が果たされる時、その模様はAKBの番組だけに留まらず、情報番組の芸能コーナーあたりでも取り上げてくれるでしょうし、「秋元Pを殴ったアイドル」という肩書きが貰え、AKBや総選挙に興味のない人にも与えるインパクトは大きいと思います。

自分では結構いいセンいってる気がする(自信過剰でスイマセン)んですが、
僕の公約は少年王さんのおっしゃる一定のレベルはクリアできますかね?

投稿: DJRS | 2010.08.25 02:57

>板野友美の初期の動画を見ましたが板野は整形手術をしていないと思います。
>整形を疑われている麻友や篠田も整形をしていないと思います。

一応言っておきますと、筆者は整形疑惑やセックススキャンダルに関して、疑惑の正誤を断定的に扱った事は一度も無いつもりです。本人にしか判らない問題なんで。今回の文章に関しても、名前をあげてもらったメンバーは<一切念頭に置かず>に書いています。ご了承ください。

>私はまゆゆが3位ぐらいを目指したいと思いますといってるのを聞いて
>そこは1位をとりたい、ぐらい言わなきゃいけないんじゃないかと思いました

渡辺麻友は今回の総選挙の前に、「アニメやゲームの話が自由に出来なくなるので、一位にはなりたくない」と明確に宣言しました。いずれはAKBのトップを狙っていかなければならないポジションにいるのは間違いありませんが、もうしばらくはアンチに叩かれる事無く力を蓄えたい所なんじゃないでしょうか。

>秋元先生を一発ぶん殴りたい(あるいはビンタしよう)と思います

面白いと思いますよ。ただ筆者は選挙公約はそれぞれのメンバーのキャラクターにあったものにする必要があると考えており、この公約を<<誰が>>するのかが非常に重要だと考えます。格下のメンバーが言えば「生意気だ!」とファンに叩かれ、上位のメンバー言えば「恩をあだで返すのか」と言われる。なかなか難しい所だと思うんですよねー。今度は具体的に誰が言うのかも考えてみてください。

投稿: 少年王3号 | 2010.08.29 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/49231947

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論4th(その8):

« 新・私的AKB48論4th(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その9) »