« 新・私的AKB48論4th(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その11) »

新・私的AKB48論4th(その10)

今回のお題は、「誰にとってもどうでもいい、AKBに対する素朴な疑問シリーズ第四弾『代々木第一体育館でのコンサート初日の渡り廊下走り隊のMCは、なんであんなにグダグダだったのか』」

>グダグダ過ぎて、唖然とした。
>これでもオリコン1位取れちゃう子たちなんだって、思ってしまった。
>それだけAKB48も、渡り廊下走り隊もブームがきてるってことなんだと思うが。

 いやあ、メモリスト氏にもボロ糞に書かれちゃいましたね(笑)。でもまあ皆様も何故こんな事態に陥ったのか、何となく想像は付いているんじゃないでしょうか。多分それで正解です。…AKBのコンサートの演出家は、いっつも突然こういうことをやらかすんだよね~。以前のコンサートではノースリーブスが全く同じ状況に追い込まれてグダグダのMCをやらかし、その時もメモリスト氏にボロ糞に書かれていたっけ。まあ一番悔しい思いをしているのは本人達自身なわけで、以前のノースリーブスも2回目ではきっちり修正してきたし、今回の渡り廊下も代々木第一体育館三日目では、よどみなくMCをこなしていました(面白いかどうかは別として)。AKBのメンバーなんて準備期間さえあれば、誰でもそこそこのMC位こなせるんだから、むしろ直前になるまできちんとした台本(というかスケジュール)をあげられない演出家にこそ問題があるのではないでしょうか。逆に「これがAKB名物の無茶振りで、コンサートで突然MCを任された位できちんと対応できなくてどうする」という考え方なのかもしれませんが、やっぱりコンサートは普段のイベントと違ってその場限りの問題ではなく、最終的にはDVDとして売り物になっていくものなのだから、もう少し気を使った方が良いんじゃないでしょうかね。

 で、本題の渡り廊下のMCが面白いのかについてですが、筆者の個人的な見解を言わせて貰えれば、相変わらず菊地あやかがきちんと機能していないのが問題な気がします。やっぱり菊地あやかが“落ち”担当として、何処まで馬鹿に徹する事が出来るかが勝負だと思うんだよね。その点「月刊MELODIX!」に青春のフラッグのプロモーションで訪れた時の菊地あやかはすばらしかった。いきなり他のメンバーをカンニングしながらグダグダの旗振りを披露し、「まだ憶えてないのかよ!」とツッコミが入りまくる所なんか最高です。旗の上げ下げゲームで山ちゃんの第一声で失格になる所も完璧。山ちゃんがきちんと指示を出していたのかね。逆にイベントでみんなで七夕の短冊にそれぞれの夢を書いた時の菊地あやかは全然駄目だったと思います。他のメンバーと同じようなまともな事を書いてどーする!。どんな素人司会者にでも拾ってもらえるような思いっきり馬鹿なことを書くか、それがどうしても思いつけないというのなら、単語を間違えるとか、漢字を間違えるとか、全部ひらがなで書いてみるとか、何か方法があると思うんだよね。菊地あやかの頭の悪さなら、何も考えなくても5回に1回位は馬鹿なリアクションがはまる時もあるとは思うんだけど、20%では低すぎるので狙って80%位までは持っていかないと。

 菊地あやかには、渡り廊下の5人が横に並んだ時に、自分が何のために一番上手側に立っているのかをきちんと理解させる必要があります。…まずは吉本に修行に出して、三枝師匠にでも「あいうえお作文」の何たるかを教わってきた方が良いんじゃないでしょうか。一番上手側のメンバーはオチ担当なんだから、絶対に馬鹿なことを言わなきゃダメなんだよ!。幸いNMB発足によって吉本とのコネクションも出来たわけだし、良い機会だと思うんだよね。次回のCDのおまけ映像ではぜひとも吉本に修行に行って、倒れるまで「あいうえお作文」をやってみる(もちろん本気で駄目出しをして貰う)とか、特訓して吉本の舞台に出してもらうとか、その辺を考えた方が絶対に良いと思うんだよね、いやマジで。でも菊地あやかではどうしても駄目だと言うのなら、渡り廊下の左右を完全に入れ替えちゃって、なっちゃんにオチ担当を任せたらどうでしょうか。基本的に頭の良い娘なんで、(素では馬鹿な事は言えないにしても)予め考える時間をあげれば結構上手くこなせるんじゃないですかね。…だって、一番おいしいポジションなんだぜ?

 最後にちょっとだけ「青春のフラッグ」のPVについて。これまた露骨な位予算が削られちゃったねえ。「完璧ぐ~のね」と「アッカンベー橋」の時は他のAKBメンバーのメジャープロダクションへの移籍のためのショーケースとしての役割があったため、ある程度採算度外視でも予算を廻して貰えたんだけど、移籍が完了したとたん、CDの売り上げ枚数通りの予算に減らされちゃいました。まあしょうがないか。ところで何故今回のダンスは旗振りなのかということなのですが、インディ学院とのタイアップではという考え方もありますが、筆者的には「両手に物持っていれば、ヘッドセット使わせてくれるだろ」という感じがしています。「完璧ぐ~のね」の振り付けは両手がフリーになっていないと訳が判らない(手をウサギの耳の形にする所とか)んだけど、見事に全番組で手にマイクを持たされちゃってました(泣)。旗持ってりゃ、絶対ヘッドセット使わせてくれるよね?(←あんまり本気にされると困るんですが(笑))。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論4th(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その11) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

ひどすぎる記事に唖然とした。てか他のメンバーへは悪態つきまくって、渡り廊下の場合は演出が悪い?菊池が悪い?これほどデタラメで筋の通らないブログは初めて見た。キモオタ代表みたいな人だね。平嶋推しみたいだけど平嶋って才能も実力もない典型的ダメンバーだよ。キモオタ人生で世間から相手にされず負け犬人生を歩んできた事が、平嶋という負け犬への親近感に繋がってるんだろうけど、同情のみのファンしか獲得できない平嶋は数年後にはAKB卒業したら確実に芸能界にいないでしょう。

投稿: ハギ | 2010.09.01 18:03

再開非常に楽しみにしてきました。以前、少年王3号さんのいわれた

”今後も拡大の一途を辿る48プロジェクトに対する一般的なスタンスとしては、「何としても一生無視し続ける」か、「どこかで妥協して受け入れる」かのどちらかしかありえないことになります。…どうせ妥協するなら、早い方が良いとは思いませんか(笑)”

に影響を受けまんまと妥協してしまったものです。(^_^)

真面目な?テーマに対してはみなさんのコメントも熱いですね。ただ、こういうグダグダな内容も大好きなので、需要は低いかもしれないけど(笑)これからもよろしくお願いします。


あと、前のコメントつけてる人に一言。

もしかしたらあやりんのファンの人かな?今までの少年王3号さんのブログを読んできたなら、これがあやりんをこけにしているんじゃなくて、
あやりんもっと頑張れ!
っていう少年王3号さんからのエールだってわかると思うんだけど・・・・

なっちゃん押し、ってわかっているのにこのコメントはひどいと思います。2chanじゃあないんだから。まあ、

「人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない」

って言った人は偉かったね、っていうことで(笑)

それでは今後も頑張ってください。

投稿: アノマロカリス | 2010.09.03 05:11

ハギさんへ

>ひどすぎる記事に唖然とした。

それは大変失礼いたしましたm(_ _)m

>てか他のメンバーへは悪態つきまくって

筆者はあまり理解出来ていないのですが、どのメンバーに対してどのような悪態をついたか、ぜひ教えていただけないでしょうか。そうでないと反省の仕様も無いので。いずれにしても「才能も実力もない典型的ダメンバー」なんて言う罵詈雑言は、一切書いていないと断言できますが。

>キモオタ人生で世間から相手にされず負け犬人生を歩んできた事が、平嶋という負け犬への親近感に繋がってるんだろうけど

どうでも良い事ですが、そんなに「世間」の眼が気になりますか?。というのも筆者に内容不明の悪態を投げてきたのはあなたで3人目なんですが、その全員が「世間」という言葉を使っているんですよね。いわく「だから世間にアイドルヲタクはキモいって笑われるんだよ」、いわく「世間だけがしっている」という感じで。というのも、普通のレスを書いてきてくれている人達は、「世間」なんて言葉は一切使わないんですよ。どう思います?

>同情のみのファンしか獲得できない平嶋は数年後にはAKB卒業したら確実に芸能界にいないでしょう

ハギさんは誰推しなんでしょうか。ここまで他人のことをボロ糞に言っちゃったら、今更公表できないかな。でも誰推しの人ならここまで自信満々に他のメンバーを中傷できるのか、物凄く関心があるんですよね。最近筆者が比較的きつめの分析をしたのは初代Kメンのあの人とあの人位なんだけど、もしかして初代K信者の方なのでしょうか。初代Kメンには別に他意は無いつもりなんだけどね~

いずれにしても、もう少し判りやすい文章を心がけてください。ハギさんの文章から伝わってくるのは単なる”悪意”だけで、筆者の文章の何処が問題なのかはあまり伝わってきません。悪口を吐き棄てるだけで満足というのならそれで良いのでしょうが、普通でも他の全員に無視されて終わり、最悪の場合削除されちゃうだけですよ。それがあなたの生き方だというのなら、別に止めませんが。

投稿: 少年王3号 | 2010.09.03 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/49251465

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論4th(その10):

« 新・私的AKB48論4th(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論4th(その11) »