« 新・私的AKB48論3rd(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その11) »

新・私的AKB48論3rd(その10)

今回のお題は、「AKBの研究生の方向性の転換についての考察」

 9期生に関しては際立った特徴が幾つかあるのですが、まずは本来、根性、個性の次の順番であるはずの美形度のレベルが全体として非常に高い事が上げられます。これはまさしくオーディションの優先順位が上がった事の、最大の効用ですね(笑)。今後もこの流れは間違いなく続いていくでしょう。そして本来ダンスチームであるAKBのオーディションなのに、なんと9期生のオーディションにはダンス審査が無かった!!。これには流石の筆者もびっくりです。皆様、ご存知でしたか?。島崎遥香の話によると、ダンス審査が無かったのみならず歌唱力審査についても、島崎遥香が初恋ダッシュを歌った時ほとんど歌えなくて、“レッツゴー!”の一言しか歌詞を言えなかったにも関わらず、研究生に合格したとのこと。もはやオーディションでは根性と、個性と、素材しか見ていないと言うことなんでしょうね(笑)(注:10期生オーディションでは、ダンス審査は復活した模様)。まあ根性さえあれば、歌とダンスは何とかなるということを、AKBは経験上学んだのかもしれませんが。

 本来未経験者が歌とダンスが上手くなっていく過程をお客さんに見て貰うのがAKBの基本コンセプト(少なくとも一期生はそうでした)だということを考えると、歌とダンスが下手糞な所からスタートすると言うのは、非常に正しいスタンスだと思うかもしれません。しかしチーム研究生オーディションを頻繁に行い、早い時期での結果を求められる現在の研究生にとって、何一つ武器を持ち合わせていない状態でAKBに在籍し続けるのは、自殺行為に等しいと言えるでしょう(4~5期生は一年は様子を見てくれたんだけどねえ)。そんなわけで筆者は、現在の9期生からは一気に研究生の“プロフェッショナル化”(&高年齢化。要するに即戦力と言うことです)が進むのではないかと考えます(過去にもその流れはあったんですけど)。つまり(ダンス審査があろうがなかろうが)各ダンススクールが威信をかけて最優秀の生徒をAKBのオーディションに送り込む、(映画に主演するなど)十分な演技経験のある娘がやってくる、すでに歌手としてメジャーデビューを果たしている娘がやってくる、各種コンテストの優勝者がやってくる、あるいは芸能人の親が二世を送り込む、などなど。こういう連中と互角に渡り合える未経験者というのも、どれだけレベルが高いんだよ、って話ですが(爆)

 本来ならばAKBに入団しなくても芸能界でやっていけそうな娘たちが、なぜ一旦遠回りになる事を承知の上で、AKBにやってくるのでしょうか。それはAKBに在籍することで得られる、莫大な経験値を求めてのことだと考えられます。この経験値の持つ大きな価値は、経験者(現役芸能人やダンススクール関係者)ほどはっきりと認識している筈です(クイックジャパン87号の広井王子氏や牧野アンナ氏の記事を読んでみてください)、また(昔のAKB商法などが問題になっていた頃ならともかく)現在のAKBに在籍するメリットに関して各界の識者が口を揃えて言うのは、「AKBほど経験を積める場は、他では絶対に有り得ない」ということです。例えば14歳で公演回数400回・舞台経験800時間、17歳で公演回数750回・舞台経験1500時間なんて、はっきり言ってAKB以外では絶対に有り得ない、狂気の数字です(森光子氏は放浪記を2000回演ずるのに、50年近くの歳月をかけました)。

 その上、海外公演や巨大なコンサートホールでのパフォーマンス、様々な演技経験や芸人とのコント、果ては無茶振りと称してスカイダイビングやら、富士登山やら、馬小屋の掃除やら、ラーメン屋でのアルバイトまで経験させてくれるというのですから、(本人にとっては気が進まないにしても)判っている人(特に芸能界経験のある親など)にとっては、むしろ金を払ってでも娘にさせておきたい経験ばかりと言えるでしょう。シアターでの公演に関しても、(本来ならば一発勝負で失敗が許されない芸能界において)毎回お客さんの反応を見ながら様々な試行錯誤が繰り返せる場なんて、他ではまず有り得ないと断言できます(むしろ公演を通して何も試さないメンバーや、手の抜き方だけ憶えるようなメンバーは、早めに(未熟であっても)もっと意欲のある新人に道を譲るべきなのではないかと筆者は考えます)。

 この点の理解度が、9期生は非常に高いように筆者には感じられるんだよね(去っていった8期生は、ここが弱かったように思います)。AKBを最も効率よく活用しようと考えるならば、上位チームに昇格してAKBの看板で仕事を貰ってくるという他力本願的な考え方をするのではなくて、十分な経験値(とファン)を手に入れたと思ったら、AKBをとっとと辞めて自立してやっていく(予めどこかの芸能プロダクションと話をつけておくんですかね)位の覚悟で入団した方が、むしろ良い結果が出るような気がするのですが。AKBに関しては、昔から第四のチーム(チームFなのかな?)を作るという話があり、9~10期生が大量に研究生オーディションを通った場合、(まだ少し時間はかかるでしょうが)立ち上げを行う可能性はかなり高いのではないかと考えます(別項を設けます)。まあAKSとしても正規メンバーは全員失っちゃったわけだし(だから「有吉AKB共和国」でAKS所属の研究生を徹底的にフィーチャーしているのでしょうね)、あと何年も正規メンバー無しでやっていくのは相当しんどいんじゃないですかね(笑)。

続く。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論3rd(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その11) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

何時も楽しく拝見させていただいております。

私も、9期は大豊作だと思いますが、9期を見ていると、な~んか仲良しお遊戯集団のように感じられてしまいます。

>十分な経験値(とファン)を手に入れたと思ったら、AKBをとっとと辞めて自立してやっていく。

私も同意見です。しかし、いまだに十分な経験値(とファン)を手に入れて辞めていくメンバーがいないのは、まだその段階に達していないって事なのでしょうか。
将来的には、宝塚歌劇団のトップスターのように、卒業の時にはパレードなんか行うようになったりするのかな~。

投稿: 蕎麦屋のカレーライス | 2010.06.05 01:35

楽しく読ませてもらいました。今の選抜メンのほとんどが高校を出た年の娘で制服着ている人ばかりなんですけど(笑)、これ以上高校生以上の研究生を増やしてもあまり意味がないようにも思います。
今よくメデイアに登場している9期生は今のハロプロメンの様に小さくまとまっている印象でこの中にはたして大器がいるのかなと感じます。そして個性の強いメンはセレクションでカットされてしまうのでしょうか。

投稿: TTK | 2010.06.05 10:09

今日は。
9期研究生と言えばAさんにスキャンダルみたいですね。
ストーカー行為をしていたらしいHさんと同じ、近いと言うか熱狂的?某アイドル好きがバレるのとは意味合いの違う、少々苦いプリクラが流出で某匿名掲示板はお祭り騒ぎの様です。

容姿が高評価の人材を拾い、その結果がこういったリスクと言うのも皮肉なもので、正直TVで見るだけの私の様な者には何とも思いません…が、何枚もCD等を購入して投票するファンには酷な事柄の様にも感じますし。
容姿的にはレベルが高くてもどうなんでしょうね?玉石混淆と言ったところでしょうか。('・ω・`)

投稿: | 2010.06.05 10:18

>9期を見ていると、な~んか仲良しお遊戯集団のように感じられてしまいます。

今までの研究生はバラバラになって正規チームに昇格することが前提でしたが、9期生に関してはまとめてAKB第4チームに衣替えする筈だと筆者は考えています。つまり“チームワーク”が要求される、初めての研究生チームだという点が異質なのでしょうね。

>これ以上高校生以上の研究生を増やしてもあまり意味がないようにも思います。

少なくとも9~10期生に限っては、AKB第4チームを前提としているので、即戦力でなければ意味が無いということなのでしょうね。SKEは地道に中学生から鍛えていますし、48プロジェクトの方向性が大きく変わったということではないと思います。

>容姿的にはレベルが高くてもどうなんでしょうね?

なまじレベルの高い人材を採り放題になっている現在のAKBのオーディションの場合、確かにどういった人材を採るべきなのかの基準がぶれまくっている印象が強いです。恐らく“選ぶ側”の経験値も現在蓄積中、というのが本音なんじゃないでしょうか。

投稿: 少年王3号 | 2010.06.05 23:56

>9期生に関してはまとめてAKB第4チームに衣替えする筈だと筆者は考えています。つまり“チームワーク”が要求される

おー。そう考えて公演を観ると、印象が変わるかもしれませんね。ありがとうございます。

投稿: 蕎麦屋のカレーライス | 2010.06.06 00:49

9期だけダンス審査がないっていうソースは島崎のエピソードだけですか?歌を上手く歌えなくてもオーデション受かったっていうエピソードは他の期でもありますよ。
能力を見ないで取ったというなら、山内のダンスはSKE並に上手いこと、横山の歌唱力についての説明はどうするんですか?。
8期までの人材が特に歌やダンスの技術で採用したようには思えないな。

投稿: | 2010.06.07 19:35

なんか言葉尻の話になっちゃうんで、あまり気が進まないのですが、一応お返事を。

>9期だけダンス審査がないっていうソースは島崎のエピソードだけですか?歌を上手く歌えなくてもオーデション受かったっていうエピソードは他の期でもありますよ

9期にはダンス審査が無かったと言う事実に驚いただけで、9期以外は歌が上手くないと受からなかったという話でも無いと思うんですよね。

>能力を見ないで取ったというなら、山内のダンスはSKE並に上手いこと、横山の歌唱力についての説明はどうするんですか?

わざわざ下手糞を選んで獲ったということでも無いと思うんですよね。個性を見て獲った結果、ダンスが上手いのも下手なのもいたし、歌が上手いのも下手なのもいたということだと思うんですが。

投稿: 少年王3号 | 2010.06.15 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/48544356

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論3rd(その10):

« 新・私的AKB48論3rd(その9) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その11) »