« 新・私的AKB48論3rd(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その8) »

新・私的AKB48論3rd番外編(その4)

今回のお題は、「なっちゃんの今後について」

>気分を害したら申し訳ないのですが、マジすかの扱いも、AKBINGOの扱いもちょっと厳しい状態になっていると思っています。その状況にちょっと感情移入しています。
主が思っている現状の状況並びに今後の展開について分析頂けると幸いです

最後に一回位まとめておきますか。多分なっちゃんだけではなく、他の干されメンにも共通する所はたくさんあると思うので(従ってもし干されメンが推しの方は、名前を置き換えて読んでいただけると、共通点が浮かび上がるかもしれません)。ちなみになっちゃんがテレビに出してもらえないのは、<最初からずっと>なので別に気になさらなくて結構です(笑)。なぜそうなのかについての筆者の見解は別項にて何回か述べさせていただきましたが、簡単にまとめると

(1):タイプがボケでは無くツッコミなので、バラエティ向きでは無い
(2):性格が生真面目なので、あまり面白いことが言えない
(3):なまじ頭が良いばかりに(笑)、馬鹿な事が言えない。
(4):外見が派手ではないので、テレビ的にあまり面白くない
(5):選抜に呼ばれるとすればバックダンサー&コーラスなのですが、背が低いことと歌が弱点なのは明らかに不利

またなっちゃんはかなりのうっかり者なので、長い時間話をするとかなり面白い人なんだけど(公演を見に行っている人は判っていると思うのですが)、短時間ではなかなかその面白さまで到達出来ないんだよねえ。ということなので、はっきり言ってしまうと、なっちゃんは本質的にテレビ(バラエティ&歌番組)向けの人材ではないと言うことです(マジすかに関してはドラマなんだけど、スケジュールが合わなかったんだよね~)。

 じゃあ、なっちゃんはAKBに必要無い人材なのかという話になるわけですが、多分メンバーもファンも含めて「必要ない」と思っている人はほとんどいないんじゃないでしょうか。まずランキングですが、AOKIランキング(恐らく現在の運営の評価もこの時と大きく変わっていないでしょう)では34位なわけですが、実際の投票でここまで順位が下だったことは一度もありません。前回の総選挙では26位、今回の選挙の速報でも(選挙の対象になっているメンバーは激増しているにも関わらず)25位。オールナイトニッポンモバイル第二回配信に残ったのは27名ですが、なっちゃんは当然入っています。

 こうした運営の評価(≒テレビの出演頻度)と、実際の人気のギャップがどこから生じているかお解かりになりますか。多分察していらっしゃると思いますが、要するに劇場の観客にどれだけ慕われているのか、ということです。前回の総選挙では(劇場での人気のみで総選挙8位に上り詰めた)佐藤亜美菜に一躍スポットが当たりましたが、より下のレベルとは言えなっちゃんにも同じ事が起きていたわけです。「AKBでは劇場を最重視する」ことが秋元康氏の基本方針であり、この点は今でも全くぶれていません。つまり劇場で人気のあるメンバーを「必要ない」ということは、基本的にありえないわけです。

 もう一つ、前田敦子の言葉を引用しますが、「大人数のグループアイドルの場合、生き残れるのはその中のごく少数だと言われていますが、私たち(AKBのメンバー)は一人一人が自分の役割をきちんと自覚してきたから、みんなでここまで一緒にやってくることが出来ました(大意)」と言っています。筆者はこの言葉は概ね正解だと思うのですが、恐らくこの“役割”が不明瞭なメンバーほど、総選挙での得票数が少なくなっている傾向が強いと考えます。しかしなっちゃんの場合、役割が不明瞭なんてことは考えられないですよね(笑)。むしろなっちゃんほど自分の役割を意識してここまでやってきたメンバーは、ほとんど居ないんじゃないでしょうか。自分がチームBにやってきた理由、自分がチームBで何を求められていたのか、自分は「渡り廊下~」で何をするべきなのか、なっちゃんは常に自分の役割を考え、全うしてきました。だからなっちゃんの総選挙での順位は、(決して高いとまでは言えませんが)常に安定しているわけです。

 現在のなっちゃんは自分がリーダーシップを発揮すべき初代チームBを失い、「渡り廊下~」の主目的だった他メンバーの大手プロダクションへの移籍も果たしてしまった今、相当モチベーションが下がっているのは間違いないでしょう。しかしポジティブななっちゃんのこと、近い内に必ず自分の役割を見つけることになるのは間違いありません。というか、(これも結構色々な人が言っていることなんだけど)そろそろ他のメンバーのことを最優先に考えて行動するのではなくて、自分だけの事を最優先に考えて行動しても良い時期に入ったんじゃないでしょうか。ブログにも「歌が上手くなりたい」と再三書き込みをしており、ユニットのセンターや選抜を諦めるつもりは全く無い筈です。流石に総選挙はメディア露出が少なすぎて苦戦は免れないと思いますが、これで全てが終わるわけでもないし、勝負はまだまだこれからです。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論3rd(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その8) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

なっちゃん干されの原因のひとつは
学業優先のリア充だからだと思いますけど
修学旅行優先でほぼ全員参加のマジすか学園卒業式ロケの参加しないくらいですからね
他のメンバーが学校にほとんど通っていないのにブログで一人だけ学園生活の模様載せてますし
長期のドラマ舞台なんか入れられないでしょうし、心情的に運営としたらAKBを優先にしてるメンバー優遇しますよね
あともう少し痩せないと
将来は大学にいくでしょうから、そちらを生かす方向へ行ったほうがいいでしょうね

投稿: 名無し | 2010.06.01 04:17

分析ありがとうございます。

少年王3号さんの分析を読めば読むほど、なっちゃんのAKBでの今後は難しいと感じてしまいます。
少しネガティブ意見になってしまいますが。

運営側としてはこれからのAKBをになっていくであろう人材にポジションを与えるのは当然だとは思うし、背が低いことと歌が弱点という事も判るのですが、B5thを観てここまで干されるのかと思ったほどです。

AKBで必要とされていても、なっちゃん自身の待遇に跳ね返ってこなければなにもならないですよね。
なっちゃんは、前回の総選挙でもっと上を目指したいと強く願ったと思うので、モチベーションが下がったって事はあまりないとは思うのですが、1年たって結局現状維持だと、AKBで今後がんばってもここまでなのかなと思ってしまいます。
まあ、下から新しいメンバーが育ってきていて現状維持は立派だとは思いますが。

学業優先だから干されなのか、干されだから学業優先のように見えるのか微妙ですね。
それに推されていたら学業を優先していたかどうかも良くわかりません。
なっちゃんは努力家だから、推されても学業は今のように頑張ろうとするのかな~。

これだけネガティブな意見を言いましたが、なっちゃんが、ここまで干されてもこれだけ頑張ってこれたっていうのはAKBの奇跡といっても良いと思っています。
B5th初日でも青春をシアターの女神公演に捧げるといっていますし、総選挙の目標でセンターを目指すと言っていますので、なっちゃんの今後に期待せずにはいられないですね。

投稿: 蕎麦屋のカレーライス | 2010.06.01 09:36

素早いUPありがとうございます。これだけ早いとみゃお編も期待してしまいます。(笑)
私はまだ劇場も行っておらず、皆さまと比べたら全然なので、分析結果をみさせていただき、非常に勉強になりました。
⇒背が低いとかは全然分かっておりませんでした。

私も芸能界にいる以上、最終的には個人競技になるので、「なっちゃん」として売れていくことが今後重要ではないかと思います。
ある時は他人を蹴落としてまで、自分をアピールするという状況も必要ではないでしょうか?
仲間思いのなっちゃんがそこまで非常になれるかどうかは微妙かなとも思いました。

又、売れていく一つの手段がメディアへの進出になると思うので、今後メディアでも頑張れる何かをつかんで頑張ってほしいと思います。
⇒まじめや頑張りや以外にキャラがないでしょうか?両方とも似ているので、キャラ立ちだ薄い気がします。

でも、常に頑張っているので、これ以上の頑張っては禁句ですね。

投稿: 妻子餅 | 2010.06.01 13:27

先日のB5初日をオンデマンドで見て唖然としてしまいました。
最初の個人挨拶MCまでの4曲にまるで映ってないではないか!そりゃあ新生チームBをアピールするのに北原、宮崎、小森ら運営の押し(AKB人気存続の為)を前面に出したいのは理解できるが、natsuはBのオリメンですぞ!!チームBへの残留はただ単にチーム移籍させたなら「さまよえる柴犬人」になってしまう事への配慮だけだったのか?どうせならチームKに移籍してAKB唯一のAとBとKを経験したオリジナルメンバーと言う称号を貰った方が良かったのでは・・・・まあ今後は増田と共に2番打者的存在としてクリーンナップへのつなぎとして頑張って貰うしか無いのかな~ 涙

投稿: 元ののたん命 | 2010.06.01 15:44

 個人的な意見を申しますと、下手にメディア露出が増やされ芸が疎かになるよりも自分の長所を生かせる劇場で更なるステップアップを図った方が良いと思っています。露出は少なく認知されづらいかも知れませんが、少年王さんが以前書かれた通り、生本番に勝るレッスンはありません。日々本番の緊張感の中で試行錯誤出来るなんてうらやましい限りです。おそらくなっちゃん自身その自覚があるって事ですかね?

投稿: giacomini | 2010.06.01 20:58

 なんか色々書いてみたんですが、どうみても選挙応援になっている内容でもないので(泣)、なっちゃんの件と、宮崎美穂の件は、選挙後にまとめようと思います。よろしくお願いします。

投稿: 少年王3号 | 2010.06.03 22:51

総選挙応援だったんですか。ネガティブな事書いて申し訳ありませんでした。
なっちゃん頑張れ!!

投稿: 蕎麦屋のカレーライス | 2010.06.05 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/48509099

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論3rd番外編(その4):

« 新・私的AKB48論3rd(その7) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その8) »