« 新・私的AKB48論3rd(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その2)<改訂版> »

新・私的AKB48論3rd番外編(その1)

今回は戴いたレスの中から、一つお返事を書いてみようかなと(笑)(その1)

>もうAKB48なんて、大島麻衣卒業の時点で終わってんの。
(その頃から人気が上がったのではという指摘に対して)
>↑それは無いw人気があるように必死に見せかけているだけw
>↑世間だけがしっている

 恐らくこの3件は、同じ方が書かれたのではないかと推測いたしますので、まとめて扱わせていただきます。しかし斬新なご意見ですね(笑)。単純にアンチAKBの方がいらっしゃるのは判るので、別に否定的なご意見でも不思議は無いと思うのですが、大島麻衣在籍時までのAKBの人気は本物で、それ以降のAKBの人気は見せかけ、というお考えは相当のレアケースだと思います(それとも大島麻衣在籍時からAKBの人気は見せかけだったということなのかな。だとすると大島麻衣在籍時からAKBは終わっていたことになるのですが)。よほどの大島麻衣推しの方だったんでしょうか。ただ大島麻衣に関しては現在でも全く問題なく芸能活動を続行中であり、そちらを普通に応援していれば問題ない所を、あえて現在のAKBあり方を否定して回る気持ちが、正直筆者にはあまり理解できません。もう一つ気になるのは、筆者が昔、高井つき奈の文章を書いた時の反論レスの時も同じだったのですが、

>だから世間に「アイドルヲタクはキモい」って笑われるんだよ。

といった具合に、『世間』という言葉に妙にこだわるのは何故なんでしょうか。自分がアイドルファンであることに対して『世間』に対して引け目を感じているせいなのか、自分の意見に自信がないから『世間』をだしにしないと意見表明が出来ないと言うことなのか、どちらなんでしょうかね。

 ただ「AKBの人気が捏造」という意見は、アンチAKBの中ではかなり主流派の考えだと思うので、この部分を今回は少しまとめてみたいと思います。AKBは『人気があるように必死に見せかけているだけ』ということですが、具体的にどうすれば人気があるように見せかけられるのかということが問題です。まあAKBもCDを2万枚しか売れなかった頃(大島麻衣が在籍していた頃です)から「国民的アイドル」を自称していたので、別に「AKBが人気があるように見せようとしている」という点を否定する気は特に無いのですけど(笑)。この人がAKBのどこを見て、“人気がある”と世間の人が見せかけられていると考えているのかが判らないので憶測になってしまうのですが、やっぱり各種ランキングとか、CDの売り上げ枚数を見てなんですかね。世の中にはいっぱいランキングがあると思うのですが、…やっぱりオリコンが信用できないということなんですよね?。

 オリコンの数字が信用できない、というのははるか昔から言われていることです。ウィークリーでの売り上げ枚数も、発表毎に結構数字が変わっているし。ただこの数字の変更もせいぜい10%程度が上限で、そこまで無茶苦茶な変更は行われていないのではないかという印象を少なくとも筆者は持っています(短時間では正しい数字を集計し切れないということなのでしょう)。他の音楽チャートとの数字のずれに関しては、集計方式の違いが主な原因だと思われます。実際にオリコンの数字の正しさについては2006年に裁判で争われており、ウィキペディアの「オリコン・烏賀陽裁判」を実際に読んでいただくのが確実かと(まあ相当判りにくい内容なんだけど)。相変わらずサイゾーが絡んでいるのが、笑わせてくれますが(ちなみにサイゾーは裁判に負けました)。

 もう一つ、なんだかんだ言ってオリコンが何十年も数字を出し続け、それを参考にしてCDショップが商売を続けているということが、オリコンのある程度の信憑性を保障しているのではないでしょうか。もし明らかにオリコンの出した数字がおかしいと思ったら、とっくに見放されていると思うんだよね。あとオリコンの数字が問題なのではなく、AKB商法に問題あると考えているだとしたら、…逆に最近AKB商法と言う言葉自体が、死語化しつつあるのは何故かと言うことを考えていただけたらと思います。リアル系アイドルというムーブメントを調べていただければ判るのですが、すでにAKB以降に立ち上がったアイドルは、そのほとんどが昔で言う所のAKB商法と同様のCDの売り方をしています。このCD不況のご時勢、付加価値無しには“物”としてのCDを売ることは非常に難しい状態だと言うことです。つまり実の所AKBは最先端を歩んでいただけの話であり、AKBだけが悪いなどという考え方はとっくに時代遅れになってしまっているのですよ、少なくとも現在はね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論3rd(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その2)<改訂版> »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

おっしゃる通りだと思います!

投稿: かいと | 2010.05.23 18:59

やはりそうですよね?
私はAKBもアイドリングも、ももクロも好きで、それぞれ良いところあると
思っていますが、現時点ではAKBが一番人気が高いのは確実だと思っています。

今の劇場チケットは全く当たらない、劇場盤CDすら買えない状況は
なんとかして欲しいとは思いますが・・・


投稿: たかし | 2010.05.24 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/48432248

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論3rd番外編(その1):

« 新・私的AKB48論3rd(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その2)<改訂版> »