« 新・私的AKB48論3rd番外編(その3)<改訂版> | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その7) »

新・私的AKB48論3rd(その6)

今回のお題は、「高井つき奈、復活!!」

 筆者はSKEに関して様々な点で不安を感じているのですが(次回に別項を設けます)、中でも筆者的にSKEに対して一番懸念を抱いているのは、年少メンバーの脱落率の高さです。高井つき奈、森紗雪とウインブルドン組壊滅の状況で、矢神久美のモチベーションだって本当に大丈夫なのか、かなり不安です。AKBも大量に卒業生を出してはいますが、下から辞めて行ったのは増山加弥乃位のものだったしね。いずれ高井つき奈が芸能界に復帰するという筆者の予想は見事当たりましたが、やっぱり卒業理由は学業専念なんていう単純な話じゃなかったですよね(笑)。高井つき奈の卒業に関しては、以前書かせていただいた事があるのですが(「教えて☆AKB48!(中級編)」(その八)をご覧下さい)、当時はボロクソに貶されたものです(笑))

 高井つき奈に関しては、結果的にスターダストに引き抜き返されたことになるわけですが(笑)、筆者的に勝手なことを言わせてもらえれば、高井つき奈にはもう一度「ももいろクローバー」の一員としてSKEの前に立ちはだかって欲しい(←というかスターダストは多分そのつもりだと思うんですが)。それとも高井つき奈の実家に近い名古屋に新ユニットを立ち上げるか。スターダストにしてもSKEのノウハウは絶対に欲しい筈だし、知名度のある高井つき奈を加入させることによって、CDの売り上げも上がる筈だしね(まあ筆者的には、以前も書いた通り本当は菊地あやかにAKBの前に立ちはだかった欲しかったんだけど(笑))。現在のアイドル界は、ただでさえ対立軸が不鮮明で全体としてのストーリーが構築し辛い状況なので、「過去の因縁」みたいな陳腐な関係でも、無いよりはましなのではないでしょうか。ただ高井つき奈の今回の件で筆者が最も懸念するのは、今後もSKEのメンバーに関しては、人気が出てきた所で引き抜かれて別プロダクションによるアイドルユニットに組み込むということが定番化していく危険性があるということです。

 なぜそれがSKEに限った話なのかと言うと、まず第一に、SKEはAKBと違って、<<大手プロダクションに移籍して将来出世するという夢が無い>>からなんですよね。大手プロダクションに所属したいと思ったら、SKEの中でどれだけがんばっても無駄なことであり、SKEを辞めるしかないわけです。つまりSKEの場合、(大手プロダクションが欲しがるような)将来性のある年少メンバーで、かつ人気のあるメンバーから卒業していく可能性が、非常に高いのではないか考えられるわけです。そして第二に、SKEが<<所属していて自分の将来に安心感を持てるほど強くも大きくも無い>>ということです。ぶっちゃけ高井つき奈は、(SKEで出世できるかも考えたでしょうが)ピタゴラスよりもスターダストの安定感を買ったんじゃないでしょうか(体がきつかったり、勉強する時間が欲しかったということもあるかもしれませんが)。以上の点を考えると、森紗雪、新海里奈(は無いか?)もいずれは別プロダクションのアイドルグループから復帰してくる可能性はかなりあるのではないかと考えます(…果たしてファンの反応はどうなんでしょうかね)。

 ただ48プロジェクトの本来のあり方が、「将来の夢を叶える為に在籍して、いずれは夢に向かって卒業していく」ことであるとするならば、高井つき奈が「より大きなプロダクションによるアイドルユニット(仮にそれがSKEに敵対するものであっても)のセンターボーカルになるために卒業する」ということも“有り”なのか、という問題に帰着します。大島麻衣がソロデビューを飾ったのをAKBファンが好意的に見てあげているのと同じように、SKEのライバルとなった高井つき奈を卒業生として応援してあげることが出来るのかということです。例えば、SKE版の「セットリストベスト30」に、スターダストに所属している高井つき奈を呼んであげられるんでしょうかね。まあこの辺りが、最初の試金石になるのかな。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論3rd番外編(その3)<改訂版> | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その7) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいています。このタイミングでつき奈が出てきたのはSKEをやめてから一年以上すぎると存在感がなくなるからだと思いますが、そもそもつき奈がSKEに移籍してきたのは期限付きのレンタル移籍ではないかと実しやかに囁かれていますが、どう思われますか? 私はつき奈は手っ取り早く売れたいとあっちこっちするこらえ性のない人物と見ているのですが(黒笑)

投稿: TTK | 2010.05.29 22:51

>そもそもつき奈がSKEに移籍してきたのは期限付きのレンタル移籍ではないかと実しやかに囁かれていますが

 筆者が一年以上前に高井つき奈の経歴を知った時に最初に考えたのが、おっしゃるような「レンタル移籍」でした。もちろんプロダクション同士が水面下で何を行っているか知る由もありませんが、少なくともAKBとももいろクローバーの関係を見る限りでは、とても友好的な関係には思えないんですよね~

 「レンタル移籍」を考えるなら、”スターダストからSKEに対するスパイ”という考え方も成り立ちますよね(笑)。まあ当時のSKEにスパイをするほどの価値があったのかは、何とも言えませんが(要するに「レンタル移籍」をするほどの価値もあったのか、ということです)。

>手っ取り早く売れたいとあっちこっちするこらえ性のない人物と見ているのですが

 それは大なり小なり正解なんじゃないですか。アイドルなんて究極の個人戦だし期間限定となれば、誰でもあせる気持ちはあると思うので、筆者的には高井つき奈を悪く言う気も無いのですが(上手くやったかどうかは・・・、ねえ?)。筆者的には、SKEの根本的なシステムが問われているんだと考えています。
 

投稿: 少年王3号 | 2010.05.30 07:22

久しぶりに楽しく見させてもらいました
つき奈に早くSKEからじゃなくてもいいので復帰してもらいたいです

投稿: つき奈 | 2010.05.30 10:58

始めまして、楽しく拝見させていただきました。2年近く前の記事にコメントするのもどうかと思いましたが、昨年10月に開かれた元ももクロメンバーの早見あかりさん、伊倉愛美さん、高井つき奈さんによるトークイベントの動画がyoutubeにありましたので参考になればと書き込みます。「モト, ももクロ祭り!〜好きなものは好き〜」で検索するとすぐに見つかるかと思います。反応を求めて書き込むのではございませんのでレスは不要です。また、既にご存知でしたら申し訳ございません。

投稿: ヤマダンゴ | 2012.05.28 13:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/48486474

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論3rd(その6):

» ももいろクローバー [気になったことを適当に書くブログ]
「ももいろクローバー」ライブが大盛況だったようで。「木花開耶(コノハナサクヤ)」に勝てるか、今年の課題はその辺ですかね。 [続きを読む]

受信: 2010.06.01 04:15

« 新・私的AKB48論3rd番外編(その3)<改訂版> | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その7) »