« 新・私的AKB48論3rd(その5) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その6) »

新・私的AKB48論3rd番外編(その3)<改訂版>

今回のお題は、「AKB総選挙の速報について」

下記のようなご意見を頂きました。
>私の暗算では、1位~40位の総投票数は、60435票でした(誤差はあると思います)。他のメンバーにかなり多く見積もっても1万票くらい投票されたと考えて、合わせて約7万。
>もし仮に私の推測に近い票数(20万票)が残っていたとしたら、速報なんて当てにできたものではありませんよね

 速報の票数の集計、ご苦労様でした。前にも書いたとおり本来ならば総選挙に関してはスルーする予定だったのですが、前回一文を書いてしまっておりますし、今回わざわざ集計までして戴いたので、簡単にですが考えを述べさせていただきたいと思います。

 まず速報の数字が特定のカテゴリ(例えばモバイルサイトからの投票のみ)から引っ張って来た数字なのか、各カテゴリ(モバイルサイト、DMM、CD付属投票券など)から均等に引っ張ってきた数字なのかで、話は180度変わると思います。

 もし各カテゴリから均等に引っ張ってきた数字ならば、どれだけ投票数が増えようとも、速報の数字が単純に何倍かになるだけで、最終結果は速報とほとんど変わらないことになります(最終的には組織票の分だけぶれますが)。

 もし特定のカテゴリからだけ引っ張ってきた数字ならば、例えばモバイルサイトから引っ張ってきた数字だとすれば、古参層の考えが色濃く出ているわけで、新規層の意見がほとんど反映されていないことになるので、今後大きな変動が予想されます。

 …速報の総投票数が7万強だとすると、時間的な問題からもモバイルサイトやDMM会員などからの投票しかほとんど反映されていないんじゃないですかね。だとすると古参層の意見が強く反映されたランキングなんじゃないでしょうか。そういう眼で見ると、新生チームKで評判の良い大島優子・板野友美・宮澤佐江が順位を上げており(仁藤萌乃の28位は何かあったんでしょうか)、まだ立ち上がっていない新生チームAの篠田麻里子・小嶋陽菜が順位を落としていますよね(高城亜紀の11位は意外な健闘ですが)。

 この分析が正しいとすると、前回の総選挙から増えたCD40万枚分以上にも上る新規層の投票はこれからランキングに反映されるわけで、筆者の見解としてはこれからメディア露出と第一印象(なじみの少ない人にはこの点が一番重要です)が全ての勝負が始まるのではないかと思います。まず大島優子は古参の票だけの集計の時点で前田敦子に届かなかったのは相当痛い。新規の票が流入した時点で、二人の差はしだいに広がっていくのではないかと。篠田麻里子&ノースリーブスの面々の順位は、メディア露出が多いのでこれからじわじわと上がってくるでしょう。柏木由紀に関しては、渡辺プロがこの順位で満足するとは到底考えられず、今後何らかのアクションを仕掛けてくる可能性が高いのではないでしょうか。

 逆に板野友美は前回の総選挙でも速報から最終までほとんど順位にぶれがなく、今回ももしかしたら最後までこのあたりの順位で突っ走ってしまう可能性もあります。SKE勢はファンの総数の少なさと、今回の選挙がAKBのCDの購入が対象ということで、苦戦に転ずる可能性がかなり高いのではないかと(すでにSKE単推しの方からもそのようなご意見を頂いています)。同じくAKB研究生もファンの総数の少なさと、票の一本化が難しいため中間発表がすでに厳しいか。KⅡの石田安奈とか、研究生の山内鈴蘭とか、かなり夢があるんだけどね~。筆者の個人的な見解を言わせてもらえれば、今回のAKB総選挙は、運営がしゃかりきになって選抜残留を図っている松井珠理奈が、最終までこの順位で踏ん張れるかが、最大のキーポイントだと思っているんですけどね。


<追>:日刊サイゾーの「AKB48選抜総選挙、速報最速分析&結果再予想!! 勝利の法則は「鶏口牛後」」について

 相変わらず“古参ヲタA氏”のDD詐称が猛烈にムカつくんだけど、内容的には前回のものよりもかなりましになりました。順位予想は人それぞれの楽しみだと思うんでケチを付ける気は無いんだけど、「1位に推した大島優子は、あっちゃん(前田敦子)に勝てなかったけど、6、8、9、10位の予想が見事的中!!」は酷過ぎる(笑)。これから大きく順位変動が起こるだろう事はみんなわかっている筈なのに、速報の順位を4つ当てたからって勝利宣言されてもね(苦笑)。せめて最終の時点で4つ当てたのであれば、まだしもね。それから前回あそこまで中村麻里子を推したんだから、最後までそれを貫くべきなんじゃないかと思うのは筆者だけなのかな。最後に一つ、速報予想38位の米沢瑠美の前回順位がまた誤表記なんだけど、前回あれだけ大量の誤表記をやらかしてて今回もチェックしてないなんて、日刊サイゾーは本当に不誠実だと思います。まあ今に始まったことじゃないけどさ。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください) 

|

« 新・私的AKB48論3rd(その5) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その6) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

>柏木由紀に関しては、渡辺プロがこの順位で満足するとは到底考えられず、AKB総選挙初の企業による介入が行われる可能性が高いのではないかと考えています。

普通こういうこと書きますかね?
この一文すぐに削除して下さい。

投稿: 通りがかり | 2010.05.28 21:36

>柏木由紀に関しては、渡辺プロがこの順位で満足するとは到底考えられず、AKB総選挙初の企業による介入が行われる可能性が高いのではないかと考えています。

私もこの一文に関しては非常に憤りを感じます。
いつも楽しく読まさせていただいていますが、仮にもAKBについて一貫した一人の視点から扱ってきたブログでのこのような発言は、軽率だと思います。
もし柏木由紀が中間発表・最終発表で順位を上げてきたとしても、それは柏木推しのファンの努力の結果であり、それ以外の何物でも無いのです。
この発言は、前回・前々回「AKBのスキャンダル史」にまとめられていた『罵詈雑言』の類と大して変りないと思います。
非常に残念です。

投稿: jel | 2010.05.28 23:40

南極怪獣通信さんのシャープな分析の一ファンです。
すべて読ませていただいている限りでは,
これくらいの内容の文章は今までにもあったかと思います。

私は特に目くじらをたてるような内容とは思いません。
もともと1人に何枚を買わせるような商法で成り立っているのがAKBです。
別に組織的選挙が行われたって仕方ないじゃないかと思ってます。

投稿: つづき | 2010.05.29 02:30

南極怪獣通信さんは以前からナベプロが第二回総選挙で上位を取りにくるんじゃないかという見解を示してらっしゃった(AKBに関わるプロダクションを扱ったあたりで)と思います。
だから僕は、柏木さんの事に関しては、柏木さんや彼女のファンに対する悪意があった訳でなく、これからの総選挙の票の動きを読む上での筆者さんなりの推測を素直に書いたに過ぎないものだと解釈しています。(その点で説明不足なことは否めない気はしますが)

あと、今回の記事に関して、筆者さん自身も「総選挙はスルーするつもりだったので簡単に考えを述べる」と書いてらっしゃいましたが、余りに内容が薄すぎて筆者さんの総選挙の予想を記事にする事に対するモチベーションの低さがこちらにも伝わってきました。

この程度の扱いかたならご自身でおっしゃったように、総選挙ネタはよした方が賢明かと思います。

失礼な事を言って申し訳ありませんでしたが、またいつものような憶測全開の記事を期待しております。

投稿: からくりキノコ | 2010.05.29 10:43

一個人が趣味でやってるサイトに書いた記事に対して
削除しろだの総選挙ネタはよした方が賢明だのコメントしてる人はどうかしてるんじゃないですか?
人様のサイトにケチ付けるぐらいなら見なければ良いでしょう。

特に通りがかりさんの「この一文すぐに削除して下さい。」というコメントは気が狂ってるとしか思えませんね。

投稿: | 2010.05.29 12:15

>普通こういうこと書きますかね?
この一文すぐに削除して下さい。
>私もこの一文に関しては非常に憤りを感じます。

 確かに筆者が言いたかったことに対して言葉が足りなかったのは事実だと思いますし、今後の柏木由紀の得票が伸びた場合のファンの皆様の努力を否定するような内容が一部含まれていたのは間違いありませんので、お詫びをすると共に訂正させていただきます(柏木由紀に対しては特に悪意があるわけではないので、この文章に強く固執するつもりもありません)。

 ただ補足をさせていただきますと、筆者の見解としては、AKB総選挙に関しては現時点で各プロダクションによる綱引きはとっくに始まっていると考えています。例えば各音楽番組に出演するメンバーは各プロダクションのバランスを相当熟慮している跡が見られ、ジャニーズ系の「GIゴロー」には渡辺プロダクションの二人だけが準レギュラーで出演しているなど、間接的な援護射撃はすでに相当激しいものがあります。

 そうした中でAKBに対しては後発の渡辺プロダクションは、柏木由紀の写真集の売り上げやCDTVによる女性タレント高感度ランキングですでに前田敦子を退けており、これは単なる自然な流れだけによるものでは無いと筆者は考えています。今回ご指摘いただいた文章も、そうした流れの一環なんですよね。でもまあ判り辛い文章だったとは思いますので、改訂させていただきます。ご了承ください。

投稿: 少年王3号 | 2010.05.29 12:20

そもそも、ここで言い合いになってしまっているのは、
少年王3号さんに配慮することなく、総選挙の質問
をしてしまった、私がいけませんね。

申し訳ありませんでした。

投稿: りゅう | 2010.05.29 22:05

>そもそも、ここで言い合いになってしまっているのは、
少年王3号さんに配慮することなく、総選挙の質問
をしてしまった、私がいけませんね。

お気になさらないで下さい(o^-^o)
逆にいつも好意的なレスを本当にありがとうございます。

今回の問題は筆者の書いた文書の内容が問われているだけの問題であり、その他の事とは一切関係がありません。
人を貶めるような文章を書く時は、必ずその理由や状況説明が必要であり、今回それを怠った筆者の姿勢に問題があるだけです。

今後ともよろしくお願い致します。

投稿: 少年王3号 | 2010.05.30 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/48480376

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論3rd番外編(その3)<改訂版>:

« 新・私的AKB48論3rd(その5) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd(その6) »