« 新・私的AKB48論3rd(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd番外編(その4) »

新・私的AKB48論3rd(その7)

今回のお題は、「いよいよSKEも正念場!」

 いよいよAKB総選挙も始まり、筆者的にはSKEは今まで以上に追い込まれた感が強く漂っているように感じているのですが、一般の方の考えとしては、CDを5万枚以上売っている女性アイドルなんてAKBとSKE以外にほとんどない筈なんで、“単に1位に少し水をあけられているだけの2位なんで、問題無いんじゃない?”という解釈をしているのかもしれません。BUBKA編集部も、「(SKEに関しては).悪い所がないんですよ!」などとノーテンキなことを言っている始末。しかしSKEの内実は相当追い込まれていると筆者は考えており、本来アイドルというものの寿命は長くても3年と言われている中で、SKEがすでに結成から2年以上を経過していることを考えると、あまりにもSKE運営の仕掛けが遅すぎたと言わざるを得ないと考えます。まずSKEの一期生がこの2年ですでに半数近い9名卒業(1名長期離脱)したというのは相当厳しいですよね。特に前項でも述べた通り、相次ぐ年少メンバーの脱落はSKEの根幹に関わる問題です。この流れを食い止めるためには、SKEが強く大きくなる以外に方法が無いわけですが、今回はいつもとは逆に、“SKEの何が悪かったのか?”をまとめてみたいと思います。

(1):AKB48の2008年度紅白歌合戦落選
 SKEにとっては、これがあまりにも痛すぎました。当時11歳の小学生ながら、AKBの選抜曲である「大声ダイヤモンド」のセンターボーカルを務めた松井珠理奈を、一般の人にアピールできる最大にして最高の舞台を逸してしまったことが、SKEの現在まで続く閉塞感の最大の原因であると考えます(これに関しては不可抗力ですが)。さらに現在SKE運営は、しゃかりきになって2010年の紅白出場を狙っていますが(SKEは今年中にもう2枚シングルを発売すると言っており、筆者的には紅白当選率80%以上とみます)、明らかに1年遅れましたよね。去年最低でもシングルCDを2枚は発売して、最初からもっと力のあるレコード会社を選んでテレビ出演しておけば、去年の時点でも紅白出場は可能だったんじゃないでしょうか。

(2):2009年度レコード大賞新人賞落選
 つーか、最初から獲る気があったのかという話ですよ。当時のSKEに狙える(テレビ出演が出来る)賞は恐らくこれだけだったわけで、テレビ出演のほとんど無かった(地上波全国に関しては現在でもほとんど無いですが)SKEにとっては、AKBと並んでテレビ出演する最高のアピールの場だった筈です。まあAKBの「渡り廊下~」も新人賞を逃しているわけで、仕方がない事なのかもしれませんが、一年を棒に振るか振らないかの問題だと思えば、もう少しあがいても良かったんじゃないですかね。それともこの件に関しても、レコード会社に力が無かった時点で、最初から駄目だったのかな。

(3):劇場鑑賞競争率の驚異的な<<低さ>>
 AKBの劇場鑑賞競争率が、軽く100倍を超えようかというこの時期に、SKEの劇場鑑賞競争率が3~4倍しかないというのは、お粗末としか言いようがありません。名古屋の商業規模は東京の十分の一と言われていますが、それでも競争率10倍程度は無いとおかしい。これは地上波テレビへの出演が少ないというだけでは、言い訳にならない部分です。“名古屋を拠点にする”と言いながら、名古屋の人達の支持も得られないのであれば、いっそのこと東京に拠点を移した方が、まだましというものです。SKE運営は、(かなり手遅れ気味ですが)なぜ名古屋の人達の支持がこんなにも得られないのかを徹底的に分析して、地元からの応援をもっと得られるようにするしかどうしようもありません。AKBに比べてこの辺りの分析が、甘すぎるんじゃないでしょうか。

 筆者の個人的な見解としては、AKB商法が足りてないんじゃないですかね。もっと“自分たちはまだまだ弱小アイドルなんだ”という自覚を持って、例えば昔のAKBのようにファンとのコミュニケーションを密に取ってみる(水泳大会、温泉旅行、ボーリング大会、ハイキングなど)とか、お座敷公演をそこら中の企業や商店街でやってみる(チームBはTDKとかでやってましたよね)とか、一人一人がCDを一枚づつ手売りしてみる(チームAは冬の札幌でこれをやりました)とか、申し込みがあった全ての学校の学園祭に本気で出掛けて公演をしてみるとか、草の根的な事でやっていないことがあまりにも多すぎるんじゃないですかね。筆者的には、ビデオオンデマンドをやっていない時点で、ダメダメだと思うんですが。

(4):コンサートの映像を撮るカメラマンの腕が悪すぎる!
 この点に関しては、誰に何を言われようと譲る気はありません!!(非常に細かい所だと思うかもしれませんが)。SKEはせっかくハピネットと組んで、公演やコンサートのDVDをショップにおいて全国の人達に見てもらおうとしているわけですが、肝心のDVDの内容が(特にカメラワーク)がお粗末過ぎます。例えばS2ndのDVDと全てのコンサートに関しては、「雨のピアニスト」の最大の見せ場である、松井玲奈のヘッドバンギングがきちんと記録されているものが一つも無い!!。舐めとんのか、欠陥商品ばっか売りつけやがって!!(「雨のピアニスト」についての一番ましな映像は、間違いなくSKE秋葉原公演のビデオオンデマンドの定点カメラの映像です)。また「グローリーデイズ」も横一線のきれいに揃ったダンスが魅力なのに、映像では無意味なアップが多すぎて曲全体が全く把握出来ない有様です(「初めての課外授業」は比較的ましかな。「名古屋一揆」の斉藤真木子のソロダンスは、カメラマンの腕が悪すぎて見切れちゃってます(泣))。…名古屋のカメラマンって、みんなこんなに下手糞なんでしょうか。むしろSKEに対する理解度が低すぎて、どこにカメラを向けたら良いのか判らないんだろうなあ(泣)。誰も指摘した人はいないんですかね。一事は万事と言いますが、こんな所から出来てないから、SKEの知名度はなかなか上がらないんだと思うよ、マジで。

(5):ホームページが腐ってる
 逆にこの点に関しては、筆者の個人的な愚痴だと思っていただいて結構です。SKEのホームページは、AKBのものと比べて、とにかく見難くてたまりません。まずスケジュールに関してですが、どうしてAKBみたいに一覧表形式に出来ないんでしょうか。一日分づつしか見られないので、全体が把握し辛い上に面倒でたまりません。三日分以上は見る気がしないので、結構見逃しているイベントやテレビも多いのでしょうね。非常に残念です。NEWSはまだ一覧が見られるだけましですが、切れ目が判り辛いので、やはり見難いです。楽曲紹介もAKBのものはサンプル動画や作曲家の名前などが入っているので、アーカイブ的な使い方が出来るのですが、SKEのものは手を抜き過ぎです。最後に運営ブログも更新頻度が低すぎです。BUBKA6月号で、編集部から「ブログもそこまで更新されていませんし」という指摘に対して、「彼らも相当忙しいから(後略)」という言い訳を湯浅支配人がしていますが、この辺りの意識の低さがSKEの現状を悪い方向に追い込んだとしか筆者には思えません。きっと湯浅支配人の中では、毎日ブログの更新をしている戸賀崎支配人は、よっぽどの暇人なんでしょうね。

(6):地方公演のコンサートホールが小さすぎる
 何のために地方公演を行っているのかという意識が、低すぎるのではないでしょうか。大阪公演に関して3000人以上の希望者がいながら、コンサートホールを大きいものに変更しておきながら400人しか入れないって、おかしくないですか。むしろSKEの場合は一人でも多くの人に見てもらわないといけないのだから、赤字になろうが席が余ろうが、想定されるお客さんの数より大きい箱にするべきなんじゃないでしょうか。余った席は、業界関係者に無料でばら撒いたって良いし。AKBだってシアターの50席は、常に業界関係者のために空けてあるんですから。

(7):KⅡ2ndは「手をつなぎながら」公演で、本当に良かったのか
 筆者の個人的な見解ですが、「手をつなぎながら」にするべきではなかったのではないでしょうか。チームSのために作られた「手をつなぎながら」では、KⅡのメンバーが如何にがんばろうとも比較されれば不利ですし、「セットリストベスト30」でもKⅡに踊れる曲がほとんど無くなっちゃいます(泣)。どうせなら、せっかく「K」の文字が名前に入っているのですから、K4th「最終ベルが鳴る」公演とかやってみたら面白かったんじゃないでしょうか。コンサートでの楽曲の幅も大きく広がったと思うしね。

(8):SKEは、メディアを上手く使いこなせていない印象が強い
 AKBは地上波・CS・ビデオオンデマンドと非常に上手く使いこなしている印象があるのですが、SKEの場合(地方限定のものはともかくとして)全国に対して知名度を上げるための仕掛けがあまりにも少なすぎるのではないでしょうか。現在全国で見られるSKEの番組は、地上波TBSの2分間しかない帯番組の「デラSKE」(これが30分番組に昇格できれば…)と、CSの「SKE48学園」のみ。…これではCDを3万枚すら売る力が無かったAKB創生期よりもメディア露出が少ないことになります。筆者が昔から思っている疑問なんですが、BSってもう少し使い様が無いんでしょうか。一応全国で見られるし、CSよりは普及度が高いので結構使えると思うんですが。なんかコンテンツも全然足りなそうだし。それともいっそのこと「パチンコSKE48」でも作ってみる???(これで上げた知名度がどう使えるかは、筆者にもさっぱり判りませんが(笑))

 なんか考えればまだまだ出てくる気がするのですが、とりあえずこんなところで。SKEに関してBUSKAが言う様に「悪い所がない」なんて、絶対に嘘ですよね。SKE単推しの方とか、実際の所どう思っているんでしょうか。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論3rd(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd番外編(その4) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

興味深い考察よませていただきました。 私は岐阜に住んでいるので多少名古屋の人の感覚に近いと思っているのですが、少年王さんの考えはあくまで東京の人の視点に感じます。 私は少年王さんとは逆でこれまでのSKEの成長は少し早すぎるように感じます。そのため全国展開などについていけない中高生が脱落していったとみています。とは言えAKBがバブル気味の今、なるべく勢力を広げておきたい運営の考えもよくわかりいたしかゆしですよね。                                                  一番の問題は確かに名古屋を拠点としていることだと思いますがそれだと存在の全否定になってしまうので、プロスポーツチームの様に地元重視とメジャー感を出すことを半分個ぐらいにしてやっていってほしいです。と言っても秋元氏やオーナー(京楽)の考え一つなんでしょうけど(汗)
 何かはわからないですがこの夏にも大きな動きがあるようにかんじています。  

投稿: TTK | 2010.05.31 00:55

何時も興味深く読ませて頂いてます。初コメです。カメラワークはその通りだと思います。在宅なのでDVDしか見てませんが、バストショットが多すぎて、一揆だと詩人やMabyとかの揃ったダンスが見えない(笑)
後、リクエストでSとKⅡかぶった曲を誰がやるかで更に運営の評価が下がりそう(好評価だった事有りましたっけ?)雨ピやグローリーどちらがやるかな(笑) 駄文で失礼しました。

投稿: 通りすがり | 2010.05.31 06:57

>そのため全国展開などについていけない中高生が脱落していったとみています

 これもある意味正解なんでしょうね。SKEに加入した時点ではまさかここまで時間的・体力的に追い込まれるとは思っていなかったでしょうしね。それにしてもBUBKA6月号での湯浅支配人の「(練習が厳しすぎて)みんな高校卒業延期ですよ。でもプロの世界では良いと思うんですよ」にはぞっとしました(AKBではここまで酷い話は、聞いた事が無かったんで)。こういう問題こそ、本来運営が面倒を見てあげないといけない所なんじゃないでしょうか。トップがこういう意識だと、特に年少メンバーはついていくのは相当しんどいでしょうね。

 ただそんな状況であっても、「自分は夢に向かって着実に進んでいる」という意識さえあれば、恐らくがんばっていけるんじゃないかと思うんですよ。その”夢”を載せるには、今のSKEはまだ弱く小さすぎるということになります。

 「SKEはダンスをゆるくして、仲良しクラブ的な集まりでも良いんじゃない?」という考え方もあるでしょう。筆者も個人的には、条件さえ許せばそれでも構わないと思います。実際年少メンバーはそれを望んでいたのかもしれません。しかし後の無い年長メンバーはそれでは絶対に納得しなかった筈ですし、松井珠理奈の”あの”性格では、どう考えても仲良しクラブにはなりようが無かったですよね(笑)。まああとは、・・・ビジネスの問題がありますから(泣)

>何かはわからないですがこの夏にも大きな動きがあるようにかんじています。

シングルCDの発売に連動してですかね。楽しみにしています( ̄▽ ̄)

投稿: 少年王3号 | 2010.05.31 08:23

>カメラワークはその通りだと思います。在宅なのでDVDしか見てませんが、バストショットが多すぎて、一揆だと詩人やMabyとかの揃ったダンスが見えない(笑)

ご賛同、ありがとうございます(o^-^o)
とにかくこの点は、SKE運営に強く働きかけて一刻も早く改善しないと、「SKEのまともな映像が、最後まで一つも無い」などどいうことにもなりかねません。
がんばっていきましょう(笑)

投稿: 少年王3号 | 2010.05.31 08:27

項目:2に関しては仕方ないと思います。
基本関連レーベルが持ち回りで受賞している賞レースって言う噂が流れて久しい訳ですし、実際がどうであれ結果的にそうとられても仕方ない現実が続いています。
詳しくは語りませんが、この噂が事実なら…

「"年間チャート"で揺るぎないトップを取る」
※ぶっ千切りのダブルスコアやトリプルスコアで他者を寄せ付けない結果を叩きだすなど

もしくは「積極的な行動」が無いと取れないのでは無いでしょうか?
「所詮は噂」で済むならいいんですが。

投稿: | 2010.05.31 16:31

私は今回、東京の握手会に参加できず、たまたま用事のあった福岡で握手会に参加したんですが、
感じたのは、運営サイドのファンサービスの意識の低さですね。

段取りの悪さについては、AKBも同じだと思うのでことさら指摘はしませんが、福岡には(大阪も?)BLTの
メンバーは来なかったんですが、それならせめて2曲歌うくらいのことをしないんでしょう?

「今日はBLTメンバーが参加できなかったので、代わりにもう一曲」ってやるだけで、
現場のファンへ与えるの印象は雲泥の差だと思います。
一曲歌う曲が増えたくらいで、かかる時間はものの数分でしょう?

握手会自体についても、一人当たり、1秒程度でスタッフに引き剥がされてしまう訳ですが、
そのせいで時間より早く掃けてしまっているようじゃ本末転倒です。

「ホントはやりたくないけど、秋元康がいうから仕方なく握手会やってる」ってところもあるんでしょうか・・・

本人たちは凄く頑張ってて好感が持てるだけに、非常に残念さを感じた一件でした。

投稿: たかし | 2010.06.01 00:27

私はSKEの事はDVDでしか知らないので、少年王3号さんの分析を読んでの感想でしかないので間違っていたらお許しください。
運営側が、「自分たちはまだまだ弱小アイドルなんだ」という意識ではなく、「自分達は巨大なアイドル集団のひとつなのに運営が弱小なんだ」という意識が低いような感じがしました。
少年王3号さんの分析を読むとファンとのコミュニケーション以外は、弱小アイドル集団の運営をしているようにしか思えませんでした。
大手芸能プロダクションへの移籍問題も含めて、京楽の力が強すぎるのでしょうか。
生意気なこと言ってすいません。

投稿: 蕎麦屋のカレーライス | 2010.06.01 18:23

SKEに関しては『なぜAKBではなくSKEでなくてはならないのか?』という根本的な問題があると思います。

本来の理由のひとつである『東京にでるというリスクを回避できる』というのは新海・森を半ば追放したことにより
なくなりました。さらにSKE運営は『勉強なんかよりSKEを優先しろ』とブブカのインタビューで語っています

AKB運営は渡辺・小野・佐藤すをトライ式高等学院に通わせたり、宮崎を芸能人御用達高校に通わしたり、平嶋を
普通高校に通わしたり(授業優先で握手会を一部カットするほど)など勉強をしっかりするようにしているのとは対照的です

つまりAKBの方が有名でスターになれる可能性が高いのに、SKEのほうが夢破れたときのリスクが高い状況になってます。

これではSKEに入るメリットがないとオーディション参加者に思われるのでは


これについての筆者さんの考えを聞きたいです

投稿: たぬたぬ | 2010.06.04 13:03

地域に密着するという事はどういう事なのか?という事は考えれば
名古屋で受け入れられない理由が解るかと思いますよ。
名古屋が地盤の筈なのに名古屋を無視してるんだから、そりゃ受け入れて貰える筈もありません。
出だしで大きな間違いを犯した結果として今があるという事です。

投稿: とをりすがりの物 | 2010.06.13 00:53

SKEの3つの問題は、湯浅支配人とメモリストさんの不在と京樂でしょうね~
tgskがショーパブ出身なのに対して、湯浅さんは芸能事務所のマネージャー上がりなんですよね。
だから、マスコミ対策と人材管理には強いんでしょうが(事実、かなり初期から中京圏のTVには出まくりですからね)、劇場運営
については素人なんですよね。だから、SKEのパフォーマンスに対して、マーケティングでいうコア層が育っていない…。

投稿: ちょーぴん | 2010.07.28 16:24

地域密着型を目指すなら地域のお祭りや中高大の学園祭・体育祭にサプライズゲストとして出してもらえるようにSKEの側から積極的に営業をかけるべき。

投稿: 通行人 | 2010.08.16 12:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/48496113

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論3rd(その7):

« 新・私的AKB48論3rd(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論3rd番外編(その4) »