« 新・私的AKB48論2nd(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その7)(改訂版) »

「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十五)

今回のお題は、「渡り廊下走り隊の今後について」

 いきなり全く関係無い話を始めますが、皆様は渡辺麻友と多田愛佳のアニヲタとしての方向性の違いを理解しておられるでしょうか。アイドル畑一筋の方々には、多分全く判らない所なのではないでしょうか。でもここが判らないと、渡辺麻友の中高生に対する訴求力がなぜこんなに高いのか、理解できないと思うんだよね。多分アニヲタの視点でこんな(馬鹿な)ことをきちんと文章にしようと思うのは筆者位のものだと思うので(笑)、皆様はあまり興味無いかもしれませんが、一応まとめさせていただきます。

 まず渡辺麻友ですが、ばりばりの正統派アニヲタです。京アニとシャフト(両方とも現在最も人気のあるアニメ制作会社です)をこよなく愛する渡辺麻友は、(男子向女子向を問わず)アニメの最先端の動きに完全に対応しています。その時々の最先端のアニメを(AKBの中で唯一)常に論ずる渡辺麻友は、現時点でAKBにおける男性アニヲタの信を一身に受けていると言っても過言ではないでしょう。「まゆゆが俺の彼女(妹も可)だったら、幾らでも大好きなアニメの話が出来るのに」と思っている中高生男子のファンは、非常に多いのではないでしょうか。また特撮に対する造詣も深く、一番好きな仮面ライダーが「仮面ライダーイクサ(セーブモード)」「仮面ライダーキバ・エンペラーフォーム」というあたりが、すでに尋常ではありません(笑)(←かなりマニアックなセレクトです)。女の子なんて普通、ガンダムとか仮面ライダーとかの区別はつかないよね~。その上「趣味はフィギュアのコレクションです」「声優さんが大好きです「カラオケで最初に歌うのはスーパー戦隊ものの主題歌です」とまで言ってくれるのですから、アニヲタや特撮ヲタの中高生なんて、ひとたまりもないですね(笑)。現在の渡辺麻友のお気に入りは「けいおん」と「ヘタリア」(一昔前は「マクロスF」とか)ですが、(一般的な人気というよりは)ディープなファンが好む作品と言えるでしょう。それはある意味、AKB自体と共通する所であるのかもしれません。

 対する多田愛佳は、典型的な腐女子系。一昔前は「やおい」と呼ばれていた人種です(笑)。AKBでアニヲタを自称するメンバー(例えば石田晴香など)は結構多いですが、そのほとんどがこのタイプに属しています。要するに美少年キャラ(美青年も可)に過剰に感情移入して、あれやこれや(大抵はセクシュアルなこと)妄想して楽しむ、という女の子達です。意外にたくさんいるんですよ(笑)。多田愛佳が惚れ込んでいるのは、「黒執事」というアニメの登場人物である「セバスチャン・ミカエリス」。職業は執事ですが、その正体は悪魔で超絶な強さを誇ります(ちなみに石田晴香の場合は、幽遊白書の「蔵馬」。両方とも人間じゃないね~(爆))。…少しイメージし辛いかもしれませんが、男性がメイドさんに過剰に思い入れをして、その正体がロボットだったり、女神さまだったり、大金持ち(そんな作品もあるんです)だったりする感覚に近いのかもしれません。ただこの腐女子タイプは、男性のアニヲタとは全く話を合わせることが出来ず、アニメの知識がファン獲得にほとんど貢献しないのが玉に傷です。多田愛佳は自分の腐女子属性を「たかまり芸」にまで昇華させているので、まんざら無意味というわけでもありませんが。でもまあ、この辺りが渡辺麻友と多田愛佳の人気の差の、決定的な要因と言えるのかもしれません。

 ここまで読んでお分かりのように、同じアニヲタと一括りにされがちですが、実は渡辺麻友と多田愛佳は全くタイプが異なっており、二人が共通の話題に出来るアニメはそれほど多くない(最近なら、けいおんとか)と考えられます。少し判り辛ければ、渡辺麻友は(AKBの中で唯一最先端の)男の子アニメが判るけど、多田愛佳は女の子アニメしか判らない、位の認識で問題ありません。だから「渡り廊下~」の方向性も、イマイチ定まらないんだよね~。ちなみに平島夏海は正統派の少女漫画読みで、最近は500冊収納可能な本棚を買ってもらって、せっせと買いこんでいるようです(ブックオフで少年漫画を買いまくる北原理英とも、少しタイプが異なります)。仲川遥香と菊地あやかに関しては、少なくとも<趣味>という方向ではあまりキャラが立っておらず、もっぱら聞き役とか、ボケに回って貰うしかないのですが、何か無いのかね?。仲川遥香は、ついにウィキペディアでまで「プロレスラーのGOEMON氏の娘」と表記しちゃたんだから、(GOEMON氏の団体と不適切な関係になりたくないというのは痛いほど判るんだけど)何とかそっちの方向でキャラを立てられないのかなあ。菊地あやかの場合も(柏木由紀がブラック柏木として開き直ってキャラを立てたように)きれい事でも何とかなる筈という幻想は一刻も早く捨てて、自分だけのオンリーワンなキャラ作りを真剣に考える必要が、間違いなくあります。あとは本人の自覚の問題なんだけど。

 さて総括です。“他のAKBメンバーの大手事務所への移籍の推進”という本来の役割を果たし終えた「渡り廊下走り隊」は、今後自分達だけの利益を追求していって問題無い立ち場となりました。要はAKBの看板を背負う必要が無くなった、ということです。総選挙で上位を目指すためにひたすら自分達をアピールをして行っても良いだろうし、本当に自分達の人気に自信があれば(場合によっては)AKBから独立するという選択肢すらあるかもしれません。まあ女性アイドルの寿命は短いので、あと何年「渡り廊下走り隊」の活動を続けられるのかは、常に頭に置いておかないといけませんが。筆者が昔から「渡り廊下走り隊」にやらせてみたいと思っているのは、NHK教育の小学生向け学習番組なんだよね。歌ったり踊ったり寸劇をやったりしながら、理科の実験とか算数の計算とか歴史の暗記とかやっていったら、楽しそうだと思いませんか。AKBメンバーが先生役なら、子供達も言うことを聞きそうだし(笑)。あとは直球ド真ん中で、「おかあさんといっしょ」とか「ポンキッキ」の歌のお姉さんとか体操のお姉さんとか。幾らアニメが好きだからと言って、声優では顔が見えないからもったいないと思うんだよね。むしろ舞台をやっている方が、正解だと思います。夢は色々広がるんだけど、今回はこんなところでおしまいにします。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論2nd(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その7)(改訂版) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

AKBがすいえんさーと手を切らなかったら、NHK教育でレギュラーというのも十分考えられたかも知れませんね(NHKは人選に付き合いを重視する傾向があるため)。

でも、前田さん、柏木さんがレギュラーを持ったり、音楽番組にも出演しているので、そのうちおのずとそういう流れになるかも知れません。
ちなみに僕は「天才てれびくん」なんてどうかなと思っております。

投稿: | 2010.04.07 22:02

2つ前の記事コメントでのSE編集長ブログへの考察、ありがとうございました。
さて、筆者さんが意図的に避けておられるのかもしれませんが、渡り廊下の今後について、なっちゃん推しの私にとって強く懸念することがあります。

 尾木プロ移籍メン・・・岩佐、松原、野中、小森

 尾木プロ現メン
   no3b(高橋 峯岸 小嶋)
   渡り廊下(渡辺 仲川 平嶋 多田 菊地)
   浦野

新規移籍メンについてピンで活躍できるほど知名度はなく、何らかの形で束売りにするのは不可避と思われます。もっとも、新規移籍メンに高橋や渡辺に相当する“顔”になるメンはいません。そうすると、既存のユニットの再編が現実味を帯びます。

この点、no3bは春からのレギュラー番組もあり、1期選抜組というキャラクター面も考慮すると動かしにくいユニットです。対して、渡り廊下はその名称やコンセプトからして、学生であることを強く要求されるユニットです。なっちゃんはもう3年生、はるごんに至っては高校を卒業しており、厳密にはコンセプトから外れつつあります。

私が予想する尾木の新編成はこうです。
   no3b(高橋 峯岸 小嶋)
   渡り廊下(渡辺 多田 菊地 岩佐 小森)
   ○○○組(平嶋 仲川 松原 野中)+浦野?

なっちゃんはせっかく育てた渡り廊下と、非常に大切なカードであるまゆゆを奪われることになり、またしても苦しいピッチングを強いられかねません。しかし、現実的な予想でもあると考えています。
我ながらネガティヴですが…渡り廊下の活動再開時がとても心配です。

投稿: GG | 2010.04.07 22:43

今週の少年サンデーの表紙や今日もDuetの連載の撮影してるから
当分メンバーの変更はないと思いますけど

投稿: 名無し | 2010.04.08 04:26

菊地加入の後に4人での写真集出す事務所ですからね…

投稿: | 2010.04.08 10:32

DL数が1000件超えないと打切りの
「オールナイトニッポン モバイル」ですが
チームBヲタ4のまゆゆ、らぶたん、なかやん、たなみんの
内容がアニメや特撮だったらすごいコアで面白そうですね♪

投稿: あき | 2010.04.08 12:25

>AKBがすいえんさーと手を切らなかったら

CD発売やコンサートのたびに、あまりにも欠席しすぎましたね ( ̄▽ ̄)
筆者はあまりの総集編の多さに、すいえんさー降板は時間の問題だな、とは思っていました。ただ逆にMJへの出演頻度は相当高くなっていることから、別にNHKと良くない関係になっているとは考えていませんが。

>ちなみに僕は「天才てれびくん」なんてどうかなと思っております。

最高ですね (o^-^o)

> 渡り廊下(渡辺 多田 菊地 岩佐 小森)
   ○○○組(平嶋 仲川 松原 野中)+浦野?

的確な分析、恐れ入ります。ただ新生渡り廊下はともかく、○○○組はセンターで歌える人材が見当たらないので、歌手ユニットとして成立し辛いのではないでしょうか。

筆者が考える将来的に最も可能性の高いシナリオは、渡り廊下解散、渡辺麻友ソロデビューです(それまでは渡り廊下のメンバーを大きく変える可能性は低いのではないでしょうか)。残されたメンバーをどう再編するのかはまだ確定的ではないと思いますが、「学生」という縛りを外したユニットにすれば、かなり長い期間活動する事が可能になると思います。

また尾木のメンバーが、かなりの頻度で舞台活動を行っているのも、将来への複線であると考えています。平嶋夏海や仲川遥香が懸命に舞台活動をがんばっているのも、来るべき渡り廊下解散を見据えてなのではないでしょうか。他のメンバーも含めての最終的な落とし所は、舞台とテレビ半々位の女優という所なんじゃないかな。

>なかやん、たなみんの内容がアニメや特撮だったらすごいコアで面白そうですね♪

本当に、そうでなくてはいけないと思います。この二人の理解度がそこまで達していることを、切に願います。

投稿: 少年王3号 | 2010.04.08 20:30

こういう風にしっかり文章にまとめて頂けると、とても勉強になるし、助かります。

自分はなっちゃん推しで、正直まゆゆとかあいちゃんは
アニメが大好きなんだな といったくくりにしか出来ていなかったので
考えを改められました。  ありがとうございます。

なっちゃんの卒業を尾木プロがどの位の重要度で見ているかが気になります。

投稿: ぽち | 2010.04.09 12:55

ヘタリアは良いですよ~。面白いし(笑)
イタリアが可愛すぎる~

投稿: ヘタリア 画像 | 2010.05.04 16:24


あやかちゃんはすごく人気ありますね~

投稿: 菊地あやか 画像 | 2010.07.31 10:01

意図的に書かれていないのだとしたらすみません。
腐女子というのは(アニメに限らず)男性同士の恋愛を好む女性のことであって
アニメなどのかっこいい男の子が好きなのは普通の女性ヲタクですよ。

投稿: | 2011.03.22 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/48025185

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十五):

« 新・私的AKB48論2nd(その6) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その7)(改訂版) »