« 新・私的AKB48論2nd(その4)<改訂版1> | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その6) »

新・私的AKB48論2nd(その5)

今回のお題は、「日刊サイゾーの『AKB48第2回選抜総選挙、史上最速結果予想!!!』について」

 まずは多数の方にご質問いただいた第2回AKB総選挙について。

 本当は前回の総選挙の時に順位予想をボロボロに外したので(泣)、今回はやらない予定だったのですが、日刊サイゾーの順位予想を見て「そりゃねーだろ」という気持ちになったので、(あくまでも現時点での、ということですが)順位予想について考えてみたいと思います。

 まずはっきりさせておきたいのは、筆者の基本的なスタンスとして、本来はどれだけ意見が違おうとも、他人の書いた文章を批判するのは本位ではないと言うことです(それが例えAKBや筆者の推しメンに対して否定的なものであっても、です)。しかしマスコミが書いた記事で、その中に明らかに嘘が混入しており、それによってファンの考え方が誤誘導されてしまいそうな場合だけは話は別です。筆者が以前日刊サイゾーを批判したのは、記事に明らかな嘘(間違い、ではない)が混入していたからです。日刊サイゾーのAKBに対する記事は、基本的にアンチAKB親SKE(単にAKBを貶めるためですが)で、アンチ前田敦子というカラーでした。その後ほとんど嘘しか言わない“某芸能誌記者”とは手を切ったようですが、次に日刊サイゾーが手を組んだのが、今回の記事の主役を務める“古参ヲタ”A氏だったわけです。それではまず、このA氏が中心になって作った日刊サイゾー版ベスト40を見てみましょう(ちなみに去年の順位はめちゃくちゃですが、気の毒なんで見なかったことにしてあげてください(笑)。平嶋夏海と石田晴香が同率18位で選抜入りしていたり、菊地あやかと米沢留美が同率11位でメディア選抜入りしていたりと、すごく夢のある内容なんで(爆))

【AKB48 選抜総選挙2010 ベスト40予想】
1位:大島優子(新チームK:09年2位)
2位:柏木由紀(新チームB:09年9位)
3位:前田敦子(新チームA:09年1位)
4位:篠田麻里子(新チームA:09年3位)
5位:渡辺麻友(新チームB:09年4位)
6位:高橋みなみ(新チームA:09年5位)
7位:北原里英(新チームB:09年13位)
8位:松井玲奈(SKE48チームS:09年29位)
9位:宮澤佐江(新チームK:09年14位)
10位:小嶋陽菜(新チームA:09年6位)
11位:板野友美(新チームK:09年7位)
12位:秋元才加(新チームK:09年12位)
(以下、シングル選抜だがメディア出演は一部制限される)
13位:佐藤亜美菜(新チームB:09年8位)
14位:仁藤萌乃(新チームK:09年圏外)
15位:松井珠理奈(SKE48チームS:09年19位)
16位:指原莉乃(新チームA:09年27位)
17位:峯岸みなみ(新チームK:09年16位)
18位:河西智美(新チームB:09年10位)
19位:小野恵令奈(新チームK:09年11位)
20位:高城亜樹(新チームA:09年23位)
21位:倉持明日香(新チームA:09年21位)
(以下、アンダーガールズ)
22位:中村麻里子(研究生:09年圏外)
23位:宮崎美穂(新チームB:09年18位)
24位:多田愛佳(新チームA:09年20位)
25位:増田有華(新チームB:09年25位)
26位:片山陽加(新チームA:09年28位)
27位:小森美果(新チームB:09年圏外)
28位:山内鈴蘭(研究生:09年圏外)
29位:松原夏海(新チームA:09年30位)
30位:高柳明音(SKE48チームKII:09年圏外)
31位:佐藤すみれ(新チームB:09年圏外)
32位:米沢瑠美(新チームK:09年11位)
33位:島崎遥香(研究生:09年圏外)
34位:矢神久美(SKE48チームS:09年圏外)
35位:平嶋夏海(新チームB:09年18位)
36位:石田晴香(新チームB:09年18位)
37位:菊地あやか(新チームK:09年11位)
38位:藤江れいな(新チームK:09年30位)
39位:前田亜美(新チームA:09年30位)
40位:佐野友里子(研究生:09年圏外)

 さてこの記事には明らかな問題点が一つ、方向性として誤っていると思われる点が一つあります。まず問題点ですが、このA氏のプロフィールの「常にDD(誰でも大好き)」は大嘘ですね。このA氏は典型的な初代Kヲタで大島優子推し・アンチ前田敦子な人です(だから方向性が一緒なんで日刊サイゾーと手を組んだ、ということでしょう)。以前の日刊サイゾーの記事で、大島優子に彼氏がいるのではという話になった時は、「もう大島優子推しを辞めようか」とめちゃめちゃ動揺しているAKBヲタを取り上げていましたが、恐らくこのA氏のことでしょうね。そんなわけで、この順位予想は大きく初代K寄りになっています。…まあ最初から“大島優子推し”と宣言した上でこの順位予想ならば別にどうこう言うつもりも無いんだけど、さも公平な立場でこの順位予想だと言われると、どうも納得がいかないんだよねえ。

 次に方向性として誤っている点についてですが、順位予想の内容は人それぞれだと思うので別に否定するほどの問題ではないんだけど、せっかくなんで筆者がなぜ前回の順位予想を外したのかという点と絡めながら、見ていきます。まずAKB総選挙において最も考えなくてならないのは、「劇場常連の古参と、テレビから入った新規の、票数の比率」についてです。前回これを見誤ったのが、筆者の最大の敗因です(AXの結果を重視しすぎたのも誤りでした)。前回筆者は、「AKB楽曲大賞2008・推しメン部門!」(←これ自体はすばらしいものです!)をベースに選考を行ったのですが、それが最初から間違いでした。こういったサイトに投票する人は、そもそも古参かそれに近い考え方をする人が多く、前回の総選挙の時点でも大きな比率を占めていた新規の視点がかなり抜け落ちてしまったからです。現在のファンの古参と新規の比率は、2008年の時よりもはるかに新規が高くなっており、古参の組織票がどこまで全体を左右できるのか、相当疑問です。

 そういった眼でサイゾーの順位を見て貰うと、…完全に古参の視点のみで作られた順位である事がお解かりいただけるでしょうか。基本的に劇場でがんばっていると古参に見なされているメンバー(高橋みなみ、北原里英、松井玲奈、宮澤佐江、秋元才加、佐藤亜美菜など)の順位が高く、劇場で手を抜いていると見なされているメンバー(小嶋陽菜、板野友美、峯岸みなみ、河西智美、小野恵令奈、宮崎美穂など)が大きく順位を落としているのがお解かりいただけると思います。あと初代Bメンもボロボロですが、この点でも初代K推しの視点がはっきりと現れています。A氏が総投票数に対する古参と新規の比率をどう考えたか判りませんが(というか、考えていないと思う)、AXの上位が選抜曲で固まるこのご時勢に、今更古参の視点オンリーでは、やっぱり正しい結果は導き出されないと思うんだよね。むしろAOKIランキングそのままの方が、より正解に近いのではないでしょうか。

 次に総評について。A氏の「1位はズバリ優子」の文章が偏りまくりなのはお解かりいただけると思うのですが、最大の問題点は“アンチ前田敦子”の票が大島優子に集まるとする、その根拠です。前回大島優子に票が集まったのは、初代Kヲタの「一度は選抜センターの座をチームAからチームKに奪取する」という執念(←足りなかったと思いますが)だったと思うのですが、今回の総選挙では各チームへの執着がだいぶ弱くなってきており、あくまでも個人に対する投票がメインになると思うので、逆に大島優子は大きく順位を下げるのではないかと筆者は考えています。B氏の「3位は「センターだから人気」と印象操作されているライトファン、地方のファンからの支持で前田」という文章には、さすがは日刊サイゾーが連れて来たレビュアーだな、とちょっと笑っちゃいました(笑)。ライトファンや地方のファンに対する差別意識バリバリな所もなかなかですが、実際の国政選挙でもテレビでのアピールによる印象が非常に大きい、という点が判っていない様子です。古参が入れた一票も、新規が入れた一票も、同じ一票なんだけどね。

 あと問題はSKE勢。筆者的には、今すぐ総選挙を行うのなら、松井玲奈といえども15位前後、松井珠理奈で20位前後と予想します。…だって桜の栞は40万枚売れたけど、青空片想いは4万枚しか売れていないわけですよ。どう考えてもSKEのファンはAKBの10%程度しか居ないでしょう。“それでもSKEが選挙に勝つ”、というのは絶対無謀だと思うんだよね(日刊サイゾーは昔からそんなことばっか言ってるんだけど)。まだ日にちがあるんで、(地力はあるので)効果的なプロモーションができれば順位が上がっていく可能性はあるんだけど。あと細かい所は好みの問題なんでどうでもいいところなんですが、一つだけ気になったのは、チームKⅡの高柳明音に対するコメント。「SKEで一番の正統派美人だと思うんだが......。」「激しく同意」ってあるんだけど、高柳明音って、そんなに(正統派、なんてくくりで済ませられるほど)印象の薄い人なのかな。筆者的には、“熱血狂乱系鳥女(←完全に褒め言葉です)”位は言ってあげないと、高柳明音の本質に迫れないと思うんだけど(この人たち、本当にKⅡを見てるのかな)。

 というわけで筆者の順位予想ですが、今回は新規の票数の割合が非常に高い筈なので、メディア露出が高いメンバーが確実に上位に来ると考えられます。現時点で選挙を行えば、前田敦子圧勝は間違いないでしょう。古参(特にKヲタ)の評価は昔から最悪なんだけど、筆者は十分魅力的だと思うんだけど(表情を自在に操る演技力は、AKBに限らず同世代の女優の中でも随一だと思います)。大島優子が如何に連続してドラマ出演を続けようとも、前田敦子の大河出演にはインパクトでは絶対に勝てないと思うんだけど。どうしてみんな、前田敦子の人見知りな性格まで加味して、彼女のパフォーマンスを見て上げられないんだろうね(別に推しではありませんが)。2位グループはメディア露出が圧倒的に高い篠田麻里子、渡り廊下の活動とアニヲタまでファンに引き込みつつある渡辺麻友、全ての能力でAKB随一の高いポテンシャルを持ちプロダクションパワーも最強になりつつある柏木由紀、の3名での争いなのでは。5位グループは大手プロダクションのトップクラスでありメディア露出も高い大島優子、高橋みなみ、小嶋陽菜、板野友美の4名。9位グループは若干メディア露出で劣る河西智美、宮澤佐江、北原里英、指原莉乃。13位グループは小野恵令奈、峯岸みなみ、高城亜樹、松井玲奈の4名、17位グループは仁藤萌乃、多田愛佳、宮崎美穂、倉持明日香、松井珠理奈の5名、とまあ言う感じで。秋元才加、佐藤亜美菜は組織票の効果が薄くなると考えられるので、選抜入りは少し厳しいか。

 平凡すぎるって?(爆)。でも今回の選挙は新規割合の高さによってメディア露出の勝負だと思うので、(劇場というよりは)テレビを見ていた方が、より正解に近づけるのではないでしょうか。ただ前回の総選挙で佐藤亜美菜に一人で700票投じた(BUBKAによる)という例もあるので、組織票の効果が全く無い、というわけでもないでしょうが。まあその辺りがサプライズということになるのでしょうね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論2nd(その4)<改訂版1> | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その6) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

投票権の偏りを選挙結果に反映させていますか?
自分はSKE推しですが、今回は前回よりさらにきつい結果になると考えています

1、AKBの選抜をきめる選挙である
  SKE単推しならCDを買う必要がない
2、CD以外に柱の会、AKBモバイル、SKEモバイル、DMMオンデマンドにも投票権がある
  柱の会・・・当然SKE推しはほぼ入っていない
  オンデマンド・・・同じく。

JRコンビのみ今回のCDにもかかわっているのであれですが
アンダーガールズにすらSKEの3番手は入れないと思うのですが。

投稿: | 2010.04.04 19:23

長文アップお疲れ様です。数回ネット巡回でお見かけして以来、ここ一カ月以上は見ていなかったので、他にどのような記事を書かれているか時間がある時にチェックさせてもらおうと思います。

せっかくいい文章を書いてらっしゃるので一つだけ指摘を。

×勤める○務める です。ケアレスミスでしたらすみません。

投稿: エイプリル | 2010.04.04 20:12

↑のコメント書いた人はちゃんと記事を読んでないんですかね?

投稿: | 2010.04.04 20:17

さっしーとあきちゃが逆であきちゃの方が上に来そうです

投稿: Yahoo! | 2010.04.04 20:22

名無しの方がもしわたしをちゃんと記事を読んでいないと批判されているなら、コメントした意義が薄れるので、反論しておきます。私じゃなく一つ上でしたら恐縮ですが。

この件に関しては記事を読みました。

会社に勤めると、主役を務める。この違いです。

その他はakbske全体を俯瞰した予想で私もほぼ同感です。人が予想する順位を批判しても仕方ないというスタンスも妥当だと思います。

2chのような追記になってすみません。

投稿: エイプリル | 2010.04.04 21:10

いつも楽しく読ませてもらってます。
SKE苦戦必至の見方が世間でも大勢ですが、私は意外と善戦するのでは
ないかと思います。
AXで知名度の低いSKE公演曲が苦戦したのとはまた違った状況かと思います。

劇場に行かずメディアだけ見ているようなファンにとっては、メンバーの所属が
AKBであろうがSKEであろうが大して関係なく、区別がついてるのかも疑問です。
よって少年王さんのおっしゃるとおりメディア露出が鍵を握るとすれば、BINGO、
週刊AKBで圧倒的にプッシュされているJRはかなり強く、UG争いでも片山、
石田あたりよりは、矢神の方がなじみがあるという事になります。
向田、高柳も今後数ヶ月でかなり露出が増えそうな気配です。

玲奈9位、珠理奈15位、矢神32位、高柳35位と予想します。

投稿: ikopiko | 2010.04.04 21:29

プロダクションパワーは今回の選挙には無関係なんでしょうか?
メディア選抜(12名)、選抜21位までと、それ以下じゃ雲泥の差ですから
投票行動に出てくる可能性は十分あると思いますけどね
そうなると太田プロホリプロ尾木ナベプロが大手ですけど
このなかで投票行動にでそうなのはナベプロでしょうね
CDTVでも2位に入ってましたし、ランク王国の年間写真集1位狙いで書泉で2回もイベント開催してるなどランキング゙操作好きみたいですから
柏木さんはさすがに1位は無理でしょうけれど、3位以内を狙ってるはず
高城さんは今でもメディア選抜にごり押ししてるくらいだから12位以内は死守したいでしょう
倉持さんも選抜を守りにくると思います、ただ倉持さんは例の件で新規はつかない(yahoo検索のTOPが例の写真ですからw)から読みづらいですけどね
あとは事務所が一人しかいなくて、石油王になって大量得票とかもありえるかも
そうなると前田亜美とかですかね?


投稿: 名無し | 2010.04.04 22:02

>×勤める○務める です。
すいません、直しておきます m(_ _)m


>さっしーとあきちゃが逆であきちゃの方が上に来そうです
もちろん、その可能性もあります。まだ時間があるので、確定もしていません。
筆者としては、少なくとも4月4日現在に限って言えば、指原の太田プロ加入と、バンジー失敗以来干されていた「週刊AKB」復帰によって、今すぐ選挙をやるなら指原の方が勢いがあるかな、位の認識です (*^-^)

SKEに関しては、有利とする説も不利とする説も、どちらも説得力があるように感じられます。

SKE推しさんの意見は、当事者だけに信憑性がありますね。前回のボロ負けを見ているだけに、勝って欲しいとは思えても、勝てるとまではなかなか言えないですよね。

ikopikoさんのご意見ももっともです。ただメディア露出の中には、普通の歌番組や通常のバラエティへの出演も含まれており、ここまで含めるとSKEは圧倒的にメディア露出が少ない。問題は桜の栞の販売数40万枚の内、何万枚分を買った人達がAKBINGOや週刊AKBを見ているか、ということですね。

投稿: 少年王3号 | 2010.04.04 22:18

現状としては上位8人には越えられない壁がありそうですよね。
順位の入れ替えはあっても8位を下回ることはなさそうです。

面白いのは、河西智美、宮澤佐江、北原里英、小野恵令奈、高城亜樹、松井玲奈あたりでの残りのメディア選抜争い。

そして、指原莉乃、峯岸みなみ、宮崎美穂、倉持明日香、松井珠理奈、佐藤亜美菜、秋元才加あたりの選抜ボーダーラインの争いですね。

今回は厳しいと言われている秋元才加ですが、あのトーク力とパフォーマンス力を埋もれさせてしまうのはもったいなさすぎだと思います。

でも、その次からまた「ポニーテールとシュシュ」と同じ選抜に戻ってはあんまり選挙の意味がないと思うんですよね。

投稿: | 2010.04.05 02:28

指原は「ポニーテールとシュシュ」の選抜ではないのでちょっと厳しくなりそう。
選抜の宮澤、宮崎、河西、北原、高城、小野あたりは新曲のPRでメディアに出まくると思うので相当なアドバンテージがありそうですね。

投稿: | 2010.04.05 03:27

サイゾーの記事は、昨年順位のgdgdっぷりを見るに読む価値なしと判断したのですが(w)、マスコミ担当者の記事としてはこちらの方が気になりました。
http://blog.scramble-egg.com/archives/50326129.html

アイドルのどういった部分に価値を見出すかは人それぞれですし、それ如何により同じものを見て評価が分かれるのもまた当然です。
でも、この 『口移しのチョコレート』 評は一面的すぎるように思います。

もともと明らかに曲のイメージにぴったりで年齢も上の河西・北原と、当人たちのイメージとは違う曲で新たな魅力とギャップのおもしろさを引き出そうとした平嶋・多田とを、
前者の観点のみで比較したならば、河西・北原に軍配が上がるのは当然です。  しかし、両者はそもそも訴求内容が異なるわけで。

結局は好みの問題なのでしょうが、平嶋・多田を 「本当にお遊戯みたい」 などと切って捨てるこの評につき、少なくともプロとしての視野の広さは感じられません。
筆者さんの見解はいかがですか。

投稿: G | 2010.04.05 13:21

>マスコミ担当者の記事としてはこちらの方が気になりました。

 スクランブルエッグ編集長のブログでしたか(笑)。拙著、「新・私的AKB48論2nd番外編(その1)(改訂版1)」を読んでいただくと判るのですが、この方とは意見がほとんど一致しないんですよね(笑)

 この方は典型的な初代K信者なので(特に大島優子や秋元才加の信者です)、特にBメンに対しては非常に攻撃的なスタンスを採ります(一部の初代Aメンもボロクソです)。褒めている対象は、ほとんどが初代Kメン(もしくは新生Kに移籍したメンバー)だということがお解かりいただけるでしょうか。

 マスコミ関係者なんだからここまで露骨にやらなくても良いのに、と思うのですが、先鋭的な初代K信者というのはこういうものなんですよね。初代B憎しの業は、かくも深い物なのですよ(爆)(←きっと渡り廊下なんて、死んでも認められないのでしょうね)

投稿: 少年王3号 | 2010.04.05 19:44

少年王3号さんの過去ログは拝読しております。
SE編集長ブログを読んで憤ってしまい、少年王3号さんなら理路整然と強烈に憤っていただけると思ったのですが、もはや憤りを通り越して達観の域でしょうか(笑)

一般化するのは暴論かもしれませんが、Kファンの中には、Aをライバル視しつつBを蔑視している層が確実にあるように思います。
なぜなのでしょう。 私にはよくわかりません。

投稿: G | 2010.04.06 20:06

>もはや憤りを通り越して達観の域でしょうか(笑)

 そうですね(笑)。この人は“賛否がいくらあってもいいはずですので、あくまでも古参ファンの立場で書かせていただきます”と最初から逃げも打っているし、メジャーブログにしては残っているレスの数も相当少ないので、否定的な意見は片っ端から削除していると思うんですよね。

 先鋭的なK信者がここまで頑ななのは、Aヲタに差別されて悔しい思いをしてきた歴史と、初代Bが初代Kと比べてがんばっているように見えないという歯がゆさから来ていると思われます。しかし自分がやられたことを別人にやり返しているのですから、人間性には相当問題がありそうです。

 “埋没組は多田愛佳さん。ある程度予測していましたが、ここまで埋没してしまうと、今までどれだけ周りに引っ張ってもらってたのか、甘えていたのかがはっきりわかります”とありますが、こんなの、コンサートの感想でもなんでも無いです。コンサートで一回調子が悪かった(かどうかも知りませんが)位で、人間性までばっさり否定してしまうのですから、世論操作と言われても仕方ないのではないでしょうか。でもこの人は、自分の文章の何が問題なのかも、きっと判らないままなんだと思いますよ。

投稿: 少年王3号 | 2010.04.07 05:38

ブログ主さんも、充分チームK憎しに偏ってると思いますが。

投稿: まゆみ | 2010.04.08 19:05

>ブログ主さんも、充分チームK憎しに偏ってると思いますが

 正確に言うと、攻撃的な一部のK信者憎し、ですね (^-^;

 筆者は初代B寄り平島夏海推しを公言しているので、その方向での偏りはご容赦いただくしかないのですが、一部のK信者はマスコミを通して、さも公平な立場を装って他のチームのメンバーを攻撃しまくるので、非常にやっかいだと思っているのは事実です。K信者を公言してやっていることであれば、それほど目くじらもたてないのですが。

 筆者が一番攻撃したのは、恐らくノースリーブスですね。別に嫌いだからと言うわけではなくて、本来果たすべき役割をきちんと果たしていないと感じたからです。初代Kのメンバーに関しては、意図的に触れるのを避けてきましたが、これも別に嫌いだからではなくて、一部のK信者と関わりたくなかったからです。初代Kに関しては、せいぜい何回か大島優子を揶揄するような表現をしたのと、一回だけ小野恵令奈に関して触れたくらいのものだと思うんですけどね。

投稿: 少年王3号 | 2010.04.08 19:57

はじめまして、あっちゃんに釣られてやってきました。(^▽^)
あっちゃん最強!
応援ぽち。

投稿: 前田敦子画像 | 2010.04.23 19:52

はじめまして、松井玲奈に釣られてやってきました。(^▽^) 推しメンはれなです。応援ぽち。

投稿: 松井玲奈 画像 | 2010.04.26 18:10

偏りを自認している方から見れば、公平な意見も公平に判断できないのでは?
2chを見ても、ブログなどのコメントを見ても、狂信的なBオタばかりが目立つ様に思うのですが。

投稿: まゆみ | 2010.04.27 21:28


松井玲奈ってマジ可愛いっすね

投稿: 松井玲奈 | 2010.05.31 15:44

AKB48のみんなってかわいいですね


投稿: SKE48 矢神久美 画像 | 2010.06.18 14:59


もう読みました いいですね

投稿: 藤江れいな 画像 | 2010.09.18 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47995178

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論2nd(その5):

« 新・私的AKB48論2nd(その4)<改訂版1> | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その6) »