« 新・私的AKB48論2nd(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その4)<改訂版1> »

新・私的AKB48論2nd(その3)

今回のお題は、「『矢神久美』(チームS)について」

 矢神久美は、一種の天才なんじゃないですかね。矢神久美が初めてAKBINGO!に登場した時から思っていたのですが、恐らくリアクションに関しては、48プロジェクトで一番上手い。高井つき奈と一緒に、常に一番大きいリアクションを取っていました(本気で驚いているようにしか見えません)。天然ボケという意味でも、恐らくは48プロジェクトでトップクラスなんじゃないかな(狙ってやっているようには見えず、ナチュラルに頭が悪そうに見える所が凄いです)。ブログを見ても、いつも妹と遊んでばっかりで、妹よりも明らかに馬鹿そうに見える所が立派です(本当に馬鹿だとしても、それはそれで“天才”でしょ?)。

 週刊AKBの「AKB中間テスト」において、AKBはリアクションにかなり定評のあるメンバーを揃えて臨みました(決して頭の良いメンバーを選んだわけではありません)。5期生四天王に、チームKからはトークが上手くて頭の悪い・河西智美・宮澤佐江・小野恵令奈、そして(元)天然ボケの女王小嶋陽菜という、かなりのメンバーを投入しました。…しかし結果は、矢神久美一人に、完全に食われましたね。もう矢神久美しか印象に残っていない位の勢いです(笑)。当然中間テストの追試に関しても、矢神久美がメインなのは当然で、おいしい所は全て持って行きましたね。

 そんなわけで、「AKB期末テスト」に関しては、AKBとしては今度こそ“天然ボケの女王”の座を矢神久美から奪還すべく、(頭の悪さと天然ボケに関しては)最高のメンバーを揃えて収録に備えました。まずは現“天然ボケの女王”小森美果、前“天然ボケの女王”高城亜紀、元祖“天然ボケの女王” 小嶋陽菜、研究生で一番頭が悪い菊地あやか、チームBで一番頭が悪い仲川遥香、と鉄壁の布陣です(AKB的には成績上位者は残らず外しており、高点数を取る気なんて毛頭なかったことでしょう)。難を言えば、AKBで一番頭が悪い小林香菜が入っていない点ですが、彼女にテレビであの企画をやらせるのは流石に危険すぎると考えたのかもしれません(笑)。で、皆様にはどのように見えましたか?。確かに点数的には高城亜紀が下回り、AKBが面子を保ったようにも見えますが(そういう勝負です)、筆者的には、やっぱり矢神久美の勝ちかなあという気がするのですが。

 筆者的に矢神久美の天然ボケが凄いと思うのは、全く計算していないように見えるところです(小嶋陽菜には、常に“計算している疑惑”が付いて回ります。最近は小森美果にも計算疑惑が(笑))。週刊AKBの「一番運がないのは誰だグランプリ」では、矢神久美はよりによって篠田麻里子に喧嘩を売り、みるみる表情が険しくなっていく(まあ本気では無いでしょうけど)のを見た松井玲奈が慌てて、「うちの矢神がすいませんっ」と言って頭を下げさせているシーンが、物凄く印象に残ったのですが、あれなんかも凄く自然だよねえ。とまあいう具合に、矢神久美は(AKBのエースクラスの人材と比べても)キャラの立ち具合では決して負けておらず、その上あの子供っぽい外観とは裏腹にダンスのスキルも相当高いので、SKEの序列3位は極めて妥当だと思います。相方の高井つき奈が卒業しちゃったことだけが、ちょっと残念なんだけど。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論2nd(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その4)<改訂版1> »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

中間テストは第1回はともかく、第2回は個人的にはあきちゃの方が面白かったです。
まあ、あの子があそこまで馬鹿だとは思わなかったので(笑)。
スピードワゴンの小沢さんがあきちゃ推しらしいのですが、多分この時にそうなったと思うんですよね。

可愛そうだったのはくーみんと同じドベ2だった小森。
ドベ2なのに、一度も解答が取り上げられなかったんですよね。
収録の時はいくつか取り上げたんでしょうけど、リアクションがイマイチだったんでしょうね。

投稿: | 2010.04.01 23:30

SKEの 「青空片想い」、ウイークリー3位ですが35,000枚売りましたね。
渡り廊下が売上枚数で完敗するとは、正直思いませんでした。

先週バッティングしていたら1位はSKEだったわけで、尾木とポニーキャニオンの政治力の所産でしょうか(笑)

投稿: GG | 2010.04.01 23:53

>AKBで一番頭が悪い小林香菜
確かにKKの学校の成績は相当悪かったですが、それを言うとAKB史上最も頭が悪かったのは、
学生時代は芸能活動をしていなかったけど、勉強が嫌いという理由で「全教科で普通に赤点」を取っていた浦野一美だと思うw

ただ本人が全教科の先生と仲良しだったために、追試の際に多大な便宜を図られて全教科及第点になっていたそうです。

【多大な便宜】
先生が回答記入済みのテスト用紙を丸暗記→暗記後に即時追試(丸暗記した回答をテスト用紙に記述)・・・×全教科

投稿: | 2010.04.04 16:15

いつも楽しく拝見させてもらってます。
向田茉夏の分析も是非してください。

投稿: kiyo | 2010.04.11 02:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47970005

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論2nd(その3):

« 新・私的AKB48論2nd(その2) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その4)<改訂版1> »