« 新・私的AKB48論2nd番外編(その1)(改訂版1) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd番外編(その2) »

「教えて☆渡り廊下走り隊!」(番外編:その二)

 明日の今頃には、『アッカンベー橋』の初日の売り上げ状況ははっきりしている筈です。各CDショップの予約状況は相当良いようなので、あるいはかなり売れているのかもしれません。詳細な分析はまたいずれ。今回はせっかくなので、皆様の貴重なご意見に一通りお答えしてみたいと思います。

>(『アッカンベー橋』に関しては)ただ同日リリースにめぼしい敵がいない&いつもの商法で、オリコン1位の可能性が十分ありえるんですよね。「この曲で1位とか日本終わった」とかいう人出てきそうです(^_^;)

 的確な分析、恐れ入ります。筆者はなんだかんだ言ってAKB執行部にはかなりの信頼を置いているので、何らかの勝算はあって『アッカンベー橋』を選曲したとは思っているのですが、それが何なのか未だに分析しきれません。『渡り廊下走り隊』のCDは、(握手会のためだけに売れていて)曲とは全く関係ないと判断したのか、逆にCDを買っているのは渡辺麻友のファンだけなので渡辺麻友のソロ曲が入っていれば問題ないと考えたのか(これはあるかな)、子供や学校をメインターゲットにしたいのか、昭和歌謡を聞きそうなお年寄りをターゲットにしたいのか…。吉と出るのか凶と出るのか、本当に判らないんですよ。

>言い訳Maybyの売り上げ減らしはSMAPに勝たないように意図的にやったと思ってます。いつもなら発売週に何らかの追加イベントをやるのにやりませんでしたからね。

 確かに『言い訳Mayby』の時のプロモーションの時にジャニーズ事務所がマスコミ各社に対してFAXで「AKBが一位になったという記事は書いてもいいが、SMAPが負けたとは書かないでほしい」という“お願い”をしたというのは事実のようです(ジャニーズ陣営にとってはこの事実をすっぱ抜かれたのも、相当痛かったようですね)。しかしAKBが慢性的な資金不足であることを考えると、意図的に売り上げを減らすということはなかなか考え難いのですが。AKBがそこまでジャニーズ陣営を恐れているとも思いませんし。追加イベントをやらなかったのは、『RIVER』の発売日が直近に迫っていたからではないでしょうか。

>SMAPに勝たせることでジャニーズに恩をうり、その後の協定みたいなものを結んだのではないかと。その後はジャニーズはAKBのシングル発売日を避けるようになったし
ジャニーズ関係の番組に多数出演できるようになりましたからね

 2チャンネルでも、AKBが電通を通してジャニーズ陣営と不戦協定を結んだというのはかなり言われていることですが、ここまで発売日がきれいにずれると事実なのかもしれませんね。ただ両者の発売日が重なって困るのは、むしろジャニーズ陣営の方なので(AKBがジャニーズ陣営に負けても大して痛くないですが、ジャニーズ陣営がAKBに負けると間違いなく大ニュースになります)、AKBがジャニーズ陣営と発売日をずらしてあげる代わりに、ジャニーズの番組に出して貰う、というのはが理屈は通ると思います。…完全に憶測ですが(笑)

>アッカンベーの意味は「大好き」ではないと思います。言葉通り、誰かに向けて「嫌い」と言っているのではないでしょうか。秋元氏から、渡り廊下走り隊に対して「アッカンベー」と言いたくなるような裏事情があったのだと思います。意図的に売れなさそうな曲を選んだとすれば、タイトルと辻褄が合いますし。

 AKBは本当に慢性的な資金不足だと思うので、意図的に売れない曲を発売するというのは、考え難いと思います(結果的に売れない、は仕方ないですが)。『渡り廊下走り隊』を潰したいだけなら、単に秋元氏が“活動休止”を宣言すれば良いだけの話ですし。でも今回の件では本当に、秋元氏が何を考えているのかは、まだ良く判らないですね。

>で、この裏事情ですが、同時期に発売されるSKE48の「青空片思い」が秋元氏から松井じゅりなに対してのラブコールとすれば、おおよそ裏事情が推測できます。前田の後継者を渡辺ではなく松井にしたい秋元氏の意図がタイトルや歌詞に込められているのでしょう

 無いとは言えないですね。AKBは現在10期生の募集を行っており、松井珠理奈と互角に渡り合える人材を探し続けているとは思うのですが、現時点では松井珠理奈を前田敦子の後継者候補筆頭に考えている可能性はかなり高いです。…ただ年齢が6歳離れていることを考えると、間にもう一人か二人挟む必要があるのではないでしょうか。それがAKB総選挙の結果では渡辺麻友が候補筆頭だったわけですが、他の誰か(例えば島崎遥香とか山内鈴蘭とか)に代わった可能性もあり得ます。いずれにしても前田敦子の卒業は間近と思われ(2年前に筆者が書いた、東京ドームが前田敦子の卒業の花道になるという文章が、(当時考えていた状況とは激変してしまったのですが)がぜん信憑性を帯びてきたのは、本当に不思議な巡り合わせです)、そろそろ何らかの結論は出さないといけないようですね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論2nd番外編(その1)(改訂版1) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd番外編(その2) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

アッカンベー橋初動売り上げ楽しみですね♪

青空片「思い」じゃなくて「想い」ですよ。
コメの転載っぽいんでしょうがいですかねw

投稿: | 2010.03.16 13:34

いつも筆者さんの分析、大変興味深く読ませていただいてます。

じゅりなはここに来て人気が伸び悩んでしまっているように思うのですが
(SKE内での一番人気は松井玲奈であると考える人も多いようですし)
この現状を筆者さんがどう捉えているのか伺いたいです。

投稿: tetsu | 2010.03.16 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47823803

この記事へのトラックバック一覧です: 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(番外編:その二):

» AKB48総選挙! 水着サプライズ発表 (集英社ムック) | [得アマゾン探検隊]
AKB48総選挙! 水着サプライズ発表 (集英社ムック)集英社 刊発売日 200... [続きを読む]

受信: 2010.03.17 17:23

« 新・私的AKB48論2nd番外編(その1)(改訂版1) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd番外編(その2) »