« 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十四) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その2) »

新・私的AKB48論2nd(その1)

今回のお題は、「横浜アリーナで発表された、AKBメンバーの事務所移籍に関して」

 筆者的には、総選挙よりタイコンサートより全国ツアーより、これが一番大きい出来事だと思います。まず政治的なことから話を始めると、恐らく文芸春秋に端を発したスキャンダルで、AKS社長の威信が地に落ちてしまったんでしょうね。そのためメンバーとその家族の、「もうAKSには居たくない」という要求を抑えることが出来なくなったのではないでしょうか。で、「渡り廊下走り隊」の成果を成功例のモデルケースとして各事務所と交渉を進め、コンサートの当日ギリギリ位(だって「後はご家族と相談して決めてください」っていう位、話がまとまってなかったんでしょ?)で何とか全員押し込むことに成功したと。逆に筆者的にはAKS社長がAKBから手を引いた場合、AKBの資金繰りがどうなるのかかなり不安なんですが、まあ今の(これからどれだけ金を生み出すか判らない)AKBから手を引くなんて、普通は思わないかな(笑)。

 各事務所を個別に見ていきます。まずは「太田プロ」。どう考えてもここが最高の人材を抑えましたね(っていうか、太田プロは昔から最高の人材を抑えてるんだよね(笑))。指原・北原の、伝説の“りのりえコンビ”と、SDNのキャップ野呂。3人ともお笑いへの適性が非常に高いし、指原・北原ならば歌・演技・バラエティと、どうとでも潰しが利くよね。多分(今回の件が決まる前から)水面下で交渉を進めていたんじゃないでしょうか(DVDが発売されて表情を確認してみないと何とも言えませんが)。次は順当にホリプロ。仁藤・石田・大堀と、とにかく根性があって、バラエティ向きの人材を抑えたんだけど、太田プロよりは一枚落ちるか。なんか凄くバラバラな印象なんだけど、仁藤・石田に何か隠されたコンボとかあるのかな。それよりは5期生四天王二人を組み合わせて、石田を板野・河西のアニメ&特撮班に廻す方が現実的かな(これだと結構収まりが良いかも)。あ、そういえば、佐藤すみれもいたっけ。こっちは、みゃお・もえのと組み合わせるのかな。

 問題は尾木ですね。筆者は大手3社で仕事がバッティングしないように協定を結んでいたと考えていまして、ホリプロ=バラエティ、太田=女優、尾木=歌手、という方向性で恐らく間違いないでしょう。もしこの協定がまだ生きているとしたら、岩佐、松原夏、野中、小森の4人で本当に歌手ユニットが組めるのか、という話ですよね(笑)。…厳しい気がするなあ。そもそもお笑い系の事務所でもないのに、小森を連れてきた意味がよく判りません。本気で歌手ユニットを組むつもりなら、むしろ菊地あやかをセンターにする方が現実的だと思われ、菊地あやかを渡り廊下に廻した時点で歌手ユニットをもう一チーム作るつもりは無いと考えるべきなのかもしれません。じゃあ、女優?。岩佐は「ドリル魂」の関係で渡り廊下とも相性が良いし女優でも行けるんだろうけど、他の三人はどういう絡みなんでしょうね。筆者的には、夏海が二人になっちゃったのが何とも(泣)

 渡辺プロは大手の中では唯一協定に参加していなかったプロダクションだと考えているのですが、大家、倉持、佐藤夏という組み合わせを見ると、もろにお笑い系ですよね。まあ渡辺プロは元々お笑い系の事務所なんで、非常に妥当な人選だと思います。しかしこれに柏木・高城が入ると、俄然話が判らなくなります。だってワタナベガールズっていう歌手ユニットを作るという触れ込みだったわけじゃないですか(泣)。だったら歌手として適性の高いメンバーを集めてくるべきだったんじゃないのかなあ。それともこの3人には別の動きをさせるつもりなんでしょうか。…難しいねえ。

 他のメンバーに関しては、人数が少なくて細かい話になっちゃうんで、最後にバーニングの松井咲子についてだけ。はるか以前(総選挙のはるか前)ですが、筆者は「AKBのメンバーは、名前に“子”の字が入っていると出世する」という与太話を書いたことがあります。当時AKBには“子”の字が名前に入ったメンバーは3人しかいなくて、その3人(前田敦子・大島優子・篠田麻里子)が総選挙でベスト3を独占したので、ちょっとびっくりした記憶があります。だってさ、マスコミがよく取り上げている、「彩の呪い」は、なんだかんだ言って結構例外があるわけですよ。でも筆者が提唱する「子の出世」は、ここまで例外無しで来ています。ちょっと凄いと思いません?(←馬鹿話で恐縮ですが(爆))。というわけで松井咲子ですが、この娘も見事に出世しましたね~(笑)。…どこが買われたのかは、イマイチよく判らないのですが(笑)。

 最後に今後のAKBメンバーの芸能界への進出状況について。以前北原は、事務所への不満を叫ぶという企画で、「もっとオーディションを受けたーい!」と叫んでいました。…間違いなく本音ですよね。今まではAKSの序列などの問題でオーディションなどに制限がかかっていたのでしょうが、今後はほぼやりたいように出来る環境が整うと考えられます。AKBメンバーが劇的に芸能界へ広がっていく可能性は、かなり高いのではないでしょうか。その意味でも、今回の全メンバーの事務所移籍は大きいと思います。きっと色々な所でAKBメンバーに会えるようになるんじゃないかなあ。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十四) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その2) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

今回の記事、待ってました。
ありがとうございました!
やっぱり、太田プロは1番おいしいですね。
個人的には、きたりえとさっしーが太田プロに
入れて、すごく嬉しいです!
きたりえは、演技の勉強がしたいと
雑誌に書いてあったので、これからオーディション
バンバン受けて、ドラマなどで見れることを期待
してます!!

投稿: りゅう | 2010.03.30 01:33

プロダクション尾木ってAKBファンにはなぜか大手だと思ってる人多いけど、
大して力のある事務所ではないですよね。
ホリやナベには到底及びません。

バーニング系サムデイに移籍した咲子さんには今後山ほど仕事振ってきそうな予感です♪

投稿: | 2010.03.30 02:11

AKBに関して、事務所力が太田プロが一番あることが如実に証明された移籍ラッシュだったと思いました。
でも、前から大手事務所にはシングル選抜枠があると言われていますが、前田敦・大島・小野・北原・指原の5人全員が選抜に入ることはあるんでしょうかね。
現実的には難しい気が…。

ナベプロは今年秋本Pに渡辺晋賞という栄誉を渡してパイプラインを深めたと思うので、9期の推されメンバーが入ってくるのではないかと思っています。

後は、運営が相当推していた前田亜が凄く微妙な事務所に入ったのに違和感を感じました。
松井と逆だろと思った方も多いでしょうね(笑)。

投稿: | 2010.03.30 03:23

AKBとアイドリングのメンバーは対外的にはワタナベエンターテインメント所属になっていますが、
実際はあくまで系列会社のビスケットエンターティメント所属です。
ここで実績を残せば中川翔子のようにワタナベエンターテインメントに移籍出来ますが、まだまだ安心できません。
(SDNのなちゅのように「こっち側」の仕事をする為に移籍するのは極めてイレギュラー)

なお、ナベプロ系列のワタナベエンターテイメントスクールには多くのアイドル予備軍が在校中で、
アイドル冬の時代が終わりそうな今、ここからビスケットに上がってくる娘も今後続々出てくるはずです。

投稿: | 2010.03.30 04:01

ビスケットでも事実上ナベプロ所属なんで安心していいかと。

投稿: | 2010.03.30 04:11

初めまして!
今年1月にファンになったばかりの新規ですが、偶然このサイトを見つけ、AKBに関する記事を殆ど拝見いたしました。
特になっちゃん、指原、北原好きなので嬉しかったです。
さて、僕はSCANDALファンでもあるのですが、記事を見ると筆者さんはSCANDALがあまり好きではないようで(違っていたら申し訳ないです。)
ただ単に好まないなら良いのですが、レコ大新人賞やソニー系事務所がらみならちょっと残念です。

投稿: いっちー | 2010.03.30 04:45

ホリプロの大堀さんは年末にグルメ番組でホリプロ組と共演してましたね
お試しだったんでしょうか?
>あ、そういえば、佐藤すみれもいたっけ。こっちは、りのりえと組み合わせるのかな。
これは意味がわからないんですけど みゃおもえの間違い?
渡辺プロの倉持さんはグラビア系でしょ、柏木高城さんもそういう仕事多いですしね
あと尾木はバーニング直系ですよね
>後は、運営が相当推していた前田亜が凄く微妙な事務所に入ったのに違和感を感じました。
前田亜の事務所は元々いた子役モデル事務所の系列です
最初から事務所から預けられたのでは?

投稿: 名無し | 2010.03.30 05:59

いつも楽しく読ませてもらっています。
尾木に入った、わさみん、こもりんは渡り廊下向きな感じがするんですが追加はさすがにもうないですかね?(笑)

あと少し話はそれますが、マジすか学園のラスト(世代交代は近いぜ〜のシーン)についての解釈はいかがでしょうか?

投稿: なが | 2010.03.30 14:38

そういえば尾木社長は現在の音事協の会長でしたっけ?
尾木プロも大手かは微妙ですが芸能界への影響力は大きい事務所ですから、
小森や岩佐はホントによかったと思いますね♪

投稿: | 2010.03.30 14:43

*1 194,872 東方神起
*2 *82,908 氷川きよし
*3 *35,204 SKE48

SKE健闘したけど相手が悪かったですね(^^;)
でも3位は見事です!

投稿: | 2010.03.30 23:02

菊地早乙女倉持西川などの騒動に対する運営の対処の違いは何でしょうかね?
解雇から復活、研究生に降格から卒業、謝罪のみ、解雇
幅がありすぎると思うんですけど・・・・・
何ですかね?

投稿: 名無し | 2010.03.30 23:31

SKE48のTeamSの森と新海学業優先で研究生降格みたいですね。
降格や解雇の対処の基準は難しいですね(^^;)

投稿: | 2010.03.30 23:50

小森を取るなら、なぜ菊地をワロタに戻したという人が多く見られますよね。
確かに菊地、松原、岩佐、野中だったら、新たにダンスユニットが出来そうだなという気がしますが、ノースリ・ワロタには、人気面では到底かないそうにないですね。

投稿: | 2010.03.31 05:39

渡り廊下に菊地を入れる=週刊誌等にゴシップ記事を書かせる為のネタ提供 にしかならない。
わざわざ戦力低下させて ノースリーブス>渡り廊下走り隊 を決定付ける為の高度(笑)な戦略?

投稿: | 2010.04.04 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47946643

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論2nd(その1):

« 「教えて☆渡り廊下走り隊!」(その十四) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その2) »