« 新・私的AKB48論2nd(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その3) »

新・私的AKB48論2nd(その2)

今回のお題は、『松井玲奈』(チームS)について」

 皆様、いつも貴重なご意見を本当にありがとうございます m(_ _)m
ただ現在の所、対応させていただく余力が足りないものですから(とりあえず週末になってから体勢を整えなおします)、今回からは3回連続で、以前お約束したSKEのメンバーについての人物評を行ってみたいと思います。

 まず松井玲奈ですが、筆者の印象としては、(恐らく賛同してくださる方はほとんどいないでしょうが)根っこの所では前田敦子と非常によく似ているのではないかと思っています。前田敦子は入団当初、とにかく暗くて人見知りで印象が薄くて、ついたあだ名がウォーズマン、誕生日も誰にも気が付いて貰えなかったとのこと。一方松井玲奈も全く同じで、暗くて人見知りで印象が薄くて、「あの娘(松井玲奈)の周りだけ、空気がよどんでいた」(by松下唯)ということです。

 しかし二人とも、(見た目はともかく)芯の部分では本当に心が強い。(今回は前田敦子については触れませんが)松井玲奈は“もやしっこ”を名乗ったり腹筋が一回も出来なかったりということで文化会系に見られがちですが、実は剣道3級市大会3位の実績の持ち主で、ばりばりの体育会系です(この点は、前田敦子とは大きく異なっています)。AKB激辛部での大活躍を見れば、松井玲奈がどれだけ強靭な精神力を持っているかは明白でしょう。柔らかそうな外見とは裏腹に、第一回総選挙のコメントでは「いずれは一位を狙っていく」と宣言した、数少ないメンバーの一人となりました(あと一人はトンパチの宮崎美穂)。総選挙のボロ負けは相当ショックだったようで、直後の自身のブログにはあまり冷静では無いコメントを載せ、(お母さんにはだいぶ怒られたということで)直後に訂正のコメントを載せたりしていましたね。要は松井玲奈は、外見がどれだけ物腰が柔らかくて弱そうに見えても、実際には48プロジェクトでも屈指の強靭な精神力の持ち主であり、野心を内に秘めて着実に努力を続ける、48プロジェクトにこそ最もふさわしい人材の一人だと言えるでしょう。他のメンバーは、(出来るものなら)松井玲奈をお手本にするべきでしょうね。

 頭の回転と勘の良さも抜群で(AKBにはこの両方が揃っている人材が、なかなかいません)、勝負所は絶対に誤らないんだよね。(どんなにきつい状況でも)やるべきことを全部、しかも的確に(←これが一番難しい)やりつくした後で「恥ずかしいです~」を連呼する松井玲奈のスタイルは、まさしくアイドルの鏡と言えるでしょう。自己演出能力も非常に高く、喜(しょっちゅう舞台の上で嬉し泣きしてますよね)怒(SKE激辛部では「他の連中はへなちょこばっかりなんで」)哀(総選挙でボロ負けした直後の毅然とした表情でのコメントなど)、楽(顔面にパイをぶつけられて「嬉しいです~」)の見せ方も上手で、女優としての適性も非常に高いのではないでしょうか。ブログは内容も面白いし、更新回数も(頂いた情報によると)一日5~8回ということで、恐らくは全メンバーでもトップクラスです(「ノースリーブス」の連中に爪の垢を煎じて飲ませてあげたいですね)。

 成長の過程をきちんと見せてきたという点でも高評価です。本来48プロジェクトの存在意義は「お客さんにメンバーの成長の過程を実感してもらう」ことにあると思うのですが、この点をきちんと理解し実践しているメンバーは、本当に少数に感じられます。その点松井玲奈は、成長をはっきりと実感させてくれる数少ないメンバーの一人と言えるでしょう(この点が前田敦子と似ている、と筆者が感じる所です)。最初は「恥ずかしくて出来ない~」を連呼していたのが、気が付けば言われたことは何でもやれる(いつも恥ずかしそうにやってますが、そこがまた良いんでしょうね(笑))ようになっていった過程は、素直に面白かったと思います。ファンの感情移入度が高いのは当たり前なんで、人気があるのも当然ですよね。

 松井玲奈の場合、本当に、これといった弱点が見当たらないんだよね(大抵は何か一つ位あるんですが)。背が高くて細身でダンサー向けの体系だし、歌とダンスの表現力も(少なくとも48プロジェクト内での基準で言えば)全く問題なし。本質的に体育会系なので(人見知りの割には)人間関係もそつが無いし(SKEがAKBに勝っている、とは梃子でも言わないよね)。強いて言えば前田敦子と同世代ということになる18歳という年齢ですが、ロリキャラで売っているわけでもないし、SKEにはこの世代が実はそんなに多くないので、普通に(松井珠理奈が成長してくるまでの間は)SKEのエースを名乗っていて全く問題ないでしょう。ここまでコンプリートな人材は、現在のAKBの正規メンバーにはほとんどいないんじゃないかな(…柏木由紀?)。今はAKBとSKEの知名度に差があるのでそれほど目立たないですが、仮に両者の力関係が同等になれば、現在のAKBのメンバーで松井玲奈と互角に渡り合えるメンバーは、ほとんどいないんじゃないですかね。

(この文章の内容は、筆者の個人的な見解であり、他の如何なる個人・団体とも一切関係ありません。また文責は全て筆者個人にあります。何卒ご了承ください)

|

« 新・私的AKB48論2nd(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その3) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

私は、玲奈ちゃん大好きです!
というか、「マジすか学園」のゲキカラの演技が
あまりにも上手すぎた(演技未経験組にも関わらず
、おそらく全メンバーの内でもトップの演技力だった
と私は思っています)ので、それまでも好きな方だった
のですが、一気に3推しあたりにきました!

この記事に書いてあること(あっちゃんとの比較)
も納得はできますが、1つ、私的な意見を言わせて
いただくと、本人達のAKB・SKEに入った当初の
性格は似ていたと思われますが、
今現在の性格といいますか、態度は、単純比較は
できませんが、明らかに違いますね。
玲奈ちゃんは本当に、一生懸命な良い子です!
まず、手抜きをしてるところは見たことがありませんね。
(怪我で自分でセーブしていたことはあると言ってましたが)

それでも、まさか、あっちゃんと玲奈ちゃんを比べてくるとは
思いませんでした。
素晴らしい視野の広さです!
今回の記事もお疲れ様でした!!

投稿: りゅう | 2010.04.01 00:10

さっきのコメントなんですけど、この記事を
少し取り違って理解してしまいました。
流してくださって結構です。
申し訳ありません。

投稿: りゅう | 2010.04.01 00:16

玲奈ちゃんは次回総選挙で選抜入り確実だと見ています。
もしかするとメディア選抜も視野に入ってくるかと。
そのぐらい人気、知名度急上昇中だと思います。
筆者さんはどう予想してますか?

投稿: | 2010.04.01 00:21

玲奈さんいいですね。 
エース珠理奈を立てつつも、SKEの顔は自分であるとの意識を持って、自分のみならずSKE全体を盛り上げる為に責任感を持って活動しているのが伝わってきます。
その責任感からか握手会での顧客対応も秀逸です。 他メン推しの私ですが、こういう人は応援してあげたくなりますね。

玲奈さんの弱点として、腰にバクダンを抱えており、公演も先日まで休演or一部出演の状況でした。 
青空のPV撮影の際も、体調不良を押しての強行軍だったと雑誌記事にあります。
体力を強化しつつ、健康面には注意してがんばってほしいですね。

投稿: GG | 2010.04.01 00:59

いつも楽しく(殆ど感服ですが)読ませていただいております。
玲奈さんについては、SKE創世記はとても地味な印象でしたが
強き者よ通常盤DVDを観て「全てにおいて超完璧に仕上がっている」と思いました。

マジすか学園最終回での涙したゲキカラは、ゲキカラではなく玲奈さんそのもの
でしたね(かわいすぎてゲキカラじゃない)

もっとSKEの知名度が上がれば色々と変化がありそうで楽しみですね。

投稿: taka | 2010.04.01 01:39

初めてコメントを書かせて頂きます。
以前書かれたものも読ませて頂きました。本当に深く客観的な評論で尊敬してしまいます。(私は主観で考えてしまいがちなので)
今回の玲奈さんの事も、以前別記にてと書かれていた時より楽しみにしていました。早い更新でありがとうございます。
そして、以前から疑問に思っていた事なのですがはっきり総選挙の発表がされたので質問したいと思います。
現在のSKE48では珠理奈さんがトップ、玲奈さんが2番手となっていると思うのですが(運営として)私も今のファン層人気では逆転している気がします。
そこで
①選抜総選挙の結果が珠理奈さんが玲奈さんに抜かれることは起こりえるのか(私はガチではないと思っているのですが)
②もし結果、珠理奈さんが玲奈さんに抜かれた場合には、SKE48は今の体制を変えるのか
という点です。これは運営が選抜総選挙をどの位の認識でいるかによると思いますが、実際昨年の前田さん、大島さんは逆転がなかったのでわからないなと。
私が考えた事では、
①運営はなんとかして1・2体制を守る
②選挙結果は無視する
③選挙結果に従う
の選択だと思うのですが、ご意見をお聞きしたいです。
また、秋元さんが最近『ダイヤモンドの原石なんてわからない』と言う発言をしていたのですが、これは何か意味していると思われますか?あまりに直接的なので逆によくわからない発言だと思いまして…
非常に長くなってしまい申し訳ありません。よろしくお願い致します。

投稿: pyy | 2010.04.01 05:38

>(「ノースリーブス」の連中に爪の垢を煎じて飲ませてあげたいですね)
おっしゃる通り!w

投稿: kaufman | 2010.04.01 10:52

松井玲奈さんの記事で、反論するのはスジ違いだと思いますが、ノースリーブスのメンバーが可哀相なので弁護させていただきます。

ノースリーブスのブログは、かなり事務所のチェックが入ってるようです。
今日の峯岸の記事も投稿時間は3月31日の23:41。ところが実際にブログにUPされたのは、今日になってからです。
たかみな、小嶋の二人がNYに行ってしまえば、日本にいる峯岸までブログのUPが出来ないようですし。
極端な場合、一日遅れでUPなんてこともあります。

場違いな反論になってしまいました。
不快であれば、削除してください。

投稿: 通りがかりのみーちゃん押し | 2010.04.01 13:03

松井玲奈さんはこれからどうするつもりなんでしょうか?
高校卒業して名古屋にいなければならない理由はないのに
このままSKEにとどまるつもりなんですかね?
SKEは現時点でAKBみたいに事務所移籍、卒業後芸能界で活動とかの道筋がない
未来の地図が描けない状態です
女優目指すにしてもやはり東京進出しなければ無理でしょう?
SKEの未来が見えません
SKEの未来はどうなるのでしょう?

投稿: 名無し | 2010.04.01 23:07

はじめまして。

はるごん、なっちゃんだいすきっこです。
今までの内容に対し、ずいぶん一方的だなと思う内容があり、
ちょっとだけ言わせてください。
「平嶋夏海の物語」は私としても書いていただいてうれしいです。
しかし、旧チームBは、なっちゃんとcindy無くしてはありえません。
サポートメンバーとなった時、志穂は今ままで通り、
cindyは怒り役、なっちゃんは年が近いからみんなの聞き役にと役割分担を決めました。
高みなが言ってましたが結成当初、ダンスで居残るのは常に自分で、
その次が、浦野と前田との事ですからBでもダンスはなっちゃん主導は間違いありません。
でも、すべてをなっちゃんが背負っていた訳では無く、
常にcindyがバックにいたからこそチームBが出来ていったと思っています。
組閣祭りで移籍が発表された後の舞台裏で、必死にcinndyを呼ぶなっちゃんの声が、
今でも耳に残っています。
二人はお互いを信頼しあい、認め合ったからこそ素晴らしい関係ができあがったと思います。

また、松井玲奈の体育会系に対してですが、
中学女子で剣道やっている普通の娘は1級くらいとります。
市内の大会では、団体戦に出られない子(補欠以下)が個人戦にエントリーします。
はっきりいって、剣道をやっていたと名乗るレベルではありません。
(誤解してもらいたくありませんが、玲奈は大好きです。)
変にハードルを上げることをしないでもらいたいのです。
玲奈自身、腰に爆弾を抱えています。
松下唯が足の治療で1年くらい復帰できません。

投稿: トリトン | 2010.04.01 23:18

>市内の大会では、団体戦に出られない子(補欠以下)が個人戦にエントリーします。

団体戦のメンバーも個人戦に出るのに3位って立派じゃないですか

>はっきりいって、剣道をやっていたと名乗るレベルではありません。

この言い方は誤解するなというのが無理です
全否定じゃないですか。これは剣道を頑張ってる人たちに対しての侮辱でしかありませんよ
練習してもなかなか強くなれない人たちもたくさんいるんですから

玲奈ちゃんのことと言うよりも、剣道を頑張っている中学生のことを考えると許せなくなり、投稿してしまいました
場違いな発言申し訳ありませんでした

投稿: | 2010.04.02 05:08

まぁ・・・実力的には、剣道をやっていた事は殊更に売りにしない方が良い事だけは確かです。
剣道3級とは「切り返し」さえ出来ていれば余裕で合格できる、小学生でも非常に簡単に取れる級位です。
切り返しとは、中段の構えから振りかぶり、しっかり足を踏み込んで、斜め45度くらいに面を左右交互に連続で打つ「練習方法」なので、
もちろん大事な基本では有りますが、2級1級も小学生で取れるレベルなので・・・

ボケで3級持ちをアピールしてツッコミ待ちをするにしても、剣道がマイナー過ぎてネタにもなりませんからね

投稿: | 2010.04.04 16:39

>①選抜総選挙の結果が珠理奈さんが玲奈さんに抜かれることは起こりえるのか(私はガチではないと思っているのですが)

筆者はありだと思います。すでにAXで「グローリーデイズ」は「雨のピアニスト」に完敗していますし、秋元氏としても松井珠理奈をより成長させるためには、さらに追い込む必要を感じているのではないでしょうか。そのために松井玲奈を利用するということは、十分に考えられると思います。

>SKEの未来はどうなるのでしょう?

非常に難しい問題です。短期的に言えば、とにかくSKEが強く大きくなって全国区になること、が最低条件でしょうね。全てはその先の話ではないでしょうか(だから今回の「青空片想い」のプロモーションは、メンバー全員必死です)。

>(剣道3級は)はっきりいって、剣道をやっていたと名乗るレベルではありません。

この点に関しては、筆者は全く違うことを考えていました。
つまり松井玲奈は3級しか取れない位の短い期間しか剣道をやっていないのに、市大会で3位が取れてしまったのではないのか、ということです。そう考えると、一種の天才ですよね。長く運動部に所属していて、腹筋が一回も出来ないというのも考えにくいですし(笑)

投稿: 少年王3号 | 2010.04.05 00:18

>常にcindyがバックにいたからこそチームBが出来ていったと思っています。

けっこう判った上で書いてます (^-^;
ただ筆者が書きたかったのは、あくまでも「平嶋夏海」の物語(筆者的には単なる箇条書きのレベルかな、という気もしているのですが)なので、登場人物を増やすことで焦点をぼかしたくなかったのと、基本的に推しではない浦野一美に関しては知識が足りないので誤った記述が増える危険があったため、ばっさり落としました。まあニュアンスはともかくとして、事実関係に関してはそれほど大きな間違いは無いかなと思っているのですが。

>ノースリーブスのブログは、かなり事務所のチェックが入ってるようです。

事務所というのは尾木なのでしょうか。だとすると渡り廊下も条件は全く同じな気がします(ノースリーブスに対してだけ厳しいのかな)。

事務所というのが、レコード会社だとすると・・・、筆者は昔からソニー系のレコード会社には偏見があるんですよね~(笑)

投稿: 少年王3号 | 2010.04.05 00:33

コメントを見て剣道の部活を知らない人がいるみたいなので、通りすがりですが書かせてもらいます。

道場では3級2級1級と順番に取らせる事もありますが、学校の部活では3級前後を取らせて次は段位を取らせるのが一般的です。指導者にもよりますけど・・・。
おまけに、段位を取らせるのは個人の自由にしてる所もほとんどです。
昇段試験は努力の成果を試す場です。自信にも繋がりすから。

剣道の部活経験・大会も出た事がなさそうな人に偉そうに言われるのはどうかとおもうのですが・・・。
大会に出た事があったならば、個人戦3位ぐらいじゃダメみたいな言い方できないですよね。
団体戦・個人戦の事も理解してない感じの方がいるみたいですしね。
個人戦もエントリー数が決まっているのも知らないんじゃないかと。
弱い補欠が大会3位なんてマジありえないですから。

おまけに剣道はマイナーじゃないですけど・・・。
夏場とか足の皮が剝ける程練習した事がない証拠です。
適当な剣道知識と学校の部活自体を知らない人に言われたくないと思いますが?
剣道を部活や道場で習った事があったならば、まあ普通批判する人はいないでしょうから。
特に1級取れて当たり前なんて言えないですし、おまけに強さに級や段位は関係ないですから。

投稿: | 2010.04.14 02:13

はじめまして、松井玲奈に釣られてやってきました。(^▽^) 推しメンはれなです。応援ぽち。

投稿: 松井玲奈 画像 | 2010.04.26 18:09

松井玲奈ってマジ可愛いっすね

投稿: 松井玲奈 | 2010.05.31 15:45

今更ですが・・・

剣道ネタについて、、、
はんにゃ金田と松井玲奈の試合見ましたが、あまり強そうではなかったです・・・

剣道部は、腹筋できなくてもできます。
剣道の道場とかは、あまり筋トレはやらないです。
部活でも、そういうところはあるかもしれません。

級位についても、地域によるところが大きいのでしょうか。
私の地域では、級審査は受けた結果でもらえる級が変わるってところで、
何級を受けるって言う形ではなかったです。
・・・分かりにくい説明ですが、意味通じますかね?

ちなみに、1級をとらないと段審査は受けられませんでした。

エントリーに関しては、どんな大会かにもよるでしょうし。
個人戦のエントリー数も必ずしも決まっているものではないですね。
インターハイにつながらない、地域のみの大会という意味での地区大会であれば、
登録者全員参加可能という可能性もあり、強い学校の生徒がいないという可能性もあり、なんとも言えない状況ですねぇ。

まったく今更な話題ですが、元剣道部としてふっと気になりました。
はんにゃ金田も相当ブランクがあるのか、相当手を抜いていたのかって感じの試合でしたので、
実力がどの程度かよく分かりませんけど。

投稿: snow | 2011.01.30 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26541/47962395

この記事へのトラックバック一覧です: 新・私的AKB48論2nd(その2):

« 新・私的AKB48論2nd(その1) | トップページ | 新・私的AKB48論2nd(その3) »